テアトルアカデミー出身で女優をしながら大学を卒業!?真面目な本仮屋ユイカとは? 女優

テアトルアカデミー出身で女優をしながら大学を卒業!?真面目な本仮屋ユイカとは?

本仮屋ユイカさんは、数々のドラマに出演し映画での主演を務めるなど、女優として活躍をする中メインキャスターとしてや声優としても活動をしております。そんな本仮屋ユイカさんについて家族や学校のことを中心に本記事では紹介します。

本仮屋ユイカの卒業した大学は?

本仮屋ユイカさんは女優やメインキャスターとしてマルチな才能を発揮されていますが、一体どこの大学を卒業されたのでしょうか。本仮屋ユイカさんは日本大学芸術学部演劇学科を卒業されたそうで、大学に進学した時にはすでに芸能活動はやっていました。

芸能活動をしながら大学に通い、大学では演劇を学んでいたそうで、卒業もしっかりされているようです。そして実は、大学時代には本仮屋ユイカさんのイメージ通り、夜遊びは禁止とご両親に言われいたようです。清楚なイメージの原点はやはりご両親なのです。

本仮屋ユイカの学歴は?大学や高校は?

本仮屋ユイカさんは、東京都の日大一高に通っていて、日第一高は私立の共学校で偏差値はなんと61だそうです。日大の付属校でありながら進学校で、日大以外の難関大学にも進学をするほどの生徒も多数いるようです。

中学校は、目黒区第九中学校に通っており、この時にすでに彼女は子役としてデビューしておりました。小学生の時から子役としてデビューし、芸能界で活動をしながら進学校に進学し、大学まで行き卒業をしたということは並大抵のことではありません。

本仮屋ユイカの通っていた日本大学とはどんなとこ?

本仮屋ユイカさんが通っていたのは日本大学芸術学部演劇学科ですが、一体どのようなところでしょうか。まず偏差値は50と平均といったところで、この日本大学の芸術学部とは多くの芸能人や映画関係者が卒業しているということで知られている学部で学科によってその先の進む道が異なります。

本仮屋ユイカさんが演劇学科を専攻したのは、女優業のためと考えられます。しかし、この頃はすでに女優としてドラマや映画に出演しており人気もありました。女優として忙しく仕事をしている中、留年することもなく卒業しています。いかに彼女が真面目で努力家かということがわかります。

日本大学の中でも他とは一線を画す日大芸術学部

日本大学芸術学部は1921年に総合大学の中の芸術学部として創設されましたが、他の学部とは少し雰囲気が違い演劇や映画、放送業界を目指す学生が多いことでも知られています。そして特徴的なのは、日大の学生は自分たちのことを「日大生」と呼ぶのに対し、芸術学部の生徒は「日芸生」と自分達のことを呼びます。

日芸の演劇学科を卒業した方と言えば市川團十郎さんや伊藤蘭さん、宮地雅子さんなど他にも多くの方が卒業しており、中には中退の方もいらっしゃいますが、皆さん現在芸能界の第一線で活躍されている方ばかりです。

本仮屋ユイカの妹は?同じ大学や高校に?

本仮屋ユイカさんには妹さんがおり、本仮屋リイナさんといいます。本仮屋リイナさんは、お姉さんである本仮屋ユイカさんとは違う高校で、東京都立九段高等学校の出身で、大学は青山学院大学だそうです。大学時代にはミス青山に選ばれたことには納得です。

大学卒業後は、東海テレビのアナウンサーとして活躍しておられ、アナウンス業の方は順調で入社日に即レギュラー番組に出演されたようです。さらにその前日には、東京都内で舞台女優としても出演されていたようです。リイナさんも女優業をしているということで今後姉妹共演が見れる日が来るかもしれません。

本仮屋ユイカの家族構成は?

本仮屋ユイカさんは、ご両親と4歳年下の妹リイナさんの4人家族です。本仮屋ユイカさんのご両親はとても厳しかったようで、大学生のころには盛り場に行くことを禁止していたとも言われています。また、本仮屋ユイカさんの小さいころの夢は歌手になることだったようです。

しかし、歌手になることは母親は反対だったようで、女優になることを勧められ女優になる事を決めたそうです。ちなみに本仮屋ユイカさんの母親が現在マネージャーをされているようで、子役時代からそうではないかと考えられています。

本仮屋ユイカの妹本仮屋リイナは結婚して出産した?

本仮屋ユイカさんの妹である本仮屋リイナさんは2016年に結婚をし、同年に出産までしています。出産に際して本仮屋リイナさんは東海テレビを退職されました。そして本仮屋リイナさんの結婚相手は一体どのような方なのでしょうか。

妊娠を報じたサンケイスポーツによると、相手の男性はフジテレビの制作部門に勤務する社員とのことです。東海テレビはフジテレビ系列ですので、同系列内で結婚をしたということになります。ちなみにネットの情報になりますが、苗字は「宮本」という方のようです。

本仮屋ユイカの苗字が珍しい!?由来は?

