打越スペクターと関東連合の関係は?ヒロミも過去に所属?逮捕メンバーも エンタメ

打越スペクターと関東連合の関係は?ヒロミも過去に所属?逮捕メンバーも

関東連合と対立関係にあり準暴力団として定められた集団のひとつである打越スペクター。芸能界で活躍しているヒロミさんも打越スペクターに所属していた過去があったそうです。中でも木村兄弟や西村聡造、斎藤邦美などのメンバーは凶悪性の高い事件に関与し、逮捕されています。

目次

[表示]

打越スペクターとは

関東連合や怒羅権に比べると、普通の生活をしている人は馴染みが少ないかもしれません。打越スペクターは関東を中心に活動している準暴力団(半グレ)に指定されている集団です。まずはこの集団について紹介します。

スペクターの支部

打越スペクターの前身と言われているのが、国士舘高校に通っていた不良少年たちにより1970年に結成されたスペクターです。町田発祥のこの集団は、のちに新宿・三鷹・千葉などに勢力を広げます。

打越スペクターの誕生

幅広い勢力を持つようになったスペクターは、かつては日本一の構成人数に。もともとひとつだったスペクターでしたが、万吉と打越にわかれ八王子打越市を本拠地とする打越スペクターが誕生しました。

準暴力団

八王子市を本拠地とする暴走族が起こす事件は凶悪性が高いことで知られていましたが、中でも打越スペクターは軍を抜いていました。2000年頃からOBたちが半グレ化し、凶悪犯罪を繰り返すようになります。

認定されたのは2014年

オレオレ詐欺や身代金要求など、活動資金の集め方が過激すぎるとして2014年3月に打越スペクターのOBメンバーは準暴力団に指定されました。後に紹介しますが、同時に指定された集団は他に3つあります。

関東連合との関係

打越スペクターは「反関東連合」を掲げて集まった集団ということもあり、関東連合とは長年抗争を続けています。OBたちが起こした事件のほとんどが、この対立関係が発端と言われているのです。

打越スペクターの主なメンバー①西村聡造

OBの中でも、リーダー的存在だったのが西村聡造です。八王子エリアの暴走族からは恐れられていた存在だったとか。暴力団とも深い繋がりを持っていたと考えられているが、どの組織化は明らかになっていません。

西新宿金属バット撲殺事件の主犯格?

2008年3月に男性が金属バットで襲撃・殺害された「西新宿金属バット撲殺事件」。襲撃されたのは関東連合と深い関係を持っていた金村剛弘でした。この事件が打越スペクターOBの西村聡造と言われているのです。

複数の人物が関与を匂わせている

西村聡造が事件の主犯格と匂わせているのが、関東連合OBで現在は作家として活動している柴田大輔(作家名:工藤明男)です。他にもアウトローのカリスマと呼ばれている瓜田統士も西村聡造の関与を匂わせています。

事件の発端は数日前

西新宿金属バット撲殺事件の数日前が発端と言われています。数日前、関東連合数名と金村剛弘、秋良連合会数名(反関東連合)が広尾の飲食店で鉢合わせました。店の外に出てから、彼らの中でいがみ合いが勃発します。

金村剛弘がある組員をノックアウト

いがみ合いの末、金村剛弘がある1人の暴力団を一発でノックアウトします。その相手が西村聡造だとか。西新宿金属バット撲殺事件は、このノックアウトによる報復と言われました。

歌舞伎町乱闘事件で逮捕される

西村聡造は2016年3月に山口組系暴力団「一蓮会」との歌舞伎町乱闘事件で逮捕されます。逮捕されたのは一蓮会4名と西村聡造でしたが、双方共に真相については語っていません。理由は次の3つが噂されています。

①内部での揉め事?

この暴行事件の様子はYouTubeにも投稿されています。その動画を見ると一蓮会に囲まれ、一方的に暴行されているようにも。西村聡造は一蓮会の武田修の舎弟だったため内部の揉め事が発端という噂も出ています。

②西村は歌舞伎町出禁だった?

