鈴木京香と長谷川博己、運命の出逢いからその結婚の行方は!? 女優

鈴木京香と長谷川博己、運命の出逢いからその結婚の行方は!?

鈴木京香さんと長谷川博己さんの結婚が、最近にわかに現実味を帯びています。彼女の年齢と妊娠、格下と言われた彼の仕事での大抜擢等、様々な憶測が飛び交います。出逢い、熱愛から破局報道、復活愛報道、そして今日に至る経緯を様々な角度と情報から紐解こうと思います!

「あげまん女優」鈴木京香、長谷川博己との結婚は?

あげまん女優と呼ばれる鈴木京香さんと俳優長谷川博己さんはドラマ「セカンドバージン」での共演をきっかけとして、それ以降ひょっとして番宣!?かも知れないと疑問に思われるほど、タイムリーに急接近しました。

親密になる中でドラマは高く評価を受け、鈴木京香さんは女優としての格を上げ、長谷川博己さんは駆け出しから中堅へと知名度を高めることができました。その後、紆余曲折はありつつも次第に結婚というゴールへ近づきつつある「鈴木京香」「長谷川博己」というふたりは、いったいどんな人たちなのかを見ていきましょう!

年齢の節目迎えた鈴木京香の来し方

鈴木京香さんは1968年5月31日、宮城県生まで、今年に五十路を迎えた50歳。彼女のご両親は古都の京都の如く、古風で優雅な女性に育ってほしかったので、「京香」と名付け、3歳から日本舞踊を習わせました。ご両親とお兄さんの4人家族だったのですが、父親が2002年に肺がんで逝去しました。

東北学院大学経済学部商学科を卒業し、学生時代からモデルとしての活動をする中、1988年に「カネボウ水着キャンペーンガール」に選ばれて芸能界へと入ります。その翌年には映画「愛と平成の色男」で女優としてのデビューを果たします。

1991年にはNHK連続テレビ小説「君の名は」でヒロイン真知子を好演し、一躍名前と顔が知れ亘るようになります。1955年には関西テレビのドラマ「我慢できない」でコミカルな役柄もこなし、人気ドラマに引っ張りダコとなりました。1995年のフジテレビのドラマ「王様のレストラン」からは三谷幸喜作品の常連メンバーとなっています。

あげまん女優の誕生

彼女が演じ切る役柄は様々で、ワイルドな女刑事役から教育ママ、成熟した大人の女性や平凡な主婦まで、まさにカメレオン女優としてのオファーが尽きなくなりました。女優としての人気と実力が増す中で、2000年前後、俳優堤真一さんとの熱いロマンスがありました。

当時それほどの知名度ではなかった堤さんはその熱愛報道がきっかけで名前が売れ、元々実力がある俳優だったのでしょう、その後ぐんぐんと大物俳優の域に迫っていきます。京香さんをあげまんと言わしめた一人目ですね。

その後真田広之さんとの熱愛・結婚報道もありましたが実らず破局を迎えました。そして2010年、NHKドラマ「セカンドバージン」の出演がきっかけで共演者の長谷川博己さんとの運命の出逢いを果たします。あげまん女優の面目躍如の幕が開いた瞬間でした!

未来の旦那?長谷川博己

一方、長谷川博己さんは1977年3月7日、東京生まれの41歳。中央大学文学部を卒業。在学中に「an an」「クロワッサン」等で有名な「マガジンハウス」でアルバイトをしたそうです。2001年に文学座付属演劇研究所に41期生として入りました。

2002年、初舞台を経験。春に研修科を終了し準座員として入座。その後文学座支持会新人賞を受賞し、2006年4月に準座員から座員に昇格。しかしその年の暮れに退座します。その後芸能事務所「フォスター」に移籍、さらに「ヒラタオフィス」に移籍します。そしてこの頃、彼は女優白石美帆さんと事務所公認の同棲生活をしていました。

鈴木京香と長谷川博己、二つの人生がクロスする時

長谷川博己さんにとって目まぐるしかった2010年、仕事が次第に忙しくなる中で、結婚さえ噂された白石美帆さんとの同棲生活には終止符を打ちます。そして時を同じくして鈴木京香さんとの運命の共演となるNHKドラマ「セカンドバージン」に出演しました。この時の鈴木京香さんとの共演が交際のきっかけになるから人生はわかりません。

