加藤純一と高田健志が絶縁?ケンカの理由や現在の関係は?仲直りは? エンタメ

加藤純一と高田健志が絶縁?ケンカの理由や現在の関係は?仲直りは?

飯田氏の声掛けにより作られたバラエティチャンネルが人気を集めていた加藤純一と高田健志の2人。しかし勘違いにより多くの人が目撃する絶縁騒動に発展します。加藤純一と高田健志の関係に亀裂を生じた理由や現在の関係について調べてみました。仲直りはしているのでしょうか?

目次

[表示]

加藤純一と高田健志について知りたい

ニコニコ動画配信者の間ではトップクラスの人気を集める2人。バラエティチャンネルを開設し共演するも、高田健志の勘違いがきっかけで関係に大きな亀裂を作ってしまいました。今回はそんな2人について紹介します。

加藤純一とはどんな人?

ニコニコ動画配信者として知名度がある加藤純一ですが、YouTuberやタレントとしても活動をしています。2018年8月にはニコニコ動画内で最も多い視聴数、コメント数を記録しました。

加藤純一のプロフィール

医療従事者を務めながら動画配信をしていましたが2016年に退職し芸能プロダクションに所属しました。XJAPANのYOSHIKIとToshiとは同じ高校の出身。ニコ生音楽王でToshiと共演しています。

  • 本名:加藤純一
  • 別名:うんこちゃん
  • 生年月日:1985年8月17日
  • 血液型:O型
  • 出身地:千葉県館山市
  • 在住:東京都
  • 最終学歴:千葉県立安房高等学校

ゲーム実況者でyoutuber

2009年7月5日にニコニコ動画にゲーム実況を投稿したのが、活動の始まりです。当時のアカウントが「うんこちゃん」だったため、しばらくはその名前で活動をしていましたが、2015年に本名を公開しました。

幅広い場で活躍をするように

ニコニコ動画への配信が第一歩ですが、後にYouTubeやTwitchへの生配信を行ったりイベントに出演したりするなど、幅広い場で活躍をするようになります。多くの人が視聴する人気動画配信者となりました。

2021年には最高同時視聴者数を達成

加藤純一の人気はまだまだ衰えていません。2021年1月24日YouTubeで生配信された「イナズマイレブン」実況では、158,904人と最高同時視聴者数を記録しています。

高田健志とはどんな人?

今回ピックアップするのは加藤純一と高田健志の絶縁騒動です。加藤純一と共にチャンネルを開設した高田健志についても紹介していきましょう。彼の経歴を見ていると面白い過去が見えてきました。

高田健志のプロフィール

ネット上では現人神とも呼ばれている高田健志。面白い経歴の持ち主で、学生時代にはジャニーズJr.に所属していたこともあったそうです。その時には国民的アイドル嵐のバックダンサーをしていたこともありました。

  • 本名:高田健志(たかだけんし)
  • 生年月日:1985年12月16日
  • 出身地:兵庫県
  • 在住:大阪府

NSCに所属していた過去も

ジャニーズ事務所退所後は、27期生として大阪NSCに所属しています。現在は事務所に所属せずに、フリーとして俳優という肩書で活動中です。俳優としてよりも、動画配信者としての活躍がメインとなっています。

実況プレイをする人

先述しているように高田健志は実況プレイ動画の投稿、生配信を主に行っています。現在は本名で活動していますが以前は「蛟」というハンドルネームを使っていました。関西出身者らしくテンポ良い喋りが特徴です。

蛟ってなんて読む?

通常であれば「蛟(みずち)」が正しい読み方ですが、高田健志がハンドルネームとして使っていたのは「蛟」と書いて「か」と読みます。過去に間違えて漢字を読んでしまったことが面白く、そのまま使ったそうです。

加藤純一と高田健志の関係は?

