関暁夫が体内にマイクロチップを注入!マイクロチップによるデータ管理社会とは!? 芸能人

関暁夫が体内にマイクロチップを注入!マイクロチップによるデータ管理社会とは!?

現在Mr都市伝説としてオカルト界隈で人気を集める元お笑い芸人関暁夫さん。そんな関暁夫さんがテレビ番組『やりすぎコージー』の番組内で体内にマイクロチップを埋め込む姿が話題となりました。今回はそんなマイクロチップについて中心にまとめていこうと思います!

関暁夫の体内へのマイクロチップ注入、スウェーデンでは常識!?

関暁夫さんが『やりすぎコージー』内で解説し、関さんも実際に埋め込んだマイクロチップによる情報、データをチップによって管理するといった事なのですが、そのマイクロチップによる情報統制化社会が、スウェーデンでは先進的に進められており、実装化もされているようでした。

すでに導入されているスウェーデンではマイクロチップの今後の展望としてはパスモ等のICカードのようなキャッシュレス化、電車の運賃や暗号通貨もマイクロチップによって支払いが可能になる、医療記録や医療に必要なカルテなどのデータのやり取りなどがこのマイクロチップ一つで行えることを目指しているそうです。

実際にスウェーデンでは売店で商品を買う際にマイクロチップだけで行うことが出来るようです。ここまで生活にマイクロチップが浸透している経緯から、都市伝説的な見方ではすべての人間が体内のチップで管理される社会、つまり全人類にマイクロチップを埋めることを最終目標にしているという見方もあるようです。

関暁夫が体内に注入したマイクロチップは日本でも行われるのか?

では日本人もマイクロチップを体内に埋め込むといった事はあるのでしょうか?結論から言いますと十分にあり得ることだと思います。今現在の携帯電話、そしてスマートフォンといった機器の普及を予測できた人は恐らくいません。マイクロチップも同じように体内にあるのが当たり前になる日が来るような気がします。

今は一人一台のスマートフォン、ガラケーを持っていることが当たり前になっている社会です。このように社会の移り変わりの中で、マイクロチップも危険で難しい要素を持ったものという認識ではなく、もっとカジュアルな存在として生活の中に浸透してくるのではないかと思います。

このマイクロチップの体内への導入に関さんは先陣を切った形となりましたが、他の日本人の方も何人かが始めたら周囲もやっているのならといった認識で日本人も体内にマイクロチップくを埋め込むといった可能性は大いにあり得るものかと思います。

関暁夫が埋め込んだマイクロチップはアメリカでも行われていた!

実はアメリカではマイクロチップを体内に埋め込む計画は始まっているようです。いわゆる「オバマケア」というものですが、本人の意思でマイクロチップを埋め込むことを実験的に行っているようでした。アメリカはこのようなテクノロジー関係に関しては先進的ということで、流行るのも早いのではないかと思います。

マイクロチップには個人情報が埋め込まれており、青酸カリも含まれているといった情報もあるようです。これはマイクロチップによって遠隔操作し、脳内をハッキングして青酸カリを体内に埋め込むのだそうです。まるでSFサスペンスのような話で中々にすごい話だと感じました。

また、実はアメリカ人の3人のうち1人はFRIDというICチップが埋め込まれているようで、そのほとんどが歯の治療の際に埋め込まれるとのことです。これによってその人間の個人情報を得ることが可能になります。これはマイクロチップを埋め込むまでの前段階の実験だったのではないかと噂されているようです。

関暁夫がそもそも体内にマイクロチップを埋め込んだ理由は?

関暁夫さんがマイクロチップを体内に埋め込んだ理由としては、便利である点を強調して説明していましたが、自身が体内に埋め込むことで、これは危険なものではないよということを伝えたかったのではないかと思います。広告塔のような役割だったのではないかと思います。

また、理由について、マイクロチップによって情報の管理や支払いの簡略化、ペーパーレス化といった事を強調しており、かばんや財布よりも盗むのが難しくなるといった事も言っていましたが、見方を変えれば以前は盗まれるだけのものだったのが、場合によっては腕を切断して盗むという恐ろしい事件に変わってしまう恐れもあります。

『マイノリティ・レポート』という映画では今回と似たような情報管理社会となっている世界観だったのですが、認証に眼球が必要な場合があり、その為に主人公が目をくりぬくといった表現がありました。もし日本にこのマイクロチップが導入される場合には、重犯罪化を防ぐ対策は必須なのではないかと思います。

関暁夫のようにマイクロチップの体内への注入が義務化される!?