その後はテレビ東京のドラマ「鈴木先生」で民放ドラマの初出演を果たします。同年、日本テレビ「家政婦のミタ」での優柔不断なダメ父役で、世間の脚光を浴びました。その後も「進撃の巨人」「シン・ゴジラ」「小さな巨人」等の話題作に出演し、知名度も上がりました。一説には鈴木京香さんが有する「あげまん」体質のお陰だとか言われています。

それを証明するかのように2018年後期放送のNHK連続テレビ小説「まんぷく」では主人公の夫(安藤百福がモデル)の役を演じます。極めつけは2020年・・・NHK大河ドラマ「麒麟がくる」にて主人公・明智光秀役に大抜擢されたことです。

鈴木京香と長谷川博己、熱愛の序章

メディアはNHKドラマ「セカンドバージン」がきっかけとなり、鈴木京香さんと俳優長谷川博己さんが真剣な交際をしていると報道しました。ふたりは激しい不倫の愛を演じ切る中で、交際に発展したのです。その映画化作品も公開され、マレーシアの映画祭ではふたり揃って舞台挨拶に立ちました。

当時、彼らと親しい関係者によれば、ふたりはともに食事に行いったり、鈴木京香ふさんがが長谷川博己さんの舞台を観劇に行くという仲睦まじい交際だということでした。それからも変わらず順調なふたりの交際の様子が報道され続けました。

順調な交際から結婚の噂が・・・

さらに2012年頃には、ふたりの同棲の事実が報じられます。そして2013年頃からはたびたび結婚報道がメディアを賑わすようになります。しかし、噂通り順調な交際が続いていたのかと思いきや、2015年の夏になって、突如破局説が浮かび上がりました。

釦の掛け違いか?行き違うふたり

長谷川博己さんが俳優として売れてきて仕事も順調に増えていきました。しかし一方で、鈴木京香さんは前年の秋に、年老いた病気の母親を故郷宮城から自宅に呼び寄せたので、すれ違い生活になったのではとの憶測がささやかれました。

熱愛、結婚報道から一転の破局報道

週刊誌がふたりの同棲生活の解消を報じ、それを機に破局が噂され始めました。報道によると、2013年頃から京香さんの自宅であるマンションで一緒に暮らしていたのが、最近になって彼がマンションを出ていって、そのマンションから歩いて20分ほどの所で独り暮らしを始めたとのことでした。

女性誌は「破局」という言葉を使っていなかったのですが、その後の長谷川博己さん側の対応が原因となって憶測を助長したようです。映画のイベントの折り、宣伝スタッフが報道陣に対して長谷川博己さんの退場時の声掛けは絶対にしないようにとの申し入れがありました。

それでも報道陣が彼の退場時に、なんとか質問しようとステージ付近に集まると、スタッフたちが対峙して険悪な雰囲気になったそうです。この必要以上な厳戒態勢が、報道陣にやはり(長谷川博己さんと鈴木京香さんの間に)何かあったのでは?と感じさせ、どうやら破局報道へと繋がったようです。

鈴木京香に最強の恋敵出現か?

その後は映画「進撃の巨人」で共演をした石原さとみさんに心が移ってしまったという報道もありました。これは石原さとみさんの「魔性遍歴」からすればあり得なくない話ですね。しかし後程それは誤解だと判明したようで、本当の理由は鈴木京香さんが病気の母親を呼び寄せて面倒を見るために、同棲を解消したのが真相のようです。

それが証拠にそれ以降も鈴木京香さんと長谷川博己さんの交際は続いており、母親がいる彼女のマンションへ、その後も通っているそうです。ということは(京香さんの母親がいるマンションに通うということは)親公認の中ということになり、一挙に電撃結婚の可能性が増すように感じられました。

事実破局報道の後、11月には「復活愛」「同棲再開」などと報じられます。年が明けて2016年2月には都内の公園で京香さんの愛犬を散歩させている長谷川さんの写真がメディアに登場しました。近隣の人の弁によればどうやら長谷川さんが「散歩係」になっているようです。

