ボクシング村田諒太の妻は京大出身?でしゃばりと批判された過去も・・・ スポーツ

ボクシング村田諒太の妻は京大出身?でしゃばりと批判された過去も・・・

ボクシング村田諒太選手といえば世界ミドル級王者で、その甘いマスクから大変人気の選手です。そんな村田選手の奥様について調べると色々な情報が。京大出身というのは本当なのでしょうか?でしゃばりなどと過去に批判されたこともありましたが、なにがあったのでしょうか?

ボクシング村田諒太の妻がすごい!京大出身?

村田諒太の妻を調べてみた!

村田諒太選手、いつ見てもかっこいいですね。オリンピックでの金メダルで一躍脚光を浴びましたが、その時点ですでに結婚されていたので悔しがる女性ファンは多くいたのではないでしょうか?そんな妻・佳子さんについて調べてみるといろいろとすごい方のようです!

京大出身?

佳子さんについてはいろいろな情報が飛び交っているので整理していきましょう。まずはその出身について。村田佳子さんは京都生まれです。村田諒太さんより4歳年上で、大学に勤務しているようです。ネットなど一部で佳子さんが「京大出身」といううわさが立っていますが、これについては確たる証拠は出てきません。

名家出身のお嬢様?

もうひとつ、実家が名家であるといううわさも流れています。こちらに関しても確たる証拠がありません。さらにこの話の出どころは匿名掲示板への書き込みのようなので信ぴょう性には疑問が残ります。とはいえ佳子さんが知的な雰囲気もある美人という点は確かです。

村田諒太と妻の馴れ初めは?

職場恋愛だった?

村田諒太さんと佳子さんの出会いは東洋大学だったようです。当時村田さんはオリンピックを目指すアマチュア選手でした。東洋大学を卒業しますがそのまま大学に就職し、大学職員とボクシング部のコーチをしていました。一方の佳子さんも東洋大学の職員でしたので、二人はこの職場で出会い、愛を育んだようです。

ボクシング村田諒太の妻の性格は?

村田選手がオリンピックで金メダルを取ったときにはすでに結婚していた二人。結婚したのは2010年のことでした。仲が良いと評判の夫婦ですが、世界チャンピオンを支える村田佳子さんは一体どんな性格なのでしょう?

村田諒太は語る!

村田選手は佳子さんについて「めちゃくちゃポジティブ」と語っています。たとえばテーブルにお茶をこぼしたとき、『私がうまくこぼしたから下までこぼれなかった』と言える人だといいます。日々勝つか負けるかのシビアな戦いの中に身を置く村田選手からすれば、ポジティブな奥様がいることは心強いことなのではないでしょうか。

ボクシング村田諒太の妻に批判された過去が!

そんな美人でポジティブな佳子さんなのですが、過去にはネットなどで批判されたこともあるようです。それは2012年、村田選手が金メダルを獲ったあとのことです。イケメンアスリートとして一躍人気者になった村田選手。メディアは妻である佳子さんにもスポットをあてました。当時彼女は多くのバラエティ番組などに出演していました。

そんな出ずっぱりの佳子さんに対して「でしゃばりすぎ」などの批判の声が出たのです。はっきりいって使いまくるメディアが悪いのだと思いますが、村田選手からも「出すぎ」と注意され、次第に露出を控えるようになりました。現在はほとんど見かけませんので、批判の声も出ていないようです。

ボクシング村田諒太には子供がいる?

村田諒太の趣味は子育て!

そんな二人の間には二人の子供がいます。晴道くんと佳織ちゃんという一男一女です。父親としての村田選手はどうかというと「趣味は子育て」と公言するほどの育児パパのようです。厳しい世界で頑張れる村田選手を支えているのは妻・佳子さんと二人のかわいい子供たちだったんですね。

村田選手の試合後のリング上で抱きかかえられる子供たちの姿をよく見ます。お父さんとしては現役時代の自分の姿を子供たちの目に焼き付けたいという思いもあるでしょう。ところで晴道くんは大きくなったら何になるんでしょうか。ボクサーを目指すのだったりしたら面白そうですね。

ボクシング村田諒太が金メダルをとるまで!妻との約束

村田諒太選手はずっとエリート街道を歩んできたわけではありません。ミドル級は日本人ボクサーにとってとても厳しい世界です。村田選手も国際大会で2回戦負けしてしまうようなこともあったようです。そんなとき心の支えとなったのは妻・佳子さんが書いた一枚の紙でした。

そこには「金メダルを獲りました。ありがとうございました。家を買いました」と書かれていました。村田選手は当初金メダルなど遠い夢だと思っていましたが、毎日この言葉を見るうちに金メダルを獲りたいということが具体的な目標としてイメージできるようになってきたそうです。

ボクシング村田諒太の性格は?

