安倍晋三と妻 昭恵夫人との今後の関係は継続するのか? どうして子供はいないの? エンタメ

安倍晋三と妻 昭恵夫人との今後の関係は継続するのか? どうして子供はいないの?

この1年森友問題から始まり、加計問題で様々な意見が飛び交う安倍総理と昭恵夫人が関わるニュース。安倍晋三総理と妻 昭恵氏の出会いから今までをリサーチ。子供がいないの? 安倍晋三氏や昭恵氏のプロフィールも合わせてみなさまにわかりやすく届けます。

森友問題で有名になった安倍晋三総理(妻)昭恵夫人とは?

森友問題とは、「森友学園が国有地に小学校建設をする際、国有地を所管する財務省が不当に安く売却したのでは?」という疑惑。そこに安倍昭恵総理夫人が名誉校長になっていたという事実と安倍総理を称える動画が流出、それが「圧力をかけて安く売却させたのでは?」という問題に発展した、いわゆる「森友問題」です。

連日報道された昭恵夫人

この話がでた平成29年2月以前は、支持者や関係者、興味のある方以外は総理夫人の動向に関心はあまりなかったのではないでしょうか。この問題以降はどうかというと、やはり、報道の威力、名前をかなりの割合で覚え、興味の沸いた方も多いです。

森友問題で浮上した総理夫人の在り方

「総理夫人が名誉校長になっていた」とありますが、今までの総理夫人はどうだったのでしょうか。総理在任中の夫人の役職などへの就任は個人によって違いがあるようですが、利益相関によって誤解が生じないように配慮しています。この森友問題では改めて問われたケースと言われています。

公人か、私人かで揺れた政権

「総理夫人は公人か、私人か」、公職にある者の妻、今回特に総理大臣の妻であるが、一般市民であるという表現なら私人、しかし、外国訪問同行や政府主催の関連行事に「○○総理夫人」なら公人、政府の閣議決定では「総理夫人は私人である」としています。どう感じられるかは各自の判断にお任せします。

安倍晋三(あべしんぞう)プロフィール

自由民主党所属、衆議院議員9期、第90代、96・97・98代内閣総理大臣、20代、25代自由民主党総裁。1954年(昭和29年)生まれ、(故)安倍晋太郎元衆議院議員と妻洋子氏の次男として東京都にて生まれる。

安倍晋三氏の一族

父は晋太郎氏は元衆議院議員で外務大臣経験者、父方祖父は衆議院議員だった安倍寛氏、母方の祖父は岸信介元総理大臣、大叔父は佐藤栄作元総理大臣、さらに辿れば麻生副総理兼財務大臣も遠い親戚のため、吉田茂元総理大臣にも関わるなど現在の衆議院議員、参議院議員を合わせても、サラブレットと呼ぶべき血統の持ち主であることがわかります。

安倍昭恵氏(あべあきえ)プロフィール

第90代、96・97・98代内閣総理大臣、20代、25代自由民主党総裁である安倍晋三の妻である。1962年(昭和37年)生まれ、、父松崎昭雄氏は元森永製菓社長を務め、いわゆる「お嬢様」である。その発言は「家庭野党」と言い切るほど自由である女性です。

安倍昭恵氏(旧姓松崎)の一族

父は森永製菓五代目社長である松崎昭雄氏、父方曾祖父は、森永製菓二代目社長である松崎半三郎氏、母方祖父は森永製菓三代目社長森永太平氏、曾祖父は森永製菓創業者である森永太一郎氏と森永製菓との関りと繋がりが強い一族です。この家系を見るとまさに華麗なる一族の令嬢であり、アニメや漫画に出てくる「お嬢様」と言えます。

安倍晋三氏と妻、昭恵夫人との馴れ初め

1987年二人は結婚しましたが、出会いは「職場の上司」の紹介と昭恵夫人が「文藝春秋」のインタビューで答えているが、総理友人のインタビューでは、「安倍さんが昭恵夫人に一目ぼれだった」、「当時、昭恵さんは活動的で歩いている姿を見て、あこがれていた」など記事に上ったこともある。

安倍晋三氏と妻、昭恵夫人との間に子供は?

安倍晋三氏の妻となって、夫婦生活が始まった後、1991年に晋三氏の父である晋太郎氏が急死、急遽、後継者として1993年の選挙にて当選し、衆議院議員になりました。その間、子供について昭恵夫人はのちに「子宝に恵まれず、不妊治療もした」「養子縁組も考えた」と文藝春秋のインタビューに答えています。

子供がいない苦しみ

昭恵氏は政治家の妻であることから、選挙、いや普段より後援会や秘書、親族との選挙区などへの運動もあるため、子供ができないという周りからの重圧、まして名門一族として、「後継者を」など圧力は相当にあった証言もあります。このような状況をポジティブな活動に変えた昭恵氏をどう見るのか、面白いと言えます。

妻として総理大臣を支える

第一次安倍政権時、政権の閣僚の不祥事によって支持率が下降、その年の参議院選挙で敗北し、2007年9月12日総理職並びに自民党総裁職を辞任した。その後の体調不良(潰瘍性大腸炎と発表)により入院、一議員に戻る。以前から昭恵氏はこの病気を知っており、何度も「公表するように」と迫ったとインタビューで答えている。

昭恵氏の活動を通して

昭恵氏は山口県下関市のコミュニティFMラジオでパーソナルティーを1998年~2002年まで務めなど、一個人として活動的しており、第二次安倍政権が始まる前の2012年に居酒屋経営に乗り出している。

自由な昭恵氏の姿

マスコミやツイッター、プログ、ラジオ、居酒屋経営を行い自由なイメージがあるようですが、周りは「天然キャラ」という共通の意見が多い人物として、「夫を陰から支える」という価値観だった姿を変えた意味でも評価できます。

昭恵氏とは?

