miyaviの嫁melody.との馴れ初めや娘は?本名や高校・刺青についても エンタメ

miyaviの嫁melody.との馴れ初めや娘は?本名や高校・刺青についても

韓国とのハーフであるmiyaviは、世界的に有名なギターの演奏者です。既に嫁がいて子供も産まれています。miyaviは本名も公開しており、刺青がトレードマークになっています。今回はmiyaviの嫁について、身長や高校を含めて詳しく紹介します。

目次

[表示]

ギタリストmiyaviの嫁はどんな人?

Pexels / Pixabay

つい先日miyaviの嫁melody.の誕生日に第3子が産まれたことでも話題となっていましたが、ギタリストmiyaviとはどのような人物なのでしょうか。

まずはmiyaviのプロフィールを本名や身長を含めて紹介し、嫁のmelody.についても紹介します。

miyaviのプロフィール

miyaviは1981年9月14日生まれで、ロックミュージシャンや俳優として活躍している人物です。これまでに世界30カ国以上でライブをしており、世界中にファンがいます。

2009年に独立して活動していますが、マネジメント契約はLDHと結んでいます。大阪府出身ですが、高校卒業前の17歳で上京しました。

2017年には日本人として初めてUNHCRの親善大使に抜擢され、国際的な活動にも力を入れています。

miyaviの本名は?

Free-Photos / Pixabay

miyaviの本名は「石原崇雅」であり、最初からmiyaviという名前では活動していませんでした。

バンドを組んでからステージネームを考え、ドクロや髑髏(しゃれこうべ)という名前を使っていた時期もあったようです。

しかしファンからサインを求められることもあり、普通っぽい名前がいいと思うようになりました。そこで本名から一文字を取って「雅」としました。

miyaviは韓国人とのハーフ

miyaviは祖父母と父親が韓国人で、母親が日本人のいわゆる「コリアンハーフ」です。日本と韓国は政治的・歴史的な問題があるため、芸能人の中でも純日本人だとしている人もいます。

しかしmiyaviの場合は、あえて公開しています。韓国人の血が流れているからといって特別なことではない、韓国には日本を好きな人はたくさんいるというメッセージ性も含まれているようです。

日韓関係については「お互いに理解する姿勢を持って、アジアの同胞として新しい日韓関係を築いてほしい」とコメントしています。

高身長でイケメン

Free-Photos / Pixabay

miyaviの身長は185cmと高く、体も鍛えているのでスタイルがとてもいいです。身長の高さや手足の長さを活かして、モデルとして活動することもあります。

イケメンで身長が高いので、多くの女性ファンがいることも不思議ではありません。

miyaviのギターの腕前

miyaviは「サムライギタリスト」と呼ばれるほど、ギターの腕前がすごいと話題です。ギターは通常ピックを使って演奏しますが、miyaviの場合はピックを使わないスラップ奏法です。

これには日本の伝統楽器である三味線の影響があり、西洋のギターを日本人である自分が演奏することについての意味を考えた結果生まれたものでした。

miyaviのギター演奏には、アンジェリーナジョリーをはじめとして世界的に有名な人も虜になっています。

miyaviの嫁はmelody.

miyaviの嫁はmelody.という人物で、少しの間日本で芸能活動もしていました。これまでもmiyaviのSNSに写真が多く投稿されているため、見たことがある人も多いでしょう。

嫁のmelody.も美人なので、美男美女のおしどり夫婦として有名です。

melody.のプロフィール

miyaviの嫁であるmelody.は、1982年2月24日生まれでハワイ出身です。melody.という名前は本名であり、両親が音楽好きであることから付けられました。

19歳の頃に日本に来日し、2003年2月に「Dreamin\’ Away」でCDデビューを果たしています。ほとんどの楽曲は自身で作詞を担当しており、英語も多く含まれています。

