中山美穂の母親はフィリピン人?生い立ちや現在についてもエンタメ

中山美穂の母親はフィリピン人?生い立ちや現在についても

若い頃はアイドル四天王の1人で、現在も女優として活躍を続けている中山美穂には弟と妹がいます。母親はフィリピン人であるとの噂がありますが、果たして本当なのでしょうか。今回は中山美穂について、性格が悪い・整形しているといった噂や生い立ちも含めて紹介します。

目次

[表示]

中山美穂の母親はどんな人?

sasint / Pixabay

中山美穂はとても美しく、年齢を重ねても女優として輝き続けている方です。目鼻立ちがはっきりしており、小麦色の健康的な肌をしていることから母親がフィリピン人ではないかと言われています。

今回は中山美穂の母親について、フィリピン人の噂の真相も含めて詳しく紹介します。

中山美穂の母親はフィリピン人?

中山美穂の母親はフィリピン出身で、中山美穂はフィリピンと日本のハーフだと間違われることが多いです。しかし母親も秋田県出身の純日本人で、フィリピンの血は混ざっていません。

秋田県内でレストラン「バルパサ・ポルテ」を経営しており、中山美穂の出演する歌番組に応援に駆けつけていたこともありました。

中山美穂の複雑な生い立ち

StockSnap / Pixabay

いつでも笑顔で天真爛漫なイメージのある中山美穂ですが、実は生い立ちが複雑だと言われています。幸せな家庭で育っていると思っている人もいたでしょう。

ここでは中山美穂の生い立ちについて、父親や過去のエピソードについて紹介します。

父親は二人いる?

StockSnap / Pixabay

中山美穂は父親が2人いるようで、実の父親と母親の再婚相手がいます。3歳の頃に両親は離婚し、母親からは父親は亡くなったと聞かされて連絡などは一切取っていないようです。

中学生の頃に母親が再婚し、2人目の父親ができました。東北出身の方ですが、かつては歌手志望で上京したこともあったようです。

そのため中山美穂がスカウトされて芸能界入りする際も、「お前が先に芸能界に行くのか!?」と言われたというエピソードもあります。

親戚に預けられたり誘拐も

両親が離婚した後に親権は母親が持ちましたが、子供を育てていくためにお金を稼ぐ必要があり、中山美穂は幼くして親戚の元に預けられていたようです。

また、小学生の時には既に顔立ちが整っていたため誘拐に巻き込まれたこともありました。母親の知人を名乗る男性から声をかけられ、車で連れ去られたようです。

幸い怪我もなく助けられましたが、後に「あの時に命を落としていたかもしれない」と語っており怖い思いをしたことは明らかです。

中山美穂の弟はどんな人?

母親が再婚してから弟が生まれており、一般人のためテレビなどで話すことはありませんが弟がいることは確認されています。

弟は12歳年下で、名前は中山智明というようです。芸能人ではありませんが、過去に「ゲームセンターCX」の7代目ADとして働いていた時期があると言われています。

現在はテレビ業界から離れて病院で勤務しているとの噂もあり、最近の動向については不明です。

中山美穂の妹は中山忍

中山美穂の実の妹は、女優として活動している中山忍です。1973年1月18日生まれで現在の年齢は48歳、オフィスミューズに所属しています。

姉の美穂のお見送りに空港を訪れていた際、事務所スタッフからスカウトされて芸能界入りしました。1988年のドラマ「オトコだろッ!」で女優デビューを果たし、歌手活動もしていました。

しかしいつも「中山美穂の妹」と言われたりモノマネを振られたりすることに傷つき、女優活動に専念するようになりました。現在は2時間ドラマを中心に、NHKの科学番組や映画に出演しています。

中山美穂は若い頃人気アイドルだった

現在は女優のイメージが強い中山美穂ですが、若い頃はとても人気のアイドルでした。デビュー当時、純情派を売りにしているアイドルが多かった中で中山美穂の存在は異質でした。

