サムライギタリストMIYAVI、身体のタトゥーがダサいって本当? 俳優

サムライギタリストMIYAVI、身体のタトゥーがダサいって本当?

世界で活躍する何かと話題のアーティストMIYAVIさん。そんな彼のトレードマークとも言えるタトゥーに今、注目が集まっています。今回はMIYAVIさんのタトゥー検証のほか、彼の家族事情などについての噂を掘り下げて見たいと思います。皆さまのご参考になれば幸いです。

世界も認めるクールなMIYAVIの、ダサいタトゥーはお経?

美しいビジュアルと圧倒的な音楽の才能を持ち合わせ、世界を魅了し続けるMIYAVIさん。しかしそんな彼に彫られているタトゥーが、ダサいのでは?と巷で話題になっています。音楽やお芝居のセンスは抜群のMIYAVIさんですが、果たしてタトゥーのセンスはどうなのでしょう?まずはこちら↓の画像をご覧下さい。

この写真はMIYAVIさんの背中のタトゥー画像になります。おぉっ……これは大迫力のお背中。完成までにめちゃくちゃ時間がかかりそうというのが筆者の第一印象です。どうやらこのタトゥー、お経(般若心経)を背中一面に彫ったものだとか!他にも、体のあらゆる部分のタトゥーに宗教的思想の言葉や、偉人の言葉などが記されているようです。

MIYAVIタトゥーに込められた意味。ダサいなんて言わせない

サムライギタリストの異名を持つMIYAVIさんですが、ここで一旦彼ののプロフィールをおさらいしてみようと思います。ダサいと話題のタトゥーのルーツが、見えてくるかも知れません。そもそもタトゥーがクールとの意見もあるので、そこは賛否両論ではありますが……。

  • 名前:MIYAVI<みやび>
  • 旧表記:雅ーMIYAVIー(2013年に現在のMIYAVI表記へ改名)
  • 本名:石原 貴雅<いしはら・たかまさ>
  • 誕生日:1981年9月14日
  • 血液型:AB型
  • 出身地:大阪府大阪市此花区
  • 特技:ギター・英語・サッカー
  • 配偶者:melody.(元歌手)
  • 子供:女の子2人

お子さんもいらっしゃるんですね!ミステリアス過ぎるせいか、生活感があまり感じられないMIYAVIさんですが、プライベートではとても良いお父さんのようです。ちなみに2人のお子さんの名前は「愛理ちゃん」と「希理ちゃん」。その読み方がとっても珍しいんです!愛理ちゃん=ラブリちゃん、希理ちゃん=キラリちゃんと読むのだそう。

アーティストのお子さんは、お名前も個性的で素敵ですね!タトゥーの話題に戻りますが、MIYAVIさんの数あるタトゥーのうち手首の刺青は、お嬢さんである愛理ちゃんが生まれた時に彫られたものだとか。その意味は、たくさんの人に愛されますように。という内容のものでMIYAVIさん自身、お気に入りのタトゥーの1つでもあります。

MIYAVIの結婚、そのお相手はどんな人物?

フォーマルな場でもよくお見かけする、MIYAVIさんの奥様melody.さん。ハワイ出身の大変美人な方です。この方実は、2008年ごろまで活発に芸能活動をされていました。今は引退されているのか目立ったものは見受けられません。MIYAVIさんとの結婚を機に、活動をセーブされたように感じます。

melody.さんが歌った曲はこれまで、『ドラゴン桜』や『王様のブランチ』、『だいすき!!』など有名な番組や様々なCMに起用されていますご存知の方もいるかもしれませんね。そこで気になるお二人の馴れ初めですが、残念ながら明確な物を見つける事はできませんでした。ただ、できちゃった結婚で結ばれた事は有名なお話のようです。

MIYAVI過去に起こった、あのDAIGOとの確執は一体?

まさかの組み合わせですが、 あのBREAKERZのDAIGOさんともお知り合いなのだとか。超大物コンビですね。しかし、インターネット上で”MIYAVI””DAIGO”というワードで検索をかけて見ると”確執”という文字が真っ先に出てきます。一体何があったのでしょうか?

この話題についても有力な情報を見つける事には至りませんでしたが、どうやらMIYAVIさんとDAIGOさんは過去に大親友だった模様。ライブ中お二人がキスをする等の演出ができる程、仲良しだったとか。ある時からお互いに相手のことを話さなくなり、ファンの方の間で確執ができてしまったのでは?と心配されたとか。

MIYAVI、いつからタトゥーを入れ始めたの?

画像は今夏公開の映画、実写版BLEACH 朽木白哉役を演じるMIYAVIさん。和装もバッチリ決まっていますね。さて、今やタトゥーまみれのMIYAVIさん。タトゥーを入れ始めたのは、以前バンドを組んでいた時に、1人で旅した沖縄で入れたものが最初だそうです。そこから徐々に増えて行き今の状態に進化したのだとか。

MIYAVIさんのタトゥーは、人生の教訓など自分自身に刻み付けたい重要な事柄と出会ってから入れられるそうです。自分の身体をタトゥーを入れる為のメモ帳と例えていらっしゃいました。あの無数のタトゥー1つ1つにしっかりと意味があり、人生を刻みつけているお姿にはとても重みが感じられますね。

MIYAVIが過去に所属していたバンドって?ダサいの?

