成田緑夢の母親は兄妹とは違う!?兄の成田童夢や姉の今井メロ、父の軋轢も! スポーツ

成田緑夢の母親は兄妹とは違う!?兄の成田童夢や姉の今井メロ、父の軋轢も!

2013年に大けがをしたものの、そこから見事に復帰を遂げた成田緑夢さん。平昌オリンピックでは金メダルを獲得しました。兄の成田童夢さんや姉の今井メロさんがいますが、実はその兄妹とは母親が違うのだとか?そんな成田緑夢さんの複雑な家庭環境について見ていきましょう。

成田緑夢の母親は兄妹とは違う?

兄の成田童夢さんと、姉の今井メロさんは母親が同じですが、成田緑夢さんは母親が違うそうです。実は他にももう一人、流星というお兄さんががいるという話(実は三兄弟ではなく四兄弟)ですが、末っ子の緑夢さんだけは母親が違うようですね。

成田緑夢のプロフィール

本格的に話題に入る前に、プロフィールを見てみましょう。成田緑夢さんは、2013年にトランポリンの練習中、大けがをしてしまいました。歩けるようになる可能性は20%だと医師に言われながらも必死にリハビリを続け、2018年平昌オリンピックでスノーボード金メダルを獲得しています。

  • 名前:成田緑夢
  • 生年月日:1994年2月1日
  • 血液型:AB型
  • 出身:大阪市住之江区

母親が違う?今井メロのプロフィール

続いて見ていくのは、姉の今井メロさんです。苗字が違うのは、父のスパルタ教育に耐えかねて家を出ていき、母型の性を名乗るようになったからだといわれています。最年少プロスノーボーダーに認定されるなどの功績がありますが、トリノオリンピックで予選敗退していこう、波乱万丈の人生を歩みます。

  • 名前:今井夢露
  • 生年月日:1987年10月26日
  • 血液型:O型
  • 出身:大阪市住之江区

母親が違う?成田童夢のプロフィール

最後は一番上の成田童夢さんです。今井メロさんと同様、トリノオリンピックで期待が寄せられましたが、予選敗退して世間から猛バッシングを受けることに。その後は家に引きこもりますが、現在ではアニメ好きが高じてオタクタレントとして人気を集めています。

  • 名前:成田緑夢
  • 生年月日:1985年9月22日
  • 血液型:AB型
  • 出身:大阪市住之江区

成田緑夢の母親は誰?

桂さんという女性だといわれています。2018年平昌オリンピックで金メダルを獲得した際、桂さんも感動し、コメントしています。「けがをした時は命すら危ないといわれたので、雪の上に立ってくれているだけでうれしい」大けがから再起して金メダルまでとってしまうのですから、母としては嬉しい限りですね。

成田緑夢とは違う!成田童夢と今井メロの母親は誰?

今井多美江さんという方が母親です。父の成田隆史さんとの間に、成田童夢さん、今井メロさん、成田流星さんという3人の子供が誕生しています。しかしその後離婚。成田隆史さんは再婚し、その再婚相手との子供が成田緑夢さんです。

成田緑夢を含む成田三兄弟に流星が登場しないのはなぜ?

成田家というと、成田三兄弟として知られていると思います。しかし緑夢さんの一つ上に、流星さんというお兄さんがいるわけですね。ではなぜ、この流星さんだけあまり登場しないのでしょうか。また、名前に唯一、夢という文字が入っていないのも気になりますね。

童夢さん、夢露さん、緑夢さんは皆夢という文字が入っています。また父親が経営するスノーボードの「夢くらぶ」という名前にもある通り、父親は夢という言葉が好きなようです。それが唯一ついていない流星さんの理由も気になります。

成田緑夢の父親と母親が離婚したのは流星が生まれる前?

もしかしたら、成田隆史さんと元奥さんの今井さんが離婚したのは、劉生さんが誕生する前だったのではないでしょうか。あるいは、誕生した間もないころに離婚したのかもしれません。そうすればスパルタ教育を受けていないので、スノーボード選手になっていないこともわかります。

さらに生まれたときにすでに離婚していたのであれば、名前を付けたのは隆史さんではないということになります。それならば、隆史さんの好きな夢という文字が入っていないのも合点がいきます。もしかしたら、スパルタ教育に今井さんが反対して離婚したのかもしれませんね。流星さんは唯一その呪縛から解き放たれているのかもしれません。

父親と母親が離婚したのは成田隆史のスパルタ教育のせい?

実際に離婚理由がスパルタ教育にあったかどうかは分かりません。ただ、このスパルタ教育は子供たちに大きな影響を及ぼしています。朝から晩までひたすら練習させ、結果がすべてだったそう。その様な環境で育った子供たちは、たいていの場合その人生を歪ませることになります。緑夢さんは成功していますが、これはむしろ稀な例と言えるでしょう。

童夢さんとメロさんはトリノオリンピックで失敗し世間から猛バッシング。半ば廃人のようになったといいます。結果しか認めてもらえないような教育環境だったからこそ、結果が出ないときにすべての存在価値が失われたような気がしてしまうのです。

結果を出すのは素晴らしいことですが、常に結果が出せないかもしれない恐怖の中で子供時代を過ごしてきた傷跡は大きいはずです。実際、今井メロさんの場合はその傷跡が深く残っているようです。童夢さんはなんとか父親の呪縛から離れ、今では本当の自分を実現しています。

成田童夢の現在は?もともと声優になりたかった?

