中川翔子の父親の死後17年目でスキャンダル画像が発覚!?死因の謎とは? 女性アイドル

中川翔子の父親の死後17年目でスキャンダル画像が発覚!?死因の謎とは?

中川翔子(なかがわしょうこ)さんはアイドル声優ですが、父親もアイドルとして活動していました。そんな中川翔子さんの父親は死後17年でスキャンダル画像がネットに流出したと噂されています。果たしてどのような画像だったのでしょうか。父親の死因についてもふれていきます。

中川翔子の父親の死後に流出したスキャンダル画像とは?

中川翔子さんの父親の死後17年で流出したスキャンダル画像というのは性行為をしている画像です。ネットで流出しただけでしかもすぐに消されたため現在は画像として一切残ってはいません。そのため実在しなかったのではないかとも言われています。

中川翔子さんの父親の性行為といっても相手が妻であるなら大した問題ではありませんでした。しかし、妻ではなく別の女性だったために大きな話題となりました。ただし画像がいつの時代のものだったかは判明していませんので結婚前だった可能性も十分にあり得ます。

中川翔子のプロフィール

中川翔子さんは1985年5月5日生まれのアイドル声優です。他にもイラストレーターや漫画家、女優としても活躍しています。ニックネームは「しょこたん」で「しょこたん☆ぶろぐ」というブログも運営しています。

本名は「中川しようこ」です「しょうこ」ではないのですがちょっとしたエピソードがあるようです。中川翔子さんは子役として幼い頃から芸能活動していましたがブレイクしたのは成人してからです。特に天元突破グレンラガンで利用された「空色デイズ」で知名度が一気に増しました。

中川翔子の父親の死因とは?

中川翔子さんの父親は1994年に死去しています。死因は「急性骨髄性白血病」でした。骨髄移植をすることで助かる可能性はありましたが最終的には適合したドナーが見つからなかったようです。

白血病は血液の癌だと言われています。骨髄で血液細胞が作られる時に癌になってしまうようです。男性の場合1万人に1人程度の発症率で遺伝性や伝染などが疑われていましたが実際には異なる原因のようです。

中川翔子の父親「中川勝彦」とはどんな人物?

中川翔子さんの父親は中川勝彦(なかがわかつひこ)さんといいます。1962年7月20日生まれで1994年に32歳という若さで死去しています。一般人ではなく歌手や俳優などアイドルとして活動していました。

漫画や怪獣映画などが好きで娘の中川翔子さんに幼い頃から漫画の英才教育を施すほどにハマっていたようです。漫画を読まないとろくな大人にならないぞと教えられたと中川翔子さんが語っています。

中川翔子の父親はアイドルとして活躍!

中川翔子さんの父親である中川勝彦さんは映画やドラマ、テレビアニメに出演していました。若い頃にはバンド活動もしていたようでシングルやアルバム作品を多数販売しています。中川勝彦さんの死後には彼が描いた絵本などが販売されています。

中川翔子の父親のスキャンダル画像はなぜ流出した?

中川翔子さんの父親の中川勝彦さんはなぜスキャンダルが死後17年も経ってから流出したのでしょうか。噂によると中川勝彦さんのCDが販売されることと関係していたと言われています。一体どういうことでしょうか。

中川勝彦さんのスキャンダルが漏れたのは2011年です。同じタイミングで中川勝彦さんの肉声による朗読CDが販売されました。スキャンダル画像が流出した経緯には炎上商法を狙って朗読CDを販売しようと考えた企業のマーケティング戦略ではないかと考えられています。

中川翔子はスキャンダル画像のせいで形見を捨てていた!

中川勝彦さんのスキャンダル画像が流出したことで中川翔子さんは相当なショックを受けました。父親のあまりに衝撃的な流出画像のせいで形見として持っていた誕生日カードを捨ててしまったそうです。

この誕生日カードは中川勝彦さんが死去する4ヶ月前に娘の中川翔子さんに贈ったものです。大切なもので、ずっと保管していたそうですが父親を信用できなくて捨ててしまったようです。ただ母親によって誕生日カードは回収されたおかげで現在も手元に残っているようです。

中川翔子の父親の間接的な死因は娘への愛情!?

中川翔子さんの父親の直接的な死因は急性骨髄性白血病です。しかし適合する骨髄のドナーがあれば助かる道はありました。実は適合する可能性があった骨髄ドナーの相手がいましたが父親は拒否しました。

その相手は娘の中川翔子さんです。中川翔子さんの父親は娘の身体を傷つけたくないという理由から彼女の骨髄が適合するかどうかを調べませんでした。娘を深く愛しているからこそ自らの死を受け入れたのだと考えられます。

中川翔子の本名「しようこ」は父親が関係しているのか?