村田諒太選手といえば笑顔が素敵なイメージがあります。あれだけタフな試合をした後のインタビューでにっこりと笑いながらインタビューに答える姿はファンサービスの鑑といえるのではないでしょうか。また村田選手は冗談をいうのも上手いです。ユーモアも兼ね備えた素晴らしい男ですね。

そして村田選手は対戦した選手に対して非常にリスペクトのある言動でも知られています。あれだけ疑惑の判定と騒がれた相手であるエンダム選手ともにこやかに会話を交わしたり、相手の実力をたたえたりと、スポーツマンシップにあふれる言動が、本当に素晴らしいです。

村田諒太にも不良だった時代があった!?

村田諒太は不良だった?

ボクサーというとイメージ的にはだいたい学生時代不良だったという印象があります。しかしあれだけスマートで柔和な村田選手はどうなんだろうと調べてみると、ありました不良時代の話!やはり避けては通れない道なのでしょうかね。

厳しい家庭環境

村田選手が不良になったきっかけは家庭環境にも一因があったようです。両親が小学6年生のときに離婚。しかし離婚後も一時期父母が同居していたので、非常にぎくしゃくした家庭環境が、村田選手にとっては堪らなく嫌だったそうです。

そんな環境が災いして村田諒太さんは不良となります。毎日毎日喧嘩に明け暮れる日々。しかし中学3年生のとき、喧嘩ばかりの毎日に虚しさを覚えた村田諒太さんは、以前先生が紹介してくれたボクシングのことを思い出します。その日から村田選手は本格的にボクシングを始めたそうです。

ボクシング村田諒太が世界王者になるまで

アマチュアエリートからプロへ!

2012年、ついに念願の金メダルを手に入れた村田選手に選択の時が迫っていました。ボクシングには「アマチュア」と「プロ」の2種類があります。このままアマチュアに止まって連覇やコーチングをするのか、プロの世界で更なる高み、世界チャンピオンを目指すのか。

年齢的な問題もありました。村田諒太選手は当時26歳でしたから、世界チャンピオンを目指すにはぎりぎりの年齢でした。結果、村田選手はプロへの転向を宣言します。ヘッドギアの無い、生きるか死ぬかの厳しい世界に、一から飛び込む決意をしたのです。

世界の頂点へ!

村田選手は2013年にプロとしてデビューすると破竹の勢いで勝っていきました。アメリカデビューも果たし、ついにアッサン・エンダムとのタイトルマッチまで昇りつめます!エンダムとの試合は村田選手が終始優勢のように見えました。しかし判定結果はまさかのエンダム選手の勝利。村田選手は千載一遇のチャンスを逃しました。

しかしこの試合後、WBAから判定の不可解さを理由にエンダムとの再戦決定の命令が下されます。2017年10月22日、ふたたびのタイトルマッチで村田選手は終始相手を圧倒。7ラウンドでTKO勝ちを収めます。ミドル級での世界制覇は竹原慎二さん以来、日本人で二人目という快挙でした。

ボクシング村田諒太の対戦相手がやばかった!

アッサン・エンダム選手について

村田選手と二度の対戦をしたエンダム選手とはどんな人物なのでしょうか。エンダム選手はカメルーン出身でのちにフランスの国籍を取得した選手です。村田選手と同じくオリンピックにも出場していて、その際はカメルーン代表として出ていました。

その戦績を見てみると38戦36勝3敗です。KO率は55%。このKO率は階級を考えるとかなり高い数字です。ミドル級以上は一撃必殺の拳を持つ選手ばかりで、ちょっとスキを見せた一瞬で倒されてしまう世界です。その中でトップ選手として戦っていたわけですから、やはりエンダム選手も相当強い選手だったということですね。

ボクシング村田諒太プロフィール

村田諒太選手は1986年1月6日奈良県の生まれです。両親がともに公務員の家庭に生まれました。小学6年生の時に両親が離婚し、家庭環境が不安定になります。そのことから中学生時代、札付きの不良として喧嘩ばかりの毎日を送っていましたが、担任の先生の勧めなどもありボクシングと出会います。

ボクシングを始めてからはめきめきと頭角を現し、高校2年生で選抜・総体・国体の高校3冠を達成します。翌年には高校5冠を達成し、東洋大学へ進学します。その後金メダリスト、世界チャンピオンになります。非常に明るい性格でファンに対する感謝の気持ちと家族への愛情も持っていて、理想的な選手といえます。

ボクシング村田諒太のこれから

いやぁ本当に村田選手は非の打ち所のない選手ですね。先日は見事一度目の防衛も果たしました。では村田選手は向かうところ敵なしなのか?というとこれは断じてNO!です。というのも村田選手が所属するミドル級というのは世界中の怪物がひしめき合うものすごく層の厚い階級だからです!

たとえばゴロフキンという選手がいます。すでに伝説的なこの選手は速いうえにパンチ力もすごくて、村田選手が対戦したい選手の一人としてあげていますが、勝敗予想ははっきりいって村田選手が不利です。それ以外にも多くの強敵がいるミドル級で村田選手はどれだけ防衛できるか?これからも一生懸命応援したいと思います!