そんなマイクロチップについて、抵抗を示す方も多いとは思いますが、すでにペットにはマイクロチップの埋め込みは実装されているようです。日本でも環境省がマイクロチップを埋め込むことを推奨しており、個体の判別を可能にしているといったメリットがあるようです。

海外、特にアメリカやヨーロッパではすでに活用されており、スイス、フランスではペットのマイクロチップの埋め込みは義務化されているようなのです。日本でもペットのマイクロチップの埋め込みを義務付ける法律を検討しているようです。

確かにペットは言葉を発することはできませんし、万が一行方不明になってしまったら飼い主の方の心労も非常に心配されるかと思います。ペットのマイクロトップの義務化が常識化するような社会になれば、恐らく人間へのマイクロチップの埋め込みも、抵抗はいくばくかはなくなるのではないかと思います。

関暁夫が体内に埋め込んだマイクロチップの値段はいくら?

そんなマイクロチップについてですが、いったいどれくらいの値段なのでしょうか?気になったので調べてみたところ、ペットに埋め込む際には数千円~高くとも1面円ほどで、マイクロチップの情報登録で千円程度の費用が掛かるようでした。埋め込み自体は普通の注射と同じようです。

では、現在実装されている人間用のマイクロチップの値段は、いくらくらいなのでしょうか?スウェーデンを例にしてみると、ピアスの穴開けの専門家などが行うようで、手の親指と人差し指の真ん中あたりにマイクロチップを埋めるようで、日本円で約26000円ぐらいということだそうです。

このマイクロチップのインプラント費用ですが、これは費用にアフターケア代も含まれているようです。現在のスマートフォン代の相場である5万円といった値段などと比べてみると、マイクロチップの埋め込みの費用は意外と安いような印象を受けますね。こちらが主流になるかもしれないというのも分かるような気がします。

関暁夫が警告するマイクロチップの中身は一体どうなのか!?

気になるマイクロチップの中身についてなのですが、現状ではマイクロチップに情報が入っていて、その情報を利用して便利な生活をするといった事でしたが、実際はどうなのでしょうか。もしかすれば関さんの埋め込んだものの話ですが人間の思考の監視や人工知能へのアクセスといったものが埋め込まれている可能性もあるようです。

スウェーデンで埋め込まれているマイクロチップについて調べると、RIFDという小型の無線認識装置と呼ばれるものだそうです。これはペットに埋め込まれるものと同じもので、12㎜ほどの大きさで素材はガラスでできたカプセルの中にICチップとアンテナが入っているということでした。

このマイクロチップを入れるのは注射によって行うのですが、10㎜ほどの注射器で採血などに使用するものよりは針が3倍も大きいのだそうです。他と比べても大きい注射器を使用しているようで、埋め込む際には痛いような気がしますね。

関暁夫も埋め込んだマイクロチップ、イルミナティが関係か!?

さて、マイクロチップの普及課がささやかれ、2020年からは本格的に機械化とベーシックインカム化が始まりますが、これには秘密結社として知られるイルミナティによる介入が起こった結果なのではないかといわれており、これに反抗する反イルミナティ側との対立が起こっているようなのです。

反イルミナティ側は今後人に代わって機械が代行する社会になるため、機械化に合わせてベーシックインカムも視野に入れた生活水準の安定化をしなければいけないと考えているそうで、イルミナティ側の思想とは対立しているようです。

一方でイルミナティ側は2020年から始まる機械化とベーシックインカムといった先進的な科学技術に合わせ、人間の体内にマイクロチップを埋め込む計画も検討していることを考えているようです。これはイルミナティによるデータ管理社会の到来を意味しているのかもしれません。気になるところです。

関暁夫が警告、イルミナティによるデータ管理社会の到来か!?

イルミナティは機械化とベーシックインカムを導入し、人間の体内にマイクロチップを埋め込むということを義務化しようとしています。つまりこれからはマイクロチップが体内に入っていないと商品を購入できないといった事を考えているのです。

聖書にも666が刻まれた者でないと商品を売買することもできなくなるといった事が記されており、これは現在のマイクロチップとマイナンバーの事を言っているのではないかといわれています。バーコードが666の数字なのだとしたら、マイクロチップとマイナンバーも同じものといえるかと思います。

このような機械化とベーシックインカムが始まるにあたって、今後商品に関しては体内にマイクロチップが埋め込まれた人でないと購入できなくなるといったデータ管理社会を生み出す法律が今後作られる可能性も否定できません。イルミナティみよる管理社会がもしかすればすぐそばまで来ているのかもしれません。

まとめ

関暁夫さんが埋め込んだマイクロチップについて、埋め込んだ理由についてやチップの普及化についてまとめていきましたが、これからデータをチップによる管理によって統率される社会になるのかもしれません。スマホの普及の速さを見ても、マイクロチップの普及は、もうすぐそこまで来ているのかもしれませんね。