犬はこんなにお金がかかる!犬の飼育にかかった赤裸々費用明細を発表エンタメ

犬はこんなにお金がかかる!犬の飼育にかかった赤裸々費用明細を発表

「ペット飼育にはお金がかかる」とはよく聞きますが、どれほどかかるのか具体的にはわかりませんよね。それに「お金がかかると言っても1カ月数千円程度でしょ」「エサ代くらいでしょ」と、何となく想像している人もいることでしょう。今回は、実際にトイプードル2頭を飼育して発生する費用について、具体的な金額と内容をご紹介します!犬の飼育を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

[表示]

犬の飼育はお金がかかる…

フェレットやウサギ、爬虫類のカメなど、日本では様々な動物がペットとして人間と共に暮らしています。中でも圧倒的人気を誇るペットといえば、犬!犬は”人間の最も古い親友”と言われるほど、古代から人間と共に暮らしてきた動物。そのため、今も昔も多くの人々に愛されている存在です。

愛らしく癒される存在ですが、デメリットとして多額の飼育費用が発生します…。所詮動物だから、それほど高額ではないと思っている人もいるでしょう。動物愛護系民が、大袈裟に言っているだけと感じている人もいるはず。そこで今回は、実際に犬を飼うとどれくらいの費用がかかるのか赤裸々にご紹介します!安易に犬を購入して、経済破綻したり悲しい別れを経験しないためにも、しっかりと読んでみてくださいね。

犬の飼育にかかる費用明細

まずは、主に発生する犬の飼育にかかる費用をご紹介します。今回は、我が家で飼育している小型犬トイプードルの費用を例にご紹介するので、小型犬を検討する人には非常に参考になる数値です。

もし中型犬や大型犬の飼育を検討しているのなら、今回ご紹介する金額よりも高額になることを覚悟してくださいね。

エサ代

まずは、エサ代。我が家では”ワイルドレシピ”と呼ばれるドックフードを与えています。エサランクにすると、中の下くらい。つまり、それほど高くはないが、ホームセンターで大量に入っている安価なドックフードでもないということ。

1カ月で1頭あたり、2kgくらい食べます。1日115円くらいのエサ代がかかる計算です。他に、ささみ肉を茹でたものや、みんな大好き”チュール”なんかを与える時があります。我が家の犬(特に先住犬)は気分によって食べむらがあるため、こうしたトッピングもエサ代として必要になるのです。ささみにくは非常に安いので、他のトッピングと合わせても1カ月3,000円に収まります。

クレート代

犬の移動に使用するクレートは、持っていると非常に便利なアイテム。車や電車での移動時はもちろん、災害時にも活用できますが、必要不可欠な物ではありません。金額は、小型犬用でだいたい5,000円。一度購入すれば、壊れるまで使い続けられるので、コスパもいい犬用アイテムです。

お散歩用品代

首輪やリードは、お散歩に必要な必須アイテム。他に、犬を飼うマナーとしてペットボトルシャワーと、ビニール袋が必要になります。我が家で使用している首輪は、ハーネスタイプで4,000円くらい。

リードは、伸縮リードで5,000円くらいしました。トイプードルは小型犬ですが、リードが切れる不安感があったので、中型犬用のリードを使っているので少々高額です。

ペットボトルシャワーは、恐らく500円くらいだったと思います。ビニール袋は、犬の排泄物を拾う際に使っていますが、キッチンでも使える小型のビニール袋100枚150円を使っているので経済的です!

トイレシート

エサ代と同じく、犬が生きている間ずっと必要になるのがトイレシート。我が家では、消臭力の強い”ネオシーツ”ワイドタイプを使用しています。44枚入って、約6,000円。トイレの失敗が多いので、だいたい1日に4枚使用しています。

他に、トイレシートを固定する置き型トイレも使っていますが、L字型でだいたい5,000円ほど。我が家の後住犬は室内でも足を上げておしっこするので、L字型を使用していますが、足を上げない犬なら平置きタイプのトイレでも十分です。

おもちゃ代

家事をする時、犬が独自に遊んでくれていたら楽だなと思い、我が家では時々おもちゃを購入しています。犬用のおもちゃが可愛くて、ついつい購入してしまう場合も少なくないですが…。

犬用のおもちゃは主にぬいぐるみや紐で、1個1,000~2,000円。知育系のおもちゃはもっと高いですが、我が家の犬2頭は恐らく知育に興味を示さないだろうと考え購入していません。

