テリーマンが新幹線を止めた理由は?子犬?必殺技や名言もご紹介!エンタメ

テリーマンが新幹線を止めた理由は?子犬?必殺技や名言もご紹介!

テリーマンは新幹線を止めたことがあります。テリーマンが新幹線を止めたことや、その原因が子犬だったこと、実は彼は義足だったことや、過去にはクズと言われていたこと、靴紐が切れることやテリーマンの必殺技や名言についても解説します。

目次

[表示]

テリーマンのプロフィール

キン肉マンに登場していたテリーマンを知っていますか。そのキン肉マンのストーリーの中に、新幹線を止めたシーンがりました。

記憶に残っている人もいるかもしれませんが、なぜテリーマンは新幹線を止めたのでしょうか。

まずはテリーマンというキャラクターについて解説しますのでぜひチェックしてください。

キン肉マンに登場するキャラクター

テリーマンはキン肉マンに登場するキャラクターです。アメリカのテキサス州出身という設定で、当初は怪獣の撃退をビジネスで行うというかなりドライな男というキャラクターでした。

しかし、キン肉マンに出会い、そのキン肉マンの強い心に打たれて友人関係になります。キン肉マンⅡ世ではテリーマンは結婚をします。

もともとガールフレンドだった翔野ナツ子と結婚をして、テリーザキッドをもうけることになります。

登場した当時はクズだった

テリーマンのイメージは正義の味方という印象が強いでしょう。しかし、テリーマンがキン肉マンに登場した当初は、クズ的なキャラクターだったのです。

先ほども解説した通り、テリーマンはビジネス主義、つまり全て金で解決するようなキャラクターだったのです。そのため、テリーマンはキン肉マンのキャラクターとしてはクズ的な存在だったのです。

しかし、キン肉マンのストーリーが進むに連れて、テリーマンらしいかっこよくクールな印象に変わっていきました。

仲間に危険が迫ると靴紐が切れる

テリーマンと言えば、仲間に危機が迫ると靴紐が切れるシーンが印象的でしょう。このシーンはキン肉マンではお馴染みのシーンです。

仲間に危機が迫ると、テリーマンの靴紐が切れ、本当に仲間がやられているという流れが頻繁にあります。

靴紐が切れると不吉なことが起こるという現状は、他の漫画でも描かれていましたが、テリーマンに関しては頻度はかなり多かった印象があります。そして、テリーマンの靴紐が切れると必ず悪いことが起こっていました。

義足

テリーマンは義足だったことを知っていますか。この事実を知らない人は意外に多いではないでしょうか。テリーマンは過去に、超人オリンピックに出場したときにキン肉マンにうたれて義足になっていました。

テリーマンの必殺技はカーフブランディングですが、義足が外れてしまうのを恐れて、この技をためらっていたというシーンもあります。

テリーマンが義足だったことを知らない人は多いですが、その原因がキン肉マンだったということを知らない人はさらに多いでしょう。

/4

テリーマンが新幹線を止めた理由

テリーマンは過去に、新幹線を止めたことがあります。なぜテリーマンは新幹線を止めなければならなかったのでしょうか。

新幹線をとめるということは大変なことです。大問題に発展するようなことをなぜ、テリーマンは行ったのでしょうか。テリーマンが新幹線を止めた理由について解説します。

第7巻での出来事

このテリーマンが新幹線を止めたのは、キン肉マンの「第7巻」です。新幹線をとめたときくと、物理的に止めたのではなく、間接的に止めてしまったとイメージするかもしれません。

しかし、実はテリーマンは自らの体を使って新幹線を止めたのです。走っている新幹線の前に立ち、自らの腕で新幹線を止めるシーンを「第7巻」で確認することができます。

新幹線を止めたのは子犬を助けるためだった

では、テリーマンはなぜ新幹線を止める必要があったのでしょうか。どうやらテリーマンは子犬を助けるために新幹線を止めたようです。

線路内に入ってしまった子犬を助けるために、新幹線の前に立ち素手で止めたのです。しかし、子犬が原因であったなら子犬自身を助けた方が安全なような気もします。

おそらく、このときには新幹線を止めた方が早いと判断をしたのでしょう。いずれにしても、このシーンはかなりインパクトの強いシーンでした。

テリーマンの必殺技は?

