田中将大の身長サバ読み検証!剛速球を生み出す筋肉も徹底調査! スポーツ

田中将大の身長サバ読み検証!剛速球を生み出す筋肉も徹底調査!

現在アメリカのメジャーリーグチーム、ニューヨークヤンキーㇲで活躍されている元東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大さん。そんな田中投手に身長サバ読みの疑惑があるというので、今回はその検証とそのすさまじい筋肉についてを中心にまとめていこうかと思います!

田中将大の身長サバ読み検証、身長は何㎝あるのか?

田中将大さんは小学校1年生の頃から野球を始めたようで、このころは投手ではありませんでした。打撃の練習ではホームランを連発し、校舎の窓を直撃しかけることもあったなど、このころから規格外の野球センスを見せていたようです。

その後中学校でその強肩から投手も兼任するようになり、その後進学した北海道苫小牧高校での2006年の甲子園での早稲田との試合でのハンカチ王子こと斎藤佑樹投手との投げ合いによって一躍脚光を浴びたと思います。その後はプロ、メジャーで着々と好成績を収め続け、野球の連続勝利記録のギネス世界記録を持つまでになりました。

そんな田中選手ですが、公式プロフィールでの身長は191㎝と記載されています。日本人の平均的な身長が171cmということを考えると、かなりの高身長だと思います。ではこの身長が本当の身長なのか、その恵まれた体格を解説しながら検証していきたいと思います!

田中将大の身長サバ読み検証、、恵まれた日本人離れの体格!

田中将大選手の体格は見た目通りにすさまじく、身長およそ191cm、体重は98㎏という堂々たる体格を持っています。テレビで見てもその大きさは感じますが、実際に見るとはるかに大きいのだと思います。プロ野球選手で見ても身長は大きい方なのだと思います。

身長に関しては食事もかなりの要素を含んでおり、高校時代、甲子園期間中でも毎食大盛りのごはんを3杯食べることをチームとしての決まりにしていたらしく、この時からチームとしても食事に力を入れていたことが分かるかと思います。食事も練習と同じくらい大事ということですね!

田中選手は通いではなく寮生活であったため、高校時代にはこの体格の基礎は作られていたのだと思います。また、身長が高い方が投手をやる上では有利に働きます。打者までの距離や角度が付きやすいといった事があるからです。このようなことから、田中選手の身長は高校時代から培われており、サバ読みはしていないのではないかと思います!

田中将大の身長サバ読み検証、日本球界では規格外の体格!

体格というものには遺伝というものがあります。いくら身長に必要な栄養を摂取していたとしても身長が低い人は低いという現実があります。この事からも田中選手はお父さんの身長が高かったらしいので、身長に関しての違和感はそこまでないのかなと思います。

また、その恵まれた体格は日本球界では規格外のレベルであり、プロ野球界での選手の平均的な身長が約180㎝といった事や、投手の平均身長が182cmであることからも、田中選手はどちらも大幅に上回っています。比較しても10㎝以上も身長が高いことからも、かなりの身長を誇っていることが分かるかと思います!

ただ、身長が高すぎると長い手足をうまく使うことができずにいる選手もいるようで、阪神タイガースの藤浪選手などもこの例に入っていると思われます。このことからも身長が高ければ高いほど良いといったものでもないのではないかと思います。

田中将大の身長サバ読み検証、メジャーでは身長は平均的?

そんな田中将大投手の身長サバ読みについて、プロ野球選手の身長平均から見てみましたが、この点からも田中将大選手の身長はサバ読みしていないと思います。そしてプロ以降のメジャーリーグでの田中将大選手の身長ですが、実は身長はそんなに高いといった印象はなく、むしろ平均的な身長なのだそうです。

世界最高峰のプレイヤーの集まるメジャーリーグでの投手の平均的な身長は189㎝とされており、体重は95㎏とされています。メジャーリーグの選手ともなると190㎝近い身長が平均的となるのですから凄いですよね。明らかに体格の面で劣ってしまう日本人ではその点でハンデが出てきてしまうのも仕方がないのです。

そのようなメジャーリーグという場で田中将大選手はメジャーリーグの平均的な体格よりも上回っているということで日本人選手としても、メジャーリーグの選手としても上回っているということで、日本人離れしているのはすごいですね!このような規格外なこともあって、身長サバ読みの疑惑が生まれたのではないかと思います。

田中将大の身長サバ読み検証、プロ入り後に身長が伸びた!?

そんな田中将大選手ですが、なんと身長がプロ入り後も伸びていたそうなのです。21歳の頃には身長が1.7㎝伸びていたらしく、成長のピークは人それぞれだとは思いますが、20歳を超えても身長が伸びているというのは珍しいと思います。遺伝子というのはすごいですね!

