原田将太(へずまりゅう)の現在は?過去の炎上事件についても エンタメ

原田将太(へずまりゅう)の現在は?過去の炎上事件についても

スーパーで会計前の刺身を食べて逮捕された原田将太(へずまりゅう)は、現在は実家に戻って真面目に働いているようです。過去にはレスリングの経歴も持っていました。今回は原田将太について、親や生い立ち、過去の炎上事件も含めて詳しく紹介します。

目次

[表示]

原田将太(へずまりゅう)について知りたい!

家で過ごす時間が増えたことでYouTubeを利用する人も増え、芸能人もYouTubeに参入してきました。有名になれば芸能人以上に稼げるため、YouTuberを目指す人も多いです。

しかし誰もが稼げるような甘い世界ではなく、一生懸命動画投稿を続けても有名にならないまま終わってしまう人がほとんどです。

その中で再生数が稼げると、人に迷惑をかけて批判が殺到するような動画を投稿している人も出てきました。今回は、迷惑行為によって逮捕された原田将太(へずまりゅう)について紹介します。

原田将太(へずまりゅう)ってどんな人?

原田将太は以前から迷惑系YouTuberで再生数を稼いでいましたが、逮捕を機に名前が世の中に知れ渡りました。ここでは、原田将太がどのような人なのかプロフィールを紹介します。

原田将太のプロフィール

原田将太は1991年5月9日生まれで、現在の年齢は29歳です。身長は181cmと高めで、少しぽっちゃり体型です。

「へずまりゅう」という名前でYouTubeをしていましたが、逮捕がきっかけで全国で本名が知られることになりました。

過去には動画でたまたま飛行機のチケットが映ってしまい、本名が視聴者にバレてしまったこともありました。

迷惑系YouTuber

原田将太はYouTubeでチャンネルを作って動画を投稿しながら収益を得るYouTuberでしたが、ジャンルはいわゆる「迷惑系YouTuber」でした。

迷惑系YouTuberといっても様々な種類がありますが、原田将太の場合は有名YouTuberにアポなしで強引にコラボをお願いしたり、断られても勝手に撮影したりしていました。

突撃されたYouTuberは迷惑を被りますが、炎上を繰り返すことで再生数を上げ、広告収入が入ってくるという仕組みです。

実家は山口県

原田将太は山口県に実家があり、2020年3月に東京へと上京しました。YouTuberとして成功することを本気で考えていたため、甘えてしまわないように山口の知り合いとは関係を絶ったようです。

上京する前は「街コンサルの経営」をしていたことを明かしているため、個人で事業を立ち上げていた可能性もあります。

原田将太の生い立ちと両親

原田将太は迷惑系YouTuberで他人に迷惑をかけることで生活しているため、生い立ちが複雑である・両親が毒親で愛情をもらわずに育てられたと推測する人も多いです。

しかし原田将太の両親は真面目でまともな人たちであり、逮捕に対しても近所の人や職場関係者に謝罪に回ったようです。

両親は原田将太がYouTuberをしていることや上京していることは知らず、連絡がつかなくて警察に届け出ようか迷っていたことから特に生い立ちには問題ないと考えられます。

学生時代はレスリングをしていた

大学まで地元の学校に通っており、小学生から中学生にかけてはサッカーをしているスポーツ少年でした。

高校は私立の「山口県鴻城高等学校」を卒業しており、レスリング部に所属していて高校3年生で新潟国体の96kg級に出場した経験もあります。

大学は徳山大学を卒業しているため学歴は大卒となります。大学時代もレスリングを続けており、オリンピック出場も視野に入れていました。

原田将太(へずまりゅう)の起こした炎上騒動・経歴

原田将太は最初から迷惑系YouTuberとして活動していたわけではなく、最初は大食い系や地元を紹介する平和な動画を投稿していました。

しかしそれでは動画再生数を取れず、収入にも結びつかなかったため次第に内容が過激となっていきました。ここでは原田将太が「へずまりゅう」として起こした炎上や経歴について詳細を紹介します。

アポなしで突撃

へずまりゅうと聞いて多くの人が思い浮かぶのが、アポなしで突撃する動画でしょう。有名なYouTuberの動画に出演することで、自身の売名行為をしようと思いつきました。

2020年5月には自身のTwitterで突撃したYouTuberの名前を20人挙げ、「この短期間でこれだけの人とコラボした奴って俺くらいやね?」と自慢していました。

しかし、はじめしゃちょーがへずまりゅうによるストーカー行為に迷惑していることや、ねおが怖い思いをしたと明かすなど決して受け入れてもらっていたわけではありません。

会計前の商品を食べる

2020年6月、原田将太が愛知県内のスーパーで会計前の刺身を食べたとして窃盗容疑で逮捕されました。「お腹が空いていたから食べた」とレジで申告し、その後は料金を精算しました。

この様子をYouTubeで投稿し、動画が炎上して拡散されました。スーパーの関係者が動画を発見し、警察に相談していました。

会計前に食べたとはいえ万引きをしたわけではありませんが、会計前の商品は店の所有物となるため、窃盗とされました。

首里城で落書き

2019年10月31日、沖縄にある首里城で火災が発生し、7棟が焼失となりました。世界中から再建を願ったメッセージや寄付金が寄せられました。

そして首里城には復興のためのメッセージボードが置かれ、首里城を訪れた人が復興を願う気持ちを込めてサインを書き込めるようになっていました。

2020年6月25日に、原田将太はTwitterで自身のサインをボードいっぱいに書いた動画を投稿しました。動画は広く拡散され、批判が殺到したことで首里城はメッセージボード撤廃に追いやられました。

コロナをまき散らす

逮捕された時に原田将太は新型コロナウイルスに感染しており、マスクをしないで県を跨いだ移動をしていました。発熱の症状が出ていたにもかかわらず、適切な対応をしなかったことに批判が殺到しました。

6月29日から山口・千葉・静岡・広島・山口に滞在していたようで、逮捕時に接触した検察官や市民らにも感染が広まっていました。

そして逮捕後はマスク着用を拒否し、拘置所でもコロナウイルスをばら撒いていたようです。山口県知事は名指しで批判し、真似しないよう注意喚起を行いました。

朝倉未来と格闘

原田将太は高校から大学までレスリングをしており、オリンピック出場を目指していたほどの実力者です。

2020年6月1日には格闘家の朝倉未来が「迷惑系YouTuberを退治した」という動画の中で、格闘するシーンがありました。

素直に靴を脱ぐところや朝倉未来に敬語を使っていることから視聴者からは「へずまりゅう、意外と素直で話が通じる人」と好評だったようで動画は1000回以上再生されています。

NEXT:原田将太(へずまりゅう)の現在はスーパー勤務?
1/2