イッテQ!イモトアヤコの登山記録を網羅!過密スケジュールでメンタルは大丈夫?! お笑い

イッテQ!イモトアヤコの登山記録を網羅!過密スケジュールでメンタルは大丈夫?!

「世界の果てまでイッテQ!」でイモトアヤコさんが登った山々の記録を網羅してみようと思います。最近の放送ではスタッフに暴挙に出たとか。過密スケジュールでメンタルも心配です。石崎Dと熱愛の噂もでてきました。実際はどうなのか調査してみましょう。

イモトアヤコの「イッテQ!登山部」登頂記録はホンモノ?

日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」の企画で本格的な登山に取り組んでいるイモトアヤコさん。一般人には難しすぎるだろうと思われる企画なのですが、イモトアヤコさんの並外れた身体能力で実際にしっかりガチな登山を行っています。

練習や体力づくりを兼ねて日本の山で練習をしてから登ることも多いのです。実は、イッテQ!の登山部には日本屈指の登山家が名前を連ねています。そんな登山家たちがイモトアヤコさんの身体能力や登山センスを高く評価して、準備をして登頂に導いています。

イモトアヤコのプロフィール

  • 職業:お笑い芸人
  • ニックネーム:珍獣ハンター・イモト
  • 生年月日:1986年1月12日(32歳)
  • 出身地:鳥取県
  • 血液型:O型
  • 身長:158cm
  • 最終学歴:文教大学情報学部
  • 趣味・特技:安室奈美恵の大ファン、スポーツ全般が得意、カメラは個展を開いた
  • 事務所:ワタナベエンターテインメント
  • 本名:井本絢子
  • 公式サイト:http://www.watanabepro.co.jp/mypage/30000016/

大学3年の時にワタナベコメディスクールに3期生として入所。バービーと「東京ホルモン娘」というコンビを組んでいた時期もあります。2007年から日テレ系「世界の果てまでイッテQ」のレギュラーになったことで自然消滅したものの、現在も2人は時々一緒に活動することがあります。

イモトアヤコの「イッテQ!登山部」の最初の記録

イッテQ!登山部はいつできたのか、番組の歴史を紐解いてみました。2009年にイモトアヤコさんがキリマンジャロ登頂。2010年に内村光良さんが富士山登頂、イモトアヤコさんがモンブラン登頂を成功させたことをきっかけに、それまでの登山の記録が「イッテQ!登山部」の枠に入ることになりました。

イモトアヤコ「イッテQ!登山部」の登頂記録がスゴイ!

  • 2009年 5月 キリマンジャロ登頂(アフリカ大陸最高峰、標高5895m)
  • 2010年 8月 モンブラン登頂(ヨーロッパアルプス最高峰 標高4810m 三山縦走タキュル→モンモディ→モンブラン)
  • 2011年 8月 キリマンジャロ登頂(標高5895m。盲目の立木早絵さんの伴奏登頂)
  • 2012年 1月 アコンカグア登頂断念(南アメリカ大陸最高峰、標高6962m、標高6890m地点で山岳ガイドで登山部リーダーの角谷道弘の判断で涙の下山)
  • 2012年 9月 マッターホルン登頂(標高4478m)
  • 2013年10月 マナスル登頂(世界8位、標高8163m)
  • 2014年 4月 エベレスト登頂断念(アジア大陸最高峰、標高8850m、メラピーク下山後のベースキャンプ・カーレ標高4900mで断念。大規模な雪崩が発生し多数のガイドが犠牲になり、多くの外国の隊も登頂を断念した。)
  • 2015年 6月 デナリ登頂(北アメリカ大陸最高峰、標高6194m、2015年8月30日にマッキンリーから改称)
  • 2016年 8月 アイガー登頂(標高3970m)
  • 2017年12月 ヴィンソン・マシフ登頂(南極大陸最高峰 標高4892m)

イモトアヤコの登山練習の登頂記録!もはや練習じゃないレベル!

登山の訓練や高所順化などのための登山や合宿も多数おこなっています。雪山登山の練習、滑落訓練、クライミングの練習、アイゼンによる岩山登山訓練、クレパス脱出訓練や雪上生活訓練など、いずれも綿密な練習を行っています。

訓練登山の山々もすごいです。崋山(中国、2160m)西穂独標登頂(2701m)、劔岳登頂(源次郎尾根ルート、2999m)、リッフェルホルン登頂(スイス、2757m)、ブライトホルン登頂(スイス、4164m)、(槍ヶ岳登頂(3180m)、北穂高岳登頂(3106m)、富士山登頂(3776m)

キナバル山登頂(マレーシア、4095m)、大山登頂(1729m)、メラピーク登頂(標高6461m)、ルッツォーネダム登頂(スイス、世界一の人口クライミングウォール、高さ165m 45階建てのビル相当の高さ、傾斜90度で最後は反り返りがある)、メンヒ登頂(スイス、4107m)、アルプフーベル登頂(スイス、4206m)

イモトアヤコのイッテQ!登山部メンバーがすごい!

