現役ネイリストが教えるセルフネイルの落とし穴!エンタメ

現役ネイリストが教えるセルフネイルの落とし穴!

お家時間が増えたため、趣味の1つとしてセルフネイルを始めた人もいることでしょう。ネイルサロンに通うよりも「安い」という謳い文句もあって、節約志向の女性たちもこぞって道具を揃えていますね。しかし、素人のセルフネイルには様々な落とし穴が…。知らずに続けていると、とんでもないトラブルに発展する可能性があるんです!

目次

[表示]

セルフネイラー増中

自宅で好きな時間にできるセルフネイル。自分オリジナルのデザインが簡単に楽しめるとあって、若い女性だけではなく年齢を重ねた女性の間でも注目を集めています。また、デザイン性の他にも、セルフネイルに関して様々なメリットが紹介されていますね。まずは、セルフネイラーが増加している理由について、ご紹介していきましょう。

自宅時間の増加

セルフネイラーが急増した理由の1つは、自宅時間の増加です。2019年12月頃から流行の兆しを見せていた新型コロナウイルスが長期的に大流行したため、在宅ワークが普及し自宅で過ごす時間が増えました。

またシフトを減らされ、自宅で過ごす時間が急増した人も少なくないでしょう。そのためセルフネイルなど、これまで気になってはいたものの、なかなか時間が作れず取り組めなかった趣味に時間を割く人が増加しました。

安価な道具の登場

セルフネイラーが急増した背景には、道具の低価格化も影響しています。ジェルやスカルプなどネイル用品は、専門的な道具を使わなければなりません。それらは手のひらよりもずっと小さいのに、2,000~5,000円と決して安い金額ではなかったのです。

しかしこの頃、似たような商品が10分の1程度の価格で販売されるようになりました。100均で手に入るものもあり、始めやすくなったのがセルフネイラー急増の要因です。他に、インターネット通販の普及も関係していますね。

以前なら、ネイリストの資格がなければ購入できなかった商品も、インターネット上で簡単に購入できるようになりました。道具が安く簡単に手に入るようになったことから、セルフネイルにチャレンジする人が増えたと考えられます。

物価上昇による節約志向の急増

ガソリン代や日用品など、日本は物価上昇ラッシュ…。そのため節約志向者が増加し、セルフネイルにチャレンジする人も増えているんです。私のお店でも「節約のためセルフネイルをやってみたい」とおっしゃっていたお客様がいました。

確かに、ネイルサロンは1カ月4,000~10,000円ほどかかります。1年間に換算すると、48,000~120,000円と決して安くはない金額です。もしこの金額を節約できるのなら、セルフネイルを始めてみたいという人も少なくないでしょう。

YouTube動画

セルフネイルを始める時、どんな道具を揃えたらいいか、そもそもどんな順番で作業するのか迷いますよね。私がセルフネイルを始めた頃は、ネイリストの学校に通い教材で学ぶか、ネイルサロンでの手順を覚えて自宅で試行錯誤するくらいしか方法がありませんでした。

そのため間違った道具を買ったり、買った道具の使い方がわからず放置したアイテムも多数…。当時もYouTubeやニコニコ動画など、素人の情報発信媒体はあったのですが、ネイル関連の情報は非常に乏しかった印象です。しかし近年、YouTubeを中心にネイル関連動画が多数投稿されるようになりました。

詳しい手順の紹介や、道具の解説なんかもあって、初心者には参考になるものばかり。セルフネイラーも、動画を参考に簡単に始めやすくなったのです。「当時もこんな動画があったら便利だったな」と昔を懐かしみながら、私も参考にしたりしています。

セルフネイルを辞めるべき理由6選

節約や趣味の1つとして始める人が多いセルフネイル。ちなみに私がセルフネイルを始めた理由は、ネイルが純粋に好きだったからでした。

そんな楽しそうなセルフネイルですが、ネイリストになった今だからこそ、あまりオススメはできません…。セルフネイル用品のパッケージで謳われているような、メリットばかりではないからです。

ここからは、セルフネイルを辞めるべき理由についてご紹介していきます。あくまでも個人的感想なので、ぜひ参考程度に軽い気持ちで読んでみてくださいね。

汚い

セルフネイルは、器用な人であればそれほど難しくはありません。利き手と反対側の爪なら、初心者でもある程度のクオリティで仕上げることが可能です。しかし利き手をやる場合、筆を持つ手は反対側の手。ボールペンも持ちにくいのに、筆を使って小さな爪にデザインするのは容易ではありませんね。

私もセルフネイル初心者の頃、利き手の爪を塗るのに苦労しました…。両手揃えたデザインにしたかったので、不得意な利き手に合わせた単調で簡単なデザインばかりやっていたものです。

簡単なデザインでもネイリストのように綺麗な仕上がりにはならず、爪のふちにジェルがついてしまったり、色味の濃淡がバラバラだったり…。完成形なのに、非常に汚い仕上がりでした。

