「Jimmy」テーマ曲唄うMISIA、さんまのまんま直後フライデーに愕然!!? 歌手・アーティスト

「Jimmy」テーマ曲唄うMISIA、さんまのまんま直後フライデーに愕然!!?

MISAさんは現代の日本の音楽界で、最も偉大な歌姫のひとりに数えられる、押しも押されぬスターシンガーです。明石家さんまさんが2018年4月27日放送のフジテレビ系番組「さんまのまんま 春SP」で、MISAさんの「不運」を面白おかしく明かしました。それは一体何?

歌姫MISIAってどんな歌手?フライデーが衝撃?!

MISIA(ミーシャ)さんのプロフィール

  • 本名:非公開
  • 生年月日:1978年7月7日
  • 出身地:長崎県対馬市
  • 血液型:O型
  • ジャンル:R&B,POPS
  • デビュー:1998年
  • 所属レーベル:アリオラジャパン
  • 所属事務所:リズメディア
  • 生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)名誉大使
  • 第5回アフリカ開発会議(TICAD Ⅴ)名誉大使

MISIAさんは5オクターブの音域をもつと言われています。デビュー当時からMISIAさんはテレビにはほとんど出演しませんでした。CS放送には出演したことがあって、近年ではラジオ番組の出演が多く、自らもパーソナリティを務めたりしています。

MISIAさんのプチ・エピソード

MISIAさんの楽曲「太陽の地図」がフジテレビ系「めざましテレビ」のテーマソングに起用された時に、同番組で地上波初のロングインタビューを受け、2008年の上海公演の様子も紹介されました。MISIAさんはメロンパンが大好物で、メロンパンとパンダを組み合わせた「メロンパンダ」というキャラクターをデザインしたことがあります。

またそのメロンパンダのテーマ曲「甘い恋人」も発表しました。女優の松嶋菜々子さんと親交があって、松嶋さんの出演するドラマやCMと数多くタイアップしています。また、アフリカ等の途上国の支援活動を積極的に展開しています。

Jimmy主題歌MISIAさんまのまんま後フライデー難❶序章

それではタイトルにもある、MISIAさんが「さんんまのまんま」に出た直後にフライデーを見て驚愕した「事件」に関して、順を追ってみていきましょう。この事件は、明石さんまさんがプロデュースしたNetflixのオリジナルドラマ「Jimmy ~アホみたいなホンマの話~」にまつわる話です。

ドラマでは主人公ジミー大西さんの役を中尾明慶さん、明石家さんまさん役を小出恵介が演じました。しかしあろうことかあるまいことか、配信される直前の2017年6月、小出恵介さんが17歳の女子高校生と、飲酒して不適切な関係を持ったことがフライデーで報じられた件で、事態を重く見たNetflix側が配信を延期に決定しました。

Jimmy主題歌MISIAさんまのまんま後フライデー難❷出演

そのドラマ「Jimmy」の主題歌「最後の夜汽車」(オリジナルは甲斐バンド)を担当していたのが現代の歌姫、MISIAさんでした。その番組宣伝もかねてMISIAさんは、2017年6月23日にカンテレ・フジテレビ系「金曜プレミアム さんまのまんま 初夏に大笑いしましょかSP」にゲスト出演しました。

明石家さんまさんはその時の様子を振り返って、こう言っています。「主題歌、私、歌ってまーすって(MISIAと)盛り上がって盛り上がって、その収録終わって楽屋に帰ったらフライデー見せられたんや」と。そのフライデーにて小出恵介さんの不祥事が報道されていたのですから、そりゃ愕然ですよね…。

バラエティバージンvs明石家さんま小出恵介報道に負ケズ

実はMISIAさんはその時が「バラエティ初出演」つまりMISIAさんの言葉を借りると「バラエティ・バージン」だったのです!その事実を明かすと、客席から驚きの声がどよめきとともに上がりました。貴重な瞬間に立ち会ったという感じでしょうね。

明石家さんまさんは、そのバラエティ初出演という貴重な時の不運に「わざわざドラマのために出てくれたのに、アレが発覚したんや!」と繰り返し繰り返し、語りました。その後、「Jimmy」は小出恵介さんの代役に玉山鉄二さんが選ばれての再撮影になりました。

基本的にはそれ以外のキャストは同一ということで、2018年の夏に配信予定という流れでの再撮影ということで、行われました。明石家さんまさんが企画、プロデュースを手掛けた肝入りのこの作品は、明石家さんまさんに出会って、数奇な人生を歩むことになった個性的な芸人、ジミー大西の実体験をドラマとして描こうとするものです。

Jimmy主題歌MISIAさんまのまんま後フライデー難❸事件

明石家さんまさん役の小出恵介の無期限活動停止が、所属事務所から発表されたことを受けて、さんまさん役を別キャストで再撮影する決定に関しては吉本興業とYDクリエイションからは、「コメディドラマ」としてのクリエイティブ上の判断という説明がなされました。

またNetflixは「吉本興業様より再撮影の意向を受け、配信日の変更を決定いたしました。この判断は、クリエイティブ面での判断による再撮影であり、弊社会員のみなさまに全てのコンテンツを楽しんで頂くことを第一に考えるNETFLIXとしての考えと一致するもの」とのコメントを発表しました。