「イッテQ!登山部」がすごいのは登頂記録だけではありません。日本を代表するアルピニストが名前を連ねています。登山家はエベレスト登頂経験者ばかり。部長はウッチャン。顧問は日本の登山家の代表的存在の登山家で山岳ガイドの貫田宗男さん。三浦雄一郎さんの3度のエベレスト挑戦を成功に導くなど功績多数です。

登山部リーダーは登山家で国際山岳ガイドの角谷道弘さん。内村光良さんとは「ウッチャンナンチャンのウリナリ」のマッターホルン登頂部で出会いました。2012年に滑落事故に巻き込まれ再起不能と言われる大けがをしますが奇跡の復活を遂げ2013年にマッターホルン登頂に成功。イッテQ!にも戻ってきました。

登山家で山岳ガイドの倉岡裕之さん。エベレスト登頂9回成功は日本人最多。七大陸最高峰登頂は日本人11人目。登山家で山岳ガイドの奥田仁一さんは遭難による凍傷で手足の指11本や鼻の一部を失っていますが現在も第一線で活躍中。石崎史郎ディレクター。山岳ガイドやカメラマン、音声スタッフ、山岳ドクターもいます。

下山にヘリ使用でイモトアヤコの登山に批判が殺到!

イモトアヤコさんの登山企画。下山はいつもヘリでというイメージが先行しています。登山では下山が難しく下山で遭難するケースが多いのです。とくにマッターホルンは山頂部が急斜面の岩盤のため下山がすごく難しいのです。イモトアヤコさんの実力が無いから下山はいつもヘリにしているという噂は本当でしょうか。

調べてみるとヘリで下山したのはマッターホルンとアイガーだけでした。ほかはしっかり自力で下山しているようで、中には下山が放送されないことをイモトアヤコさんが嘆いている声が聞こえた回もあったようです。

マッターホルンの下山はヘリだったことは気になりますが、登山部メンバーのイモトアヤコさん評価やイモトアヤコさんの登頂記録、訓練の内容を見れば下山の実力は十分以上にありそうです。ヘリ利用はイモトアヤコさんのせいではないようです。

登頂記録にならないと登山家が批判!日テレはコメント発表!!

登山家の野口健さんも批判に加わったことで話題を呼びました。野口さんだったら、自力で下山して初めて登頂したことになると考えている、けれどルールは無いから人それぞれで良いのではないかという趣旨のコメントを出したのです。

日テレサイドは、現地ガイドの判断に従っただけだと返答しました。ロケをしながら登山すると時間がかかり他のグループの邪魔になる。登頂の出発は一番最後、下山はヘリにする。というのが現地ガイドの条件だったようです。日テレはその条件を飲んで企画を実行したということでした。

金の力で下山!?ヘリコプター利用はずるい?!

ヘリコプター利用には他の理由による批判もありました。ヘリコプターはお金がかかります。つまり、金の力で下山したという批判でした。自力で降りてほしかったという視聴者の期待の大きさもあったのでしょう。

ヘリの下山はいくらほどかかるのでしょうか。場所にもよりますがアイガーの場合は60万円ほどではないかと言われています。ちなみに日本で遭難救助を民間に要請した場合は200万円を超えるという話をきいたことがあります。いずれにしても、民間人がポンと払える料金ではありません。

イモトアヤコのイメージ陥落!オパールの装飾品で本音丸出し!?

今年1月26日。オーストラリア・デーを取材するためにオーストラリアを訪れたイモトアヤコさん。名産のオパールの取材をしました。最初は3000万円のオパールの装飾品にうっとりとため息をついていたのですが…

20万円ほどのオパールの装飾品の購入をディレクターから勧められると「いらなくね?」と発言。結局、ディレクターが奥さんへのお土産に買うことになりイモトアヤコさんが見繕いました。ディレクターが「ちょっと、おばさんっぽい」と購入を躊躇したところ「いいじゃん、どうせおじさんとおばさんでしょ。」と発言。

先週は南極での極限登山の様子が放映されて評価が高まっていただけに、そのあまりの変わりように視聴者からは「がっかりした」「イモト!大丈夫か?」という声があがる事態になりました。スタッフを見下した態度と発言はイモトアヤコさんらしくないと感じた視聴者が多かったのですね。

イモトアヤコのロケは過密スケジュール!メンタルは大丈夫か?

以前からイモトアヤコさんのスケジュールは過密すぎると心配する声があがっていました。今回は南極登山から帰国後、ひと月たたないうちに気温差が激しいオーストラリアに移動してのレポートでした。いつものイモトアヤコさんらしからぬ暴挙なので疲労がたまっているのでは?とメンタルを心配する声があがっています。

イモトアヤコを支える石崎Dと熱愛報道はあるか?!

イッテQ!で石崎ディレクターが関わっている企画はイモトワールドツアーとイッテQ!登山部です。最初の頃はギクシャクしていましたが10年近くロケで一緒に旅をした結果、2人の会話はすっかり熟年夫婦の域に達しています。面白すぎる2人の会話が毎回話題になっています。

2人があまりに楽しそうに仲睦まじい会話を繰り広げているので、ついにイモトアヤコさんの結婚相手だとか、結婚が近いと噂されるようになってきました。熱愛情報はないかと探ましたが、残念ながら今のところはありませんでした。

登頂できなかった山もある石崎Dですがキリマンジャロやマナスル登頂には成功してます。実は石崎Dの携わる番組は高視聴率を稼ぐそうです。なかなか優秀なんですね。10年近く同じ体験を潜り抜けてきた2人、素敵な夫婦になりそうです!

イモトアヤコの登山歴はすごかった!休養してメンタル復活を!

イモトアヤコさんの登頂履歴、すごかったですね。日テレという大きなバックに支えられて一流の指導陣を揃えた登山ではありますが、実際に足を動かして登っているのはイモトアヤコさんです。その功績は称えられて良いものだと思います。

過密スケジュールでストレスがたまっているのでしょうか。イモトアヤコさんらしくない発言で国民からメンタルを心配する声があがっています。売れっ子で難しいかもしれませんが、しっかり休養をとってまた大きなチャレンジをしてほしいですね。