しかしアイドルと女優を両立し、可愛いだけではない体を張ったアクションシーンなどが反響を呼び、当時の「アイドル四天王」に数えられる程の人気となりました。

アイドル四天王は他に浅香唯・工藤静香・南野陽子で、現在でもよく知られています。

中山美穂は性格が悪いと噂

ksyfffka07 / Pixabay

中山美穂はとても性格が悪いという噂も出ており、その噂のきっかけとなったのが元夫である辻仁成のテレビ番組での発言だったとされています。

テレビで魔性の女の話題が出た際、小悪魔的女との違いについて辻仁成は「小悪魔的女は計算高い」と持論を展開しました。司会者から元嫁の中山美穂がどちらに属すか聞かれ、答えに詰まったのです。

話の流れから中山美穂は小悪魔的女に属することは容易に想像がつくため、中山美穂=計算高い女となって性格が悪いと言われるようになりました。

中山美穂は整形している?

美人な芸能人には必ずといっていいほど整形疑惑が付きまといますが、現在でも美しい姿を保っている中山美穂も一部で整形しているのではないかと言われているようです。

整形疑惑が浮上したのは2016年のことで、ロングヘアからボブカットにイメージチェンジしたタイミングでした。髪型の影響もあるでしょうが、顔がパンパンに見えていたのです。

そのためヒアルロン酸を入れたりボトックス施術を受けたりしたのではないかと疑惑が出て、肌のハリやリフトアップのために受けた可能性もあるようです。

中山美穂の現在の姿

50歳でも変わらず美貌を保っており、SNSで写真を投稿するたびに「若々しい!」「美人すぎる!憧れ」など多くのコメントが寄せられています。

全く年齢を感じさせず、化粧で誤魔化すのではなく内面から出ているナチュラルな美しさが同性からも人気の理由でしょう。

スタッフが運営するSNSアカウントがあるので、現在の姿を見たいという人は是非チェックしてみてください。

中山美穂のプロフィール

Pexels / Pixabay

これまで中山美穂の生い立ちや母親について紹介してきましたが、中山美穂の詳しいプロフィールや経歴について知らないという人もいるでしょう。

若い頃から現在の活動も含め、中山美穂のプロフィールについて見ていきましょう。

中山美穂のプロフィール

中山美穂は1970年3月1日生まれで、現在の年齢は51歳です。「ミポリン」の愛称で親しまれており、作詞時には北山瑞穂や一咲という名義を使用していることもあります。

幼稚園の時から芸能界に憧れており、中学1年生の時に原宿でスカウトされて即決したようです。ボックスコーポレーションに所属し、モデルやCM活動が中心となっていました。

中山美穂の経歴

1985年にドラマ「毎度おさわがせします」で演じたのどか役が女優デビューとなりました。事務所を移籍して、同年に「C」で歌手デビューも果たします。

第27回日本レコード大賞最優秀新人賞などを獲得し、歌手としても女優としても活躍を見せます。1987年のドラマ「ママはアイドル」ではミポリンの愛称が定着しました。

2002年に辻仁成と結婚してパリに移住し育児に専念しますが、フォトエッセイやDVDリリースなど活動は続いていました。2014年に離婚が成立し、2018年には「蝶の眠り」で映画主演も務めています。

公式ファンクラブオープン

中山美穂のファンクラブ「Langue de Chat」(ラング・ド・シャ)が2021年8月5日に公開されました。入会金は1000円、年会費は6000円となっています。

ファンクラブの有料会員となると会員証とオリジナル手帳の入会特典がもらえ、エッセイ誌発行や会員限定グッズ販売が行われます。

他にもファンクラブでしか見られない限定映像が見られたり誕生日にバースデーメッセージが届いたりするなど、中山美穂をより近く感じられるコンテンツが詰まっています。

中山美穂はフィリピン人ハーフでない!今後の活躍にも期待!

Larisa-K / Pixabay

今回は中山美穂について、母親や生い立ちを中心に詳しく紹介しました。フィリピン人ハーフと思うほど目鼻立ちがはっきりした女優ですが、純日本人とのことです。

人気アイドルを経て女優としても活躍し続ける中山美穂の活躍から、今後も目が離せません。