現役ネイリストが教える「これだけは止めて!」なお客様の特徴とはエンタメ

現役ネイリストが教える「これだけは止めて!」なお客様の特徴とは

接客業をしていると「こんなことされるとお客様でもさすがに…」と感じる瞬間がありますよね。特にネイリストはお客様と1.5~3時間、もっと長い時間一緒に過ごすことも多いため、困ったお客様に遭遇すると非常に大変なんです。今回は、ネイルサロンに現れる困ったお客様の特徴から、現役ネイリストが教える実際に遭遇した仰天エピソードと結末をご紹介します!

目次

[表示]

困るお客様の特徴

ネイリストは技術職ですから、もちろんネイリスト側の技術不足がクレームに繋がることも珍しくありません。こうした事例は、お客様側の問題ではなくネイリストや管理する店側の問題だと言えるでしょう。

しかし今回ご紹介するのは、お客様側にも問題があるケース。知らず知らずのうちに、利用するネイルサロンでやってしまっていないか、自身の行動と比較しながら読み進めてみましょう!

遅刻

ネイルサロンや美容室など、お客様が来店してからサービスがスタートする業態では、ある程度の遅刻は想定内。遅刻を想定した時間を確保し、次のお客様との予約も設定しています。

しかし、度を越えた遅刻をするお客様も少なくありません。度を越えた遅刻って、何分くらいだと思いますか?答えは、1時間。ネイルサロンでは基本的に、1人のお客様につき1.5~2.5時間の時間を確保しています。そのため1時間遅刻してしまうと、残り時間は0.5~1.5時間。

この時間では、ネイルオフして終了になってしまいますね。何の連絡もなく、1時間遅刻するお客様に対して、自動的にキャンセルする店も少なくありません。店側は遅刻に怒っているのではなく、次のお客様の予約やスケジュールがあり、迷惑をかけてしまう恐れがあるから。

ところが困ったお客様は遅刻したにも関わらず、予定通りの施術を希望したり、少々のデザイン妥協で通常通りに施術してほしいと相談してくるケースも。ネイリストも希望に沿いたいと思ってはいますが、短い時間ではサービスの低下やデザインクレームにも繋がってしまうため、理解してほしいと感じています。

優柔不断

来店してから、ネイリストと相談しながらデザインを決めるお客様も少なくありませんよね。流行色や流行デザインを見せながら相談し、その合間にネイルオフ。さらに希望デザインのカラーや道具を用意しなければならないため、相談時間は無限ではありません。

しかし優柔不断のお客様は、あまりスムーズにネイルデザインを決められないんです。決まった後もSNSやサンプルチップを眺め、大きな路線変更を指示することも…。ただし、優柔不断なお客様とのトラブルは、ネイリスト側にも問題があります。

デザインを正しく提案できていれば、お客様も長時間悩むこともありません。つまり、お客様の決め手を、ネイリスト側が提示できていないところも問題なのです。「自分は優柔不断だ」と感じている人は、来店前に気になるデザインをスクショして持参したり、デザインを決めかねていることを店側に伝えておきましょう。そうすれば、せかされるようにネイルデザインを決めるトラブルも発生しにくくなりますし、ネイリスト側もそれ相応の準備をして待つことができます!

携帯操作

ネイルは時間がかかるため、携帯電話を見ながら施術を受けるお客様も多いです。しかし携帯電話を持ち替えたり操作する過程で、ネイルデザインが崩れる恐れも…。さらに携帯操作に夢中になるあまり、「ライトに入れてほしい」「〇指を貸してほしい」といったネイリスト側の意図を聞き逃す可能性もあるんです。

ネイルは、ジェルもしくはスカルプチュア等、流動性のある素材を使用します。そのため、一瞬で形が崩れたり、デザインが流れてしまうものも少なくありません。こうした意思疎通の不一致は、のちにネイルデザインへのクレームに繋がったり、時間オーバーのきっかけになることも…。ネイリスト側は、お客様が携帯操作に夢中になってしまわないような配慮・技術が必要ですし、お客様側も意識してくださると防げるトラブルです。

寝落ち

長時間の施術では、お客様が寝落ちしてしまうことも…。「お疲れなんだな…」と心配になる反面、ネイルデザインが崩れてしまいやすいため、ネイリスト側は気が気ではありません。

施術台や施術椅子の形状によっては、寝落ち大感激のネイルサロンも存在しますが、それはサロン側の設備次第といったところ…。そのためネイルサロンに来店した際は、できるだけ寝落ちしないように意識していただけると助かります!もちろんネイリスト側も、お客様を退屈させない工夫が必要です。

病気

グリーンネイル(緑膿菌感染症)や爪水虫など、爪にも様々な病気が存在します。こうした病気を持っている場合、ネイルの施術はできません。理由は2つ。1つ目の理由は、病気の治りが遅くなってしまうから。2つ目の理由は、他者に感染する病気もあるため、道具や他のお客様への配慮です。

しかしなかなか受け入れてもらえないケースも。「病気でもやってください」とおっしゃるお客様も、珍しくないのです。特にグリーンネイルは、ネイルアートをしていると隠すことができます。そのため、病気を隠すためネイル施術を受けたいというお客様もいるのです。

ネイリスト側が施術不可能と判断した場合は、理解していただけると無用なトラブルが避けられます。

爪の汚れ

爪の汚れは、病気やケガではないためネイリスト側も断りにくい事例です。爪の間に食べかすや、フケの固まりのようなモノがこびりついているお客様も、少なからず存在します。ネイリストも人間ですから、不潔な爪に嫌悪感を抱くことも…。

そういったお客様の場合、手洗いを提案させていただきますが、あまり改善は見られません。ウッドスティックを駆使し、汚れの除去に取り組みますが、痛みや時間オーバーの原因になることも…。最低限、衛生的な姿で来店していただけると非常に助かります!

