結婚もして転職にも出会えた落合福嗣!嫁の素顔や現在の職業は? 芸能人

結婚もして転職にも出会えた落合福嗣!嫁の素顔や現在の職業は?

落合福嗣さんといえば、元プロ野球選手で監督もされていた落合博満さんの息子さんとして、以前にはテレビで引っ張りだこだった方ですが、最近あまり姿を見ないと思います。なんと現在は違う職業をされていて活躍をしているそうなのですが、そんな落合福嗣さんについて紹介します。

落合福嗣の現在は?結婚して声優でも成功?

落合福嗣さんと言えば、子役としてテレビで見ない日はないくらいにテレビに出演していましたが、いつからか見る機会がめっきり減りました。そんな福嗣さんも30歳になっているということに少し驚きを隠せません。では現在福嗣さんはなにをやっているのでしょうか。

昔は父親である落合博満さんの影響で野球を幼少期からしておりましたが、大学を卒業後はアミューズメントメディア声優タレント学科へ入学し、卒業後は現在の事務所に所属し声優として活動をしているようです。そしてなんと、ご結婚もされているようです。

落合福嗣の結婚して嫁や子供は?

落合福嗣さんは現在結婚をしており、2014年と2016にどちらも女の子を授かっています。落合福嗣さんの奥さんは花織さんという方で一般女性の方です。花織さんさんは身長が166cmあるスレンダーな方で美人としても知られています。画像はSNSにもオープンに掲載されています。

結婚に関してはご両親とも大賛成だったようで、早く孫の顔が見たいというご両親の願いにもしっかりと応え2人のお子さんに恵まれています。また、福嗣さんはよき父親としての姿もツイッターなどに投稿しています。

落合福嗣と嫁花織との馴れ初め

落合福嗣さんと奥さんの花織さんは2010年にSkypeという無料通話アプリを通じて知り合ったそうです。そしてなんと交際4か月にして結婚をしたんだそうです。ちなみに知り合った時に花織さんは落合福嗣さんが落合博満さんの息子さんだとは知らなかったそうです。

福嗣さん曰く、花織さんは野球にうとく、三冠王の意味すら知らなかったと言います。しかし福嗣さんからすると昔から「落合博満の息子」として見られてきていたためそんななにも知らない花織さんに魅力を感じたと語っています。

落合福嗣の嫁と子供は?子供は何人いる?

2010年に交際4か月というスピード婚を果たした落合福嗣さんですが、お子さんがいらっしゃるということなのですが、何人いらっしゃるのでしょうか。2014年1月に長女が、そして2016年6月に次女が生まれ今では2児のパパとなっています。

第二子の出産にはツイートもしており、娘さんも少し成長したことを父親として嬉しく思っているようで、子供の時にテレビでよく落合福嗣さんを見ていた人からするとかなり印象が違い驚かれる方も多いようですが、しっかりと責任感を持った大人の男性になっています。

嫁花織は金目当てで結婚したのか!?

よくネットでは花織さんはお金目当てで結婚をしたのではないかと書かれている事もありますが、おそらくこれに関しては全く違うのではないかという見方があります。というのも花織さんは落合福嗣さんが落合博満さんの息子であるということを知らなかったことが一つあります。

また、野球に疎く落合博満さんのことを詳しくしらなかったと考えられます。そして、決めてとなるのが、結婚当時落合福嗣さんは国士舘大学に行っており留年をしていたといいます。その後2年かけ卒業し、卒業後も声優の学校に通っていましたのでその頃は収入も少なかったと思われます。

嫁花織とは一体どんな人?

落合福嗣さんの奥さんで花織さんという方は一体どのような方なのでしょうか。ツイッターなどにオープンに写真が掲載されていますので、顔などはすぐにわかります。相当美人な方で身長も166cmということでモデルやタレントをしていても不思議ではないですが、一般の方のようです。

また、福嗣さんが留年をしさらに声優学校に通っていた一番苦しい時期には、花織さんは福嗣さんに福嗣さんのことが好きで一緒にいるのであって親は関係ないと言ったようです。その言葉に福嗣さんは嬉しさのあまり泣いたと語っていました。

現在では想像もつかない!?数々の伝説を残した落合福嗣

落合福嗣さんと言えば子供時代の数々のやんちゃなエピソードが有名ですが、一体どのようなものがあったのでしょうか。当時彼は女子アナが非常に好きだったようで人気アナウンサーのスカートに潜り込んだり、ボディタッチをしたりとやりたい放題だったようです。

今では完全にアウトですが、その当時は規制も緩かったと言われていたものありますが、彼の父親があの落合博満さんということもあったのではないでしょうか。そして子供であったということもあるかもしれませんが、今、特にここ数年であれば親ともども大変になったということが想像できます。

大人になった現在だから語るあのころの思い

父親である落合博満さんはプロ野球選手であったためシーズン中はほとんど家にいることがなかったそうで、移動日となる月曜日以外はすれ違いの生活を送っていたそうです。そして休みとなる月曜日は唯一父親と遊ぶことができる日だったようですが、そんな時もスポーツ紙の記者は逃しませんでした。

