高山善廣さん試合中に技を失敗して頸椎完全損傷の怪我!?事故動画は? スポーツ

高山善廣さん試合中に技を失敗して頸椎完全損傷の怪我!?事故動画は?

高山善廣さんといえば、ドン・フライ選手とのノーガードの殴り合いで伝説を残したプロレスラーです。そんな高山善廣さんでしたが、2017年の試合で技を失敗して脊髄を損傷してしまい病院で生活をしてらっしゃいます。高山善廣さんの現在とその有志をおってみたいと思います。

高山善廣さんが頸椎完全損傷の怪我をした事故の真相

2017年の5月4日。大阪豊中ローズ文化ホールで開催されたDDTプロレスリングの豊中大会で、6人タッグマッチでヤス・ウラノ選手と対戦した高山善廣さん。この日詰め掛けた大勢のファンのために熱い戦いを繰り広げていました。

そんな中、高山善廣さんは必殺技のひとつでもある回転エビ固めという技を対戦選手のヤス・ウラノ選手に果敢に仕掛けます。しかし、思いもよらぬことに、この技をかけた瞬間、凍りつくような出来事が起こるのです。

技を仕掛けたはずの高山善廣さんが起き上がれません。。駆け寄った審判、ヤス・ウラノ選手の慌てようから観客も何かを察し場内が騒然としていきました。この技を決めて3カウントを狙いにいこうと思った矢先でしたから高山善廣さんも何が起こったかわからなかったのではないでしょうか?

すぐさま病院へと救急搬送された高山善廣さんでしたが、その怪我の診断は大変残酷なものでした。「頸髄完全損傷」。残りの人生のあらゆる範囲を狭めなければならない宣告にプロレス界の「帝王」は何を思ったでしょうか

高山善廣さんを襲った「頸椎完全損傷」とは?

高山善廣さんは病院に搬送され「頸髄損傷および変形性頚椎症」との診断を受けます。一時は自分で呼吸をすることも出来ないほど大変な状況に陥っていた高山善廣さんですが、その頸髄完全損傷とはどういった怪我なのでしょうか?

頸髄とは本来首の骨で守られている箇所で、なかなか怪我する場所ではないそうなのですが、今回の高山善廣さんのように大きな事故が発生した場合や、高齢者が転倒した場合などに頸髄損傷は起こるようです。

脊髄が傷つくと、そこから下にある神経がマヒするため、体が動かなくなり皮膚の感覚もなくなってしまいます。また、傷つく部分が脳から近ければ近いほどマヒする神経が多くなり、それだけ障害も重くなってしまいます。

高山善廣さんを襲った頸髄完全損傷。その症状は?

高山善廣さんを襲った頸髄損傷の症状とはどんなものなのでしょうか?症状を見ていきましょう。症状には2種類あり、傷の程度によって、完全に神経が途切れて、まったく動かない場合を完全マヒ、部分的に途切れて、所々動かない場合を不全マヒと呼ぶそうです。

麻痺する機能には運動機能、知覚機能、体幹機能、自律神経、排泄機能とあります。運動機能で言えば、完全マヒでは胸から下は動かすことができないので車椅子が必要だったりします。頸髄には呼吸するための神経もあるため傷ついた部分によっては自分で呼吸ができず、人工呼吸器が必要なことがあります。それぞれの機能ごとに症状が違ってきます。

高山善廣さん現在は電動車椅子で移動?

現在、高山善廣さんは病院での生活を送っていましたが各プロレス団体や、ファンの支援を受けて生活の糸口を確実に取り戻しつつあるようです。そのひとつが電動車椅子という障害者用の車椅子です。

高山善廣さんの奥さんが現在「電動車椅子に乗る練習をしています」と各メディアに報告したことで話題になりました。DDT豊中大会の試合中に頸髄を痛めて救急搬送されてから約6カ月その心中を奥様がブログで語りました。

「この半年の間に、皆さまには色々な形でご支援していただいてます。募金していただいた方、Tシャツを買っていただいた方、あたたかい言葉をかけて下さった方、、、ここで改めて皆さまにお礼を言わせて下さい。本当にありがとうございます。高山共々、心から感謝しております」と募金活動について報告して感謝しました。

高山善廣さんはなぜ頸髄損傷の怪我を負った原因とは?