2008年10月に自身のブログでアーティスト活動を引退することを報告し、2009年1月に引退しました。

melodyはアメリカ人とのハーフ

Free-Photos / Pixabay

miyaviには韓国人の血が混じっていますが、嫁であるmelody.はアメリカ人の父親と沖縄出身の母親の間に生まれた日系アメリカ人です。

アメリカ人の父親はドラマーであり、母親もよく歌っていました。音楽が日常に溢れていたため、幼い頃から将来は日本で歌手デビューすることを夢見ていました。

ハワイで生まれ育ったため日本語での意思疎通が難しく、トーク番組などでもつい英語が出てしまうことが多々ありました。

2020年に11周年記念写真も公開

2020年3月16日、嫁のmelody.との結婚11周年を記念して結婚した当時の写真をインスタグラムに投稿しました。

白いドレスに身を包んだmelody.がmiyaviと笑い合っている素敵な写真で、日頃のサポートへの感謝の気持ちが綴られています。

melody.のインスタグラムにも浜辺でのショットが投稿されており、11年経っても変わらない愛の深さが伺えます。

miyaviとmelody.の馴れ初め

嫁ととても仲が良いことで知られるmiyaviですが、2人が出会ったのは2008年5月4日の音楽番組でした。

NHKワールドの「J-MELO」でmelody.が司会を務めており、miyaviがゲスト出演しました。共演後、miyaviから「英語を教えて」と声をかけたようです。

出会って1年も経たないうちに婚約し、2009年3月14日に2人は入籍しました。miyaviは女性ファンが多く、結婚を機に離れてしまったファンも多くいたようです。

miyaviとmelody.に子供はいる?

Bessi / Pixabay

miyaviとmelody.は2009年に結婚しましたが、2人の間には子供が生まれています。ここでは、2人の子供について紹介します。

2人の娘がいる

miyaviとmelody.の間には、2人の娘がいます。長女は2009年7月29日、次女は2010年10月21日に誕生しました。

日本・韓国・アメリカと様々なルーツが混じっているため、海外でも生活できるよう長女の名前は愛理(ラヴリ)、次女の名前は希理(ジュエリ)となっています。

娘たちも父親のmiyaviと一緒にファミリーバンドを組んでおり、テレビ出演することもあります。

長女は性同一性障害?

Peggy_Marco / Pixabay

miyaviの元には2人の娘がいますが、長女の愛理は一見すると男の子のような格好をしています。髪の毛はベリーショートで刈り上げられており、ファッションもとてもボーイッシュです。

パッと見ると男の子だと勘違いしてしまう人も多いため、ネット上では「性同一性障害なのでは?」と噂が立っています。

愛理から「外見は女の子だけど、中身は男の子」と言われたことを明かしており、miyaviも娘たちに好きな格好をさせているようです。

娘たちは日本語より英語が得意

miyaviの娘たちは何度か日本のテレビ番組に出演していますが、日本語よりも英語の方が得意としています。miyaviと出演した際は、miyaviが娘たちのために英訳する姿も見受けられました。

アメリカでの生活が長く、嫁のmelody.も英語ネイティブスピーカーです。これまで日本を訪れるのは年末年始が多かったため、自ずと英語中心の生活になったのでしょう。

視聴者からは「英語の発音が綺麗!」「英語で話しているmiyaviがかっこいい」と好評でした。

miyaviの刺青の場所や意味は?

TheDigitalWay / Pixabay

miyaviは身長が高くイケメンですが、至る所に刺青が入っていることでも知られています。ライブなどでも特に刺青を隠すことはなく、本人のイメージの一部となっています。

ここでは、miyaviが刺青を入れる理由や背中の刺青の意味について紹介します。

miyaviが刺青を入れる理由

ilovetattoos / Pixabay

最近ではファッション感覚で刺青を入れる人も増えてきましたが、miyaviほど全身に刺青を入れている人は「怖くて強い人」というイメージは残っています。

しかしmiyaviが刺青を入れるのは強いわけではなく、弱いからこそ弱い自分に戻らないために刺青を入れていると明かしています。

バンドを組んでいた時に一人で沖縄を訪れ、そこで初めて刺青を彫ったようです。

全身にタトゥーがある

芸能人やアーティストの中には刺青を入れている人が意外と多く、テレビ出演時は隠していることも多いです。しかし、miyaviの場合はどこに刺青が入っていないのか分からないほど、全身に彫られています。

