怪我に悩まされた元サッカー日本代表・内田篤人の現在の状況は!? スポーツ

怪我に悩まされた元サッカー日本代表・内田篤人の現在の状況は!?

サッカー界トップクラスのルックスでサッカーファンは勿論、サッカーに興味がない女性からの人気もトップクラスの内田篤人!!そんな内田篤人の輝かしい成績と近年悩まされ続けてきた怪我と苦悩に満ちたサッカー人生を追求してみました!!

目次

[表示]

怪我に悩まされた内田篤人のデビュー!

サッカー日本代表不動の右サイドバックとして活躍し続けてきた内田篤人。高校卒業後に鹿島アントラーズに入団し、鹿島アントラーズでは初の高卒ルーキーでの開幕戦スタメンメンバーとなる!!内田篤人の注目は当時から高く、若くしてA代表にも選出され、若干19歳の若さでA代表デビューを飾った。

内田篤人プロフィールとの現在までの所属チーム

本名/内田篤人/生年月日・1988年3月27日/血液型・O型/出身地・静岡県田方郡函南町/身長・176cm/体重・70kg/所属チーム・鹿島アントラーズ/出身校・函南町立函西小学校→函南町立函南中学校→清水東高等学校/

内田篤人歴代所属チーム

小学校1年生の頃にサッカーを始めた内田篤人は中学生までは何も注目される様な選手ではなかったのですが、高校生の時に一気に頭角を表す事になります!地元の強豪校・清水東高等学校で活躍すると卒業時には複数のチームからのオファーを受け鹿島アントラーズへと入団。その後ブンデスリーガで活躍する程の選手へと成長していきます。

怪我するまでの内田篤人は順調そのものだった!

鹿島アントラーズ入団後ルーキーイヤーから即チームの主力として活躍を続けてきた内田篤人。日本代表デビューも早く、日本不動の右サイドバックは完全に内田篤人の定位置となった。チームとしても内田篤人入団翌年から史上初のリーグ3連覇を果たすなど順風満帆なサッカー人生でした!

海外からのオファーが届いた内田篤人

チームでの活躍もあって内田篤人は優勝した年の2年連続でJリーグベストイレブンにも選出されます。同時に日本代表でも他を寄せ付けない存在となった内田篤人に勿論の様に海外からの移籍話が舞い込んでくるのです!しかしクラブとは4年半と言う長期契約を結んでおり移籍話は難航しました。

怪我から始まったブンデスリーガ挑戦

今では内田篤人は海外で怪我をし、長期離脱と言うイメージの強い方も多いでしゃうが内田篤人のブンデスリーガでの活躍は目を見張る物があった!!2010年に鹿島アントラーズから移籍金1億5000万円でブンデスリーガ・シャルケ04へと移籍。入団時は代表戦での怪我もあり少々不安なスタートとなったが・・・。

海外で花が咲いた内田篤人の活躍

怪我から始まった内田篤人の海外挑戦で多少不安の声も上がっていましたが、怪我から復帰後にはすぐにレギュラーへと定着!!日本を代表する右サイドバックは早々と結果として実力を発揮させる事となりました!

ブンデスリーガで輝きだす内田篤人

代表戦での怪我からの復帰後は好調を維持し続ける内田篤人!!チームとしてもヨーロッパリーグでトップを決める世界最高峰の大会【UEFAチャンピオンズリーグ】への出場権も獲得するなど内田篤人本人としても、チームとしても徐々に結果を出していきます!!

チャンピオンズリーグでの好成績

チャンピオンズリーグ初出場を果たした内田篤人は大会内でも初アシストを皮切りにチームに貢献!予選を突破を果たしたシャルケは更なる快進撃を果たします。一回戦でバレンシアを破ると準々決勝では当時長友が所属していたインテルと対戦し圧勝!!内田篤人は準々決勝でのベストイレブンに選出する程の活躍を見せました!

チャンピオンズリーグ・ベスト4の活躍!

内田篤人の所属するシャルケ04はチームとしてもチャンピオンズリーグでは最高の成績ベスト4と言う輝かしい年となり、内田篤人自身もグループリーグで1試合欠場したものの以降準決勝までの試合は全て出場!!遂に内田篤人の名前は世界的にも有名になる程までに広まっていきました!

