浅丘ルリ子さんが若い頃の昔は相当な美人だったらしい!ほんと? 女優

浅丘ルリ子さんが若い頃の昔は相当な美人だったらしい!ほんと?

こんにちは!浅丘ルリ子さんといえば、往年の美人女優さんというイメージですか?それとも美人歌手というイメージでしょうか?今日は、知っているようで知らなかった浅丘ルリ子さんの素顔や噂など、ヒストリーに迫ってみたいと思います。

浅丘ルリ子さんが若い頃ってどんな外見だったの?

浅丘ルリ子さんは、14歳のときに、3000人のなかから選ばれて、華々しくデビューしました。当時の浅丘ルリ子さんは、日本人離れしていて、こんなに美しい少女がいるのかしら、とおもわせるほどです。いまデビューしても、話題をさらいそうな、絶世の美少女でした。

寅さんシリーズで人気を博した浅丘ルリ子さん。無骨な寅さんとの対比で、ますます浅丘ルリ子さんの美人度が際立っています。このころの浅丘ルリ子さんは、離婚も経験し、仕事にのめりこんでいたそう。プライベートも華やかで、人生の花の時代ですね。

浅丘ルリ子さんは昔、映画によく出ていたってほんとう?

浅丘ルリ子さんは、瞬く間に有名になり、テレビに映画にひっぱりだこの売れっ子になりました。当時の娯楽といえば中心は「映画」でしたから、どんどん出演してゆきました。現在までで、のべ150本もの映画に出演されています。るり子カットもはやったそうです。

この帯は、浅丘ルリ子さんがプレゼントなさったもの。さすが、映画女優としのセンスですよね。華やかで、どこか艶やかで、女性の魅力をひきたてるような、玄人好みの帯です。映画に数多く出演したことで、彼女のセンスにもますます磨きがかかったようです。

浅丘ルリ子さんの若い頃が美人すぎる!

浅丘ルリ子さんといえば、目鼻立ちがはっきりした、存在感のある女優というイメージではないでしょうか。若い頃の写真からも、当時のオーラを感じ取れることができます。いまどき、女優やタレントで、整形していない人は少ないといいますが、浅丘ルリ子さんは天然なのですから凄いですよね。

昭和の時代を一世風靡した浅丘ルリ子さん。リリーというあだ名もあって、寅さんのマドンナとしても長く活躍されました。そのほか、名演技は、150本にも上る映画で披露されています。日活映画だったようですね。テレビでは大河ドラマから、お茶の間ドラマまで、幅広く出演されています。

浅丘ルリ子さんのわかいころは、お人形さんのようで、日本人離れした美貌でした。ところが、30台になり、離婚後は、ちょっと雰囲気が変わられました。昔からやせ型で、身長156センチで体重は35キロしかないそうです。折れそうですね・・・。

浅丘ルリ子さんの年齢は、いったいいくつ?

浅丘ルリ子さんは、1940ねん生まれ。2018年現在、78歳でいらっしゃいます。年齢より、お若くみえますよね。第一線で活躍されてきたからこそ、80歳手前になっても、女性としての輝きを失わないのでしょう。見た目は、年齢によるのではなく、生き方に左右される、ということですね。

2018年現在、78歳の浅丘ルリ子さん。現在でも現役でトークショーやテレビに活躍されています。浅丘ルリ子さんに憧れている女性も多いのではないでしょうか。浅丘ルリ子さん独特のオーラにひきよせられて、いまでも多くのファンがいると聞きます。

浅丘ルリ子さんは若い頃から美人だったの?

浅丘ルリ子さんは、満州生まれ。お父様が大蔵省の官僚でいらしたようで、終戦後は、強制収容されていたそうです。無事、日本に帰国できたものの、貧しい生活を余儀なくされたとのこと。お母様が創意工夫される方だったそうで、浅丘ルリ子さんは、強く美しく育てられたそうです。

浅丘ルリ子さんは、1956年(当時16歳)のときに、仕事ではじめてのキスシーンがあり、演じるか演じないかで迷っていたそうです。その悩みをきいた実のお父様から「女優魂」を説教され、演じることに決めたそうです。いまの浅丘ルリ子さんからは考えられないほど、ウブだった様子が想像できます。

浅丘ルリ子さんはその昔、絶世の美人だった!

浅丘ルリ子さんの若い頃の写真を見ると、終戦して間もない日本で、目新しい娯楽を求めていた大衆の目に、新鮮で、この世のものでないようなオーラを感じさせます。官僚のお父様の血を引き継いだのか、はたまた才色兼備なお母様の血を引き継いだのか・・・。

浅丘ルリ子さんが若い頃、目が大きくて人目をひいた話。

当時、浅丘ルリ子さんのような顔立ちは、とにかく目をひきました。非常に目に力があり、大きいだけでなく、キラキラと輝きを放っていたのです。そんな美少女を、映画業界もテレビ業界もほうっておくわけはありません。歌に、芝居に、猛特訓がはじまりました。

浅丘ルリ子さんは美人だけでない魅力がある?

