津田梅子は朝ドラでも話題に?お札の顔になる人物の大学や子孫は? エンタメ

津田梅子は朝ドラでも話題に?お札の顔になる人物の大学や子孫は?

お札の顔に選ばれた津田梅子は、岩倉使節団とともに留学し、津田塾大学の創立者として知られています。偉人は朝ドラの主人公となることが多いため、あさが来たで注目されました。今回は津田梅子について、朝ドラや子孫、韓国への手紙を含めて紹介します。

目次

[表示]

津田梅子とは?朝ドラに登場した?

cocoparisienne / Pixabay

2024年から施行される予定の新紙幣で、五千円札に津田梅子の肖像が使われることが決まりました。これを受け、「津田梅子って誰?」と興味を持った人も多くいました。

ここでは津田梅子がどのような人物なのか、経歴とともに紹介します。

津田梅子は日本の教育者

津田梅子は日本の教育者であり、女子教育の先駆者でもあります。明治以前は大学寮に女子生徒は入れないなど教育の場で男女差別はありましたが、江戸時代の寺子屋によって就学率は7割以上となりました。

欧米に比べて日本の女子教育は遅れていたため、津田梅子は女性のための奨学金設立を行い、1891年には「日本婦人米国奨学金制度」を設立して25人の女子学生のアメリカ留学を実現させました。

6歳で岩倉使節団とともに留学

1871年、津田家は麻布に引っ越しました。開拓次官が女子教育にも関心があったため、募集されていた岩倉使節団の女子留学生に応募させました。

女子留学生として選ばれたのは5名で、そのうち津田梅子は満6歳の最年少での参加でした。1871年11月に横浜を出港し、サンフランシスコを経由してワシントンに到着しました。

日本弁務館書記であったチャールズ夫妻の家に預けられ、10年以上もその家で過ごすこととなりました。英語の他にもラテン語やフランス語も学び、次第に日本への手紙も英文となりました。

伊藤博文宅で通訳として働く

tookapic / Pixabay

津田梅子は1882年11月に日本へと帰国しましたが、日本語や日本文化を忘れていました。1883年に開かれた夜会で伊藤博文に再開し、下田歌子と初対面を果たします。

その後伊藤博文の英語教師や通訳として雇われ、津田梅子は伊藤家に滞在しながら日本語を学んでいました。1885年には英語教師として華族女学校に勤めるようになりました。

ブリンマー大学で生物学を学ぶ

津田梅子は日本よりもアメリカの方が自分の肌に合うと感じ、再び留学を決意します。学費免除の承諾と校長からの2年間留学の許可を得て、1889年に渡米しました。

フィラデルフィア郊外にあるブリンマー大学で生物学を専攻し、2年目には蛙の発生に関する論文の執筆活動をしていました。当初は2年の留学予定でしたが、1年延長しました。

35歳で英文塾を設立

大学からは研究を続けることを薦められましたが、1892年に帰国しました。その後は華族女学校や明治女学院で講師を勤めました。

父やアリス・ベーコン、大山捨松などの協力を得て、35歳の時に「女子英学塾」を設立しました。1909年4月に開校し、塾長としても教師としても働きました。

地道に寄付を募った

xusenru / Pixabay

これまで女子教育は行動作法を中心とされていましたが、津田梅子は進歩的な授業を展開していました。この教育方針を妨害されないために、資金援助は最小にとどめていました。

友人たちは無報酬で働いていましたが、学生や教師の数が増えると教材の購入や土地の拡大によって経営は苦しかったようです。1903年には学校を法人化しました。

62歳で亡くなっている

Free-Photos / Pixabay

塾経営が整い、津田梅子は健康面を理由に1991年、塾長を辞任しました。鎌倉にあった別荘で療養していましたが、1929年に64歳で脳出血で亡くなりました。

女子英文塾は津田英学塾に改名し、戦争で校舎が焼け落ちましたが1948年に正式に津田塾大学として開校しました。

津田梅子の子孫は?

津田梅子は教育者として歴史に名を残す功績がありますが、プライベートではどのような生活をしていたのでしょうか。

女性は早く結婚して家庭に入るべきという価値観が先行していた当時の日本でも、津田梅子は周りに流されることなく自分の意思を貫きました。

ここでは、津田梅子の結婚や子孫について紹介します。

生涯独身で子供はいない

janeb13 / Pixabay

津田梅子は生涯、男性と結婚することはありませんでした。全く縁談がなかったわけではなく、華族女学校で教えていた頃は何度も縁談話を持ち込まれたようです。

日本ではこの頃から「結婚をするべきである」という価値観があったため、津田梅子はこの価値観に辟易していました。「二度と結婚の話はしないでください」と宣言したほどです。

相手がいなかったのではなく、津田梅子は自ら独身でいることを決意していました。独身でいる方が家庭を気にせず仕事に打ち込め、誰からも邪魔されないためでしょう。

甥を養子にとっている

skalekar1992 / Pixabay

結婚をしていなかったため、もちろん自身の血を引く子供は産んでいません。しかし甥であった「津田眞」という人物を養子しています。

生家である津田家は織田信長と同族だったとされ、親戚関係の中には多くの偉人もいます。

西郷隆盛の血を引く

養子となった津田眞の娘「あい子」は、西郷隆盛のひ孫と結婚しました。その間に生まれた子供は「津田直」と名付けられました。

2000年に津田家の家督を相続していますが、確かに西郷隆盛と津田梅子の血を引いた子孫はまだ生きている人物です。意外とあなたの周りにいるのかもしれません。

津田梅子がお札の新しい顔に!

