不思議な魅力・大御所美輪明宏の昔はかなりの美少年だった?! 歌手・アーティスト

不思議な魅力・大御所美輪明宏の昔はかなりの美少年だった?!

みなさんご存知、美輪明宏さんは今年で84歳です。若い人には、ジブリ映画の「もののけ姫」「ハウルの動く城」のイメージが強いかもしれないですね。今回は、美輪明宏さんの若い頃のこと、三島由紀夫との関係や、美輪さんの霊感などについて調べてみたいと思います。

↓↓↓↓↓他の方はこちらの記事も読んでいます↓↓↓↓↓

大御所・美輪明宏の昔はハーフ顔の美少年!?

これは若いころの美輪明宏さんです。まるで少女漫画から飛び出してきたような美少年ですよね。当時、「神武(じんむ)以来の美少年」と呼ばれていたそうです。そんな美輪明宏さん、その美貌で10代から“ボーイフレンド”には不自由しなかったといいます。

中学時代には既に彼氏は“とっかえひっかえ”で、20代前半には『今、つきあってるのは20〜30人』と雑誌のインタビューで豪語していたほどモテモテぶりでした。ホリの深い顔立ちから「ハーフなの?」と思われがちですが、ご両親はれっきとした日本人です。

大御所美輪明宏のプロフィール

  • 【本名】丸山 明宏
  • 【出生名】幼名 臣吾
  • 【生年月日】1935年5月15日
  • 【出身地】長崎県長崎市
  • 【学歴】 国立音楽大学附属高校中退
  • 【職業】シンガーソングライター、俳優、演出家、タレント
  • 【所属事務所】オフィスミワ

美輪明宏は1935年5月15日生まれの84歳です。長崎県長崎市で生まれた美輪明宏さんの本名は、丸山明宏と言います。幼名は臣吾という名前だったようです。美輪明宏さんは若い頃から芸能界入り、1971年ごろまで、丸山明宏の名前で活動していたようです。

大御所美輪明宏の昔・生い立ちや経歴!!

美輪明宏さんの生い立ちは、5人兄弟の次男として長崎市で生まれました。美輪明宏さんの実家は長崎市内の『丸山遊郭』と呼ばれる、遊女や芸者が集まる遊郭の街でした。そして、実家はそこで『世界』という名前のカフェを経営していたようです。

美輪明宏さんの生い立ちには、そういった特殊な街並みの中での生活は重要なキーポイントだったかもしれません。美輪さんがまだ幼い年齢のころに、第二次世界大戦が始まったことから、敵国の文化であるカフェの営業の継続は難しいと考えて、カフェは閉店したようです。

そんな生い立ちの美輪さんの若い頃の姿がこちら!日本人とは思えないほど、キリッとして中性的なフェロモンのある姿ですよね。いまの独特な雰囲気は、すでに若い頃から持っていたのです。しかし、美輪さんがここまでくるのには、辛い生い立ちがの経験があったのです。

大御所美輪明宏の昔!!つらい過去とは?

美輪明宏さんの生い立ちには、戦争が大きく関わっています。第二次世界大戦が始まり、長崎に原爆が落とされたとき、美輪明宏さんも爆心地から約4キロの地点に居たそうです。このとき10歳だった美輪明宏さんは、原爆投下から6日経った終戦の日に、

祖父母を1人で探しにいって、その惨状を目の当たりにしたのです。そもそも、美輪明宏さん自身も爆心地から4キロ離れていたとはいえ、あの爆発の光を見ており、近隣の建物も爆風で飛ばされていた状態だったのです。原爆の影響により、

カフェから金融業に転職していた父は、貸し付けたお金がまったく返ってこなくなり、困窮に陥ります。このころの年齢の美輪明宏さんは、父の後妻が他界し、その後の妻も失踪し、幼い異母兄弟たちと貧しい生活を送る日々が続いていました。

大御所美輪明宏の昔・歌手デビュー!!

そんな最中、美輪明宏さんは加賀美一郎さんという人物が出演していた映画を鑑賞します。その中で、加賀さんのボーイソプラノに衝撃を受けて、美輪明宏さんも声楽とピアノのレッスンを受けるようになります。オペラ歌手、コンサート歌手になることを夢見ます。

そして1951年に上京することになりました。15歳という年齢で上京した美輪明宏さんは、国立音楽高等学校に進学するため、進駐軍のキャンプ周りをしてジャズを歌ったそうです。美輪さんはこの頃からの活動を、自分にとっての歌手としての活動としていたそうです。

そのため、現在で芸歴は60年以上になるというわけです。そのころ、まともに住むところもなかったため、この年齢でなんと新宿駅に寝泊まりして生活していたそうです。美輪明宏さんにはこういった壮絶な生い立ちと下積みの時代があったのですね。

大御所美輪明宏の昔・三島由紀夫との関係!!

17歳という年齢になった美輪明宏さんは、銀座のシャンソン喫茶『銀巴里』の美少年募集の張り紙を見て、銀巴里と専属契約を交わし、歌手デビューを果たします。このころの美輪明宏さんは、国籍や年齢、そして性別も不詳にして活動していました。

そう考えると、昔から謎の多い人物として活動していたようですね。その不思議な魅力に取りつかれた文化人も多く、かの有名な三島由紀夫や野坂昭如、大江健三郎や遠藤周作に寺山修司に支持されるようになります。実は黒柳徹子さんも噂を聞きつけ見に行ったそうです。

その中でも当時から「天才作家」として名を馳せていた当時26歳の三島由紀夫さんは「天上界の美」と美輪明宏さんを褒めたたえます。三島さんはレコードデビューの間接的なサポートなどに尽力したと言われていて、後に2人は10年以上の交友関係となります。

美輪明宏・三島由紀夫がべたぼれ状態!?