そのためセルフネイルが終わった後も満足できず、ネイルサロンでキラキラ光るネイルを見た時のような高揚感もありません…。せっかく長時間取り組んだのに「こんなに汚いのか…」とセルフネイルを辞めたくなりました。

単調なデザイン

セルフネイルを始める理由として「オリジナリティあるネイルデザインを楽しみたい!」と考えた人もいるでしょう。確かに、自分の好きなデザインにチャレンジすることはできます。

しかし技術力が伴わない高度なデザインもありますし、何よりそこまで多くのデザインは思いつけないのです…。ネイリストをやっていて1番頭を悩ませるのが、月ごとに打ち出す最新デザイン。施術時間や流行も加味して考えるのですが、もう本当にデザインが浮かばな過ぎて毎月困っています。

つまり、オリジナリティ溢れるデザインはそれほど多くなく、セルフネイルを半年もすればデザインそのものが思いつかなくなるのです。単調なデザインしかできないのなら、セルフネイルを辞めたくなりますよね。

実は高い

100均でも道具が揃うセルフネイル。ジェル1個100円ですから、たとえ10色買ったとしても1,000円で済みます。その他にも、ジェルを塗る筆やアセトンを入れるボトル、アセトン本体まで買えるから驚きです。最も驚いたのは、ジェルを固めるライトまで100均で購入できるところ。

我が家のライトは10,000~50,000円程なので、安さに驚きまくりました!しかしこうした道具を揃えていくと、10,000円ほどかかります。さらに、安いだけあって不具合も少なくありません…。たとえば、100均で購入したジェル用筆。安易に部屋に置いておくと、太陽の光や部屋の電気で、筆先に残ったジェルが固まりすぐに使えなくなります…。

ライトは出力が弱いため、硬化不良を起こすことも。固まったと思ったジェルの中が生焼けで、せっかくのデザインが台無しになってしまうのです。私もよくやりました…。ネイルを簡単にオシャレにするネイル用シールは、上手く張り付かなかったり厚みが出すぎて日常生活で剝がれたりと、プロ仕様品とはやはり違うのです。

そのためセルフネイルを続けようと思うと、結局高い道具が欲しくなり、結果お金がけっこうかかってしまいます。

時間の浪費

ネイルサロンの場合、1~2.5時間程度でネイルが完成します。自宅で行うセルフネルの場合、半日以上かかることも覚悟しなければなりません。ネイルサロンでは、施術のスピードと効率を考えて道具が配置されています。しかしセルフネイルの場合、箱に道具全てを押し込んで、探し出しながら施術していきますよね。

そのためデザインにも時間がかかってしまいますし、要所要所で無駄な時間も発生し、ネイルサロンとは比べものにならないほどの時間を浪費してしまうのです。また安価なライトやジェル・スカルプは、固まるまでに時間がかかります。

私のように趣味としてネイルを楽しめる人であれば長時間の施術も苦ではありませんが、それでも飽きることがあるので…。休日を有意義に過ごしたい人には、そのうちセルフネイルが苦痛になっていくでしょう。

続かない

思いのほか時間がかかり、道具も高額…。さらに準備や後始末もちょっとだけ手間がかかるとしたら、面倒になってきますよね。セルフネイルを進めない理由は、多くの人が続かないからです。

道具一式を揃えていざ始めても、楽しいのは最初の数回だけ。何回か繰り返し行ううちに、道具を用意するのも後始末も面倒になってきます。さらに毎回デザインを1から考えなければならないため、デザイン考案でその日が終わってしまうことも…

楽しい気持ちも束の間あっという間に面倒になって、埃がかぶるほど放置する人も珍しくないのです。

爪の劣化

プロっぽい助言をするのなら、セルフネイルは爪が劣化するのでオススメできません。ジェル・スカルプネイルは、爪に樹脂を硬化・密着させデザインを楽しむもの。爪が伸びてきたり、一部欠けたりした時は、アセトンやマシンを使ってオフしなければなりません。

しかしセルフネイラーの場合、正しくオフできず、爪から剝ぎ取るようにジェルを剥がす人も…。それでは爪本体まで傷つき剝ぎ取られる可能性があり、爪が劣化するのです。セルフネイルをやっていて、爪がペラペラになっていたり、水で濡らしたときしみるような感覚はありませんか?

爪の劣化が進むと、ネイルサロンでも対処できなくなってしまいます。半年間くらい、マニュアルやジェルなどをつけない、ただの爪状態で回復を待たなければならなくなるのです。

セルフネイルは難しく節約にもならない…

ネイルやデザインに興味があり、何時間でも楽しんで行える人ならセルフネイルも楽しめる可能性があるでしょう。しかし節約目的や、時間の有効活用などを目的として始めるのなら、セルフネイルはオススメできません。

ネイルサロンの定期コースでシンプルなデザインを行ってもらうほうが、よっぽど安く時間も有効活用できるのです。プロにやってもらったほうが、同じ単色塗りなのに断然綺麗ですしね!