アメトーーク!で大反響!?お笑い芸人コロチキナダルのクズエピソードが凄い!! お笑い

アメトーーク!で大反響!?お笑い芸人コロチキナダルのクズエピソードが凄い!!

スキンヘッドと甲高い声が特徴的なお笑い芸人コロコロチキチキペッパーズのナダルですが、そのナダルの性格をピックアップした企画がアメトーーク!で過去三度に渡って神回だと話題になっています。そんなナダルの話題をピックアップしてみました。

アメトーーク!でお笑い芸人ナダルのクズっぷりが大反響!

2015年に見事キングオブコントで優勝したお笑い芸人『コロコロチキチキペッパーズ』ですが、そのコンビの一人スキンヘッドが特徴の『ナダル』の難のある性格、ぶっちゃけていえばクズっぷりがテレビ朝日の『アメトーーク!』の企画『ひんしゅく体験!ナダル・アンビリバボー』で明かされました。

2016年にアメトーーク!で企画されたコロチキナダルの性格にスポットを当てた企画『ひんしゅく体験!ナダル・アンビリバボー』はその衝撃的な内容が反響を呼び、2017年11月には続編の『ナダル・アンビリバボー2』2018年3月には『ナダル・アンビリバボー3』が放送されました。

こちらのPOUCHSの記事では、クズ男の特徴についてまとめてあります。

クズ男の特徴15選!クズ男診断と見分け方!

業界で増えるアンビリバボークズお笑い芸人!需要も増える?

どんな業界でも性格に難のある人物は煙たがられるものですが、ここ最近の芸能界ではそんな性格の悪い芸人の活躍が増えてきている印象があります。安田大サーカスのクロちゃんなど、何かあればすぐに炎上するご時世なので、良くも悪くも印象に残るからなのでしょうか?

ドッキリにかけられても視聴者の心が痛まないヒール役としての需要があるのか、話題には事欠きませんね。自分のクズエピソードを暴露されるのは誰だって嫌でしょうが、視聴者としてはこれほど面白い話もないというのも事実。あまり気持ちのいい話ではないでしょうが、需要の高まりを感じます。

お笑い芸人コロチキのプロフィールを紹介

  • メンバー        西野本名:西野 創人(にしの そうと) ナダル(本名:相浦 英樹(あいうら ひでき)
  • 別名    コロチキ
  • 結成年  2012年
  • 事務所  よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京本部
  • 活動時期        2012年4月 –
  • 出身    大阪NSC33期
  • 旧コンビ名      チョコレートマカロン(西野)、ハザードランプ
  • 現在の活動状況  テレビ、ライブなど
  • 芸種    コント、漫才
  • 受賞歴 キングオブコント2015優勝

お笑い芸人コロチキナダルの性格がアンビリバボー!!

スキンヘッドで特徴的な声、その見た目からイジられる宿命と言ってもいい、ナダルですが本人はイジられたりドッキリにかけられたりすることがとにかく大嫌いな性格で、とてつもなくプライドが高いようなのです。

アメトーーク!でテレ朝入りをしたナダルに会場のメンバーがドッキリであることを告げると、感情の切り替えが出来ずに不快感を露わにしていました。ゲストの堀田茜曰く『本気でプライドの高い人の怒り方』でした。芸人であればイジられたりドッキリにかけられることはおいしい話であると思いますが…

消えた理由はその性格のせいなのか?

コンビ結成からはや3年ほどでキングオブコントを制するなど、運と実力を兼ね備えたコロチキですが、最近ではテレビで見ない日が続きます。その原因はナダルの性格が芸人向きではないことが起因しているようなのです。

各所でデリカシーのない発言をしたり、芸人としてはおいしいはずのイジられたりドッキリにかけられたときには本気で落ち込んだりと、芸人として人を笑わせることは好きでも人から笑われるのは嫌いなようです。そんな性格もあってか、テレビでは見ない日が続いています。

テレビには出ていなくても営業などではよく見る?

しかし、コロチキのツイッターを見ていると営業の告知や単独ライブの告知をしています。全国区のテレビではありませんが、ケーブルテレビなどの仕事もあり、地道に活動しているようです。バラエティは苦手でも、漫才はとても面白いので仕事には困っていないのかも。ある意味、落ち着くべきポジションに落ち着いたとも言えます。

やっべぇお笑い芸人ナダルのエピソード①

そのエピソードは主に『アメトーーク!』で語られるエピソードですが、この暴露話を聞かされているナダルは終始、怒りと悔しさを隠しきれない表情を崩しませんでした。それが死ぬ程面白かったので、シリーズ化は回避できませんでした。

先輩に対して失礼な態度を取っている?

大先輩の今田耕司にご飯に連れて貰ったときに、少し今田が酔っ払ったときに「あー、俺もモテたいなあ」と発言したとき、普通なら「もてはりますやん、兄さん」だとか先輩を持ち上げる発言をする場面でナダルは「今田さんでも持てる日が必ず来ますよ」ととんだ失礼発言をしていたそうです。

今田耕司と言えば、結婚できない芸人として名を馳せているため,これがプライベートな空間でなくどこかの収録中でボケを絡めて先輩をイジッたと言うのならまだ分かる気もしますが、多分そういう場面ではなく素の自分が言ってしまった発言だからタチが悪いですね。おそらく悪気はなかったんでしょう。それが問題の根幹だと思います。

後輩に対して見栄を張る?