飲食

ネイルサロンは、飲み物はOKですが、食べ物NGな店も少なくありません。新型コロナウイルスの影響もあり、だいぶ飲食するお客様は減少していますが、それでも0ではないのです。

特に困ってしまうのが、ファーストフードのポテト。ネイルは、密着度を高めるため油分を除去する必要があるのですが、ポテトを手で食べられると密着度もなにもあったものではありません…。さらにポテトに付着する小さな食べかすや塩などがジェルに入り込み、再びデザインをやり直さなければならないことも…。ネイルサロンでは、指先を使った飲食はもちろん、飲食そのものを避けていただけるとネイリスト側も施術がしやすくなります!

完成後の修正依頼

施術途中でネイルデザインを都度確認するお客様がいますが、私としては大歓迎です!「細かいお客様が苦手」「何度もデザインを確認されると不安になる」などネイリスト側の口コミを度々見ますが、都度確認していただいた方が後々のトラブルが少なくなると感じています。

特に全ての指が完成した後「やっぱりこのデザインじゃなかった」「この指のデザインが気に入らない」と言われてしまった場合、修正が非常に大変に…。ネイルデザインによっては、1度全てをオフしなければ修正できないものもありますし、時間オーバーや次のお客様に迷惑をかける可能性も出てきてしまうのです。

また、帰宅後にデザインの不備を伝えられるのも非常に困ってしまいます。よくあるのが「爪が欠けている」「一部分のデザインが剝げている」といったクレーム。もちろんネイリスト側の不備も考えられますが、完了後はネイリストとお客様双方でデザインを確認しますよね。つまり、お客様の帰宅途中で破損している可能性が高いのです…。しかし「その場で言いづらかった」とおっしゃるお客様も。再び来店していただく手間もかかってしまいますし、修正期間内の来店が難しいお客様もいるため、デザインへの注文は施術中にいただけると助かります!

困ったお客様との対峙エピソード

それではここから、私がネイルサロンで実際に遭遇した困ったお客様の仰天エピソードをご紹介します!困ったお客様のとんでもないクレーム内容と、驚きの結末を、ぜひ楽しみながら読んでみてくださいね。

ネイリストと取っ組み合いの喧嘩

以前働いていたネイルサロンで、お客様とネイリストの取っ組み合いの喧嘩を目撃したことがあります。お客様を5人ほど迎えられる、中規模店。その時は、全座席が埋まっている状態でした。

大きな物音を聞きそちらを見てみると、お客様がネイリストに馬乗り状態…。近くの席のネイリストに事情を確認すると、どうやらデザインにネチネチ文句を言われ続けていたよう。「それなら、ネイリストが馬乗りになるのでは?」と感じましたが、そっけない対応にお客様の方がブチ切れてしまったようです。

激しい取っ組み合いに発展していたので、すぐさま警察を呼びました。3人の警察官が事情聴取に訪れ、2人は店外へ。担当のお客様に深くお詫びしましたが、場所柄珍しいことではないらしく、お客様も笑って許してくれました。

面倒なので全額返金&ブラックリスト入り

ネイルサロンは、施術後1週間以内など修正期間を設けている場合があります。そんな制度を悪用した実例です。お客様は通常通り来店し、施術後スムーズに帰宅しました。しかしその後デザインへのクレームが入り修正。そのまた5日後に、修正依頼が…。

さすがに、複数のネイリストでデザインを確認した後だったので修正を断ると、今度は店のHPに悪い口コミを掲載するとの答えが…。あまりにもしつこく対応を迫ってきたので、お店と相談し全額返金後、ブラックリストに入れることとなりました。

友達のネイリストとの会話で、こうした修正・返金依頼は少なくないことが判明。当時初心者ネイリストだった私は驚きつつ、完了後のネイルデザイン確認は大事だなと痛感しました。HPやSNSに投稿するために撮影する完了写真も、後々の証拠となるため、複数枚撮影するように。

2時間会話無し

私の隣の席で施術を受けていたお客様。来店時から、なにやら不穏な雰囲気を感じていたものの、自身の担当するお客様に集中していました。フッと気付くと、いつまでも会話がなく早2時間…。

「会話が必要ないお客様なのかな?」と感じながら、そんな時に限って時間のかかるスカルプチュアオーダーに、担当していたネイリストを不憫に感じていました。お客様は一切会話することなく、そのまま帰宅。

後になって話を聞くと、どうやら彼氏の浮気相手の女性だったよう…。携帯を見て、わざわざ調べて職場に押し掛けてきたようです。ネイルそのものへのクレームはなかったのでホッとしましたが、高額なネイルデザインをオーダーしてまで本カノに会いに来たのに、一言も話さないなんてどんな復讐なんだろうと感じました…。

ネイリストも人!マナーを守って来店を

「お客様は神様じゃない!」といった新しい概念が叫ばれるようになっていますが、それでもネイリストをはじめ接客業では従業員が軽んじられるケースも少なくありません。もちろん、お金をいただく側ですから、ネイリスト側も意識すべきところが多々ありますが、お客様もマナーが必要です。

お互い相手を思いやった行動をすれば、長い時間をより快適に過ごすことができますね。マナーを守って、ネイルサロンでの時間と完成したデザインを楽しんでほしいものです!