ハイ!ひょっこりはん!のネタでおなじみの高学歴芸人ひょっこりはんの実態とは!? お笑い

ハイ!ひょっこりはん!のネタでおなじみの高学歴芸人ひょっこりはんの実態とは!?

ハイ!ひょっこりはん!!で一躍有名になったひょっこりはん。テレビで見ない日は少ないです?ほぼ毎日見るのに知らないことが多くはないですか?高学歴だったり、スポーツが得意だったりと意外と知られてないことは多いです。そんな意外な事実を解説します。

芸人・ひょっこりはんとは?ブレイクのきっかけとは?

ひょっこりはんのプロフィール

  • 本名:宮下聡
  • 生年月日:1987年4月28日
  • 身長/体重:174㎝/60㎏
  • 血液型:B型
  • 出身地:滋賀県、守山市
  • 所属事務所:吉本興業

本名が意外と普通ですね。地方出身ということでもしかしたら秘密のケンミンショーなどの地方番組に出演もあるかもしれません。吉本はNSC東京の18期生で同期の芸人ではおばたのおにいさん、ゆりやんレトリィバァ、ガンバレルーヤなど今を時めく芸人が勢ぞろいです。

ひょっこりはんの芸風

ひょっこりはんのネタと言えば今は芸名の通りです。何か物陰に隠れ、音楽に合わせて「ハイ!ひょっこりはん!」の合図とともにひょうきんな顔で現れるのが代表的なネタです。30歳の男性がひょっこりと出てくる。意味が分からないとは思いますが、この意味の分からないでも笑えるネタは、全年齢の人が見ても笑えるネタです。

ひょっこりはんのブレイクのきっかけは?

ひょっこりはんのブレイクのきっかけとなったのはナインティナインが司会の番組、おもしろ荘がきっかけです。おもしろ荘と言えば今まで数多くのブレイク芸人を生み出したお笑いの登竜門的な番組です。ひょっこりはんもそこでインパクトのあるネタを披露して、現在大ブレイクするきっかけを作りました。

ひょっこりはんは早稲田出身の高学歴芸人!?

高校はどこ出身?

早稲田出身というのは意外ですが今では知っている方も多いのではないでしょうか?ですが高校となると知らない方も多いでしょう。ひょっこりはんは、滋賀県立草津東高等学校の出身です。この高校は体育科が設置されるなどスポーツに力を入れている高校です。御多分に漏れずひょっこりはんもスポーツが得意でした。あとでその事実を解説します。

早稲田出身

初めて聞く人は意外な事実に驚くのではないでしょうか?ひょっこりはんは二浪のすえ早稲田大学に入学しました。早稲田出身の芸人と言えば小島よしおです。何となく二人の芸風は似ているような気がしますね。ちなみにひょっこりはんが芸人を目指したきっかけは早稲田が理由だそうです。

高学歴芸人たちに続けるか!?

高学歴芸人と呼ばれる方は多くいます。最近ではカズレーザーが代表的ではないでしょうか。ちなみにカズレーザーが高学歴芸人として活躍するきっかけとなった「Qさま!!」にひょっこりはんも出演しました。結果は残念な結果に終わってしまいました。さすがに大学卒業から時間が経過していると結果を指すのは難しいのでしょうか。

高学歴芸人ひょっこりはんの経歴は?

お笑いサークル時代

ひょっこりはんは早稲田の「早稲田大学お笑い工房LUDO」に所属していました。そこでエニグマというコンビを組み活躍していました。もともとはマスコミに興味があったそうで、それもお笑いを目指すきっかけになったのかもしれません。お笑いサークル卒業後、就職せずにNSCに入学しました。

コンビ時代

ひょっこりはんは実はコンビを組んでいた時がありました。最初からピン芸人ではありませんでした。ツッコミ担当で「ダイキリ」というコンビを組んでいました。その後「トロフィーズ」への改名を経て、2016年3月にコンビを解散して、同年4月にピン芸人として活躍することになりました。

高学歴芸人ひょっこりはんはソフトテニスでインターハイ!?

ソフトテニスでのインターハイ経験あり!!

ひょっこりはんは高校生の時にソフトテニスでインターハイの出場経験があります。インターハイ出場経験があり、さらに早稲田大学出身。改めて見てみるとハイスペック芸人です。もしもネタが飽きられたとしても、ほかにも活躍できそうな舞台が多そうな人です。

他にも意外な特技が?

ひょっこりはんの特技はソフトテニス以外にも小藪千豊の物まねがあります。言われてみれば顔のパーツなどが似ている気がします。テレビで見る機会は少ないのでぜひともテレビでもっと披露してほしいですね。とはいえ披露するsシーンはなかなか生まれないのかもしれません。

ひょっこりはんのネタの意味は?

ひょっこりって何?

元々ひょっこりはんはひょっこりという単語を使うことが多かったです。それがきっかけでひょっこりを使うようになったと考えるのが妥当そうです。ちなみに「はん」は京都弁で人の名前の後に付けるそうです。京都で有名な芸者遊びを参考にしたのかもしれません。

芸能人に大人気ひょっこりはんポーズとは?

