南果歩の元旦那は辻仁成と渡辺謙!離婚理由や息子との関係は? エンタメ

南果歩の元旦那は辻仁成と渡辺謙!離婚理由や息子との関係は?

南果歩は辻仁成と離婚した後に渡辺謙と再婚しており、元旦那はどちらも有名人です。2回の離婚とも原因は元旦那の不倫と言われており、うつ病になったこともありました。今回は南果歩の元旦那について、息子や本名、韓国人の噂を含めて詳しく紹介します。

目次

[表示]

南果歩の元旦那はどんな人?

女優として活躍する南果歩は、これまで2度の結婚と離婚を経験しており、現在も再婚していません。元旦那は2人とも芸能人ということもあり、とても注目されました。

様々な賞も受賞しているため順風満帆な女優生活かと思いきや、プライベートはとても山あり谷ありの人生を送ってきたようです。それでは、南果歩の元旦那について紹介してきます。

南果歩のプロフィール

南果歩は1964年1月20日生まれで、兵庫県尼崎市出身の女優です。短大在学中に映画「伽倻子のために」のオーディションに参加し、ヒロイン役に抜擢されました。

その後も数々のドラマや映画で主役に抜擢され、助演女優賞を受賞しています。2015年からは海外作品にも出演しており、2021年にはアメリカで「PACHINKO」のメインキャストに選ばれています。

共演者たちからは竹を割ったような性格をしていると評されることが多く、大物女優ながら話しやすくて場の雰囲気を良くすることにも長けているようです。

南果歩の元旦那は辻仁成

南果歩の最初の旦那は、作家やミュージシャンとして活躍する辻仁成です。結婚生活は5年で幕を閉じましたが、辻仁成はどのような人物なのでしょうか。

ここでは辻仁成のプロフィールを紹介するとともに、再婚や離婚理由についても紹介します。

辻仁成はどんな人?

辻仁成は1959年10月4日生まれで、1985年にロックバンド「ECHOES」のボーカルとしてデビューしました。その4年後に作家デビューし、本格的に作家として活動し始めます。

2003年には拠点をフランスへと移し、現在もフランス在住となっています。著書は世界中で読まれており、フランス語やドイツ語、中国語など多言語に翻訳されています。

後に中山美穂と再婚するも離婚

200年3月に南果歩と離婚した後、辻仁成は2002年6月に女優の中山美穂と再婚しました。2001年に雑誌の対談で2人は出会い、それから8ヶ月後に入籍となりました。

2004年には2人の間に男の子が誕生し、「芸能人の子供」として常に見られることを避けるためにパリへと移住しました。その後も家族仲は良好で、子育てにも積極的に参加していました。

しかし2014年に協議離婚をしたことを発表し、世間を驚かせました。辻仁成が好き勝手に活動しているなか、中山美穂は仕事もセーブされて家庭に縛り付けられる生活に嫌気がさしたと言われています。

元旦那の不倫が原因で離婚

南果歩と元旦那の辻仁成との離婚の原因は、辻仁成の不倫であるとされています。1999年公開の映画「千年旅人」で初監督を務めましたが、ヒロイン役の女優との不倫が報じられました。

当時、その女優は19歳と未成年だったため世間の注目をさらに集める結果となりました。結局、南果歩はシングルマザーで子供を育てる決意をし、離婚に踏み切ったと言われています。

南果歩の実の息子の情報は?

南果歩と辻仁成の間には1人息子がいますが、生死の境をさまようほどの難産でした。しかし無事に生まれてくれ、一人息子だったためとても可愛がって育てたようです。

南果歩の息子は現在、どこで何をしているのでしょうか。

南果歩は息子の嫁と同居中

2019年3月に放送された「ダウンタウンなう」では、南果歩が現在は息子の嫁と同居中であることが明かされました。息子は辻仁成との間の子で、2018年に結婚したようです。

その後、アメリカの美術学校に通うことが決まり、息子の嫁は日本に残る形を選びました。一緒にお出かけしたりたこ焼きパーティーをしたりするなど、充実した同居ライフのようです。

一見、姑と嫁との同居生活は難しいように思われますが、南果歩は息子の嫁を「妹のよう」と表している通り、とても仲がいい様子です。

南果歩の再婚相手は渡辺謙

渡辺謙は1989年に元モデルの方と結婚し、2人の子供がいました。2005年に泥沼裁判の末に離婚し、同年に南果歩と結婚したことも話題となりました。

2人の馴れ初めは2003年のドラマ「異端の夏」での共演で、離婚成立前から極秘で交際をしていたと言われています。ここでは、渡辺謙や義理の子供たちについて紹介します。

渡辺謙のプロフィール

渡辺謙は1959年10月21日生まれで、現在の年齢は61歳です。新潟県出身で、1978年に劇団の研究生となりました。

徐々に悪役などイメージと異なる役にも挑戦するようになり、2003年の映画「ラストサムライ」でアカデミー賞助演男優賞などの賞にノミネートされ、世界から注目されました。

英語を猛勉強して通訳なしでコミュニケーションが取れるようになり、日本を代表する俳優として世界各国のドラマや映画に出演しています。

渡辺大は義理の息子

1984年8月1日生まれで俳優として活動している渡辺大は、渡辺謙の連れ子であり、南果歩にとって義理の息子となります。本名も渡辺大であり、芸名で活動していた時期もありました。

