プロ野球・落合博満の伝説5選!!現役時代の成績は!?意外なエピソードも…!? スポーツ

プロ野球・落合博満の伝説5選!!現役時代の成績は!?意外なエピソードも…!?

現役時代は複数の球団を渡り歩いて数々の伝説を残し、監督時代はチームを何回も優勝に導いたプロ野球界レジェンドの1人、落合博満さん。彼の活躍は長年にわたり、様々な世代の野球ファンを魅了してきました。そんな落合さんの伝説をピックアップして紹介していきます!!

もはや伝説の野球選手!?落合博満の成績がすごい!!

現役時代は3度の三冠王、監督時代は4度のリーグ優勝と選手、監督としても実績を残している落合さん。年齢を重ねている方は現役時の活躍が印象に残っているでしょうし、若い世代は中日の監督のイメージが強いかもしれません。現役時代を知らないという方も多いと思います。そこでまずは落合さんの基本情報を見てみましょう。

落合博満の経歴は!?プロフィール

  • 落合 博満(おちあい ひろみつ)
  • 生年月日:1953年12月9日
  • 出身地:秋田県南秋田郡若美町(現男鹿市)
  • 投打・ポジション:右投右打・内野手
  • 選手経歴:ロッテオリオンズ(1979-1986)→中日ドラゴンズ(1987-1993)→読売ジャイアンツ(1994-1996)→日本ハムファイターズ(1997-1998)
  • 監督歴:中日ドラゴンズ(2004-2011)

主な情報は上記の通りです。プロ野球に入る前は、秋田県秋田工業高等学校から東洋大学に進学(後に中退)します。その後は東芝府中硬式野球部を経て1978年ドラフト会議でロッテに3位指名されました。日本人初の1億円プレーヤーでもあります。

落合博満の伝説5選!残した成績は!?①高校時代

落合さんの伝説をピックアップして紹介していきます。まずは高校時代。プロ野球選手と言えば高校時代は甲子園に出場した、とか強豪高校でレギュラーを張っていたというイメージを持つのではないでしょうか。しかし落合さんは甲子園どころか、野球部にさえまともに所属していませんでした。

練習をしていなくとも4番打者!?

今でこそこの風習を見直す動きはありますが、当時は高校野球に限らずスポーツにおいてスパルタ指導や先輩からの理不尽な圧力、体罰などは当たり前でした。しかし落合さんはそのような体育会系の風習を嫌い、「一番練習が楽そう」と思い秋田工業に進学します。ところがそこでもこのような風習が存在し、落合さんは野球部をやめました。

部を離れた落合さんは不登校になり映画館にばかり通います。それでも実力は圧倒的でした。試合が近づくと部員の説得や出席日数が足りないことから仕方なく復帰し、終わるとまた不登校。計7回の入退部を繰り返します。野球部の練習には参加せずともずっと4番に座り続けました。

大学でも野球を!?その後は…

落合さんは高校卒業後、東洋大学に進学し野球部に入部しました…が、やはり上下関係は厳しく、ケガもあり半年で退部しそのまま大学も中退。秋田の実家に帰ってしまいます。しかし高校時代の恩師の勧めで社会人野球の東芝府中に入部。5年間で約70本のホームランを放つなど活躍し、1978年にドラフト指名されました。

落合博満の伝説5選!残した成績は!?②三冠王

落合さんの残した一番の伝説が3度の三冠王でしょう。これは長いプロ野球の歴史の中でも達成したのは落合さんのみという偉大な記録です。1982年に史上最年少(28歳となるシーズン)で三冠王に輝くと、1985年、1986年と二年連続での獲得となりました。では三冠王とは何か?そんなにすごいのか?説明いたします。

三冠王って何?どれくらいすごいの!?

プロ野球における三冠王とは、そのシーズンで打率・本塁打・打点の全てにおいて1位に輝くことを指します。どれか一つでも逃せば三冠王とはなりません。過去に獲得された回数は11回、人数はわずか7人。その中で3回ですからどれだけすごいかわかりますね。現時点で最後の三冠王は2004年のダイエー・松中信彦さんです。

落合博満の三冠王獲得時の成績は!?

落合さんが三冠王に輝いた時の成績は以下のようになります。所属チームは全てロッテです。1982年:打率.325・32本塁打・99打点。1985年:打率.367・52本塁打・146打点。1986年:打率.360・50本塁打・116打点。1985年の146打点は現在もパ・リーグ最多記録です。

落合博満の伝説5選!残した成績は!?③2000本安打

プロ野球において一流打者の証ともいえる記録が通算2000本安打です。落合さんも巨人時代の1995年に達成しています。実はこの時落合さんは41歳4か月。これは当時の最年長記録(現在は2012年の宮本慎也さんの41歳5か月)となります。歳を重ねても活躍していた証拠ですね。

名球界入りを拒否!?金田正一との対立!

