鷲尾いさ子は病気の噂!?2018年現在の病名や病状や近況情報 エンタメ

鷲尾いさ子は病気の噂!?2018年現在の病名や病状や近況情報

女優の鷲尾いさ子さんが表舞台から姿を消して数年。色々な噂が広まっていましたが、メディアが単独での外出が難しい。闘病中だという情報を伝えました。しかし病名、病状までは公表されませんでした。その結果病名は何?病状は?という疑問が広がっています。

鷲尾いさ子のプロフィール

名前:鷲尾いさ子(本名:中村 いさ子) 生年月日:1967年4月1日 出身地:新潟県新潟市 血液型:AB型 職業:女優 所属事務所:KITTO 配偶者:仲村トオル(1995年結婚)

装苑の専属モデルとして注目を浴び、その後全日空水着キャンペーンガールに選ばれたことがきっかけとなりデビュー。1987年にはパリコレでモデルを務める。また私生活では1995年に俳優の仲村トオルさんと結婚し二児の母である。2004年頃からは家事や育児に専念することが多くなっていました。

2018年 鷲尾いさ子の現在

鷲尾いさ子さんは2018年現在テレビなどの出演はありません。最後に映画やテレビにで目にする形になったのは2003年頃が最後となっている状況です。プロフィールにも書きましたが2004年ごろは家事や育児に専念していたという状況です。

鷲尾いさ子 2018年現在病気の噂?

2004年以降は家事や育児に専念するとしてメディアに出ることがなくなってしまっていた鷲尾いさ子さん。住宅近辺でも姿を見ることがなくなり病気の噂が広まります。火のない所に煙は立たぬといいますが所属事務所もメディアの取材に対して闘病中であることを認めています。

鷲尾いさ子は原因不明の難病?

2013年にメディアによる鷲尾いさ子さんの難病という報道がありました。所属事務所は闘病中でという事を認めていますが、病名の公表もないことで重い病気を患っているという想像だけが広まっている状況です。

鷲尾いさ子はどんな病気?病名?病状?

では、鷲尾いさ子さんはどんな病気なのか?どんな病名が疑われているのか?どんな病状なのかという疑問が広まっているこということでまずはどんな病状で悩まされているのかという事から調べてみました。

症状としては悪い時には歩行も困難になり、歩くのもやっとの状況の様で、外出することもままらない状態にまでなるそうです。 同じような病状に悩まされている方は50~60歳に多くて治療は確立されておらず完治は難しいようです。ですが現在は投薬やリハビリ治療で日常生活に支障がないようにすることもできるようになってきているようです。

鷲尾いさ子 噂の病名①

さて、噂されている病名として1つ目なのですがパーキンソン病です。病状としては体の動きに障害があらわれるようです。主な症状は動作が遅い・少ない・小さい。手足が震える。筋固縮(腕や足を動かそうとすると関節ががくがくするような抵抗が感じられる)バランスが取れない。といった症状がある用です。

このパーキンソン病の症状と鷲尾いさ子さんの症状を照らし合わせると体の動きに障害があらわれている部分という点では合致しています。しかしパーキンソン病は原因がわかっているようです。ドパミン神経が減少して体の障害があらわれるようなので、原因が不明の鷲尾いさ子さんの状況とは少し異なる気がしてしまいます。

鷲尾いさ子 噂の病名②

次に噂されている病名として膠原病です。こちらの病気の特徴としましては、関節の腫れやこわばり、痛みがあげられ病気が進行すると関節に変形が現れたり臓器にも障害があらわれる日常生活に不自由を感じるようになるそうです。

膠原病と鷲尾いさ子さんの病状を照らし合わせてみると、この膠原病であるのであれば日常生活に不自由があるとすると病気がかなり進行していることが予想されます。また投薬療法であることも合致しています。関節の変形等は直接確認することができないので不明な点になってしまいます。

鷲尾いさ子 噂の病名③

次に噂されている病名としてALS(筋萎縮性側索硬化症)が上がっています。こちらの病気の症状は、手足の動きに異常を感じ、進行すると話しにくくなったり食べ物を飲みにくくなっていくようです。さらに進行すると全身の筋肉が弱くなり呼吸をおこなう筋肉も衰えていくようです。

ALS(筋萎縮性側索硬化症)はかなり怖い症状が書かれていますが鷲尾いさ子さんの病状との共通点があります。身体を動かすことに障害があるという点は共通となります。次にこの病気の方は50代から70代の年齢層に多いそうです。鷲尾いさ子さんの現在の年齢を考えると少しずれていますがあくまでも多い年齢なので気になってしまいます。

鷲尾いさ子 2018年現在で疑われる病名について

さて噂されている病名をいくつか見てみました。疑われている病気の症状としては体の動きに障害がある病気が並びました。つまり外出が少ない事などの情報、難病であるという点の共通点からこのような病気が噂されている要因になってしまっていると思われます。

一部では筋萎縮性側索硬化症のような報道もあるようです。こちらも原因不明で難病という点。自分の意志で動けないという点などの共通点からの報道なのかもしれません。もし筋萎縮性側索硬化症であれば1人で生活することは次第に難しくなってしまうことでしょう。

鷲尾いさ子が現在のような病気になってしまった原因は?

