宮沢氷魚の父はアノ有名人!母親や兄弟は?ハーフ?大学や英語力についても エンタメ

宮沢氷魚の父はアノ有名人!母親や兄弟は?ハーフ?大学や英語力についても

ドラマで活躍中の宮沢氷魚さん。実は父親と母親がテレビで活躍している有名人ということを知っていましたか?今回は宮沢氷魚さんの兄弟や出身大学、炎上した理由についてなど調べてみました。韓国人のハーフという噂は本当なのでしょうか?経歴を見ると英語が堪能なのも納得です。

目次

[表示]

宮沢氷魚はどんな人?父は有名人?!

2017年に放送されたコウノドリに出演したことで、より注目を集めるようになった宮沢氷魚さん。番組での行動が炎上したことでも有名です。この方の父親が有名なあのミュージシャンということを知っていますか?

宮沢氷魚のプロフィール

まずは宮沢氷魚さんのプロフィールをみていきましょう。芸名のような名前ですが、本名で「ひお」と呼びます。後に詳しく説明しますが、アメリカと日本を往復していたようです。

  • 本名:宮沢氷魚(みやざわひお)
  • 生年月日:1994年4月24日
  • 年齢:26歳(2020年当時)
  • 身長:184cm
  • 最終学歴:国際基督教大学
  • 出身地:アメリカ合衆国サンフランシスコ
  • 職業:俳優
  • 所属事務所:レプロエンタテインメント

名前の由来は?

jplenio / Pixabay

宮沢氷魚さんの名付け親は父親です。名前の由来となったのは、鮎の稚魚である氷魚(ひうお)。この魚は琵琶湖でしか捕れず、湖の中の厳しい寒さでも耐えうる生命力を持っているとされています。

名付け親は父親

生命力が強い氷魚(ひうお)のように、世間の荒波に揉まれながらたくましく生きていって欲しいという願いを込めてつけられた名前。愛情が込められているこの名前は、宮沢氷魚(ひお)さんの父親が考えました。

宮沢氷魚の父はTHE BOOMのボーカル・宮沢和史

宮沢氷魚さんの名付け親でもある父親はTHEBOOMのボーカル・宮沢和史さんです。宮沢和史さんと言えば力強い歌唱力が特徴的なミュージシャン。子供の名前に魚の名前を取り入れるほど、釣りが大好きな方です。

父の影響で芸能界に興味を持つ

Free-Photos / Pixabay

宮沢氷魚さんが芸の回に興味を持つようになったのは、第一線で活躍する宮沢和史さんのライブを観たことがきっかけです。芸能界入りの夢は捨てきれず、アメリカ留学中に芸能事務所へ自ら履歴書を送っています。

所属した事務所は?

プロフィールでも紹介したように、宮沢氷魚さんの所属事務所はレプロエンタテインメントです。新垣結衣さんやマギーさんなど、他方面で活躍している有名人が所属しています。

尊敬しているのは父親

芸能界を目指すきっかけになったのは父親ということは先述しました。宮沢氷魚さん自身が芸能活動を進めるにつれて、父親の偉大さや素晴らしさ、活動を続けている凄さをより感じるようになったそうです。

「MEN\’S NON-NO」専属モデルオーディションでグランプリ

宮沢氷魚さんは2015年にMEN\’S NON-NOのオーディションに合格し、専属モデルデビューをします。この専属モデルデビューをきっかけに数々の番組でMCを務めるなど注目を集めるようになりました。

MEN\’S NON-NOは登竜門のひとつ

Free-Photos / Pixabay

MEN\’S NON-NOの専属モデル出身者には阿部寛さんや大沢たかおさん、成田凌さんなど俳優として大活躍している人が多く存在します。スタイルやビジュアルに加え、演技力も備わっていれば完璧でしょう。

宮沢氷魚の父・宮沢和史とは

宮沢氷魚さんの父親は有名な人物。一斉を風靡したミュージシャンの1人、宮沢和史さんです。ボーカルとしてだけではなく作家としても活動し、MISIAや平原綾香、KinKiKidsにも楽曲を提供しています。

  • 本名:宮沢和史
  • 生年月日:1966年1月18日
  • 出身地:山梨県甲府市
  • 最終学歴:明治大学経営学部
  • 職業:シンガーソングライター

THE BOOMについて

宮沢和史さんがボーカルを努めていたTHEBOOMが結成したのは1986年です。結成後は歩行者天国で下積みをしていましたが、1989年に「君はTVっ子」でデビューを果たします。

多くの作品を世に残している

THEBOOMとしてのアルバムは14枚、宮沢和史さんソロとしては4枚のアルバムを残しています。作品のほとんどを、宮沢和史さんが作詞作曲しているのでかなりの才能の持ち主であることがわかるでしょう。

「島唄」が大ヒット

宮沢和史さんと聞いてイメージするのは島唄ではないでしょうか。日本だけではなくアルゼンチンでもヒットしたほどの名曲として知られています。ちなみにアルゼンチンでヒットしたことを知ったのは遅かったそうです。

あらゆるジャンルに精通している

kadoyatakumi / Pixabay

宮沢和史さんがすごいのは、あらゆる音楽のジャンルに精通しているところ。ベースをしているのはロックですが、沖縄民謡やボサノヴァ、レゲエなどあらゆる音楽を取り入れています。名曲が生まれるのは当然です。

2014年に活動休止し2018年から再開

デビュー25周年を節目である2014年にTHEBOOMは解散します。同時にアーティスト宮沢和史さんも、ソロとして活動を始めます。ソロになったことで、活躍の幅をより広げることになりました。

2016年に活動休止も

グループ解散後はソロで弾き語りツアーを行うなど精力的に活動を続けていましたが、201613日に表舞台でのアーティスト活動を休止することを発表します。

2018年に本格復帰

2017年にチャリティーイベントに参加していますが、本格的に復帰したのは2018年。ミュージックステーションにソロとして初出演し、大ヒット曲・島唄を披露しました。

現在沖縄芸術大学で非常勤講師も務めている

実は宮沢和史さんは沖縄県那覇市にある公立大学、沖縄芸術大学の沖縄文化コースでの非常勤講師を努めています。ミュージシャンならではの視点で、沖縄を見てきた景色を伝えたいと就任当時話していました。

宮沢氷魚の母親や兄弟について

宮沢氷魚さんが有名なのは父親だけではありません。母親もテレビで活躍をしている著名人です。父親と母親が有名人ということなので、気になるのは宮沢氷魚さんの兄弟。彼らはどんな職業についているのでしょうか?

NEXT:タレントの光岡ディオン
1/3