中川翔子さんの本名は「中川しようこ」ですが、このおかしな名前になってしまった経緯に父親が関係しているのではと噂されていました。実際に中川翔子さんの名前を決めたのは両親ですが、出生届を出したのは叔母でした。

元々は「薔子(しょうこ)」という名前で出生届を出す予定でした。ですが「薔」という字が人名として使えないということがわかり、激怒した叔母が「しょうこ」というひらがなで申請したそうです。これを役所が「しようこ」として登録してしまい現在の本名になってしまったようです。

中川翔子さんが自分の本名を知ったのは成人してからだそうです。成人して戸籍を見たら驚愕の事実が書かれていたのかもしれませんね。今まで信じていたものが崩壊したような感覚に陥ったことでしょう。

中川翔子の父親は死因に納得していない?怪奇現象が多発!

中川翔子さんの父親は白血病で死去していますがその死因には納得していないのではないかとも言われていました。理由としては、中川翔子さんの周りでは父親が死去した後に怪奇現象が多発していたからです。

謎の足音がするとか、風もないところで髪がたなびくといった体験をしたようです。これらのことから成仏しきれない父親がさまよっているのではないかという推測も出ましたが怪奇現象はこれだけでは終わりませんでした。

中川翔子の父親が送った天国からのメールとは?

ある日、中川翔子さんが布団で寝ていると金縛りにあったそうです。一方で部屋にあるパソコンが動き出してキーボードを叩く音がしたようです。やっと金縛りが解けたと思ってめったに開かないメールソフトを見てみると驚愕の事実が判明しました。

差出人に中川勝彦という父親の名前が書かれていたのです。その日は7月20日。中川翔子さんの父親である中川勝彦さんの誕生日でした。このことを受けて中川翔子さんは父親が自分に会いに来てくれたのではないかと考えたようで「天国からのメール」と語りました。

しかしこの天国からのメールには続きがあります。この話を聞いた霊能者が「お父さんなら中川翔子さんを怖がらせたりはしないし金縛りにもかけない」と語ったのです。これらの怪奇現象は女性の霊による仕業でとても強い霊が中川翔子さんの家に住み着いてると言うのです。

父親から届いたと思われた天国からのメールも実はその霊の仕業だと言われ、中川翔子さんは父親からだと思っていただけに非常にショックを受けていました。霊能者によると中川翔子さんが幸せになるのを邪魔している例だとのことですぐさま除霊が行われました。

中川翔子の父親の過去のスキャンダルは「できちゃった婚」

中川翔子さんの父親の過去最大のスキャンダルと言われているのは「できちゃった婚」です。実は中川翔子さんの父親ができちゃった婚であったことは中川翔子さんがデビューするまで知られていませんでした。

元々アイドルとして活動していた中川翔子さんの父親は特大級のスキャンダルとなってしまうため隠して結婚したようです。中川翔子さんがデビューして父親がすでに死去していることからこれらの情報が公開されたのでしょう。

中川翔子の母親はどんな人物で現在の活動は?

中川翔子さんの母親は桂子さんといいます。桂子さんは18歳で中川翔子さんを産んでいます。料理嫌いの女性で、中川翔子さんが弁当を作って欲しいと頼んだ時にはコンビニ弁当を買ってきて中身だけ入れ替えるという荒業を行うほどでした。

中川翔子さんは一人暮らしをしている時に料理に挑戦してはいたようですが母親譲りなのかあまり上手くいかないようです。桂子さんはショーパブの経営もしていて北野武さんや片岡鶴太郎さんなど有名人も利用していたようです。

中川翔子の周囲で起きた謎の死因による怪奇現象!

中川翔子さんの周囲では例による怪奇現象以外でもおかしなことが起きていました。中川翔子さんが大事にしていた愛猫のマミタスが急死したことがあります。死因はよく分かっておらず謎に包まれていました。

ただ愛猫のマミタスはすでに13歳だったようですので寿命であった可能性が高いです。中川翔子さんは猫好きで知られていますので愛猫のマミタスが死んだ時には非常に悲しんでいました。吸いつくほど愛してやまなかった猫ですのでしばらくは落ち込んでいました。

中川翔子の父親の死因は白血病!スキャンダル画像は浮気?

中川翔子さんの父親の中川勝彦さんの死因は白血病です。適合するドナーがあれば助かる可能性がありましたが見つかる前に死去してしまいました。娘である中川翔子さんなら適合する可能性もあり得ました。しかし娘の身体に傷をつけたくないと中川勝彦さんの要望により適合検査は行われませんでした。

中川翔子さんの父親の勝彦さんは死後17年経ってからスキャンダル画像が流出しました。スキャンダル画像の内容は、妻ではない女性と性行為をしているものでした。あわや浮気かとも思われましたが撮影された時代が結婚前か後かがわからず、同時期に中川勝彦さんの朗読CDが発売されたことから企業による炎上商法ではないかと疑われています。

中川翔子さんの父親である中川勝彦さんが死去してすでに20年以上が経過しています。彼が死去してから様々な情報が流出しました。中川翔子さんはできちゃった婚で生まれた子だったとか、妻以外の人と性行為をしていたなどという情報が出てしまっています。

商品を売るために話題作りするのは仕方ないことかもしれませんが、死後にまでスキャンダルを流出されては娘の中川翔子さんや、妻の桂子さんにはたまったものではないでしょう。これ以上おかしな情報が流出しないことを祈るばかりです。