ブルタオルネ(プルタオルネ)の意味とは?BTS用語も徹底解説!エンタメ

ブルタオルネ(プルタオルネ)の意味とは?BTS用語も徹底解説!

ブルタオルネと言葉の意味を知っていますか。BTS用語であるブルタオルネという言葉の意味やプルタオルネとの違い、誰が言い出した言葉なのかや、BTSのおすすめの曲などについても合わせて解説していきますので、ぜひチェックしてください。

目次

[表示]

ブルタオルネの意味や発音は?

ブルタオルネの意味を知っていますか。ブルタオルネは、世界的に有名になったアイドルグループのBTSからリリースされた曲の歌詞です。

BTSのファンなら、このブルタオルネという曲の歌詞が気になっていたのではないでしょうか。

ブルタオルネとはどういった意味があるのか、さらにはこのブルタオルネの誕生秘話などを交えて解説します。

ブルタオルネはBTS「FIRE」の歌詞

ブルタオルネとは、BTSの曲「FIRE」の歌詞に登場します。この曲は2016年にリリースされ、BTSファンだけではなく広く人気を得た楽曲になっています。

「FIRE」という題名を知っていなくても、この曲のサビ部分を聞けば聞いたことがあると思うのではないでしょうか。

この「FIRE」の歌詞の中に、ブルタオルネという言葉が登場しますが、どういった意味があるのでしょうか。

ブルタオルネとプルタオルネはどっちが正しい?

expresswriters / Pixabay

BTSの「FIRE」を聞いていると、「ブルタオルネ」にも「プルタオルネ」にも聞こえます。

どちらが正しい言葉なのでしょうか。どうやら韓国の発音で言えば、「ブルタオルネ」でも「プルタオルネ」でもどちらでも間違いではないようです。

どちらでも発音しても韓国では通じるといことです。

ブルタオルネの意味

InTellIGentFan / Pixabay

では、「ブルタオルネ」にはどういった意味があるのでしょうか。実はこの言葉は3つに分解できます。

「ブル」は「火」を意味しており、「タオル」は「燃え上がる」という意味になります。そして「ネ」は「だね」という言葉になるのです。つまり、ブルタオルネとは「火が燃え上がるね」ということになります。

この意味からもわかる通り、曲の題名の「FIRE」に通じます。「ブルタオルネ」の意味が分かれば、この曲の全体の意味もわかってくるはずです。

ブルタオルネの誕生秘話!歌っているのは誰?

この「ブルタオルネ」という言葉はどういった経緯で生まれたのでしょうか。どうやらこの「FIRE」という曲を完成させる最高の言葉が出てこなくて完成に難航していたようです。

そんなときにSUGAさんが「ブルタオルネ」という言葉を漏らしたようです。SUGAさんがこの言葉を口にしてから、一気に曲が完成したという誕生秘話があります。

そして誰が歌っているのかと言えば、歌っているのはもちろんSUGAさんです。

SUGAの出身地では男らしさを表す表現

この「ブルタオルネ」は「燃え上がるね」という意味を持ちますが、この「ブルタオルネ」を発したSUGAさんの出身地ではまた違った意味も持つようです。

どうやら彼の出身地では「男らしさ」を現わすときに使われる表現とのことなのです。自分の中に勇気が湧きあがってきたときに、「ブルタオルネ」と表現するようなのです。

「ブルタオルネ」は響きも男らしさを感じます。

SUGAのブルタオルネの発音は大邱訛り

freeillustrated / Pixabay

SUGAさんと言えば大邱出身ということで知られていますが、この「FIRE」で歌われているブルタオルネの歌詞の部分もしっかりと大邱訛りで歌われているようです。

大邱は少しなまりがあることで知られていますが、このなまりも含めてしっかりとSUGAさんは歌いきっています。

このなまりに関しては韓国人でなければわからないかもしれませんが、ぜひ注目して聞いてみてください。

「FIRE」の最後の歌詞はヨンソへジュルケ

Ri_Ya / Pixabay

「FIRE」の最後の歌詞はどういった意味があるのでしょうか。この「FIRE」の最後の歌詞は「ヨンソへジュルケ」で締めくくります。この歌詞部分の意味は「許してやるよ」という意味です。

誰が歌っているのかと言えば、ユンギさんがまさに、捨て台詞のように吐き捨てる歌い方がとてもかっこいいです。この最後の部分が好きだというファンはとても多いのです。

「FIRE」は、全体的にBTSのかっこよさが引き立つ曲になっていますので、じっくりと最初から最後まで聞いてみてください。

日本語バージョンでも韓国語で歌っている

 

実はこのBTSの「FIRE」は、日本語バージョンも存在しています。韓国アイドルの人気の曲は日本語化されることが多いですが、この「FIRE」も同じように日本語化されているのです。

しかし、ブルタオルネの歌詞部分は韓国語で歌われています。おそらくあえて子の部分は韓国語にしているのでしょう。

日本語バージョンでこの歌詞部分が気になったという人も多いのではないでしょうか。

BTS用語まとめ!

BTSにはさまざまな用語があります。独特な言葉に興味を持った日本人ファンは多いでしょう。

これからBTSのファンになりたいと考えている人も、この用語を知っておけば安心です。韓国だけではなく、日本でもBTS用語は注目されています。

ぜひ、BTS用語のまとめをチェックしてください。

バンタン

バンタンはご存知の通り、「BTS」を表しています。防弾少年団は韓国語では発音が「バンタンソニョンダン」となります。

最初の言葉を取ってBTSのことを「バンタン」と呼んでいるのです。彼らのファンでなくても、一度は、この「バンタン」という言葉は聞いたことがあるでしょう。

意味をしっかりと理解して、積極的に使っていきましょう。

ARMY

「ARMY」は、「アーミーアミ」と読みます。これは、BTSのファンのことを示した言葉です。

BTSのファンなら当然のように知っておくべき言葉と言えるでしょう。BTSはこの表現を頻繁に使っています。

ファンのことを指すときには、間違いなくこの「ARMY」という言葉が使われますので、ぜひ注目してみてください。

アミしてる

「アミしてる」はかなりひねりを加えたBTSの言葉です。「アミしてる」の「アミ」は、BTSのファンのことを示しています。

また、「アミしてる」と日本語の「愛してる」とも掛け合わされているのです。意外な組み合わせですが、かなりしっくりときているBTS用語です。

また、この「アミしてる」はどちらかと言えば日本語に近い言葉に聞こえるはずです。日本人ファンに向けた言葉とも言えますので、日本人なら知っておくべきBTS用語です。

NEXT:タルバン
1/2