本仮屋ユイカさんの苗字が非常に珍しいと思いますが、「本仮屋」とは一体どこの地方に多い名前なのでしょうか、そして由来は一体どのようなものなのでしょうか。本仮屋という名前は、鹿児島県に多い苗字のようで、鹿児島市や霧島市に多くみられます。

「本仮屋」は、鹿児島県がかつて薩摩藩であった時代の代官所の意味するということで、本仮屋ユイカさんの家系のもともとの実家だった場所のようです。全国に約100人くらいしかいないというかなり珍しい苗字ですね。

本仮屋ユイカのデビューから現在まで

本仮屋ユイカさんは10歳の時にテアトルアカデミーという芸能事務所に所属し、12歳でNHKの「わくわくサイエンス」でテレビ初出演をしました。それからは2001年に「3年B組金八先生」の第6シリーズで生徒役として出演をし、2005年には朝の連続テレビ小説「ファイト」にて主演を務めました。

本仮屋ユイカさんはテアトルアカデミーを卒業し、スターダストプロモーションに所属し現在まで女優として活躍をしてきました。スターダストプロモーションと言えば、竹内結子さんや渡部篤郎さんといった大物俳優が多く所属していることで知られた大手芸能事務所です。

テアトルアカデミーとは?

テアトルアカデミーという名前を聞いたことのある方は多いのではないでしょうか。赤ちゃんモデルや子役、俳優や声優など芸能界デビューを目指し入学する総合芸能学院です。テアトルアカデミーはタレントの養成を始めとする映画やCM、放送、主演斡旋と言った企画制作部門があり、赤ちゃんモデルや子役と言えばここと言われるほど有名です。

芸能界で活躍するためのレッスンが数多く用意されているため、基礎から俳優やモデルから歌手、声優、ダンス、時代劇などのレッスンを受けることができ、芸能界を目指すお子さんにとっては非常にメリットのある養成所です。

テアトルアカデミーに対する勘違い①:芸能事務所

テアトルアカデミーをネットで調べると必ず出てくるのが「費用が高い」と言う文字です。確かに入学料やその他もろもろで経費は掛かります。またレッスン料などもかかります。結論から言うとテアトルアカデミーは養成所であり、学校ですので入学金やレッスン料が必要になるのは当然です。

また、テアトルアカデミーに所属したからといて必ずしも芸能界でデビューできるわけでもありません。テアトルアカデミーと芸能事務所かなにかと勘違いしている人による口コミでこのような噂が広がっていると考えられます。

テアトルアカデミーに対する勘違い②:仕事が来ない

テアトルアカデミーに合格すれば仕事が来ると思っている方も少なからずいるようで、中には入学したのに仕事が全く来ないと言っている方もいます。これも勘違いでテアトルアカデミーは確かに仕事の斡旋は行っていますが、決して芸能事務所ではないので、仕事が常にあるわけでもありません。

テアトルアカデミーでは仕事を貰うために基礎を学ぶところであって、仕事を貰うために入学するところではありません。近年では鈴木福さんや谷花音さんといった売れっ子子役が目立つようになっており、テアトルアカデミーに入れば売れっ子になれると勘違いしている人も多いようです。

テアトルアカデミーの評判

テアトルアカデミーに対する勘違いからくる悪い評判については紹介しましたので、次は良い評判を紹介したいと思います。テアトルアカデミーのスタッフや講師陣の対応が丁寧で素晴らしいという声が多く挙がっています。講師陣も教え方が非常に上手なようでレッスンを楽しんで受けることができると評判です。

次にレッスンの種類が豊富で楽しいという声もあります。また、テアトルアカデミーでは赤ちゃんの頃から所属させている方も多くそのような方からは礼儀やマナーといった人のコミュニケーションに関するスキルや基本がしっかりと学べたという声も聞きます。

本仮屋ユイカは真面目過ぎて面白くない?

本仮屋ユイカさんは、非常に性格が良いらしく、「王様のブランチ」の降板の際にも素直な性格で、誰かも好かれ裏方のスタッフからの評判も非常に良かったと言われています。ただし、真面目過ぎる一面があるようで面白みに欠けると言われてることも確かです。

本仮屋ユイカ出演のおすすめドラマ①:3年B組金八先生

3年B組金八先生は知らない人はいないのではないかと言うほど認知度の高いドラマで、本仮屋ユイカさんも出演されています。本仮屋ユイカさんが出演されていた時には、平愛梨さんや中尾明慶さんなども実は出演されていました。

本仮屋ユイカ出演のおすすめドラマ②:ファイト

2005年に72作目の連続テレビ小説として放送された「ファイト」ですが、舞台は群馬県と四万温泉で様々な苦難を乗り越え、競走馬と運命的な出会いをしてヒロインが輝いていくサクセスストーリーです。

本仮屋ユイカ出演のおすすめドラマ③:僕の生きる道

2006年に放送された元SMAP草彅剛さん主演の僕シリーズの第3作目で、完結作として放送されたドラマで本仮屋ユイカさんは主人公の妹役として、典型的な女子大生という一面と親の愛情を受けられず寂しげで複雑な感情を持つ役を見事に演じています。

テアトルアカデミーから日芸まで芸能を学んだ本仮屋ユイカ

幼少期から芸能界におり、芸能界のための基礎を学び女優としてメインキャスターとしての力をつけ現在活躍中の本仮屋ユイカさんですが、一方で真面目過ぎるゆえに少し面白みに欠けると言われています。今後はその真面目さがどのように輝いていくかを期待したいと思いながら応援したいと思います。