ゲーム実況者問共通点はあるものの、加藤純一と高田健志を繋げたものは何だったのでしょうか?結果的に関係は悪化してしまいましたが、2人の出逢いのきっかけを振り返ってみましょう。

出会いは高田健志からのコンタクト

2人の出逢いは高田健志がラジオ番組のパートナーを探してる時に、加藤純一にコンタクトをとったことが始まりです。

二人は一緒に配信をすることもあった

知り合ってからはゲーム実況動画などで共演をし交流を重ねてきた加藤純一と高田健志の2人。高田健志が2012年に活動拠点を移す際は加藤純一の助言により板橋区を居住地に選んだほど、信頼関係を築いていました。

高田健志がブレイクする

芸能事務所ゼルプロダクションに所属してからはブログ開設、公式チャンネルの開設や配信を定期的に行うようになります。多くの人の目に触れる機会も増えたことで、一気にブレイクしました。

活動制限はありつつも2人の配信は継続

ブレイク後は事務所の規定などもあり、活動を制限されることが増えてきました。しかし制限がある中でも、加藤純一との配信だけは積極的に行っていたのです。後に2人で新しいチャンネルを開設することになります。

「かとさんけんさんチャンネル」を設立する

高田健志が所属していたゼルプロダクションは2014年1月に突然倒産します。フリーとなった高田健志は、制限が無くなったことにより自由に配信活動ができるようになりました。その時に出逢ったのが飯田氏です。

株式会社テクサ社長との出逢い

フリーになった頃に株式会社テクサ社長の飯田氏と出逢います。彼との出逢いが「かとさんけんさんチャンネル」設立のきっかけとなりました。このチャンネルはゲーム実況をメインとしたバラエティチャンネルです。

加藤純一と高田健志が絶縁って本当?理由は?

2人でバラエティチャンネルを立ち上げるくらいに良好な関係を築いていた両者でしたが、ある事件をきっかけに関係に亀裂が生じます。この出来事は絶縁宣言をした日にちなんで「3.28事件」と呼ばれました。

絶縁となった3.28事件とは?

加藤純一と高田健志の関係が悪化したと言われている「3.28事件」この出来事を時系列に見ていきましょう。悪意も無く始まった勘違いが、すれ違いを生み関係修復が難しいほどに発展してしまいました。

事件の発端は3月1日

この日、ニコニコ超会議の主催者である株式会社ドワンゴから、株式会社テクサの社長飯田氏に仕事の依頼が入ります。その仕事と言うのが、ニコニコ超会議においてユーザーレポーターをして欲しいという内容でした。

飯田氏から高田健志に仕事内容が伝わる

高田健志は加藤純一に、飯田氏から聞いた仕事内容を伝えます。ここが問題が生じた最初の原因です。超会議を超野球と伝え、ユーザーレポーターということを伏せて伝達していました。

勘違いしたまま仕事を受ける

超野球のメインMCの仕事だと思った加藤純一は、ドワンゴからの仕事を快諾します。この時点ですでにズレが生じていますが、高田健志は勘違いをしているため全く悪意がない状態です。

疑問を抱き始める加藤純一

打ち合わせを進めるにつれて、高田健志の話す内容に疑問を抱くようになります。実際に話している内容と実際の状況に大きな違いが見られたため、3月16日に高田健志に出演NGとイベント内容変更を打診しました。

高田健志は既読スルー

LINEを送ったにも関わらず高田健志からは返信がありませんでした。数日たった24日に今度は加藤純一から高田健志にLINEをします。1度会って話をしようと送りますが8時間返信が無かったそうです。

お互いに批判しあって関係は悪化

LINEでのすれ違いにより大きな溝を作ってしまった2人の関係。高田健志は自身のチャンネル内で既読スルーした加藤純一を自身のチャンネル内で批判します。批判で終わらなかったのが騒動加速の原因でした。

内部事情まで話したことに加藤純一が激怒

既読スルーに関しての批判だけなら、ここまで騒動は大きくならなかったかもしれません。ヒートアップしてしまったのか高田健志が内部事情まで話したことで加藤純一は大激怒しました。

多くの目撃者がいる大喧嘩に

内部事情を暴露した高田健志に対して、加藤純一も火がつき自身のチャンネルで批判をするようになります。多くの目撃者がいる大人の大喧嘩に発展してしまいました。

NEXT:加藤純一から絶縁宣言をした
1/2