絶対王者羽生結弦の私服事情!えっ……。完璧なのに服がダサい? スポーツ

絶対王者羽生結弦の私服事情!えっ……。完璧なのに服がダサい?

オリンピック金メダリストに、国民栄誉賞など常に目覚ましい活躍を見せてくれる羽生結弦さん。そんな大!大!大!スターの彼に、まさかの私服がダサいという疑惑が浮上しています。果たして本当のところはどうなのか?検証して行きたいと思います。皆様のご参考になれば幸いです。

↓↓↓↓↓他の方はこちらの記事も読んでいます↓↓↓↓↓

羽生結弦の私服、なんだかダサい?PART1

オリンピック男子、フィギュアスケート金メダリストの羽生結弦選手。彼のことを知らない方は殆ど居ないのではないでしょうか?そんな超有名人の彼ですがスポーツとは関係の無い、まさかのある部分に注目が集まっています。ある部分とは、そう、インタビューやプライベート映像などで目にする羽生結弦さんの私服について。

大抵は上記画像のように、スポンサーの名前が入ったジャケットやステージ衣装を着ていらっしゃるので、私服を見たことがない方も多くいるのではないでしょうか?かくいう筆者も、数回しか拝見したことがないです。そこで今回は、インターネット上の資料を参考に、検証を試みます!

まずは世間の反応に目を向けて見ます。”いっつもダサい”、”ダサすぎるのだけなんとかならんかな?あとは完璧”、”安定のダサさ”、”服がダサくて付き合えない”、”羽生くんの私服は、ちょっとアレ……”といった羽生結弦さんの私服に対して否定派の意見が多数見受けられます。

羽生結弦の私服、なんかダサい?PART2(私服画像あり)

続いて羽生結弦さんの私服肯定派の意見はこのようになっております。”ダサいのが可愛い”、”ダサいという人がダサい”、”私はダサい私服の、ユヅル推し”、”ダサいところが大好きなんだ”など。こちらの意見も負けず劣らず多数いらっしゃいます。肯定はしつつも、ダサいという点に関しては多くの人が共感をしているようです。

様々な意見がありますが、本当のところはどうなのでしょう?ぜひ皆さんの目で、実際に確かめていただきたいと思います。お待たせしました!それはで実際に、羽生結弦さんの私服画像を見てみましょう。その貴重なショットがこちらっ。

いかがでしょうか?想像していたほどダサい?それとも全然ダサくない?あらゆるお声があるかと思います。筆者個人的には、ん〜……どちらかと言うとダサいけど、スタイル抜群の羽生結弦さんが着ていらっしゃるので、それほどダサさが気にならない!と言うのが第一印象です。

羽生結弦の私服、なんかダサい?PART3(私服画像あり)

検索をしてみると、他にもこんな私服ショットが出てきました!こちらの私服は先ほどのものに比べて、若干スタイリッシュなように思います。みなさんは、どちらのお洋服が羽生結弦さんに似合っていると思われますか?

羽生結弦さんの私服を観察するとザ・ブランド!!という感じの、ゴテゴテした派手なアイテムが、あまり無いことに気が付きました。とはいえ、世界も認める羽生結弦選手。それなりにお高いブランドのお洋服を着ているのでは?と筆者は睨んでいます。実際羽生結弦さんが愛用をしているブランドは、どちらのものなのでしょう……?

羽生結弦の私服、気になるそのブランドとは?PART1

さて、まずは羽生結弦さんが使用していて、話題となったブランドを挙げて行きます。一流の方が使用されてるということは、何か他と比べてもズバ抜けて良い部分があること間違いなし!!だと思うので、機会があれば画像だけでなく、直接調査してみたいものです。それではご紹介します!

上記の画像をご覧ください。こちらの写真で羽生結弦選手が着用しているTシャツは、EMPORIO ARMANI<エンポリオアルマーニ>のものだそうです。シンプルなデザインですね。また、下記画像に写っている洋服のブランド、こちらもまた先ほど同様EMPORIO ARMANIの商品です。羽生選手はARMANIを愛用している模様。

羽生結弦の私服、気になるそのブランドとは?PART2

他にはUNDER ARMOURや無印良品、アメリカンイーグルなどの使用を目撃されています。次のお写真で、羽生選手と写っているのは無印良品のキャリーケースです。お値段はおよそ13,000円。口コミを調査してみても、丈夫でコスパが良いと評判の商品です。

他に、羽生結弦さんは大のイヤフォン好きというお話も有名で、そのこだわりっぷりといったら右に出る者がいないほどだそうです。こんなエピソードも発見しました。どうやら曲ごとにイヤフォンを使い分け、コーディネートして行くそうです。

当たり前といえば当たり前の現象かも知れませんが、衣類でも雑貨に関しても、羽生選手が持っている事が一度話題になると、もの凄い勢いで注文が殺到するそうです。羽生結弦さんの人気レベルが窺えるエピソードですね。

羽生結弦といえば、ディズニーくまのプーさん!意外と可愛い

羽生結弦選手を語る上で外せないワードの中に、あの人気キャラクターくまのプーさんがあります。TVの羽生選手演技後の生中継等で、よく映る印象的なシーンの1つにリンク一面黄色になる場面があります。この黄色の正体はそう!ファンの方が羽生選手へプレゼントとして投げた、くまのプーさんグッズの数々なのです!笑

羽生結弦さんご本人が、インタビューの際にグッズを抱えるなど正真正銘のプーさんファンなご様子。下記の画像にもあるように、このようなシーンを多々見かける機会があります。羽生選手とくまのプーさんという組み合わせ、意外とよく合いますね!

