ドイツで苦難を乗り越えた宇佐美貴史!妻は元女優!?子供は何人いる? エンタメ

ドイツで苦難を乗り越えた宇佐美貴史!妻は元女優!?子供は何人いる?

宇佐美貴史選手は現在ドイツで活躍しており、日本代表としても期待されているサッカー選手です。そんな宇佐美選手の妻は元女優ということで綺麗な方なんでしょうね。今回はそんな宇佐美選手のサッカーとプライベートな面を合わせて紹介していきます。

目次

[表示]

宇佐美貴史の妻は元女優?子供はいる?画像がある!?

宇佐美貴史選手は、幼少期からサッカーをしており地元では有名な天才サッカー少年と呼ばれていたほどだそうです。そして宇佐美選手はすでに結婚をしておりお子さんもいるようです。宇佐美選手はまだ26歳ですがいつごろ結婚をしたのでしょうか。そしてお子さんは何人いらっしゃのでしょうか。

3歳からサッカーを始めた!?宇佐美貴史のプロフィール

宇佐美選手は三人兄弟の末っ子で、3歳のころから近くの公園でボールを蹴っていたサッカー少年です。そして5歳の時には長岡京サッカースポーツ少年団に所属しています。この頃にはすでに「天才サッカー少年」として有名になっていたというのです。

2005年には、ガンバ大阪ジュニアユースに加入しU-13日本代表に選出され、2007年には飛び級でガンバ大阪ユースに昇格し、中学3年生の時に高校年代であるユースにてレギュラーを獲得します。高校1年生の時にはすでに10番を背負いチームを優勝にも導いています。

史上初!?高校生プロ宇佐美貴史誕生

すでに才能を開花させた宇佐美選手は、高校2年生の時に昇格をしガンバ大阪では史上最年少出場記録も更新しています。しかし、その後は4試合だけの出場に留まっています。2010年には、調子を上げJリーグベストヤングプレーヤー賞を獲得し、2011年にはガンバ大阪の中心選手として活躍をしていきました。

海外への挑戦!ドイツの高い壁とは

そんなJリーグで活躍していた宇佐美選手に目を付けたのがドイツブンデスリーガの名門バイエルンミュンヘンです。宇佐美選手はバイエルンミュンヘンへの1年間の期限付き移籍を果たします。バイエルンミュンヘンへ移籍後は日本史上最年少でチャンピオンズリーグ出場の偉業を達成しました。

しかしバイエルンミュンヘンでの出場機会はあまり多くなく、期限付き移籍は終了しホッフェンハイムに1年間の期限付き移籍をします。ホッフェンハイムではレギュラーを獲得したものの今度はチームの成績不振により1年間で契約満了となり2013年には古巣のガンバ大阪に戻る事となります。

日本での宇佐美貴史の大活躍

日本に帰国後の宇佐美選手は全くの別人になっていました。海外での経験が糧となっていたのか、帰国後ガンバ大阪での宇佐美選手は得点を量産し、Jリーグのベストイレブンに選出される大活躍をみせます。2014年の宇佐美選手はガンバ大阪のリーグ優勝や国内三冠の立役者となる活躍をみせました。

2015年にはシーズン開幕戦ゼロックススーパーカップでは決勝ゴールを決め、ガンバの8年ぶりスーパーカップ制覇に貢献し、リーグ開幕戦から好調をキープしており1stステージ終了時には得点ランキングでトップに立ったが、後半戦は調子を落とし得点王になることができずドイツへの移籍となりました。

ドイツ移籍から現在までの宇佐美貴史

2016年にドイルFCアウクスブルクへの完全移籍を果たした宇佐美選手ですが、思うような活躍をすることができず11試合無得点という結果に終わり、地元市からは期待を下回ったとの評価を受けることとなってしまい、翌年には期限付きでデュッセルドルフへ移籍することとなりました。

2017年にはデュッセルドルフに期限付きで移籍をし、移籍後の前半戦は思うように結果を出すことができなかった宇佐美選手ですが、後半戦は調子を取り戻し4試合連続得点や優勝が懸かった首位ニュルンベルク戦では2点ビハインドを逆転する活躍をし2部優勝への貢献をする働きをみせました。

宇佐美貴史の妻とは一体誰?

宇佐美貴史選手は2011年に1歳年上の幼馴染との結婚を発表しました。ネット上ではそんな嫁が可愛すぎるや元女優ではという噂でもちきりになり一時話題沸騰となっていました。では、宇佐美選手の奥さんは本当に元女優の方なのでしょうか。

実はこの噂は本当のようで、セント・フォースという事務所に所属していた田井中蘭さんという方で、女優やキャスターとして活動をしており、美人キャスターとして将来を期待されていた方のようです。現在は宇佐美蘭となっています。

妻田井中蘭とは一体どんな人?

田井中蘭さんは、2005年に雑誌「De-View」の誌上オーディション応募がきっかけで芸能事務所に所属しました。そして2007年には本格的に芸能活動を開始するため、高校入学と同時に上京しました。映画や舞台で活躍をしていた田井中蘭さんですが、2009年に大学受験のため一時休業をしています。

大学は成蹊大学に入学し、2016年に休学などを経て無事卒業し、結婚後の現在もセント・フォースに所属はしていますが、宇佐美選手のサポートがメインのため仕事は前ほどはやっていないようです。やはりスポーツ選手の奥さんは子育てと旦那のサポートと色々と大変なのでしょうか。

宇佐美貴史と妻との馴れ初めは?