2000本安打を達成した選手にはプロ野球出身の元選手らによる法人団体、名球会への入会資格が与えられます。しかし落合さんは入団当初、代表である金田正一さんと対立しました。打撃フォームを酷評された落合さんは「もし高校出の選手があんなこと言われたら潰れる」と口にし、「2000本打っても名球会には入らない」と言い放ちます。

結果的に2000本安打を達成しますが、このことから名球会に入ることはありませんでした。金田さんは投手として、現在でも破られない通算400勝を挙げており天皇とも言われるような性格の持ち主。そんな人にまだ若手の落合さんが真っ向から対立をしたのだから驚きです。

落合博満の伝説5選!残した成績は!?④10.8決戦

往年のプロ野球ファンの間では伝説となっている1994年10月8日の巨人対中日戦。勝った方が優勝という大一番の試合でした。結果的に巨人が6対3で勝利し、落合さんは巨人の4番打者として古巣中日から先制ホームランを放ち勝利に貢献しました。この優勝は落合さんにとっても特別なものでした。

優勝請負人!落合博満

落合さんが野球を始めたきっかけはミスタープロ野球・長嶋茂雄さんでした。1993年オフに創設されたFA制度により落合さんは巨人へ移籍します。そして当時巨人の監督だった長嶋さんと同じチームでプレイすることになりました。迎えた1994年シーズン、落合さんは巨人を優勝させられなかったら引退を決めていたそうです。

結果として10.8決戦を制しリーグ優勝を決めた巨人。落合さんは4番打者としてあこがれだった長嶋さんを胴上げに導きました。そしてこの年、長嶋さんは監督として初の日本一に輝きます。移籍初年度であこがれの人を初の日本一に。まさに落合さんは優勝請負人としての活躍を見せました。

落合博満の伝説5選!残した成績は!?⑤中日監督時代

落合さんは1998年に現役を引退し、2004年から2011年まで中日ドラゴンズの監督を務めます。落合さんの伝説紹介最後は監督時代の出来事からピックアップしたいと思います。指揮を執った8年間全てAクラス入り、4度のリーグ優勝と1度の日本一を遂げた落合さんの監督時代を見てみましょう。

「勝利」に徹した「オレ流」采配

監督としての落合さんは勝利に徹しており「オレ流」とも呼ばれていました。それが象徴されたのが2007年、中日は3勝1敗としていた日本ハムとの日本シリーズ第5戦です。先発、山井大介投手は1対0のまま8回まで一人の走者も出さない投球を見せます。あと1イニング抑えれば史上初の日本シリーズ完全試合でした。

しかし落合さんがマウンドに送ったのは守護神岩瀬仁紀投手。実は山井投手は途中からマメをつぶしていました。あと1イニングとは思いながらも点差は1点。負けてしまえば次戦からビジターとなり流れが変わる可能性がある中、山井投手から降板の申し出もあり最後に一番信頼できる岩瀬投手を送りました。

賛否両論の采配

結果的に岩瀬投手は3人で抑え、史上初の継投による完全試合達成となり、中日は53年ぶりの日本一に輝きました。しかしこの采配に関しては賛否両論であり、ファンは記録やドラマを求めているという意見も少なくありませんでした。それでも勝利に徹し日本一を勝ち取った采配は立派なものでした。

落合博満の最終的な現役時代の成績は!?

参考までに落合さんの最終的な現役時代の成績もまとめます。通算20年で2236試合出場・打率.311・2371安打・510本塁打・1564打点・65盗塁・四死球は1538となりました。首位打者・本塁打王・打点王は通算5回記録しています。

落合博満の伝説的・意外なエピソード!!

落合さんのエピソードを簡単に紹介します。大学中退後の話です。当時落合さんはボウリング場でアルバイトをしており、プロボウラーを目指します。しかしプロテスト受験時にスピード違反による罰金で受験料が払えず断念…。落合さんは野球のイメージなので意外ですね。

カメラ壊しとピッチャー返し

落合さんのすごさがわかるエピソードを見てみましょう。1986年、打撃練習時のことです。落合さんは「危ないよ」と注意しながらもグラウンドにカメラマンが居座ったため「そこ狙うから」と言い放ち見事に打球をカメラのレンズに直撃させます。驚愕のバットコントロールですね…。

もう一つ、ある時西武東尾投手に球を当てられます。死球を当てられたら次の回に相手打者へ報復死球…なんて話はよく聞きますがここでは落合さん本人が報復を行っています。どうやったか?ピッチャー返しです。鋭い打球を東尾投手に当て報復。落合さんは後に「会心の当たりだった」と満足げでした。

落合博満の感動する名言!!

落合さんの名言と言えば「勝つことが最大のファンサービス」を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。先述のように中日監督時代は勝利を最優先した采配を行います。それはファンが一番見たがっているのは勝利と自分は思っていたからではないでしょうか。

しかし晩年にはフロントから試合以外のファンサービスが悪いと酷評され、挙句試合に敗れた際にガッツポーズをしていたとも…。フロントとの確執もありながらも勝利にこだわった監督。落合さん退任時もそれを惜しむ声がたくさんありました。ファンに日本一を届けた落合さん。最高のファンサービスを行った監督ですね。

落合博満の息子!?声優・落合福嗣とは!?

落合さんには息子さんがいらっしゃいます。それが声優の落合福嗣(ふくし)さんです。父と同じように野球に打ち込んだこともありました。主な出演は『グラゼニ』や『からかい上手の高木さん』、『ダイヤのA』などです。父とは違う道でありながらも有名人の階段を上っています。

落合博満の現在!!プロ野球復帰の可能性は!?

落合さんは現在、主に野球解説者として活躍されています。プロ野球ファンが気になるのは落合さんの現場復帰ですね。2017年まで中日のGMを務めましたが以降は球団から離れています。その腕から監督復帰を望む声も…。現時点で明確な話はありませんが、実績があるのでいつか再び落合監督を見られる日が来るかもしれません。