羽生選手、プーさん、元AKB48渡辺麻友のプライベート?

何の繋がりが?と思った方もいらっしゃるかも知れません。が、しかし多いに関係があるこの3つのワード。その発端は元AKB48の人気メンバー、渡辺麻友さんのSNS裏アカウント(プライベートのアカウント)が流出してしまったという事件。

その流出記事の内容と元々羽生結弦さんの隠れ?大ファンであった渡辺麻友さん。ある日友人と出かけたディズニーランドでの画像を裏アカウントのSNSにアップ。そこにアップされた内容には渡辺麻友さんが、くまのプーさんのぬいぐるみを愛でている画像と共に、羽生選手とお付き合いをしたいというニュアンスの文章が。

実際にお付き合いをしたのか、ご友人なのか明確な情報はありませんでしたが、もし渡辺麻友さんの恋がうまくいっていたとするならば、大スター同士のカップル誕生に秒速で話題になってしまいそうなので、恐らく進展は無いのかなと思われます。

ダサい?羽生結弦の私服、羽生ゆずれないの私服スタイル1

上記の画像は、お笑い芸人で羽生結弦さんのモノマネをしている羽生ゆずれないさんと、女子フィギュアスケート界の妖精ことザギトワ選手。なかなか似ていますね!それでは羽生結弦さんの私服と、羽生ゆずれないさんの私服のテイストは似ているのか?を検証してみます。下記の画像はプライベートの羽入ゆずれないさん。

テレビで羽生選手に寄せている服装とは、やはり結構違います。清潔感のある服装というより、どちらかというとストリート系でハードな印象を受けますね。どちらのテイストもよく似合っています。そしてこちらが本物、羽生結弦さんのまたまた私服のお写真です。

ダサい?羽生結弦の私服、羽生ゆずれないの私服スタイル2

検証結果は……?羽生結弦さんと羽生ゆずれないさん、お二人の私服のテイストは掛け離れてもいないけど、似ているわけでも無い。という微妙な結界になりました。服装が異なっても、雰囲気は変わらず似ていますね!こんな画像もキャッチしました。

羽生結弦さんと、羽生ゆずれないさんのお顔を比較した際に出た、顔認証一致度の数値です!とんでもない一致率笑。もうすぐ双子になれそうな勢いの数値となりました。目の大きさが若干、ゆずれないさんの方が大きく見えますが、他は本当に瓜二つ。

羽生結弦選手、個人的ベストショットをご紹介

くまのプーさんの耳を装着して演技をしたお写真。お茶目で最高です。羽生選手の顔が小さいせいか、クマ耳にあまり違和感がないように感じます。こんなお姿を披露するほど、くまのプーさんが大好きなのですね。

こちらのお写真は、スケート仲間のハビュエルフェルナンデス選手とのツーショット。リンクの上ではライバルでも、プライベートでは本当に仲が良い事がわかりますね。それにしても、似合ってはいますがとてつもなく金ピカのお衣装……。

さいごに羽生結弦の経歴、プロフィールをおさらい

ここまでご紹介をしてきた、羽生結弦さんについて一体どんな人物なのか、既に詳しくご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、改めてプロフィール等のおさらいをして記事を終わりにしたいと思います。それでは絶対王者羽生結弦選手が誕生するまでの一部歴史を紐解いて行きましょう。

  • 名前:羽生結弦<はにゅうゆづる>
  • ニックネーム:ゆづくん
  • 生年月日:1994年12月7日
  • 出身地:宮城県
  • 所属:ANA
  • 大学:早稲田大学
  • 血液型:B
  • 身長:171cm
  • 好きなキャラクター:ディズニー・くまのプーさん

羽生結弦選手の、主な経歴はこのようになっております。全日本ジュニア選手権:史上最年少で優勝、四大陸選手権:銀メダル、ソチオリンピック:金メダル、平昌オリンピック:金メダル、国民栄誉賞受賞etc…誰にも真似のすることの出来ない、大変華々しい功績を収めていますね。

まとめ

今回の検証を通して、羽生結弦さんの私服はダサいというよりも”シンプル”や”素朴”といった印象が強いように感じました。トレンドのファッションでは無いですが、十分羽生選手に似合っているスタイルだと思います。

長くなりましたが、今回の記事はこれで終わりとなります。いかがでしたでしょうか?少しでも楽しんでいただけていたら幸いです。最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございました!またお会いできますように