刺青を「消えない人生のメモ帳のようなもの」と表現しており、人生において大切にしている思いを英語や漢字で入れています。

しかし俳優としての撮影時はタトゥーを消す必要があり、その大変さについては後悔していることも明かしています。

背中のタトゥーには父親への思いが込められている

miyaviの背中には般若心経とともに「李」と漢字のタトゥーが彫られています。これはmiyaviの父親の韓国名であり、父親への感謝が込められているようです。

これまでずっと父親のことは嫌いだったmiyaviですが、自身が2人の父親となったことで父親のことを肯定できるようになったと明かしています。

今の自分が存在しているのは父親がいたからだと思えるようになり、歴史への感謝と敬意を込めて背中に李の文字を入れました。

miyaviの学歴や経歴

Free-Photos / Pixabay

miyaviは今でこそ世界的に有名なアーティストとなっていますが、小さい頃から音楽に触れていたわけではありません。ギターを始めたのは高校生のようです。

ここでは、miyaviの出身高校や経歴について紹介します。

出身校は不明

Free-Photos / Pixabay

miyaviは大阪府出身で高校まで大阪で過ごしていたことは明かしていますが、通っていた学校までは明らかになっていません。

しかし、関ジャニ∞の横山裕と同じ1981年生まれであり出身も大阪府此花区であることから2人が同級生ではないかという噂が出ています。

此花区内には3つの中学校しかないため、たまたま同じ学校に通っていても不思議ではありません。しかし高校についての情報はほとんどありません。

中高生時代はやんちゃだった

Free-Photos / Pixabay

国際的な活動も増えており、日本を代表する人物として発言する機会も少なくありません。とてもしっかりしているmiyaviですが、中高時代はとてもやんちゃだったようです。

母親からも子供の頃からやんちゃだったというエピソードが多く披露されていましたが、急に上京した際も何も文句は言わず見守ってくれたようです。

サッカーでの挫折がきっかけで悪い仲間と連むことも増えましたが、そこから這い上がれるだけのパワーがあるのはすごいことです。

ギターにのめりこみ高校1年生で中退

geralt / Pixabay

ユースに入りサッカー選手になることを夢見ていたmiyaviでしたが、15歳の時に足の負傷でチームを脱退しました。人生の目標を失い、グレてしまいました。

悪さをする感覚でバンドを組もうとふと思ったことがきっかけで音楽と出会い、ギターを始めます。たった3コードでも作曲ができることを知り、すぐにギターにのめり込みました。

高校に行くよりもギターの練習がしたいと思ったmiyaviは、高校1年生で通っていた高校を自主退学しました。

ヴィジュアル系バンドで活動

17歳の時に先輩が亡くなり、そのショックで上京することを決めます。その時にライブハウスでヴィジュアル系ロックバンドの「Dué le quartz」と出会いました。

たった一晩で1曲作り上げたことが評価され、バンドメンバーとして加入することが決まりました。バンドメンバーとなってからは、作詞・作曲・編曲のほとんどを手がけていました。

その後、ギタリストやコンポーザーとして活動していました。

2002年からソロ活動開始

2002年10月31日に発売したアルバム「雅楽-gagaku」から、雅-miyavi-名義でのソロ活動を開始しました。メジャーデビューは約2年後の2004年10月です。

2006年に「君に願いを」をリリースした後に3ヶ月間のロサンゼルス留学を経て、音楽活動を再開させました。

セッションバンド・KAVKI BOIZを結成した後、YOSHIKIに誘われてS.K.I.N.のギタリストとして加入しました。

miyaviは愛妻家で仲良し家族

Free-Photos / Pixabay

今回はギタリストのmiyaviと嫁のmelody.について詳しく紹介しました。第3子が生まれて忙しい日々を過ごしているでしょうが、多方面での活動も続いています。

愛妻家でありとても家族を大切にするmiyaviなので、これからも家族の仲良い姿をSNSなどで見ることができるでしょう。