西村聡造は過去に自身が起こした事件により、歌舞伎町を出禁にされていたそうです。それにも関わらず、歌舞伎町に出没していることが発覚し暴行事件に至ったのでは?というのも考えられる理由のひとつでした。

③組織での揉め事?

武田修の舎弟であった西村聡造は、言わずもがな一蓮会と深い関わりを持っている人物です。しかしその西村聡造が神戸の山口組に加わろうとしていたことから一蓮会と揉めたという情報も出ています。

恐喝未遂で再逮捕される

歌舞伎町乱闘事件の3ヶ月後に恐喝未遂事件で逮捕。事件が起きたのは同年4月。八王子市内にラーメン店を開く店主に対し「ここは自分のシマだからみかじめ料を3万円払え」「払えないのなら店を潰す」と脅しました。

打越スペクターの主なメンバー②斎藤邦美

次に紹介する打越スペクターメンバーが斎藤邦美です。振り込め詐欺グループの一員として活動をしていた彼は、埼玉県で発生した凶悪事件に関与したとして逮捕されています。

西村聡造の後輩

斎藤邦美は西村聡造の後輩です。刑期が長かった西村聡造の不在時に、打越スペクターをまとめていたナンバー2的な存在でした。

埼玉県本庄市死体遺棄事件で逮捕される

2011年10月17日に発覚した埼玉県本庄市死体遺棄事件の主犯格として、2015年1月31日に逮捕されました。振り込め詐欺グループ内でお金の分配でトラブルが起きたことが事件の発端です。

死体は本庄市内の霊園に遺棄

この事件の被害者は土屋彰勲。トラブル発生後、土屋彰勲は暴行・監禁さらたのちに死亡します。死体は本庄市内の霊園に埋められました。この事件に関与したのは6名と言われています。

身代金を要求

殺害遺棄しただけではなく西村聡造は土屋彰勲の交際相手に対して身柄を拘束していると嘘をつき身代金2,000万円を騙し取ります。しかし支払ったにも関わらず土屋彰勲と連絡とれないことから警察に相談しました。

斎藤邦美は逃走

事件に関与した人物は事件発生後にすぐ逮捕されましたが、主犯格である斎藤邦美は逃走をはかります。全国に指名手配をかけ、先述したように2015年1月31日に逮捕されました。

打越スペクターの主なメンバー③木村兄弟

打越スペクターの中でも伝説化されているほどの不良と言われているのが、木村兄弟です。特にリーダー的存在として祭り上げられているのが、弟の木村孔次郎でした。

反関東連合

木村兄弟はもともと、関東連合の勢力が強い場所にいた不良少年でした。しかし関東連合の傘下になることを拒み続け、明確に反旗を翻し始めます。そのタイミングで打越スペクターと繋がりを持つようになりました。

大麻取締法違反で逮捕される

木村孔次郎は2017年2月に大麻取締法違反(所持)で逮捕されています。しかしこの逮捕は、先述した西新宿金属バット撲殺事件の関与を疑った警察による関連逮捕を狙ったものと言われています。

運転席の灰皿に大麻

2017年2月28日墨田区で逮捕されましたが、本人は容疑を否認しています。運転席の灰皿から大麻0.01g発見され、大麻所持の疑いで逮捕されています。

西新宿金属バット撲殺事件に関与?

木村兄弟と殺害された金村剛弘は先輩後輩の関係でした。しかし関東連合の対立により揉めていたそうです。その経緯もあり、襲撃を指揮したのは木村兄弟の弟・木村孔次郎では?という声も上がっています。

逮捕者が続出した打越スペクターの現在

準暴力団に指定され警察から目をつけられていること、集団をまとめるリーダー格が立て続けに逮捕されていることから壊滅的な状況になっている打越スペクター。警視庁による締付けに効果が出ているのかもしれません。

ヒロミは打越スペクターに所属していた?

芸能界で活躍している人物の中でも元暴走族出身者がいます。八王子出身のヒロミさんもその中の一人です。しかも凶暴性が高いことで有名な打越スペクターのメンバーだったと言われています。

NEXT:宇梶剛士にも恐れられていた
1/2