津田梅子がお札の新しい顔になることが発表され、朝ドラが話題となりました。ここでは、津田梅子について朝ドラが話題となった理由を紹介します。

朝ドラのあさが来たがトレンド入り

朝ドラ「あさが来た」では、明治の女傑と呼ばれた波瑠演じる広岡浅子が女性実業家として成功する様子が描かれました。このドラマは21世紀に放送された朝ドラで最高平均視聴率を獲得しています。

周りに支えられながら様々な事業に挑戦していく広岡浅子の姿を見て、女性の社会進出が進んでいるとは言えない日本への問題提起のきっかけともなっています。

一途に浅子を支え育児にも積極的に取り組む五代をディーンフジオカが演じ、彼が亡くなると五代ロスも生まれました。

朝ドラ・あさが来たと勘違い

1475341 / Pixabay

朝ドラ「あさが来た」の中で広岡浅子は日本女子大学創設に携わっており、これが津田梅子をモデルにしているのではないかと勘違いされた理由のひとつです。

女性で大学を創設した人や積極的に教育や社会進出を進めていた人が少なかったため、津田梅子の経歴に照らし合わせて勘違いしてしまう人が多かったのでしょう。

梅ちゃん先生と間違う人も

津田梅子を描いた朝ドラとして間違われるものとしては、梅ちゃん先生も挙げられます。主人公の名前が「梅子」であることから、津田梅子の物語だと早とちりする人が多かったのでしょう。

主人公の梅ちゃん先生こと下村梅子を演じたのは堀北真希でした。東日本大震災の復興支援プロジェクトの一環でもあり、ロケ地には栃木や茨城なども含まれています。

朝ドラ「梅ちゃん先生」では、落ちこぼれの町娘が一念発起して町医者になる物語です。梅子という名前が同じなのは偶然であり、このストーリーは完全フィクションとされています。

津田梅子はヒロインになりにくい人材?

ArtTower / Pixabay

津田梅子は全く朝ドラに登場していないのではなく、脇役として「ハイカラさん」「八重の桜」「花燃ゆ」に登場しています。しかしいずれも知人の設定であり、中心的な人物ではありません。

津田梅子は6歳で岩倉使節団とともに渡米するなど華やかな経歴を持っていますが、縁談を全て断って生涯独身を貫くなど、家族愛などを語れないことからヒロインに選ばれるのが難しいとされています。

しかし最近では結婚=幸せの価値観が変化しつつあり、自ら独身であることを選択する女性も増えてきています。そうなると津田梅子が主人公の朝ドラも制作されるかもしれません。

津田梅子の韓国についての手紙が話題に!

Devanath / Pixabay

津田梅子は日本に帰国後、ホストファミリーだったランマン家に英文で手紙を送っていました。そこには、父親が朝鮮を訪れて聞かされた内容が書かれており、差別的だと話題となりました。

ここでは、津田梅子が韓国について書いた手紙の内容を紹介します。

手紙の内容とは?

書かれた手紙の中には、「動物の方が汚い朝鮮人よりもまし」「世界で最悪の国」と明らかに韓国を見下しているような内容が書かれていました。

どのような意図でこの手紙が書かれたのかは定かではありませんが、多感な時期を白人中産階級中心の家庭で育ったことから、自然と階級や人種に対して見下すような価値観を持っていた可能性もあります。

韓国を差別している手紙の存在があったことで、お札という日本を象徴する紙幣に肖像が使われることに違和感がある人もいるようです。

津田梅子のお墓はどこにある?都市伝説とは?

4976789 / Pixabay

津田梅子が64歳で亡くなり、闘病生活は10年にも及びました。これまで仕事一筋で生きてきた津田梅子にとって、ひたすら命が尽きるのを待つ時間は永遠に感じられたでしょう。

現在、津田梅子のお墓はどこにあるのでしょうか。

津田塾大学キャンパス内にある

津田梅子の死去後、葬儀は女子英学塾の講堂で行われました。卒業生や友人らも含めておよそ1000人が集まり、どれほど津田梅子が慕われていたのかが感じられます。

1992年、学校は拡張のために現在の津田塾大学が立つ小平を新校地として購入しました。津田梅子の遺言で「小平の新校地に墓を建ててほしい」としていました。

この遺言に従い、現在でも津田梅子のお墓は津田塾大学小平キャンパスの中にあります。グラウンドの奥にひっそりと佇んでおり、今でも花がたむけられています。

お墓にまつわる都市伝説がある

津田梅子のお墓を訪れる人は多くいますが、実はお墓にまつわる都市伝説もあります。津田梅子が生涯独身を貫いたことから、お墓を訪れるとえっこんできなくなるというものです。

二度訪れると呪いが解かれる、三度訪れなくてはいけないと噂は様々であり、どれが本当かはわかりません。津田塾大学に通っている人で知らない人はいないほど、有名な都市伝説となっています。

津田梅子は新5千円札の顔に!朝ドラとは関係ない!

pasja1000 / Pixabay

今回は新五千円札の肖像に選ばれ、女子教育の先駆者となった津田梅子について紹介しました。朝ドラで有名となったと言われていますが、実際には朝ドラとは関係がありません。

しかし津田梅子の功績は現代でも讃えられるべきものであり、今のような留学でも男女平等に機会が与えられるのは彼女が尽力したおかげでしょう。

2024年から五千円札を見るたびに津田梅子の功績を思い出し、女性でも自由に留学できたり奨学金の制度が整っていたりする現代に感謝しましょう。