本田望結のスケートの実力は?フィギュア大会での優勝経験は?

日本で女優、タレント、フィギュアスケートの選手として活躍している本田望結。子役をしながらもスケートのレッスンに励み、数々の優秀な成績を収めています。そんな本田望結がスケートを始めた成り立ちやフィギュアスケートでの入賞歴などを家族との関係も含めて紹介します!

本田望結のフィギュアスケートの実力は?

女優の仕事とフィギュアの両立を頑張る本田望結。「中途半端」と思われる方もいるかもしれませんが、本人は「どちらかを嫌いになった場合には、どちらかではなく、両方辞めると決めている」と言っています。どちらも本気でやっているからこそ言える言葉だと思います。どちらも着実に結果を伸ばしてきている本田望結の期待は高まります。

本田望結3歳、兄、姉を追いスケートを始める!

本田望結は、フィギュアスケート選手の兄・本田太一の影響で3歳からスケートを始めた。兄、姉、妹と共に京都醍醐FSCに通っています。フィギュアスケートの練習の一環として、ヨガ、バレエ、新体操、水泳レッスンなど、英才教育を受けています。

兄、本田太一がスケートを習い始めたきっかけは?

兄の本田太一は5歳の時にスケートリンクに遊びに行ったことがきっかけで妹の真凛とスケートを習い始めました。最初はホッケーから始めましたが、後から始めたフィギュアスケートに専念することを決め、選手として活躍しています。

姉、本田真凛は望結の「憧れ」でありライバル

姉の本田真凛も、2歳からスケートを習い始め、他にアイスホッケー、水泳、体操、テニス、ピアノ、絵画教室をかけもちしていました。フィギュアスケートでは、アクセルを除く5種類の3回転ジャンプを11歳でマスターし表現力にも定評があります。

妹、本田紗来もスケートの実力を開花!

妹の本田紗来も、姉の真凛・望結を追いフィギュアスケート選手たしても活躍しています。2016年の全日本ノービス選手権Bで4位につけ、2017年の同選手権では優勝を果たしました。子役としての活動もしており、七田チャイルドアカデミーを卒業後、六地蔵教室に通っていました。3姉妹での共演もしています。

実は、兄姉の中でも一番才能があるとされている紗来。姉の真凛は、紗来がシニアの大会に出るようになった時、同じステージで競い合うのが嫌だということで引退の時期も考えています。そのくらいスケートの実力がある紗来の今後の活躍にも期待ができます。とはいっても、仲良し姉妹なのでそのことで喧嘩をすることはなさそうです。

本田望結、チャイルドアカデミーで培ったチカラ

本田望結は1歳からチャイルドアカデミーに入っており、教室に通った兄妹はみな発想力、想像力に富んでいます。絵本を読むと続きを考えたり、登場人物の気持ちになって泣いたりする姿に母親も不思議な感覚があったそうです。子役や女優としての演技にも役に立っていると思われます。

台本や振り付けを覚える「記憶力」も七田チャイルドアカデミーで身についたと思われます。聞く力、聞き逃さない力にも母親は驚かされたと述べています。集中しているからこそ、あらゆるひらめきや想像が膨らみ、いろいろな角度から物事を冷静に見られるのでしょう。

NEXT 本田望結、現在はどこの中学校に通っている?