長谷川博己が鈴木京香との結婚を渋る理由

同棲の解消や心変わり説によって破局説が浮上したのですが、どうやら実際のところはふたりの同棲解消に外野が色めきたち過ぎたようですね。その後はすでにプロポーズは済んでいるとか、関係者にはもう結婚の報告があった等々、真偽が定かでない情報がメディアを賑わしています。

いずれにせよ、2018年7月現在もふたりは結婚していません。何がそれを遮っているのでしょうか?まず第一に考えられますのが、長谷川さん側が結婚に躊躇しているケースです。彼は2010年の「セカンドバージン」出演をきっかけに京香さんとの交際が発覚した当初は、鈴木京香さんと比べて「格下」であるとよく揶揄されていました。

長谷川さんはさぞ面白くなかったことでしょう。しかし京香さんとの交際が深まるにつれ、仕事がどんどん軌道に乗り始めたのは紛れもない事実です。そんな中、長谷川さんが仕事を優先させるために結婚を先延ばしにしたという説があります。

また、同棲解消の時点で、鈴木京香さんの母親の介護問題だけではなく、長谷川博己さんは自分独りだけの時間も持ちたいのではないだろうか?という憶測も広がりました。こうなってくると当事者の一挙一動が本人の思惑を超え、憶測が憶測を生むのかも知れません。

鈴木京香は結婚にこだわらない説?

もうひとつ世間で言われているのが、前述の一連の説とは真逆ですが、鈴木京香さんが結婚にまったくこだわっていないから結婚しないだけだという説です。こだわっていないの方向性の媒体の方がいくぶん優勢のようです。

交際発覚以降、婚前旅行だの同棲解消だのとなりゆきが注目されました。制作会社プロデューサーのこんな話もあります。ふたりで長谷川さんの実家に挨拶に行く予定が、取りやめになったことがあり、そのプロデューサー曰く、長谷川博己さんは結婚するつもりだったのに鈴木京香さんがそのままの状態で良いと考えたのではないか、とのこと。

京香さんはすでに父親を亡くし、独り身の母親を故郷から呼び寄せて面倒を見ているので、もし結婚すると長谷川さんに面倒を掛けることになるので、躊躇っているのではないかとも、テレビ関係者の間では噂されていました。

長谷川博己の結婚へ向けての真意は?

仕事が絶好調な長谷川博己さんが、行きつけの酒場では京香さんのことを「大切な人」だと嬉しそうに語っているが、具体的に結婚がどうとかの話にはなっていないという女性誌記者の弁もあります。元々同棲というよりは長谷川さんが京香さんの自宅に通う、いわば半同棲に過ぎず、現在もそれは大きくは変わっていません。

出産をその年齢から諦めている鈴木京香さんが、そのことを自分より若い長谷川博己さんに遠慮していて、入籍してしまうと彼を本当に縛ってしまうことになるという懸念が京香さんにあるのでしょう。

あげまん女優、鈴木京香の矜持

若き新しい恋人が現れたならそれはそれでいいと、鈴木京香さんは腹をくくっているようです。2015年の暮れにはふたりのツーショットが報じられました。鈴木京香さんにとっては元カレの堤真一さんとのツーショット以来2度目です。2018年に入ってから、鈴木京香さんの50歳の誕生日が迫るにつれ、結婚報道が再燃となりました。

前述の長谷川博己さんの「まんぷく」「麒麟がくる」の大抜擢も、かつて「格下」と呼ばれた彼が今や京香さんの相手として充分に認められる要素として報道再燃の後押しになったのは間違いありません。

鈴木京香の結婚、そして未来の子供は?

最近の情報では、女性誌の記者が鈴木京香さんのバースデー5月31日が近いある日、彼女のマンションから出てくる長谷川博己さんを目撃、突撃取材を敢行しました。記者の、京香さんの誕生日を機に結婚するのか?入籍はもう済ませたか?等の畳み掛ける質問に、長谷川さんは決して否定はせず、にこやかに回答を避けつつ去っていったそうです。

ともあれ、こうして発端から現在までの流れを俯瞰してみますと、このようなどっちつかずの現状に悩まされているのは当事者であるふたりではなく、メディアやファン、外野の人たちなのかも知れません。

鈴木京香さんも長谷川博己さんも、ともに好感が持てる素敵な芸能人であり、その上とてもお似合いのカップルに思えるだけに、今後の展開がどうあれ、どういう形であっても幸せになって欲しいものです。