やはり高校時代から食トレも欠かさずに行い、身長がさらに伸びたのではないかと思います。食事というのはとても大事な要素なのだとこの身長の伸びを見て感じました!また、メジャーリーグに移籍した後にさらに身長が伸びたようで、ここで191cmの身長になったようです。

恐らくは誰でも身長に関しては体重などとは違い低いよりは高い方が良いと考えていることかと思いますので、一般的に成長期が過ぎていても身長が伸びるということはうれしいことです。田中将大選手も身長が伸びたということは投手としての幅がひろがるといった意味でもうれしいことだったのではないかと思います!

田中将大の身長サバ読みの噂の真相はどうなのか!?

そんな田中将大選手の身長サバ読みに関しては、恐らくは自分でサバ読みをしてはいないかと思います。恐らくですが身長は188~190㎝の間なのではないかと思います。1~2㎝程度の誤差は身長のサバ読みとは言わないと思いますし、サバ読みはしていないということかと感じます。

また、アメリカのスポーツ選手に関しては、身長を盛ることが恒例化しているようで、1インチあるいは2インチ程度程身長を高く設定することはそう珍しいことでもないのだそうです。また、本人の意志ではなく、代理人などの意向があるのかもしれません。

正直なところボクシングなどとは違い、身長のサバ読みをしても処罰を与えられるような犯罪を犯すわけではないので、身長をサバ読みすることに関しては、全然問題はないかと思います。これらのことから、田中投手の身長は180㎝後半、190㎝あるかといった事になります!いずれにせよ高身長ということに変わりはありませんね!

田中将大の筋肉が凄い!引き締まった腕の筋肉美!

田中将大選手の身長サバ読みについてまとめていきました。では次にあれだけの剛速球を投げる田中選手の筋肉について見ていこうかと思います。田中投手は非常に筋肉質な体つきをしており、体脂肪率は10%台といった事からも体重のほとんどが筋肉だということになりますね!

田中将大選手の筋肉について、特にすごいとされている筋肉はなんといっても肩から腕にかけてのしっかりと引き締まった筋肉かと思います。これは相当なウェイトトレーニングを行わなければ生まれない筋肉だと思います。あれだけの剛速球を生み出せるのも分かる腕の筋肉だと思います!

また、筋肉は脂肪よりもずっと重たいので、体重が身長の平均体重よりも重たいのはこの逞しい筋肉があるからなのだと思います。田中選手の日ごろの練習の成果が、この筋肉を見ても伝わってくるような気がします!努力の人なのだと感じました!

田中将大の筋トレメニュー、筋トレ塾で見せた筋トレ方法!

田中選手はダルビッシュ選手の筋トレ塾に参加した際に様々なトレーニングを受けたようです。ケーブルマシン、ケーブルクランチ、ベンチプレス、オーバーグリップ、ケーブルクロスオーバー、ケーブルプレスダウンといったメニューをこなしていました。上半身を重点的に鍛える筋トレメニューとなっています。

この中でケーブルクランチは体幹を鍛えるトレーニングメニューで、投手以外にもスポーツをする方には必要な筋トレメニューになります。特にこれは体幹にピンポイントを当てた筋トレメニューで、体幹をひねったり曲げたりすることで体幹を鍛えていくことが出来ます。

また、上半身を鍛える筋トレメニューとして、ケーブルマシンを使った筋トレメニューが多いかと思います。特にケーブルクロスオーバーは肩や胸を始め、腕の筋肉、そして背中までも鍛えることのできる筋トレとなっているそうです。では次にケーブルマシンでの筋トレについてまとめていこうかと思います!

田中将大の筋トレメニュー、ケーブルマシンでの筋トレ!

まずケーブルマシンのトレーニングとは、ファンクショントレーニングまたはウェイトトレーニングを行う際に使われる器具の一つです。これを使うことによって普段の筋トレにプラスアルファの刺激を与えることができ、筋肉の増強にさらに期待することが出来ます!

さらに、ケーブルマシンを使って筋トレを行うことによって体幹までも鍛えることが可能になるのです。そして体幹を鍛えることによって全身の筋肉をバランスよく使うことが出来るのだそうです。田中選手の剛速球はこのようなトレーニングからあ生まれていたのですね!

このような筋肉トレーニングを行うことによって田中選手はあの素晴らしい筋肉を持つことができるようになったのです。やはり田中選手のような才能の塊のような選手にも、筋トレなどによる地道な努力を影ながら行う事によって、世界のトップクラスの選手たちとも渡り合えているのですね!

まとめ

田中将大選手の身長がサバ読みなのではないかといった事に関してまとめていきましたが、結果としては身長のサバ読みは自身ではしていないという結果になりました。田中選手のあの筋肉を生み出すトレーニングについても分かり、これからの田中選手のメジャーリーグでの活躍に、注目していきたいですね!