寺島しのぶの息子は⁈旦那は⁈ハーフで歌舞伎デビューって⁈【真相】画像アリ!! 女優

寺島しのぶの息子は⁈旦那は⁈ハーフで歌舞伎デビューって⁈【真相】画像アリ!!

女優の寺島しのぶさん。父は七代目尾上菊五郎さん。母は女優の冨司純子さん。弟は歌舞伎役者・五代目尾上菊之助さんという芸能一家に生まれました。演技派で高評価の彼女は結婚して旦那様との間にお子さんがいます。ハーフ⁈歌舞伎役者デビュー⁈噂の真相は?

寺島しのぶ 息子は⁈旦那は⁈ハーフって本当?

寺島しのぶさんは、2007年2月にフランス人アートディレクターである「ローラン・グナシアさん」と結婚しました。寺島さんが34歳。夫のグナシアさんが39歳の時の結婚です。2人共初婚で、結婚歴はありません。

ですが、グナシアさんには、前の恋人との間に、娘さんが1人いらっしゃるそうです。お二人の出会いは、2006年の秋。東京の映画フェスティバルを主催されたグナシアさんに、寺島さんが一目惚れされたそうですよ~ロマンチックですね!!

寺島しのぶ 息子は⁈旦那は⁈ハーフで年齢は?

フランス人とご結婚して授かった子供ですから、当然ハーフですね!!2012年9月11日に長男が誕生します。お名前は眞秀(まほろ)くん。歌舞伎界で異例の国際結婚&歌舞伎会初のハーフ役者誕生ではないかと話題になりましたよね!!もうすぐ6歳です。

寺島しのぶ 息子は⁈旦那は⁈ついに歌舞伎役者デビュー!!①

寺島さんの息子さん眞秀君は小さい時から歌舞伎が大好きだったそうです。寺島さんは、息子さんが望めば歌舞伎役者になってもいいなぁ~と以前から語っておられたことがありました。そして2015年年5月。眞秀君は早くも東京歌舞伎座の舞台に初登場を果たしました!!

女優・寺島しのぶ(44)の長男・寺嶋眞秀=まほろ=くん(4)が3日、東京・歌舞伎座で初日を迎えた「團菊祭五月大歌舞伎」(27日まで)に出演し、初お目見えを果たした。昼の部の「魚屋宗五郎」で酒屋丁稚与吉(さかやでっちよきち)を演じた。

角だるを持った眞秀が花道に姿を現すと、会場からは大きな拍手が送られた。「ごめんくださいまし。お客さまから、お使いものでございます」。はっきりとした口調で最初のせりふを発すると、観客からは歓声がわき起こり、フランス人とのハーフ役者の誕生を祝福した。(引用:デイリースポーツ)

寺島しのぶ 息子は⁈旦那は⁈ついに歌舞伎役者デビュー!!②

法被姿の眞秀君が、おじいさん(寺島さんのお父さん)の菊五郎さんに駆け寄る姿がなんともかわいい~!!と、観客の贔屓筋からも拍手喝采だったらしいですね!!ちなみに歌舞伎デビューは、眞秀くん本人の意思によるものだったそうです。

息子のデビューを見守った寺島は「お客さまの拍手で涙が出ました。手をたたいていただいて、感動しました」と喜びを語った。眞秀くんが舞台上で笑いをこらえるような表情を見せたことについては「客席に大親友を見つけたんですよ」と苦笑い。堂々たる舞台度胸に「わたしはそんな余裕ない」とあきれていた。(引用:デイリースポーツ)

寺島しのぶ 息子は⁈旦那は⁈ついに歌舞伎役者デビュー!!③

寺島と、夫でフランス人アートディレクターのローラン・グラシア氏(49)は着物姿で息子の晴れ舞台を観劇。終演後、取材に応じた寺島は「感極まるとは思っていましたが、お客様の拍手を聞いて涙が出てきました」と感激した。

富司純子(71)も「大きな声が出ていたから、ほっとしました」と満面の笑み。ただ本人は「明日はもっと大きな声を出す」と母に宣言して、周囲を驚かせていた。(引用:スポニチアネックス)

寺島しのぶ 息子の歌舞伎役者デビューを喜ぶ影に…

歌舞伎の世界というのは、芸能界とは違い世襲制だったりしきたりや厳しい作法など様々にあります。そして演じるのは男性のみ。女性は歌舞伎の舞台には立てません。ずっと、歌舞伎役者になりたいと願った寺島さん。女性に生まれたがゆえに、その願いはかないません。

弟の菊之助さんが6歳で歌舞伎デビュー。その頃から複雑な感情や、孤独を感じてきたとインタビューで語っています。ご本人が女優になった後も、お母さんの女優・富司純子さんと比べられてばかりで辛い時期があったとか…

誰からも認められる演技派女優になられた現在も、歌舞伎役者に執着があるらしいです。やはり演じることが好き!そして歌舞伎の名代の家柄に生まれた血なのでしょうか。ご自身の役者として力強く、深みのある演技の元になっている感情なのかもしれませんね。

寺島しのぶ息子が歌舞伎役者になる覚悟とは⁈

これから眞秀くんが歌舞伎役者になるかどうか?それは本人の進路なので選択は任せるとのことですが、やはり歌舞伎役者の母親ともなるとかなり大変です。その時になったら寺島さんは女優業を休業する覚悟もあるんだとか。