シャルケ04との契約延長を勝ち取る内田篤人

レギュラーシーズン、チャンピオンズリーグでの活躍が認められシャルケ04でも不動の右サイドバックとして定着しました!更に初の海外挑戦となった内田篤人の翌年の契約は複数年と言う結果で返ってきます。この年リーグ戦では安定した活躍を見せ自身初のブンデスリーガでの得点を奪う等チームに欠かせない存在となった内田篤人。

運命の年となった2014年怪我との戦い

内田篤人と言えば日本代表で活躍するイケメンディフェンダーと言うイメージと、怪我で悩まされた選手とイメージが付きまといますが果たしてその怪我との戦いはどこから始まったのかご存知でしょうか!?

2014年リーグ戦での大怪我!!

内田篤人のリハビリ人生はここから始まった・・・。2014年のレギュラーシーズンVSハノーファー戦終了間際の事。相手ディフェンダーをドリブルでかわそうとした時の事・・足を抱え込み倒れた内田篤人!!そのままピッチを後にし、そこから長い長いリハビリ生活は始まるのです。

現在でも完治とは言えない怪我の始まり

内田篤人の運命を変えた怪我との戦い!何とこの怪我をした2014年はブラジルワールドカップ開催の年。元々怪我を負う前から右膝を怪我していたと言う内田篤人はこの怪我で右膝を悪化!!更に右足の太ももまで痛めると言う重症さ。この時内田篤人のワールドカップ出場は完全に絶望視される事となります。

内田篤人のワールドカップ出場はどうなる?

元々怪我を抱えていた右膝、新たに痛めた太ももの怪我を負ってからワールドカップまでの約5カ月は完全にリハビリ生活となる内田篤人!日本の医療スタッフの力をかりてのリハビリとなり、残りのリーグ戦は全て欠場を決めた。しかしワールドカップ開催直前の対キプロス戦で内田篤人の復帰は叶った!!

怪我からの復帰を果たした内田篤人のワールドカップ

チームには迷惑をかけて申し訳ないと語った内田篤人だったが何とか日本のファンには嬉しい代表復帰を果たし、ブラジルワールドカップへの出場が叶った!!日本の報道でも内田篤人の完全復帰は絶望視されていたが、日本の医療スタッフの支えもありリハビリ施設での懸命なリハビリが実ったのだ!!

リハビリ施設での出会いが大きな支えとなった。

内田篤人はワールドカップへの出場を果たす為に東京都北区西が丘にある、「国立スポーツ科学センター(JISS)」にて日々リハビリを行っていました。そこで出会った各スポーツのトップアスリート達から刺激をもらい、後にリハビリ時に皆んなに支えられて声援を受けた事がブラジルへの回復へ繋がったと語っています。

右足の怪我が限界!!遂に手術をする決断

ワールドカップ終了後も右足は完治しておらず、ブンデスリーガでも不振にあえいでいたチームの助けになる様にと無理をして試合に出続けていた内田篤人の右足が遂に限界を迎える時がきてしまいます!!ワールドカップの翌年2015年3月遂に手術をする事を決めた内田篤人は長期離脱を余儀なくされます。

手術となった怪我の状態とは!?

遂にメスを入れざる負えない程に無理をしてきた内田篤人の右膝は「膝蓋腱炎」(しつがいけんえん)と言われるもので、大腿四頭筋の柔軟性低下が怪我に繋がり膝がだんだん動かなくなっていき痛みも日常生活でも支障がでていた程限界にきていた内田篤人。

長期離脱となった内田篤人の怪我の原因は?

内田篤人が限界を感じ手術に踏み切った時の医師の話によれば、スポーツでおった怪我とは思えない程に悪化しており交通事故にあった時の様な怪我だと話しています。しかし何故!?内田篤人の右膝はここまでの重症を負ったのだろうか!?それは内田篤人のプロとしての精神力がここまで無理をさせてしまった様です。

チームの為、日本の為に戦い続けた内田篤人

あまり感情を表に出すタイプではない内田篤人。恐らく無理をし続けて試合やトレーニングに励み、前回大会で試合に出る事が出来なかったW杯での悔しさもあってブラジル大会への意気込みは人並みではなかったはず!勿論ファンの期待も背負っていた内田篤人は強行出場し続けてしまった結果、選手生命までもが危ぶまれる事に・・・

怪我で長期離脱するも現在もシャルケでの愛される内田篤人

右膝の手術後、長期離脱となった内田篤人の姿は日本代表はおろかシャルケ04でのプレーも見る事が出来なくなります。その期間何と約2年間!!日本のファンにも人気が高い内田篤人は勿論シャルケ04でのファンからのしんらあもあつく長年のリハビリ生活の際も、チームとファンは内田篤人の復帰を待ちわびていました。
NEXT:実戦復帰を待ち続けたシャルケ04
1/2