2016年に東京に越してきたナダルは後輩に住んでいる場所を聞かれたときに「俺は中目黒やな」と返答します。しかし、ある番組で検証したところ中目黒から徒歩27分と判明します。息を吐くように嘘をつくナダルの潜在的な嘘はいったいどれほどになるのでしょうか…

やっべぇお笑い芸人ナダルのエピソード②

ナダルが合コンに行ったときにとんでもない発言をしたそうです。それは初対面の女性に「整形してんねんな?」とかましたナダルですが、その女性はノリがいい女性だったらしく「唇にヒアルロン酸を入れてるんですよ~」と流してくれたのにナダルは「ちゃうねん、目のことを言ってんねん、目!」とさらにデリカシーのない発言を追加します。

その女性は困惑し帰ってしまったそうです。そんなことになったら誰だって帰るだろと思いますが、その後残った男性陣にナダルは「女ってバリムズいですね」の一言。きっと一緒にいた男性陣は『一番の謎はお前の頭の中だろ』と思ったことでしょう。案の定ナダルに悪気があったわけではなく、本人曰く褒めたつもりだったそうです。

やっべぇお笑い芸人ナダルのエピソード③

初対面の先輩芸人のジャルジャル後藤に「家賃いくらのところに住んでます?」と訪ねます。失礼な発言にアメトーーク!の会場がざわつく中、ジャルジャル後藤が間違った情報を言っていることを指摘するナダル。ナダルは以前、後藤と食事に行ったことがあると言うのですが、それは後藤の相方の福徳だと判明します。

失礼な発言だけでなく、人物自身を間違えてしまうというファインプレーをやらかしてしまいます。当然「それ一番ダメ」と言われてしまいますが、そのときの表情が会場にいるやつ全員○してやると言わんばかりの表情でした。人間性は疑いますが、最高級の素材であることは疑いようがありませんでした。

ピンでR-1にエントリーしたナダルは…

ゆりあんレトリィバァの証言によれば、R-1にエントリーしたナダルが披露したネタというのが先輩芸人の『土肥ポン太』のネタのマルパクリだったとのことです。後で問い詰められたときには「そういえば見たことあったなぁ」と発言し、当然のことながら確信犯でした。

やっべぇお笑い芸人ナダルのエピソード④

あまりにも叩かれすぎてヘコんだナダルのためにイイエピソードも明かされました。それが、後輩に食事を奢るための節約でした。ナダルは水筒を持参し、後輩にもその中身をわけていたのです。いい話だったはずですが、その後相方の西野が「カビはきれいに取った後?」と指摘します。

なんと、その水筒は中に苔が生えているほど不衛生な水筒で、後輩は何も知らずその中身を飲んでいました。挙げ句の果てには、知っていながらそれを指摘しなかった相方の西野が悪いと責任転嫁するというクズっぷりを披露しました。

壁のはなし

ナダル・アンビリバボー第一弾でナダルが死ぬほど嫌がり、発言をしたゆりあんを睨み付けた話が劇場の壁を破壊した話です。第二弾でナダルに対し、劇場の壁の修理代を請求するドッキリをしかけたところ、その人間性が露呈しました。

修理代を請求されたナダルは関与していたと見られる人物の名前を次々に挙げ、自分は被害者と言い張り同期や先輩に責任転嫁を始めます。しかし、実際にその場にいたミキ亜生によれば「ただただナダルさんが暴れてた」うえに関わっていた芸人が壊したことを言いにいこうとしたのをナダルが止め、事件を隠蔽したことが明らかになりました。

コロチキナダルは病気?発達障害だと言う声も

これに関してネットではナダルは病気なのではないかと言われています。発達障害、アスペルガーなどの病名が上がっています。失礼な発言が目立つナダルは言い換えればコミュニケーションがうまくいっていないとも言えます。

アスペルガー症候群は発達障害のひとつで、コミュニケーション能力や社会性、想像力に障害があり、対人関係がうまくいきづらい障害のことです。アスペルガー症候群は比較的最近になって理解され始めた発達障害であり、言語障害や知的障害の症状はないので、周りからは「変わった人」と思われがちです。アスペルガー症候群には大きく分けて3つの症状があります。「コミュニケーションの問題」「対人関係の問題」「限定された物事へのこだわり・興味」(引用:RITALICO発達ナビ)

『ナダルみたいないろんなやつもいる』という考え方は芸能界では通用せず、暗黙のルールを守ることができないやつは性格が悪いと言われてしまうのかもしれません。もし、このさき発達障害に対する認識が変われば、ナダル・アンビリバボーはいじめに近い虐待番組として批判されるかもしれません。

水曜日のダウンタウンで警察沙汰に!ナダルの精神状態がヤバい?

世間からの批判に左右されては番組なんぞ作れるか!と若干キレた企画で有名なTBSの『水曜日のダウンタウン』の「企画数珠つなぎ企画で1番過酷なのジョジョの鉄塔システム説」では最初の犠牲者にナダルが選ばれ、これからのナダルの芸能界の立ち位置を予感させましたが、反響とともに多くの批判を集めました。

しかし、批判の声など知ったことかと水曜日のダウンタウンは「鉄塔システム」第二弾を企画しましたが、芸能人を拉致する場面を見て、一般人が通報。警察沙汰になったことで鉄塔システム第二弾は立ち消えになった。しかし、その後ナダルはこんなツイートをしているのです。お前、精神状態大丈夫か?

クズ芸人と言われても!これからのナダルの活躍に期待

性格悪いクズ芸人の立ち位置を確保しつつあるナダルですが、本人はこれをとてつもなく嫌がっている。この構図が面白すぎるのですが、反面精神を病まないか心配にもなってきます。ナダルは性格悪いと言われようが、プライド高すぎるとか言われようがこのまま今のナダルが一番面白いと思います。