SNSなどでひょっこりポーズという単語を聞くことが多いのではないでしょうか。最近では「しゃべくり007」で白石麻衣がかわいいひょっこりはんポーズを披露しました。ひょっこりはんポーズとは名前の通り、何か物陰から真顔で出てくる瞬間を写真に収める様子を指します。今では多くの芸能人がまねしています。

高学歴芸人ひょっこりはんの彼女は?

ひょっこりはんの彼女、ひょっこりちゃんとは?

おもしろ荘で彼女はいるのかと問われたときに、ひょっこりちゃんがいるとひょっこりはんは答えました。同棲している彼女がいるそうです。写真は一般人なので公開はされていません。彼女とは付き合って3年になるとひょっこりはんはおもしろ荘で語っています。

ひょっこりちゃんと結婚はあるのか?

おもしろ荘でも結婚について語っていましたが、今一歩結婚には踏み切れていません。その理由は芸人の安定のなさと当時の収入の少なさが原因です。しかし安定はまだ怪しいですが、今や一躍時の人。テレビに出演回数も増えてきてはいるのでもしかしたら、結婚のニュースを聞けるときが近々来るかもしれません。注目です。

ひょっこりはんのネタで使われるBGMは著作権侵害!?

そもそもこのBGMってなに?

ひょっこりはんと言えば特徴的なBGMが使われています。そのBGMの名前は「sonorously box」という楽曲です。ブルゾンちえみもそうですが、ネタにBGMを使う人は多いです。しかし、今このBGMが著作権問題で揺れています。ニュースなどでそこまで取り上げられてないので知らない人も多そうなので、簡単に解説します。

個人運営の音楽サイト「MusMus」とは?

「MusMus」とはフリーのBGMや音楽素材を配信しているサイトです。そこでひょっこりはんの使用しているBGMが著作権侵害に当たると指摘されました。理由は以下の通りです。著作権表記をしていない。著作権表記をしない場合の使用料を支払っていない。他の企業などにフリー音源として二次配布を行った。これが指摘されている理由です。

吉本側の対応は?

吉本側の対応は現在調査中なのでハフポストに配信をストップしてもらったとのことです。さすがに使えなくなるということはないとは思いますが、過去にパーマ大佐が森のくまさんでもめたこともあったので、今回はうまくことを収めて、ひょっこりはんに影響が出ないようにしてほしいです。

ひょっこりはんのネタはおもしろい?

つまらない派の反応

ひょっこりはんのネタはつまらないという方がいます。意見が分かれやすいネタではあります。つまらない派の意見としては笑いどころが分からない。という方が多いです。シュールをネタにしているので、理解できない人からすれば面白くないのかもしれません。

面白い派の反応

逆に面白い派としては、そのシュールさが受けています。誰でも思いつきそうで、しかし今まで誰もやらなかったこのひょっこりネタ。表情やBGMをうまく調和させ笑いにつなげているのかもしれません。この手のネタは一発屋に多い傾向ですが、共通して一定の層には受けることが多いです。

一発屋で終わるか?

では、ひょっこりはんは一発屋で終わってしまうのでしょうか?多くの方が一発屋で終わると考えているのではないでしょうか。実際にフリートークを聞いているとあくまで主観ですが、面白味に欠けています。もし、一発屋で終わらないとしたら、ネタ以外の別の境地を見つけることが必要かもしれません。

ひょっこりはんのネタの正しいやり方

忘年会でやったら受けるのか?

忘年会などで行った際に過ぎない滑ったなどの意見を聞くことが意外と多いです。ネタを行うタイミングなども重要なのかもしれません。周りの人に酔いが回ってきたら、ネタを披露するぐらいの心持ちで行うのが正解かもしれません。これはひょっこりはんに限ったことではないですが。

人前でやるコツは?

一番危険なのは恥ずかしそうにやる事です。そもそも人前でネタを披露する露機に恥じらいをもって行ったら、見てる側も恥ずかしくなり、目も当てられません。なので、ひょっこりはんのネタをやるときは全力で、更にひょっこりするときは、変顔をすることなく、真顔でやった方が受ける確立は高くなるでしょう。

SNSで行う正しいひょっこりはん

多くの方がひょっこりはんポーズをSNSに挙げています。なので、今更ひょっこりはんポーズを挙げてもインパクトは薄いでしょう。しかし、このポーズの優れた所はSNS受けしそうな場所からひょっこりするなど、工夫がしやすい所です。ほかの人が行かないような場所からひょっこりしたら、受けるかもしれません。

高学歴芸人ひょっこりはんのネタの今後は?

高学歴を活かしきれるか?

高学歴芸人として活躍できるかが重要になってきます。一つ、人より高い能力を持っていると、その先の仕事につながることが多いです。ひょっこりはんも早稲田大学出身を活かして、クイズ番組だけではなく、自分独自の視点をもってコメンテーターなどを目指してもよいかもしれません。

意外と多彩なひょっこりはん

ひょっこりはんは高学歴だけではなく、運動でも優れた結果を残しています。その才能をフルに活かして活躍の場を広げ、マルチに活躍するのが彼には合っていると思います。ネタはこのままでは飽きられてしまうので、今が今後どうしているのかしっかりとキャラづけしなくてはならない時なのかもしれません。