同時期に美輪明宏さんは江戸川乱歩さんとも出会います。江戸川乱歩さんは美輪明宏さんの美貌だけではなく、「頭の回転が速くて物おじしない」態度も大変気に入り、ひいきにしていたそうです。その2人との出会いから17年後、原作・江戸川乱歩、戯曲・三島由紀夫

による演劇「黒蜥蜴」で、美輪さんは主人公を演じることになります。三島由紀夫は美輪さんが好き過ぎて、映画では美輪さんとキスしたいばかりにキスシーンを無理矢理作ったんだそうです。リハーサルで、キスを寸止めした美輪さんに対して

「なぜキスしてくれないの?」と三島さんに何度もおねだりされたんだそうです。そして「黒蜥蜴」は空前の大ヒット。映画化もされ、ニューヨーク・タイムズ等々にも大々的に取り上げられ、ニューヨークやパリを始め世界的に大絶賛されました。

三島由紀夫と美輪明宏は恋人同士だった!?

三島由紀夫さんは幼い頃、祖母に女の子のように着物を着せられて育てられたそうで、それが人格形成に影響していた可能性があります。三島さんは美輪明宏さんに相当惚れこんでいて、世間には美輪明宏さんは、三島由紀夫の「愛人」と噂されていたそうです。

ですが実際はそのような関係ではなく、生前の三島さんに「キミの唯一の欠点は俺にほれないことだ」と言われたことを美輪さんは明かしています。美輪明宏さん本人も「尊敬できる人とは恋愛感情にならない」とのことで、あくまでも一方通行な恋だったようです。

不思議な美輪明宏・同性愛者を告白している!!

歌手として活動する中で、美輪明宏さんは雑誌において自分が同性愛者であることを告白します。そして、シャンソンのイメージとは違った、独自の解釈による歌唱法が世間にはまだ受け入れられず、人気は低迷。しかし、美輪さんは歌手としての活動を諦めませんでした。

それでも、自身で作詞作曲を続けながら活動を継続していました。この頃の、美輪明宏さんは多くのパトロンに生活を支援してもらいながら生活していたようです。そんな中で、美輪明宏は原爆症による吐血に悩まされることになるのです。

不思議な美輪明宏・昔から白髪だった!!

実は美輪明宏さんは若い頃から肺の病に苦しんでいたことで、30代のころにはかなり白髪が進んでいたそうです。そのため、昔から黒染めを行っていたようですが、2000年に入る前頃から風水によって黄色く染めたロングヘアーにしているそうです。

美輪明宏さんは生涯独身!でも養子がいた!?

美輪明宏さんは、2013年1月に「週刊文春」で、約8年前にある男性と養子縁組している事が報じられました。その男性というのは、現在美輪明宏さんの個人事務所「オフィス・ミワ」社長をしている17歳年下の藤堂貴也さん。出会いは藤堂貴也さんが17歳の頃、

知人の紹介で美輪さんの付き人となって以来だそうです。藤堂貴也さんはNHK大河ドラマ『黄金の日日』に出演したり、声優としても活動していたそうですが、前社長が高齢の為退任し、社長に就任した為に、同時に芸能界は引退しています。

青山竜三さんというシャンソン歌手も美輪さんの養子になる可能性があったそうなんですが、90年にくも膜下出血で亡くなってしまったそうです。美輪さんの財産を引き継ぐには養子縁組という方法が一番ベストだったということですね。

不思議な美輪明宏!霊感は本物なの?!

美輪明宏さんは「物心ついたときから、『目に見えないもの』が見えていた」そうです。霊能力を持ち、霊を見たり、取り憑いた悪霊を祓う事もあったそうです。ただ、余りに感覚が強くて辛くなり、神様に祈って封印してもらったなんて噂もあります。

しかし、お役目がある時だけは、再び開かれるようです。このようなことを信じるか信じないかは人それぞれです。そもそも「霊」自体があるのかどうかすら一般人だとよく分かりませんね。ただし美輪明宏さんは独特のオーラを放っていることは事実ですよね。

不思議な美輪明宏・愛の言葉の数々!!

美輪さんの発する「名言」といわれる言葉には深みがあり、時に悩んでいる人にとっては癒しや救いになっています。これは霊能力とは全く関係ないとは言い切れないような気がします。以前オーラの泉という番組で江原啓之さんと共演していました。

ここで美輪さんは「愛の伝道師」として出演していました。この番組がきっかけで、『美輪明宏=霊能者』というイメージが定着したのかもしれませんね。そんな美輪明宏さんの画像をスマホの待ち受け画像にすると運気が上がると話題になっていました。

不思議な美輪明宏の昔・経歴のまとめ

現在84歳となった美輪明宏さんですが、若い頃からの魅力は変わらず、2015年の『NHK紅白歌合戦』には、史上初の80代という年齢で出場を果たしています。改めて、若い頃の美輪さんの魅力が伝えられる場面も増え、昔のイケメン姿に驚く人も多いようですね。

近年の美輪明宏は、若い頃に経験した昔の記憶から、戦争に対して断固反対する立場を取っていて、その言動が注目されています。原爆の経験をしているだけに戦争に対して思うことがあるようです。美輪さんの歌を通して、そういった経験を感じてみるのもありですね。