テリーマンと言えば、数多くの必殺技を持っていることでも有名です。キン肉マンファンであれば、テリーマンの必殺技はかなり印象に残っているのではないでしょうか。

テリーマンの必殺技は他のキャラクターに比べて少し地味な技が多かったです。しかし、テリーマンらしさもあります。

テリーマンが実際に使った必殺技について解説しますので、ぜひチェックしてください。

スピニング・トーホールド

スピニング・トーホールドは、テリーマンが最も得意としていた必殺技です。相手の片足を取って、自分の足をねじ込むという間接技系の必殺技です。

そしてさらに、この状態からテリーマンの体を回転させることで、より効果的な必殺技になります。キン肉マンの中で登場する必殺技としては少し地味ですが、かなり効果的な必殺技です。

カーフ・ブランディング

カーフ・ブランディングは、相手の背後からかける必殺技です。相手の後頭部に自分の膝を押し当て、相手を前に倒れ込ませる必殺技です。

相手はマットに頭を叩きつけられるため、相手をダウンさせる最後の技として使われることもありました。

テリーマンの必殺技は、実際のプロレスでも使われていたようなリアルな必殺技が多かった印象があります。いずれにしても、この必殺技もテリーマンらしいかっこいい必殺技でした。

ブレーンバスター

テリーマンの必殺技と言えば、このブレーンバスターをイメージする人も多いのではないでしょうか。

ブレーンバスターは、相手を逆さに抱え上げてそのまま脳天をマットに叩きつけるという必殺技です。

このブレーンバスターは、フィニッシュホールドとして使われることも多い必殺技です。この技もキン肉マンの中では少し地味な必殺技ですが、テリーマンらしい必殺技とも言えます。

テリーマンは名言を多く残している

テリーマンと言えば紳士なプロレスラーという印象が強いですが、実は名言を数多く残しているプロレスラーとしても有名です。

キン肉マンのキャラクターの中では、名言を発することの多いテリーマンですが、今聞いても良い名言と感じるものばかりです。

「どんなに役たたずであっても・・」

「どんなに役たたずであっても、やはりおまえはオレの大切なタッグ・パートナーだからな!」の名言はかなり有名です。

ジェロニモに対して放った名言ですが、ジェロニモを助けるための言葉でもあったため、テリーマンのかっこよさが光る名言だったのです。

「悪魔超人ども、今日ほどおまえたちが憎らしいと思ったことは・・」

「悪魔超人ども、今日ほどおまえたちが憎らしいと思ったことは…なかったぜっ!!」の名言は、現在でも語り継がれている名言です。

悪魔超人は、テリーマンに「お前の身代わりでこうなったんだ」とやられた仲間を前にして言います。

その場面で放ったテリーマンの名言です。何となく感動的な気持ちにもなれる名言のため、ぜひ実際にチェックしてください。

「キン肉マン、カムバーック!!」

これもテリーマンの名言としてかなり有名です。「キン肉マン、カムバーック!!」は、キン肉マンとテリーマンがタッグを組んでアブドーラと猛虎星人戦に臨んだ回です。

テリーマンは大活躍しており、その活躍にヘソを曲げたキン肉マンは、リングを去ってしまいます。テリーマンは流血をしながら、キン肉マンに向けてこの名言を叫びます。

かかり印象的なセリフのため、覚えている人も多いのではないでしょうか。

テリーマンは多くの人に愛されるキャラクター

テリーマンは多くの人に愛されているキャラクターなのは間違いありません。

キン肉マンにおいて、このテリーマンはとても重要な存在であり、テリーマンがいなければ成立しないようなシーンも多くあったのです。

おそらく、これからもテリーマンはキン肉マンにおいて語られていくことは間違いないでしょう。