例えば、せっかく動物園に行こうという話になっても記者がやってきては福嗣さんを父親から引き離しインタビューをしたり、記者がいなくなれば次はファンが集まってきたりとほとんど一緒に遊ぶことができなかったそうで、結局一緒にいったとしてもマネージャーが同行してたりと寂しい幼少期をすごしたと語っていました。

落合家流育て方と3つの掟

落合家では基本的に自由に育てることが落合家の育て方だったそうです。例えば、ティッシュをばらまいたら一般的な家庭なら怒られますが、落合家では怒られなかったそうです。親の考え方としては、2,3歳の子供からすればティッシュはおもちゃでしかないから後で親が片付ければいいそうです。

しかし、必ず守らなければいけないこともありました。それは、「お金は粗末にしない」「嘘はつかない」「相手に暴力はふるわない」の3つです。この3つに関してはかなり怒られたそうです。基本的に自分で経験して気付くことが大事との教育方針のために今の自分があると語っていました。

落合福嗣が声優を目指したわけは?

一番初めに声優になりたいと思ったのは、映画「ターミネーター」を見ていてアーノルド・シュワルツェネッガーが日本語をしゃべっている事を不思議に思いきいたところ、声優という仕事があるということを教えられて、自分もターミネーターになりたいと思ったそうです。

声優になるまでには、歌手活動をしたり、雑誌にコラムを書いたりしていたりとあらゆることをしていましたがそれは全て声優になる夢のために、声優としての引き出しを作るためと語っています。大学時代には海外に遊学もしたそうです。そして、しっかりと夢をかなえ、現在では声優として活躍しています。

落合福嗣の現在の収入は?

声優には様々な業種に活躍する場があり、例えば声優事務所や芸能プロダクションに所属して月給制で勤めることもできますし、フリーランスとして活動するかたもいます。しかし、ほとんどの声優は事務所と芸能プロダクションや声優事務所と契約を結び、仕事が来ればコミッションから手数料が惹かれ収入になるというのがほとんどです。

声優のギャラは声優自身のカテゴリーや仕事の内容によって変わるので、最小では1万5000円から4万5000円くらいで上限がないとも言われています。また、声優のグレードを上げ、キャリアを積むことで単価も挙がるため林原めぐみさんクラスになると全盛期のころで7000万円ほどあったのではと言われています。

落合福嗣の壮絶な過去とは!?いじめで野球をやめた!?

落合福嗣さんは幼少期の頃から家には記者が詰めかけ、周りには大人ばかりの生活をしていました。そんな中福嗣さんはチック症になりました。瞬きが激しくなったため病院に行くとのびのびと遊ばせてくださいと言われたそうです。大人のサイクルで生活をしているためになったそうです。

のびのび育てる落合家流はそこが原点かもしれません。また、学校では壮絶ないじめがあり、足を怪我したこともあったそうで、上級生にひざをバットで殴られあるけなくなったこともあったそうです。それが原因で野球をやることを諦めたそうです。

落合福嗣が死にたいと思った過去

数々のいじめにあい、野球を諦めるといったことを経て一時期は不登校になったこともあったそうです。そんな時福嗣さんは毎日ベランダに出ては死にたいと思っていたようで、母信子さんも一緒に死に方をあれやこれやと考えたそうです。そうしたら死ぬ気がなくなったと語っています。

その時に福嗣さんは一通の手紙を母の枕元に置いたそうです。内容は、死にたいのではなく解決したいという思いがつづられていたそうで、それはまさに福嗣さんの心の叫びでもありました。父親が野球選手であるが故にいじめられることもあり、父とも喧嘩をすることがあったそうです。

誇りを持って現在まで落合として

母信子さんはそんな福嗣さんの様子を見て、籍を抜き「落合」という名前を捨てようと考えたこともあったようです。そこまで追い詰められ、福嗣さんと相談すると福嗣さんは拒否をしたそうです。やはり落合という名前に誇りを持っていたのではと母信子さんは語っています。

福嗣さんは親子でぶつかり合いながらも、苦しみながらも答えを出し、「落合」として誇りを持って生きていくと誓ったようで、今では自分の道を見つけ、最愛の家族を手にし幸せな家庭を築いています。これもご両親の育て方と福嗣さんの意思の強さではないでしょうか。

声優やナレーターとしての落合福嗣は?

今では夢を叶え声優やナレーターとして活躍している福嗣さんですが、ネットでも美声やさわやかで良い声との評価が多く評判は良いようです。現在はアニメの主人公に起用されるなどこれからの活躍も期待されています。

アナウンサーの生島さんによると、福嗣さんはテンポが良く、「が」行を聞き取りやすくするための華濁音と呼ばれるものもしっかりできているとのことで、これからしっかりと鍛えれば仕事の幅は広がり声優として良い仕事ができるとの評価でした。

夢を叶え家族に囲まれた落合福嗣のこれから

しっかりと自分の夢を叶え、家族も手に入れた落合福嗣さんですが、幼いころのやんちゃな面影はなくしっかりと大人の男性として家族を守る大黒柱として成長されており、これから声優としても期待をされていますので、今後のご活躍を応援したいと思います。