成田童夢さんの夢は、小さな時から声優になることだったそうです。アニメが好きだったようですね。怖い父に、恐る恐るそのことを告げたそうです。自分がやりたいのはスノーボードではなく、声優なのだと。すると「オリンピックに出たら、あとは好きにしろ」とのこと。

そこで、成田童夢さんは声優になるためにオリンピックを目指したそうです。普通ならその条件を突き付けられた時点で心が折れてしまいそうですが、成田童夢さんはそうはならなかったようですね。トリノの予選敗退は残念でしたが、確かにスノーボード選手として活躍を見せました。

しかし、この経験は成田童夢さんにとって本当に望ましいものだったのでしょうか。声優になりたかったのに、その条件として父親にオリンピックに出ることを強制されて、不本意な遠回りをしなくてはならなくなった。輝かしい功績が本当に本人の幸福につながるのか、難しいところですね。

成田童夢は今ではオタクタレントとして人気!

トリノオリンピックでの予選敗退、そして猛バッシングを経験した後、数年間人間不信に陥って、閉じこもっていたそうです。しかし閉じこもっていた間に触れたのがやはりアニメなどの文化だったのでしょうか。今では、本当に好きなそれらをウリにして人気を集めています。

オリンピックに出ることで有名になったから、好きなことを仕事にできているという見方もできるかもしれません。ただ自分を殺して生きてきた過去から解き放たれて今の自分になるには、きっと大きな壁を乗り越える必要があったでしょうね。それをやってのけた成田童夢さんは本当に強いといえます。

今井メロの現在は?成田童夢と一緒に父に反発し家出?

一方で今井メロさんですが、中学生3年生のことから父の暴力を伴ったスパルタ教育に反発し、家を出るようになります。そして、児童保護施設に入所。精神病院に通いながら、学校に通学していたようです。とはいえスノーボード自体は好きらしく、なんとか続けていました。2002年ごろの話です。

そして17歳の頃、世界ランキング1位に輝きます。2004~5年ごろですね。こうして今井メロさんは有名になると同時に多くの収入を得ることになるのですが、精神的に空虚感を感じるものがあったのか、そのお金で豪遊してしまいます。しかし夜の街に危険はつきもの。ある時、高校生3人に強姦されて、心に大きな傷を残してしまいます。

成田緑夢の兄と姉、成田童夢と今井メロが家を出る

今井メロさんが家を出る前に、まず、兄の成田童夢さんが家を出ます。父に反発し、成田童夢さんは上京しました。今井メロさんもその姿を見て影響を受けたのか、同じく父に反発して、家を出ます。今井メロさんは父と離婚した元妻の今井多美江さんの元に身を寄せます。そして苗字を、母の性である今井に変えます。

その後もスノーボードの練習は続け、2006年にはトリノオリンピックへの出場権を獲得。しかしここで予選敗退し、猛バッシングを受けることになります。そして再び夜の街に入り浸るようになり、ホステスとして働き始めます。

今井メロが予選敗退した理由は練習不足?

父の元を離れて、練習がおろそかになってしまったのでしょうか。このように見ると、父のもとに残って練習をした方が良かったようにも見えます。しかし虐待まがいの指導に耐えてオリンピックで良い功績を残したとしたら、それは幸せなのか……と思わずにはいられませんね。

2010年に今井メロは結婚、しかし離婚し、AV女優へ

今井メロさんは2010年にできちゃった婚をしています。しかし夫が子供に暴力をふるうので、離婚。子供は児童相談所に保護されたとか。その後も生活保護を受けながらなんとか生活しますが、29歳でAVにデビューしています。すべてを親のせいにしてよいわけではありませんが、少なからず今井メロさんの人生に影響を与えていることでしょう。

成田緑夢だけは父の思惑通り成長?

オタクへの道を進んだ兄の成田童夢さん、転落して波乱万丈人生を歩む今井メロさん。しかし成田緑夢さんだけは、父の教育通りスノーボードで功績を残し、他のスポーツでも成功しています。怪我をしてもそこから立ち直るほど、懸命に打ち込んでいます。なぜ、緑夢さんだけうまくいっているのでしょうか。

成田緑夢さんは自分自身の意志として、スポーツをやりたいといっています。けがをした際も、それを克服することでみている人に勇気を与えられるなら、という理由で頑張りました。「父に言われたので仕方なく」ではなく、本人に意志があるのです。

たまたま本人のやりたいことと、父がやらせたいことが一致していた。だからうまく行ったのではないでしょうか。2018年平昌オリンピックで金メダルを獲得し、それを機にスノーボードはいんたいするそうですが、他の種目はまだまだ頑張るそうです。

親の理想と子供の夢が一致していれば、このように大きな力になります。しかしもし一致していなかったら、きっとその子供時代はただただ苦痛で、その後の人生にとっては忘れたい地獄でしかないでしょうね。そのせいで家族は分断してしまっているわけですし。

成田緑夢だけ母親が違う・成田家が崩壊した経緯まとめ!

以上、成田緑夢さんだけ母親が違うという話題や、成田家の崩壊について紹介しました。母親が違うという事実の裏には、父の教育方針に対する母の苦悩があったのでしょう。輝かしい功績の裏には何かあるといいますが、それを改めて思い知りますね。