渡辺大は親の七光りと思われることが嫌父の存在を隠していましたが、2002年放送の「壬生義士伝〜新撰組でいちばん強かった男〜」で父の青年期役で出演しました。

オーディションであまりにも渡辺謙の若い頃と顔や声が似ていたため、隠していてもすぐにバレてしまったようです。

杏は義理の娘

渡辺謙の娘であることは意外と知られていませんが、女優やモデルとして活躍する杏も連れ子で南果歩の義理の娘となりました。本名は渡辺杏で、下の名前を芸名としています。

杏は実の母親の2億円ほどの借金を高校生で肩代わりし、モデルの仕事などで全額返済しました。渡辺謙と元夫人の離婚の後の親権は母親になったようです。

南果歩と杏との仲は謎に包まれており、2人とも有名な女優ながらこれまで共演したことはありません。一部で共演NGとなっていたという噂も出回っています。

渡辺謙との離婚理由は?

南果歩のSNSには渡辺謙との写真が多く投稿されていたため、芸能界の中でもおしどり夫婦として認知されていました。2人が一緒にデートしている姿も度々目撃されていたようです。

渡辺謙の闘病にも寄り添い、まさに絵に描いた美しい夫婦でもありました。しかし2017年3月、渡辺謙が3年にも及ぶ不倫をしていたことが報じられました。

報道の後、渡辺謙は南果歩に全て正直に明かし、事務所も不倫について認めていました。そして2018年5月、2人は離婚したことを公表しました。

南果歩は渡辺謙の不倫が原因でうつ病になっていた

南果歩は元旦那との離婚後、うつ病を患っていたことを明かしました。幸せだったはずの結婚生活でも、元旦那の不倫によって心に傷を負ってしまう人も少なくありません。

ここでは、南果歩のうつ病告白と乳がんについて紹介します。

南果歩がうつ病を告白

2019年9月14日に放送された「サワコの朝」に南果歩が出演し、元旦那の不倫がきっかけでうつ病になったことを告白しました。

渡辺謙と出会った当初はまだ離婚していなかったため、再婚を発表すると一部で「略奪愛だ」「不倫をして元夫人を傷つけた」など心ない声も寄せられました。

それらを乗り越えての再婚だったため、裏切られたことへのショックが大きすぎたのでしょう。あまりの心苦しさから、一時的にアメリカへと拠点を移していた時期もありました。

その前年には乳がん

元旦那である渡辺謙の胃がんが発見されて入院の付き添いをしていた際、自分も検査してもらおうと気軽に受けた検診で乳がんが見つかりました。

精密検査となり再検査すると乳がんのステージ1であることが判明したため、ドラマの収録を終えた後に手術を受けたようです。早期発見だったので転移もなく、腫瘍も小さいままでした。

手術が終わっても完治ではなく、再発しないための治療が始まりました。しかし副作用が重かったため、抗がん剤から代替治療へと切り替えて現在も元気に過ごしています。

現在はシングルライフを楽しんでいる

南果歩は渡辺謙との離婚後、新しいパートナーを見つけることなくシングルライフを楽しんでいるようです。すでに息子は親離れしているため、パートナーはいてもいなくても自由と感じています。

絶対にパートナーがいなければ幸せになれないとも考えておらず、誠実な人がいればいいな程度の気持ちだと明かしています。まだ気持ちは若々しく、やりたいことに満ちているのも若さの秘訣でしょう。

最後に「なかなか楽しくていい人生だった」と思えるように、シングルライフも楽しみながら生きているそうです。

南果歩は韓国人?

南果歩を検索すると「韓国人」という予測変換が出てくるため、南果歩って韓国人なの?と気になる人も多いでしょう。

日本と韓国は政治的問題があるため、在日韓国人や韓国ハーフに悪いイメージを持っている人もいます。ここでは、南果歩と韓国との関係性について紹介します。

在日韓国人3世

2007年11月に放送されたNHKの「スタジオパークからこんにちは」に南果歩が出演した際、在日韓国人3世であることを公表しました。

南果歩の母親は富山出身で、祖父母のお墓参りのために韓国を訪れる機会も多かったようです。その頃に嫌韓ブームとなっていたため、勇気を出して発表したのでした。

ドキュメンタリー番組でファミリーヒストリーを調べた際には、祖父が1937年に武具職人として和歌山県に移住し、1940年から家族と京都で暮らしていたことも明らかになりました。

本名は南果歩・韓国名があるかどうかは不明

南果歩は本名も同じであり、芸名ではありません。在日韓国人であれば日本名とは別に韓国名があったり、韓国人のような苗字を持っていたりすることも多いです。

南果歩の場合は3世ということもあり、韓国名があるかどうかは不明です。しかし南という名字は在日韓国人に多い名前だとも言われているため、やはり関係は深いのでしょう。

南果歩は元旦那たちの不倫に苦しめられていた

今回は、南果歩の元旦那について詳しく紹介しました。2度の離婚の原因はどちらも元旦那の不倫と、南果歩が辛い思いをしたのは想像に難くありません。

しかし現在では子供も独立し、全ての時間を自分のために使えるシングルライフを満喫している様子です。多くの人生経験があるため、これからも南果歩は素晴らしい演技を見せてくれるでしょう。