では鷲尾いさ子さんはどうしてこのような病気になってしまったのでしょうか? 原因は不明となっていますが何かしらの変化等があったかもしれません。公表をされていないので想像や噂の域は出ないでしょうがいろいろと調べてみました。

まずは2004年ごろに摂食障害や拒食症との報道があったようです。しかし時期的にはすでに病気を発症してこの症状が出ていた可能性もあります。また女優という職業柄ストレスが原因という事は安易につなげてしまいそうです。どの病気も突発的に発症するものではないようなので報道があるまではある程度隠していたのでしょう。

鷲尾いさ子は病気でどうなってしまった?

デビューから順調に活躍していた鷲尾いさ子さん。1995年に仲村トオルさんと結婚し、子供を2人出産しています。しかし2004年頃から家庭に専念するとして表舞台から消えました。もしかするとこの時期から外出も難しい状況があったのかもしれません。また現在では夫である仲村トオルさんや家族に支えられて生活している状況のようです。

鷲尾いさ子 2018年現在の病気の現状とは?

鷲尾いさ子さんが現在どうなっているのかという事ですが、現在も家族の支えがないと生活できないようです。一人での外出も厳しいようですので病状は進行してしまっている可能性があります。外出どころか家の中での日常生活にも支障をきたしている可能性もあります。

鷲尾いさ子の病気は2018年現在の医学で完治できるのか?

事務所もすべて情報を公開しているわけではないと思いますので詳しいことはわからないのですが、ここまでで噂されている病気は原因がわからない。そして一人で生活することも難しく病状は進行していく病気です。

噂されている病気は原因が不明で治療が確立されていません。特に噂されている筋萎縮性側索硬化症に至っては最終的に自分で呼吸することも難しくなるような難病です。病気の治療が確立されておらず特効薬もない状況で現在の医学では完治は難しいといえそうです。

鷲尾いさ子を支える夫仲村トオル

妻である鷲尾いさ子さんを支える仲村トオルさんですが俳優としても大活躍していますのでつきっきりという事ではないようです。仲村トオルさんが妻である鷲尾いさ子さんを支えながらの活躍を少し見てみましょう。

妻の鷲尾いさ子さんを支えている状況でドラマ等の飲み会などは参加していなかったようです。お子さんの学校行事によく顔を出していたようです。そうした状況で一時期は育児や家事の為に仕事をセーブしていたようですが最近では連続ドラマに出演するようになりました。お子さんが鷲尾いさ子さんを支える大きな存在となっているようです。

鷲尾いさ子の夫 仲村トオル

1985年の映画『ビーバップハイスクール』不良少年役でデビュー。翌年には『あぶない刑事』でドラマデビュー。どちらも名前と同じとおる役なのは運命か?1992年のドラマ『俺たちルーキーコップ』で相手役を務めた鷲尾いさ子さんとの共演がきっかけで交際。そして1995年に結婚。以後も多数のドラマ・CM・映画に出演する。

鷲尾いさ子さんと結婚後1998年に長女が生まれると趣味だったゴルフへの情熱もどこへやら家庭第一の人に。「休みの日に家族を置いてゴルフへ行って何が楽しいのかわからない」と言うほどになってしまいます。

仲村トオルさんの家族愛

仲村トオルさんは妻が闘病中であることを認めているようですが病状や現状については何も話していません。仲村トオルさんは家事や育児をしながら芸能活動を続けていました。現在鷲尾いさ子さんが一人で動くことも困難な状況となっていても夫婦生活は結婚した当初と変わらないといわれています。

ベストファーザー賞を受賞している仲村トオルさん。あるインタビューで守り抜きたいものは家族と話しています。また「妻や子供は間違いなく、自分でなければダメな人たちで、自分をどうしようもなく必要としてくれていると思う」とも話しています。

 

鷲尾いさ子さんの今後は?

今後の鷲尾いさ子さんなのですがどの病気であれやはり完治が難しい病気であるという事。これからずっとこの病気と付き合っていくような生活になってくると思います。噂の病気の中には一人で生活することも困難になる病気もあります。

原因不明の難病で一人で生きていくことが難しい状況。これから先も家族に支えられながらの生活となると思われます。家族で支えあい、これから少しでも鷲尾いさ子さんが生きがいのある生活を送れればと思います。