息子は今はその道に進みたいと思っているようですね。私も父が元気なうちに一度は同じ舞台に立たせたいとは思っています。ただ、それで彼が歌舞伎役者になれるかというと、また別の話。歌舞伎は、生半可な気持ちでどうにかなるような甘い世界ではありませんから。厳しい稽古にも耐えなければならないし、1カ月間続く公演を同じモチベーションでまっとうできる体力も必要です。周りのサポートも欠かせません。弟(5代目尾上菊之助)は自分の息子にかかりっきりになるでしょうから、息子を支えるのは私たち夫婦の役目になるのでしょうね」

今も生活は子供中心で、「人生の中で最も追われる毎日を送っている」と笑う。一日が24時間では足りないとも話していたが、女優と歌舞伎役者の母を両立するのは決して容易なことではない。

「その時がきたら、女優業をお休みする覚悟はありますし、息子を全力でサポートします。ただ、引退するつもりはありません。あくまでも一時休業。一生芝居ができないなんてことになったら、私自身がおかしくなっちゃう(笑い)」

妻として母として、そして女優としての覚悟を感じさせた。(引用:日刊ゲンダイデジタル)

寺島しのぶ 息子が歌舞伎役者になるためにお受験を考える⁈

寺島しのぶさんは息子が歌舞伎役者になるために、奔走しているようです。小さいうちから、数々のお稽古事や舞台の練習がありますから、理解のある学校が望ましいですよね。歴代の歌舞伎役者が多い出身校といえば、「暁星」や、「青山学院」がよく知られ、それぞれ幼稚園が付属しています。

さらに寺島さんは夫がフランス人なので、フランス語を学べる学校も希望しているようです。幼稚園ママの先輩で、親交のある井川遥さん(39才)や木村多江さん(44才)にも、受験対策の細かい部分まで相談にのってもらっているそうですよ!!

寺島しのぶ 旦那様はどんな仕事?娘のクレアって⁈①

  • 名前:ローラン・グナシア
  • 出身地:フランス・トゥールーズ
  • 生年月日:1967年12月28日
  • 学歴:トゥールーズ大学数理経済学部
  • 職業:元銀行マンのアートディレクター
  • 2007年にラ・ボワット設立
  • パーティーやイベントなどのプロデュース。

グナシアさんは初婚ですが、過去の恋人とは「事実婚」であり、2人の間に娘・クレオさんがいます。フランスでは日本のように結婚ではなく「事実婚」を選択する人が多いそうです。さらに別れた後のカップルの子どもは、共同親権を持つのが決まりだとか。

寺島しのぶ 旦那様はどんな仕事?娘のクレアって⁈②

娘のクレアさんはグナシアさんの元彼女のいるフランスで生活をしています。日本にも度々来ていたそうです。しかし2011年3月11日の東日本大震災によって元彼女はクレアさんが日本に行くのを許可しないようになったとか。

そのことを悲しんだ寺島しのぶさんとグナシアさんは元彼女と裁判をしてクレアさんを日本に呼べるようにして欲しいという事態に!!裁判は寺島さんご夫婦が勝ちました。娘であるクレアさんは日本に来ることが出来るようになりました。

その間に生まれていた寺島しのぶさんの息子・眞秀くんとクレアさんのツーショットを2013年8月1日のブログにアップしています。また2014年2月24日にも眞秀くんとクレアさんのツーショットをブログにアップしています。仲良しさんなんですね!!

寺島しのぶと旦那様のなれそめと結婚するまでって⁈

2006年の秋。東京の映画フェスティバルを主催されたグナシアさんに、寺島さんが一目惚れしたのはなれそめでしたが、その後は寺島さんが、ありとあらゆる手を使ってアタックしたそうです。誕生日が一緒(12月28日)なので、食事にお誘いしたとか。

寺島しのぶさん自身は結婚について、フランスは事実婚の傾向があるため特に考えていなかったそうです。しかし彼からプロポーズを受け決断!!またグナシアさんのプロポーズの背景には、寺島家に対する思いもあったそうです。

彼は周りの友人から「すごい伝統的な家系の寺島家だよ。歌舞伎なんだから。事実婚なんて、ルーズなことをしてちゃいけない!!」と、すごく言われていたらしいのです。確かに伝統を重んじる歌舞伎役者の家系ですからね。

寺島しのぶのこれから

  • 生年月日 1972年12月28日
  • 出身 東京都
  • 血液型 B型
  • 職業 女優
  • 2000年:映画デビュー
  • 所属事務所 アプティパ
  • 母 小林多喜二の母の物語(2017年)映画
  • 幼な子われらに生まれ(2017年) 映画
  • オー・ルーシー!(2018年) 主演映画
  • のみとり侍(2018年) -映画

2003年公開の『赤目四十八瀧心中未遂』で第27回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞。『ヴァイブレータ』では東京国際映画祭女優賞を受賞。2010年には、『キャタピラー』で、日本人として35年ぶりにベルリン国際映画祭(世界三大映画祭の1つ)の銀熊賞(最優秀女優賞)を受賞した寺島しのぶさん。

彼女は日本だけではなく世界からオファーの絶えないの素晴らしい演技力の持ち主。これからの活躍が大いに期待されますが、子育ても全力で取り組んでいらっしゃるようなので多忙でしょうね。また新しい情報が入り次第記事にしていきますね!お楽しみに!!