夫が総理大臣で自民党総裁なら、反安倍集会の「安倍辞めろ」の方々と話をしたり、写真をupすることなんて、普通出来ますか?、もし計算していたとしたら、まさか「夫を支えるためにしていた」としたらすごい人(天然なのか、自由なのかは不明)です。

安倍晋三氏の後継者問題?

安倍晋三氏には子供がいない(?)ことから議員活動が終わると、ここまでの一族として後継者問題が浮上することが予想されます。まさに内部、一族の問題であるから「一般の国民には関係ないのでは?」という意見が出るはずです。

他の政治家でもあった後継者問題

田中角栄元総理も死後、田中真紀子氏が後継となりましたが、今は議員ではなく市民(?)として活動しています。この田中真紀子氏の子供などが地盤を継ぎ「選挙にでるのでは?」と憶測がでていましたが、出馬せず田中氏が築いた田中王国は見る影もありません。

安倍晋三氏にも降りかかる後継問題

血統からして後継者がそれなりの重みが出てくることも事実と考えるならば、後継問題は一族を挙げての大問題であり、盟友だった故中川昭一の妻であり、前衆議院議員であった中川郁子氏のような事例もあることも考えられます。

一族として対応とは?

血統は豊富なようで、弟は衆議院議員岸信夫氏 兄は三菱商事に勤務している安倍寛信氏。岸信夫氏は岸家の跡取り(後継)問題が出来てき段階で養子縁組で家名を継いだ経緯があるので、兄弟の中から後継が出来てくることも予想されます。

もしかして安倍晋三氏には子供がいる?

しかし、イフ(if)があるならば、「隠し子がいるのでは?」という疑惑が巷で言われ続けています。政治家の隠し子騒動は古くからありましたが、それは昔、今の情報化社会で出来るのか?、あり得るのか?、もし、有ったとしたら妻は認知しているのか?、それか一途な夫としての姿なのか?、想像もつかない話題です。

昭恵氏の子供との関わり

私人として

森友学園での問題で、「なぜ名誉校長になったのか?」 ニュースで必ず出た話題でした。あの時の映像で子供が揃って教育勅語を読んでいる姿に感激した姿がありましたが、もし教育勅語に感激したのではなく、子供達の姿に感動・感激していたなら見方は逆転します。(ここでは私人にしました)

公人として

公人として、様々活動をしており、特に子供が関わる場面では表情が和らぎ温かい目線の姿があるように感じます。当然、「総理夫人であるから演技をしているのでは?」という意見もあるでしょう。ただ、インスタグラムの写真の表情では、「温かい目線」を感じてしまいます。

総理夫人としての活動

森友問題以降、昭恵氏のツイッターの更新は無くなり、首相官邸ホームページでも探せず活動している報道はされても記事は少なくなっており、ニュースなどでは、主に外国訪問の姿だけが見るようになっています。

安倍晋三氏と妻 昭恵氏の間に子供がいたらどうなっていた?

「もしかして」という勝手な想像でしかない。勝手な想像を書いてみます。結婚は1987年、現在2018年、結婚31年目の夫婦になり、子供大きくなっていることが想像つきます。子供が結婚し、孫でも生まれていれば昭恵氏の行動は・・・。でも総理夫人だから孫の面倒はないですね。

現在の考えは変わってきている

周りには不妊治療をしている方々も多く、女性側だけの問題? 男性側には? でも子供が出来なくても幸せと思っている夫婦もいるようです。しかし、昭恵氏が結婚した当時の時代は「女性が」が多かったのでは? 時代の変化とともに現在では男性側の問題も提起されています。

安倍晋三氏と妻 昭恵氏の今後の関係を想像してみる。

安倍晋三総理が平成30年9月に行われる自民党総裁選に出馬すると、経済政策や外交などでの失策が無い限り、あと数年総理として活動することになります。ただ、森計問題がエンドレスで、新たな疑惑が出てくると流れが変わり出馬しない可能性もゼロではありません。

出馬で夫婦はどうなる?

現在は収まっている「健康問題」が焦点になることや森計問題が長引き、昭恵夫人に何かあった場合、安倍晋三総理は妻を守って、総理の地位も守っていくのか・・・、記事を見ている人たちの想像で見守りことでどうでしょうか?

まとめ

支持者、不支持者に関わらず、この二人の話はメディアで日々取り上げられる話題です。森計問題について結果は最終的に司法、行政府で解決することになります。我々としてどのような方々が国を動かし、何をしているか、興味を持って見届ける、面白可笑しくてもいいと思いますが。最後に昭恵氏記事を書き「面白い人」という感想はあります。