洋服代

トイプードルは、寒さに弱い犬種。そのため冬は、常に暖房をつけていますが、洋服も着用させています。犬用の服は非常に小さくて可愛らしいのですが、値段は全く可愛げがありません。1着3,000~5,000円もするので、私の服よりも高い場合が…。

汚れるたびに洗濯しているとボロボロになっていくので、定期的に買い換えています。

保険料

突発的な事故や病気への備えとして、保険に加入しています。我が家が加入している保険は”ペット&ファミリー”のもの。1年間で45,700円。一括払いしているので、少々お安くなっています。

予防注射&ノミ・ダニの薬

犬を飼うと1年に1回ずつ、狂犬病と混合ワクチンの接種が必要です。自治体で安く接種できますが、我が家では通いなれた動物病院で行ってもらっています。費用はだいたい3,000円。

その他に、ノミ・ダニ予防の飲み薬を購入しています。1カ月分で3,000円ほど。約8カ月間飲ませるので、1年間で24,000円位かかります。

健康診断料

我が家では、1年に1回の予防接種のタイミングで健康診断を行っています。まだ5歳と6歳と比較的若いので、8,000円の安いコースです。高齢になると、より精密な検査を行うため15,000円くらいになります。

その他病院代

定期検診や予防注射のほかに、突発的なケガや病気で、その他の病院代が発生することもあります。今まで1番高かった治療費は、原因不明の不調を探るための検査入院。3日間で、50,000円しました。

保険に入っていたので、3割り負担です。他に、定期的に発生するのが歯石取り費用。歯石は口臭予防ではなく、健康維持のために行っています。麻酔が必要になるので、1回5,000円ほどです。

美容室代

特に毛が伸びるトイプードルにとって必要不可欠な美容室代。自宅でバリカンカットでもいいのですが、爪切りや肛門腺絞りなど素人では難しい部分もあって、我が家では月1回美容室に連れていきます。

費用は約10,000円。デザインカット&オールシザーというオプションをつけているので、少々高額です。特にこうしたオプションをつけなければ、6,000円程度で済ませられます。

トータル約37,000円/1カ月

ご紹介した我が家の犬用費用を計算してみると、1カ月約37,000円ほどかかっていました。毎月ではないものの突発的に必要になる費用の合計は、約88,000円。多頭飼いしている我が家では、この費用×2倍のお金が毎月出て行っていることになります。

犬の飼育に関するその他の負担

犬を飼育すると、上記でご紹介した費用のほかに負担が発生することも…。ここからは、日常的に発生しないものの、発生する可能性の高い負担をご紹介します!

しつけ

しつけは、初期の頃に必要な負担の1つ。トイレトレーニングはもちろん、吠え癖や噛み癖の改善など、パピー時代に行わなければなりません。我が家では、パピー教室&しつけ教室にも通いましたが、吠え癖はかいぜんできず…。

様々な道具も試してみましたが、玄関のインターホンが鳴ると激しく吠えまくるので近所迷惑です。

電気代

寒さ・暑さに弱い犬種の場合、暖房設備を使用しなければなりません。そのため、電気代が高額になる可能性も…。我が家では、夏場はクーラー・冬場は暖房と、1年間のほとんどをエアコンに頼っています。電気代は家庭使用分も含めて、1カ月約15,000円程です

ホテル代

旅行に行く時や、冠婚葬祭などで長時間一緒にいられない時はペットホテルを利用します。費用は、午前もしくは午後といった半日利用で3,500円。

宿泊になると、5,000~7,500円ほどかかります。ホテル利用中の様子をメールで連絡してくれたり、お便りのような写真でプレゼントしてくれたりもするので、飼い主としては非常に嬉しいです。

移動代

犬を飼っていると、様々な場所に一緒にでかけます。電車やバスなどを利用すれば安いのですが、我が家の犬は吠え癖があるため利用できず…。そのため、車を購入するまではタクシー移動でした。

犬を健やかに育てるためには金銭的余裕が必要不可欠!

犬の健康を願い健やかに育てようと思うとドックフードや服、リードなどこだわりたい部分が多数出てきて、その分費用がかさんでいきます。他にも、部屋の臭いを左右するトイレシートや掃除用品など、際限なく欲しくなる物も…。さらにケガすれば病院代が発生し、介護が必要になれば私生活全般を大きく変えなければならない可能性も出てきます。

つまり、ペットとして犬を飼うには金銭的余裕が必要不可欠なのです。子どもを育てることと同じくらい、ペットにはお金と時間がかかります。それをよく理解して、購入を検討してみるといいでしょう。