2017年の5月4日。大阪豊中ローズ文化ホールで開催されたDDTプロレスリングの豊中大会でなぜ高山善廣さんは人生を大きく左右する怪我を負ってしまうことになったのでしょうか?それはある危険な業がきっかけでした。

回転エビ固めと呼ばれる技ですが、相手をジャンプで飛び越し、背後から組み付くと回転しながら相手をエビ固めの形に持ち込むという体験難易度の高い技です。この技をかけようとしたときに、不運にも首から落ち、怪我をしてしまいました。

相手を飛び越える。組み付く。回転しながらフィニッシュの形に持っていく。とても重量級の技には思えませんが厳しい訓練のもと、ファンのために高山善廣さんはこの技を見せてくれていたのでしょう!

高山善廣さんの怪我をした事故動画

そんな高山善廣さんが果敢にいどんで失敗してしまったときの動画が見たいと思う方もたくさんいると思います。動画がネットにないか探してみましたが、さすがに現在ではその動画はほとんど公開されていませんでした。

ただし、ネットニュースなどでその瞬間の写真は公開されており、関係者に抱えられ、ぼうっと宙を仰ぐ高山善廣さんの痛々しい様子を確認することが出来ます。悲痛な会場の叫びが聞こえてくるようです。

高山善廣さんが人気になった名勝負

高山善廣さんといえば人気プロレスラーのひとりですが、そんな高山善廣さんを思い浮かべたとき真っ先に思いつくのはあの名勝負ではないでしょうか?そうです。あのPRIDEグランプリでドン・フライ選手と戦った、あの試合です。

両者鋭い睨み合いを続け、ゴングがなると一目散に殴りあいました。組み付いたままの、理屈抜きの殴り合い。男性客たちの歓声が場内を震わせる中実に30秒もの間、二人はノーガードで殴り続けました。

高山善廣さんの名勝負はプロレスでも!

高山善廣さんの古いファンでプロレスがきっかけの方はベストマッチとして小橋建太さんとのタイトルマッチを挙げる方も多いのではないでしょうか?2004年4月24日にプロレスリング・ノアのリングで行われたGHCのタイトルマッチで両雄は激突します。高山善廣さんチャレンジャーとして挑んだ試合でした。

小橋選手の8度目の防衛戦となったこの試合。当時のプロレス頂上決戦というのにふさわしい試合となりました。試合は互いの必殺技が応酬する中で、小橋選手のバックドロップ、ブレーンバスター、そしてきめはムーンサルトという死闘の末、小橋選手が防衛!しかし最後は小橋選手もふらふら。帝王を仕留めるのは、それだけ大変ということですね!

高山善廣さんプロフィール

男気満載で大人気のプロレスラー高山善廣さん。数々の名勝負と、その特徴的な金髪がファンの心には今でも強く熱く燃えたぎっていますね?そんな高山善廣さんのことをもっと多くの方に知ってもらいましょう。

  1. リングネーム:高山善廣
  2. 本名:高山善廣
  3. ニックネーム:帝王
  4. 身長:196センチ
  5. 体重:125キログラム
  6. 生年月日:1966年9月16日(51才)
  7. 出身:東京都墨田区

現在のプロレスの立役者のひとり

もともとUWFインターナショナルという団体でそのキャリアをスタートさせた高山善廣さん。その後フリーランスとして全日本プロレスに参加したり、プロレスリング・ノアの立ち上げに参加したりとプロレスを牽引してきたひとりでもあります。PRIDEで繰り広げたドンフライとの戦いは今でも語り継がれる名勝負です。

高山善廣さん事故で負った頸椎完全損傷の症状のまとめ

2017年の5月4日にプロレス技をかけて頸椎完全損傷の大怪我をおった高山善廣さんですが、回復見込みなしの診断を受けていました。しかし、現在では多くの支援を受け、生活の兆しをつかんでいるところでした。いまでもその熱い戦いぶりはファンの心に刻まれています。