実はMIYAVIさん、雅ーMIYAVIー名義の時に所属していたビジュアル系バンドの存在があります。1998年〜2002年の約4年間に渡って活動をしていました。そのバンド名は『Dué le quartz』で、読み方はデュール クォーツ。何語でしょうか……難しいお名前。

インディーズでありながら海外にも、多くのファンを持つほどの人気ぶりでした。現在は解散してしまっているので、バンドの姿を見ることが叶わないのはとても残念です。バンドを組んでいても、ソロでも支持され続けるMIYAVIさん。そのカリスマ性がいかに、ズバ抜けているのかを思い知らされます。

MIYAVIの背中に彫られたタトゥー、”李”の意味とは?

MIYAVIさんの背中に彫られたお経の背景に、”李”という文字が大々的に刻まれています。この漢字の意味は、彼のお父さんの苗字から取ったものだとか。そう、MIYAVIさんのお父さんは日本の方ではなく韓国の方だそうです。つまり、MIYAVIさんご本人は日本と韓国のハーフ。

しかし彼がこの事実を知ったのは、大人になってからのようで、その際に自分のルーツである苗字の”李”という漢字を彫ったそうです。MIYAVIさんが自分がハーフだという事実を、ずっと聞かされていなかったという事に少し驚きましたが、そんな要素もさらにMIYAVIさんを輝かせる武器になっているなと感じました。

ダサいと言われるMIYAVIのタトゥー、世界中で発見?

今回の記事でもお伝えしたように、世界中にファンを持つMIYAVIさん。MIYAVIさんの事をリスペクトする余り、タトゥーの一部を模倣する人が続出なんだとか。↑画像の方もその一人。MIYAVIさんの首元に彫られた”un-do”<元どおりにする>を真似したファンの方です。

身体を傷付けてまで、その証を刻む。タトゥーを入れるという行為は、そこまで軽々しく気安く出来るものではないと思います。身を削ってまで記したくなるほど、MIYAVIさんのタトゥーや、MIYAVIさんの存在は魅力的という事の証明にもなりますね。ちなみに他にはこんなファンも↓

少し探して見るだけでも、MIYAVIさんのタトゥーを真似ているファンの方はあとを絶ちません。お経を彫ってみよう!というエキセントリックでクールな感覚が、うけているのかも知れませんね。

ダサい?ダサくない?MIYAVIのタトゥーは結局……

自分の世界観を確立されていて、どの音楽や映像・ファッション等をとってみても、ただただカッコいいMIYAVIさん。ダサいと世間で騒がれているタトゥーも結局のところ、そんなにダサくはないのでは?とも思えて来ました。

彼のタトゥーを真似る方達の理由はMIYAVIさんの人柄や技術、生き様などに憧れて真似をする方など様々だと思います。しかし、どんな理由であれMIYAVIさんのタトゥーは、世界中でイミテーションされるほどの人気ぶり。むしろオシャレ過ぎて、凡人の私たちには到底良さが分からず、結果ダサいと捉えられたしまったのかも知れませんね。

 

MIYAVIのワールドツアーを、少しだけチェック!

最後になりましたが、MIYAVIの偉大さが分かるワールドツアーのについて少しだけお届けします。こちらの画像は、ワールドツアー中にhideさんの曲をカバーしているMIYAVIさん。彼にとって7度目となるこちらのツアー、SOLD OUTも出るなど無事全公演大成功に終わったようです。

公演開催場所は日本全国はもちろんその他、フランス・パリ、韓国・ソウル、イギリス・ロンドン、ロシア・モスクワ、アメリカ・ニューヨーク、中国・北京など世界各国にて。日本だと、なかなか近くで見ることが難しいですが、海外のライブハウスでの公演ならあり得ないほどの至近距離でMIYAVIさんに会えること間違いなしです!

まとめ

実はMIYAVIさん、こんな作品にも関わっています。まだ見たことがない方は、新しい彼の魅力に出会うチャンス!要チェックです。ちなみに個人的感想ですが、beatsイヤホンのCMに関しては若干、俳優の窪塚洋介さんに見えなくもないです笑

  • キングコング 髑髏島の巨神
  • 不屈の男 アンブロークン
  • CM au
  • CM 横浜ゴム
  • CM ロッテのガム”ゼウス”
  • CM beats  etc…

今回の記事はこれで終わりになります。調べれば調べるほど、MIYAVIさんの魅力に取り憑かれていっている筆者ですが、これからもサムライギタリストの名を更に世界へ広めていってほしいです。

今後も引き続きMIYAVIさんに関する情報を、個人的に集めて探って行こうと思います。お忙しいところ最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございました!またお会いできますように。