カーボン鳥の中の人は?無断転載で炎上した経緯や訴訟についてもエンタメ

カーボン鳥の中の人は?無断転載で炎上した経緯や訴訟についても

「ウィー」の効果音で知られる交通安全啓発系YouTuberのカーボン鳥は、プリウスミサイルの動画で企業から訴訟を起こされたようです。そして無断転載が発覚し、炎上して無期限の休止となりました。今回はカーボン鳥について、中の人や復活も含めて紹介します。

目次

[表示]

カーボン鳥とは

カーボン鳥は2017年2月にチャンネル解説をしており、現在のチャンネル登録者数は30万人近くいます。まずはカーボン鳥について、チャンネルの概要や中の人を含めて紹介します。

交通安全啓発系YouTuber

カーボン鳥は主に事故動画を取り扱っており、交通安全啓発系YouTuberとして活動しています。事故動画を面白く扱うことに批判もありますが、その一方で事故の怖さも知ることができます。

「カーボン鳥」の名前の由来は、スポーツカーに多く採用されている素材である「カーボン」と中の人が好きな動物の「鳥」を掛け合わせたものとしています。

動画の中にもカーボン鳥がイラストで登場し、事故動画にツッコミを入れています。

動画の効果音はウィー

カーボン鳥はゆっくり実況するスタイルですが、動画の中には効果音も使われています。「ウィー」という特徴的な効果音のため、一度聞いたら忘れないでしょう。

この「ウィー」という効果音は無料音楽素材にあるため誰でも自由に使用することができますが、使い勝手の悪さから使用している人は少ないです。

しかし人と被らないため、カーボン鳥=ウィーという印象をつけました。

プリウスミサイルの動画多数

カーボン鳥の動画にはさまざまな事故が登場しますが、その中でも多い車種がプリウスです。このことから「プリウスミサイル」と名付けられ、ネット上で拡散されました。

決してプリウスが事故を起こしやすい車種なのではなく、一般的に多く乗られている車種のため必然的に事故の件数も多くなってしまうことが原因です。

また、プリウスを運転している人に高齢者が多いため事故を起こしやすいとも言われています。プリウスミサイルもカーボン鳥から広まったものであり、人気の動画となっています。

中の人の情報について

カーボン鳥は顔出しをしておらず、声も機械的になっているため中の人の情報がほとんどありません。ただ、Twitterをしていた頃はプロフィール画像にGT-Rを使用していました。

YouTubeの収益で得たお金で高級車を購入したと考えられており、中の人は比較的年齢も若いと見る人が多いです。どこに住んでいるのか、何をしている人なのかなどプライベートはほとんど不明です。

カーボン鳥が炎上した経緯

現在は復活して動画活動を続けているカーボン鳥ですが、過去には炎上して無期限の活動休止をしていた時期もありました。交通安全啓発系YouTuberは比較的炎上しにくいですが、一体何があったのでしょうか。

ここでは、炎上と訴訟を含めた活動休止となる経緯について紹介します。

カーボン鳥の無断転載が発覚

カーボン鳥の炎上は、無断転載が発覚したことが原因となりました。カーボン鳥が取り扱っている動画は既にネット上に上がっているものであり、自身で撮影したものではありません。

他人の作品には著作権があり、人のものを無断で使用してお金を稼いでいた行為は著作権の侵害となります。

そしてカーボン鳥が自身の動画を無断転載されていることに苦情を入れたため、元の動画主が今度はカーボン鳥の無断転載を攻撃したという経緯です。

企業から訴訟を起こされた?

カーボン鳥は活動休止する際に「とある企業」と揉めたことを明かしています。これがプリウスを製造しているトヨタである可能性が高いとされています。

カーボン鳥に何度もプリウスが話題に取り上げられることで、プリウス自体が危険な車であると認識され購買意欲が下がる可能性は十分あります。

そのためトヨタはカーボン鳥を名誉毀損や著作権侵害などで訴訟したことも考えられ、チャンネル所有権と過去の収益が奪われたことも納得できるでしょう。

活動休止

2020年9月6日、カーボン鳥が無期限で活動を休止することを発表しました。企業によってチャンネル所有権と過去の収益を奪われてしまったと明かしています。

GT-Rを所持しており、働かなくても女の子と遊んで暮らせるほどのお金は残っているとしているため、活動休止が生活に響くことはほとんどないでしょう。

しかし突然の無期限活動休止を惜しむ声も多く上がっていました。

カーボン鳥は現在復活している

無期限の活動休止を決めた際も、カーボン鳥は「動画投稿自体は趣味で続けるかもしれない」「作り置きの分はどこかで出す」と明かしていました。

その言葉通り、現在は動画投稿を復活させています。実際に活動休止していた時期もありましたが、訴訟問題は解決したのでしょう。

現在は中の人が同じ人なのかどうか不明ですが、動画のテイストは変わっていないため同じ人が引き続き動画投稿している可能性が高いです。

カーボン鳥のおすすめ動画3選

カーボン鳥は動画投稿の頻度が高く、1日で複数本の動画を上げることもあります。そのため何の動画から見始めたらいいのか分からないという人もいるでしょう。

ここでは、カーボン鳥の動画の中でも特に再生回数が伸びている人気動画を3つ紹介します。

クッソ邪魔な迷惑駐車にギリギリまで幅寄せしてドア塞いでやったwww

普段から運転している人であれば、1度は迷惑駐車に遭遇したことがあるでしょう。駐車禁止とされている場所には理由があることがほとんどであり、そこに車を停められることで迷惑する人がいるのです。

しかしドライバーの中には周りの迷惑を考えず、少しの間だからと好き勝手に駐車している人もいます。カーボン鳥はこうした迷惑駐車に対し、ギリギリに幅寄せしてドアを塞ぐことを考えました。

中には「注意するだけでほとんどの人はしなくなる。この仕返しはやりすぎ」などの意見もありますが、ネット上でも話題となったことで再生数は560万回を超えています。

悪質な煽り運転に急ブレーキでぶつけ返せ!爽快感たっぷりな倍返しクラッシュ

最近何かと話題になっている煽り運転ですが、一歩間違えば死人が出るような大事故に繋がる可能性もあります。怯えている表情や驚いている姿を見たいという動機でする人もいますが、とても危険です。

カーボン鳥では何パターンもの煽り運転を紹介し、運転手の気持ちになってツッコミを入れています。こちらも動画再生回数は500万回を超えており、注意喚起の動画にもなっています。

呆れを通り越して笑うしかない世界のヘタクソドライバーたちの日常

世界には驚くほど運転が下手なドライバーもおり、運転を控えてほしいと感じるような運転テクニックを持ち合わせている強者もいます。

2020年5月に投稿された上記の動画では、カーボン鳥が世界のヘタクソドライバーの衝撃映像を紹介してツッコミを入れました。ぶつけられる方は我慢できないでしょうが、客観的に見ると笑えるものもあります。

動画は多く拡散され、330万回以上も再生されている人気作となっています。

カーボン鳥は現在も動画を更新している

今回は交通安全啓発系YouTuberのカーボン鳥について、活動休止や復活も含めて詳しく紹介しました。現在も動画を更新しており、更新頻度も高いです。

まだ観たことがない人は、今回おすすめした動画からチェックしてみてください。