浅丘ルリ子さんは、家庭の影響からか、かなりきっちりと育っていたようです。時間を正確に守り、上下の序列を大切にする。目上の方を敬うなど・・・。当たり前のようで、徹底できない人がおおい業界でも、異彩をはなったようです。そんな彼女の誠実さが、また魅力だったようですね。

浅丘ルリ子さんが美人なのに、石坂浩二と離婚した原因は?

浅丘ルリ子さんは、石坂浩二さんと29年間もの長い間、結婚していました。離婚会見では明かされなかったものの、離婚した5日後に、石坂浩二さんは22歳も年下の女性と結婚したのです。浅丘ルリ子さんは、承知のうえで、離婚したようで、この潔さがまた話題にもなりました。

浅丘ルリ子さんが離婚したあと、石坂浩二と再会していた?

浅丘ルリ子さんは、自分を捨て、22歳も年下の女性と再婚した石坂浩二さんと、その後会わなかったのでしょうか?実は、離婚から16年後に、再会しています。しかも、仕事で、です。その演技では、ふたりで抱擁するシーンもありましたが、なにごともなくこなしたそうです。女優魂を感じますね。

浅丘ルリ子さんは若い頃から後輩への躾が厳しかった?

浅丘ルリ子さんは、仕事において、己に厳しかったのはもちろんですが、後輩への躾も率先しておこなっていたそうです。遅刻した後輩には厳しく申し渡していました。また、目上の方への挨拶ができない後輩にも、挨拶をおしえ、マナー講師のような立場であったといわれています。

浅丘ルリ子さんは若い頃に苦労して育っていたから?

浅丘ルリ子さんの父親は大蔵省の官僚でいらっしゃいましたが、なにしろ戦時中や終戦間もない頃のこと。皆が飢え、物資が不足していた時代です。浅丘ルリ子さんの家庭も同様、苦労して育ったようです。そのため、「有る」ことへの感謝を忘れないのかもしれません。

浅丘ルリ子さんの若い頃、テレビで話題になっていたこと。

浅丘ルリ子さんがテレビでデビューした当時、ルリ子カットが流行りました。おかっぱをアレンジしたようなヘアスタイルです。このヘアスタイルは、美少女がすると、美人度が強調されますが、一般人が同じヘアスタイルにすると、美人との差が浮き彫りになったそうです。

浅丘ルリ子さんが離婚したあと、どんな生活を送っていたの?

浅丘ルリ子さんは、石坂浩二さんと別れたあとも、精力的に仕事をこなしてゆきました。映画に歌に、舞台に・・・。彼女は後輩の面倒見がよかったため、常に何人もの後輩が出入りし、食事をしていたといいます。離婚したからといって、寂しいということは全くなかったようです。

若かりし頃は、八重歯がチャーミングだった浅丘ルリ子さん。存在感のある美人女優さんです。浅丘ルリ子さんの人生にとって、戦争と離婚は、大きなターニングポイントだったのではないでしょうか。しかし、浅丘ルリ子さんの生き様が、その苦難も乗り越えられた原因ですね。

浅丘ルリ子さんが昔から変わらず大切にしていること。

浅丘ルリ子さんは、躾の厳しい家庭にそだったからなのか、少女時代からいまでも変わらず、起床後と就寝前に、お祈りとストレッチを欠かさないといいます。祖先への感謝、周囲への感謝、今日がはじまる喜びと、今日が無事終えられた感謝。また、体をやわらかく保つためのストレッチも60年以上つづけているそうです。

浅丘ルリ子さんが昔、目が大きくて困ったこと。

浅丘ルリ子さんの目は、いまでいう「デカ盛り」。素で、目がおおきいのですから、うらやましい限りですね。ところが、その昔は、浅丘ルリ子さんのような目がおおきい女性はほとんどいませんでしたから、サングラスや眼鏡がサイズがあわずに、スタイリストさんの頭を悩ませていたそうです。

浅丘ルリ子さんが昔から活躍できている理由がスゴイ。

浅丘ルリ子さんは、14歳でデビューしてから、今年で、65年間もの間、現役で活躍しています。すごいですね。こんなに長い間、魅力を放ち続けられる理由はなんでしょうか?それは意外とシンプルな答えでした。「よく眠ること」。これにつきるそうです。

よく眠るためには、日中、精いっぱい生きているということで、ライフスタイルや生き方が誠実で前向きだということなのでしょう。つまり、生涯現役でいるためには、生き方が考え方が重要、ということですね。14歳からはじめた職業を、ずっと変えずに続けるのは、並大抵のことではないとおもいます。尊敬ですね!

わずか14歳からさまざまな経験をしてこられた浅丘ルリ子さん。外見の美しさだけでなく、内面も磨き続けてこられたようです。女性であっても男性であっても、浅丘ルリ子さんのような生き方をしてみたいものですよね。プライベートでは、離婚があったものの、友人に囲まれた華やかな人生をおすごしのようです。

浅丘ルリ子さんについての情報をまとめてみました。いかがでしたでしょうか?天性がそなわっている方だからこそ、シンプルな生き方をされているのですね。同じ女性として、印象に残りました。浅丘ルリ子さんのような女優の再来は難しいと言われているほど逸材でいらっしゃいます。これからも、ずっと、現役で活躍していただきたいものですよね!