ちなみに「Jimmy ~アホみたいなホンマの話~」はジミー役に中尾明慶、ミスターオクレさん役に六角慎司、村上ショージさん役に尾上寛之、大竹しのぶさん役に池脇千鶴がキャスティングされていました。そして当初小出恵介さんが演じることになっていた明石家さんまさんの役を玉山鉄二さんが務めることになりました。

Jimmy主題歌MISIAさんまのまんま後フライデー難❹緊張

6月上旬に都内で収録が行われた「さんまのまんまSP」に参加したMISIAさん。当然ですが、慣れない状況に緊張していて、お茶を飲むにも手が震えていますと明かすほどでしたが、さんまさんにリードされながらトークを進めていくと、徐々に緊張はほぐれていった様子で、撮影現場は次第に笑いに包まれていったようです。

MISIAさんといえば、頭に巻いている布がのトレードマークですね。番組では、お土産にカラフルな布を持参したMISIAさんが、さんまさんの頭に布をぐるぐる巻いてあげる一幕もありました。それを受けて、「陽気なコソ泥に見えません?」と抜群のコメントを吐くさんまさんでした!

Jimmy主題歌MISIAさんまのまんま後フライデー難❺収録

その他にも、MISIAさんが音楽に目覚め、そのプロとしての歌手の道に進んだ理由など、貴重な話題が繰り広げられました。初めてのバラエティ出演とあって、「収録が始まると、何を話したらいいかわからないぐらい緊張しました」というMISIAさんでした。

しかしながら、「さんまさんがドンドン面白い話を振ってくださったので、あっという間に時間が過ぎました」と、明石家さんまさんの見事なトーク術にもサポートされ、MISIAさん、見事無事収録を終えました。

Jimmy主題歌MISIAさんまのまんま後フライデー難❻怪獣

その、お笑い怪獣明石家さんまさんの印象については「息を吸っている時も吐いている時も話したり笑ったりで、いつ喉を休めているのかなと思いました。あんなに強い喉はどうやって作れるのかと思いました(笑)」と、音楽家ならでは視点からのコメントを残しました!

ちなみに同番組にはMISIAさんの他に、満島ひかりさん真之介さんの仲良し姉弟、マルチに活躍するディーン・フジオカさん、お笑い芸人のハリセンボンさんと尼神インターさん、サッカー選手内田篤人さん、カンテレ・フジテレビ系ドラマ「僕たちがやりました」に出演する窪田正孝さん、新田真剣佑さん、間宮祥太朗さんらが出演しました。

Jimmy主題歌MISIAさんまのまんま後フライデー難❼再会

そして2018年7月、MISIAさんがパーソナリティを務める、24日放送のNHK FM「MISIA 星空のラジオ」に、明石家さんまさんが、歌手・甲斐よしひろさんとともにゲスト出演しました。

この三人は、MISIAさんが自身でプロデュースした、7月20日からやっと配信が始まるさんまさん企画・プロデュースのNetflixドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」の主題歌として甲斐バンドの名曲「最後の夜汽車」をカバーしたという縁(えにし)の三人です。

東京・渋谷のNHK FM局で収録が実施されました。ドラマではプロデューサーとして影に徹した明石家さんまさんでしたが、この日は進行役をジャックしてしまい、持ち前の機関銃トークを展開しました。

オープニングから「3人でしゃべるのも、あのことがなかったらない」と、当初の主演の小出恵介さんの一件で、代役の玉山鉄二さんで撮り直した「事件」を明石家さんま流の笑いに変えると、甲斐よしひろさんも「3者で集まることもないでしょうし」と被せ、会場は爆笑の渦に巻き込まれました。

Jimmy主題歌MISIAさんまのまんま後フライデー難❽回想

MISIAさんとは「さんまのまんま SP」以来1年ぶりの共演で、MISIAさんに「初めてバラエティーに出させていただいた。さんまさんにバラエティーバージンをささげました」と言われると、さんまさんは「(バージンを)頂きました。豊かな夜を迎えさせて頂き、ありがとうございました」と笑顔で受け、また爆笑。

さらに、甲斐よしひろさんに「あかんで。この番組で司会したら」と忠告されましたが、MISIAさんに「さんまさんが進行でいいです」と優しく肩を持たれると、さんまさんは「やらせて頂いてますけど、甲斐さんも最近どうですか?」と、してやったりの表情。甲斐さんがすかさず「若手漫才師か!」と絶妙の突っ込み!再び爆笑の渦となりました。

Jimmy主題歌MISIAさんまのまんま後フライデー難❾終章

主題歌は19歳の頃にさんまさんがコントで使っていた楽曲だそうで、「売れなかった頃の芸人の写真にこの曲をかぶせたかった。自分が初めて新幹線のグリーン車のチケットを頂いたときとかこの曲を重ねて聴いていた」と説明し、「将来、Jimmyという映画を作ろうと思っていたら、その前にこの話があった」と映画化の構想も明かしました。

番組の最後に甲斐よしひろさんとMISIAさんが主題歌をセッションした音源が流されると、明石家さんまさんは「夢の夢で」と感激!「あの…、ドラマの歌を(このセッションに)差し替えます。素晴らしい出来です」とタイムリーなジョークで締め、爆笑満載の収録を終えました。

一年前、バラエティバージンをさんまさんに捧げたMISIAさん、そして満を持しての」配信スタートを挫かれたさんまさん、一体どうなることかと心配だったでしょうが、無事「玉山さんま」での配信、おめでとうございます!