宇佐美選手と奥さんの蘭さんは同じ長岡京市の生まれで、同じ中学の先輩後輩だったそうで、中学2年生だった宇佐美選手が中学3年生だった蘭さんに一目惚れをし共通の知人を介してメールアドレスを交換したことがきっかけのようです。何度か連絡を取っていた二人でしたが、蘭さんのリードで宇佐美選手が告白をし、後輩がスタートしたようです。

高校生になる時にはお互い別々の高校に行き、サッカー選手とキャスターとで離れ離れになってしまうのですが、その後再開した時に宇佐美選手から告白をしたそうです。結婚を前提に告白をした宇佐美選手は後に、「こんな人とは一生でもう会えないと思った」と語っています。

宇佐美貴史の子供は?何人いる?

宇佐美貴史さんと妻蘭さんの間には現在2人のお子さんがいます。2015年に長女が、2018年に次女が誕生しています。宇佐美選手の長女の名前は董(すみれ)ちゃんというそうです。そして、次女の名前は桜ちゃんというそうです。お二人とも非常に可愛く宇佐美選手は溺愛しているそうです。

宇佐美選手は、娘さんを溺愛するあまりになぜ「自分から母乳がでないのか」や「妻が死んだら娘と生きていく」などと語っており、妻の蘭さんからはクレームも出ているようです。それだけ宇佐美選手が娘さんも奥さんも愛しているということですね。

宇佐美貴史の移籍遍歴は?ドイツにはどれくらいいた?

宇佐美選手と言えば様々な海外チームに移籍していますが、一体何チームくらいに所属したのでしょうか。今一度全て確認していきたいと思います。宇佐美選手は高校生の時にガンバ大阪に所属してから現在まででなんと5つのクラブの所属しているのです。最長のチームでも4年間しか所属していません。

まずはガンバ大阪に入り、その後バイエルンミュンヘンに1年間所属し、ホッフェンハイム、アウクスブルクと来て、現在はデュッセルドルフに所属しています。常に環境を変え、自身を高めようとする宇佐美選手の気持ちが現れているようですね。

宇佐美貴史の移籍金や年俸は?

これだけ移籍をしている宇佐美選手ですが、その移籍金はいくらくらいなのでしょうか。2016年6月~2020年6月までの4年間の契約でなんと移籍金はおよそ2億円と言われています。現在のデュッセルドルフへはレンタル移籍になっているので、アウクスブルクからのレンタル料は無料となっています。

年俸はというと17歳でガンバ大阪入りした時は1700万円といわれており、最高額ではバイエルンミュンヘンの8000万円です。バイエルンミュンヘンからホッフェンハイムに移籍した際には3000万円まで下がりましたが、アウクスブルクに入った24歳の時には7000万円まで戻り、現在は7900万円と言われています。

ドイツで味わった人生最大の苦悩

デュッセルドルフへ移籍してからコンスタントに先発で出場することができていなかったのですが、監督からは試合勘がすぐには戻らないから焦らないで良いと言われていたそうです。しかし宇佐美選手の考えは違い、試合を戦うことでコンディションを上げ、プレーの精度を上げてきました。

途中交代で出場しても精彩を欠いたプレーが続き、宇佐美選手自身もそれを自覚し食生活の見直しや個人トレーニングを増やしコンディションを戻そうとしましたが、なかなか結果がついてきませんでした。このままではサッカーに対するモチベーションも失いかねないと思うほどサッカーが楽しくないと悩んでいたそうです。

日本とドイツでラストチャンスと再起を誓う

宇佐美選手はラストチャンスと語り、ウインターブレイク中に日本に戻り、地元京都で自主トレを行っていました。やれるだけのことはやると宣言した通り、彼はパーソナルトレーナーとトレーニングを行うだけでなく、スポーツ内科を勉強するなどして多角的に自身を見つめ変化を目指していました。

そしてドイツに戻ってからも同様に、食生活は摂取のタイミングにまで細かく注意をし、練習以外の時間もパーソナルトレーナーとともに、感覚を研ぎ澄ませることを目的としたトレーニングを行っていました。ラストチャンスと称したようにその時間は、再開後の宇佐美選手をブンデスリーガの舞台で輝かせる結果となしました。

宇佐美貴史は性格が悪い?

現在ドイツブンデスリーガで活躍中の宇佐美貴史選手ですが、ネット上では「性格が悪い」「天才と言われて調子に乗っている」「正直キライ」などといったことが言われているようです。宇佐美選手は本田圭佑選手ばりのビッグマウスのようでインタビュアーも驚いているとのことです。

また、ビッグマウスで成績を残すのであれば良いのですが、なかなか結果を残せていないというこころにも嫌われる原因があるようです。自身にプレッシャーを掛ける意味合いも込めて言っているかもしれませんが、今後はそのビッグマウスを実現してくれるとファンからも納得の声が出るのではないでしょうか。

妻や家族に支えられ苦難を乗り越えた宇佐美貴史のこれから

悩める時期を乗り越えこれからまた再起した宇佐美貴史選手は支えてくれる家族の力を背に日本を背負って世界の舞台で活躍してくれることを期待されています。まだまだ若い選手ですので、次のワールドカップにも期待をし、さらなる成長を応援したいと思います。