変面の仕組みとは?国家機密?種明かし・やり方や失敗事例についても エンタメ

変面の仕組みとは?国家機密?種明かし・やり方や失敗事例についても

変面を知っていますか。中国の国家機密とされた変面は既に仕組みがわかっています。変面の仕組みややり方、種明かしや乃木坂46の齋藤飛鳥さんが変面に挑戦したことなどについて解説いたします。また、ミヤネ屋の生放送で失敗した事例についてもご紹介いたします。

目次

[表示]

変面の仕組みについて知りたい

変面を知っていますか。次々に顔のお面が変わっていくこの変面は、中国の伝統的劇として有名ですが、ン初めて見た人は、なぜこうしたことができるのか疑問に感じたはずです。

もちろん、疑問と同時に驚きも感じたでしょうが、実はこの変面の仕組みが明かされているのです。中国の国家機密となっているはずのこの変面ですが、既に種明かしされていることに驚かされます。

/2

変面って何?

そもそも変面とは何でしょうか。見たことがある人はわかるでしょうが、初めてこの変面という言葉を聞いた人は、何のことを言っているのかわからないでしょう。変面とは何なのかについて、まずは解説いたします。

中国の伝統劇で使われる

変面とは、中国の伝統劇で使われるものです。中国の四川省の伝統劇とされており、「川劇」と呼ばれる劇の一幕で披露されます。

1360年代には、この変面の技術は使われていたとされているため、変面は700年近い歴史があるということです。

お面が瞬時に何枚も変わるもの

では、この変面とはどういった技術でしょうか。変面とは顔のお面が瞬間的に何枚も変わるというものです。踊りの役者が手に顔を当てたその瞬間に仮面が変わるのです。

それがほんと一瞬のため、見てる人の誰もが驚きます。この顔のお面が変わるというその意味は、劇の中で喜怒哀楽を現わしていると言われています。

もちろん、川劇自体もかなり見ごたえがありますが、それ以上に変面は強く印象に残る内容になっています。

仕組みは国家機密となっている

Cimberley / Pixabay

この変面による技術ですが、実は中国の国家機密となっているのです。

中国の伝統的な劇内での技術であることもそうですが、なぜ一瞬で顔のお面が変わるのかという技術は国家機密として、外部に漏れないように管理されています。

しかしこの国家機密は、既に公になっているようです。では、この変面の技術はどういった種明かしがあるのでしょうか。そして、どういった仕掛けが施されているのでしょうか。

変面のやり方は?種明かししているの?

では、変面のやり方は種明かしがされているのでしょうか。結論から言えば、種明かしはされています。

中国の国家機密となっていますが、かなり公にされていますので、調べればすぐにわかるほどです。この変面のやり方について解説いたします。

国家機密とされていたがやっている人は多い

Leslin_Liu / Pixabay

中国の国家機密になっている変面ですが、この変面は実際にやっている人はたくさんいます。おそらく既に公になっていることから、変面をする人が増えてしまったのでしょう。

もちろん、その技術はハイレベルのため、何度も練習を重ねる必要はありますが、習得すれば誰でもできます。それでは次の解説で、変面の仕掛けについて解説いたします。

ヒモなどの仕掛けがある

cherylholt / Pixabay

実はこの変面はヒモで繋がっています。このお面は絹のような素材でできており、かなり滑りやすくなっています。

滑りやすいお面の生地にヒモなどを付けて、そのヒモを引っ張れば次のお面が露出するという仕組みになっています。見てる側は、次のお面は取り付けているように感じますが、実は何枚もお面を重ねて付けています。

そいて、そのお面を剥いでいくという仕組みになっているのです。ちなみにどうやらヒモはお面の上についており、上から順番に剥いでいるということです。

剥いだ面は服の中に隠されている

では、剥いだお面はどこに行っているのでしょうか。実は剥いだお面は服の中に隠される仕組みになっています。上に剥がれたお面は、頭を通って服の中に隠される仕組みになっています。

そのため、お面を付けているという感覚ではなく、表情が変わっているように見えるのです。ただ、この変面を瞬時に行える技術は、やはりすごいと言わざる負えません。

頭の上に新しい面が用意されている

5598375 / Pixabay

しかし、一つ疑問が残ります。この変面ですが、最後には全ての面が外れて素顔をさらすことになるのですが、その後、再びお面が現れるのです。

素顔からお面をかぶる仕掛けはどうなっているのでしょうか。これは頭の上に新しい面が用意されているのです。いずれにしても、この技術もヒモのようなものが使われていることは間違いないでしょう。

ただし、技術的にはかなりのハイレベルだと思われます。

自分で変面を作ることもできる

coyot / Pixabay

この変面ですが、実は自分で作ることもできます。また、変面はAmazonなどでも購入することできます。もちろん、中国で披露されている本格的な変面ではなく、安すっぽい変面です。

しかしウケ狙いとしては最高のアイテムになるでしょう。Amazonなどで販売されている安い変面は厚紙製ですが、お面にアレンジを加えることもできますのでおすすめです。

変面がミヤネ屋で失敗?

この変面ですが、仕掛けが公になったことで、さまざまな人が挑戦するようになりました。ただ、やはりハイレベルな技術が必要になることは間違いありませんので、失敗をしてしまう事例も発生しています。

しかしも、テレビ放送での失敗も過去にはあるのです。その失敗の事例について解説いたします。

8歳の女の子が挑戦するも失敗?

Foundry / Pixabay

ミヤネ屋というテレビ番組で、この変面が披露されました。8歳の女の子が挑戦する番組でしたが、このミヤネ屋は生放送だったのです。

そして、この8歳の女の子は顔を隠す前に、仕込んであった顔の布が取れるのを見られてしまったのです。生放送ということもあり、当然ですが撮りなおすことはできません。

宮根さんも「あっ!」という大きな声をあげていました。

失敗は多々ある

この変面の失敗は多々あるのです。過去には、変面師の帽子が取れて、その中に仕込んでおいたお面が全て見えてしまったということもあります。

とても優れた技術ですが、人間が行っていることなので失敗は当然起こります。ただ、失敗をしてしまうと、全てタネが見えてしまいますので、とても恥ずかしい状況になることは間違いありません。

齋藤飛鳥が変面に挑戦している

この変面ですが、実は乃木坂46の齋藤飛鳥さんが挑戦したことがあります。あるテレビ番組で齋藤飛鳥さんは、1ヵ月の練習の末、見事に変面をやり切ったのです。

かなり高い技術が必要になる変面ですが、齋藤飛鳥さんは完全に自分の物にしました。

乃木坂工事中で披露した

この齋藤飛鳥さんの変面は、バナナマン司会の「乃木坂工事中」で披露されました。番組で「1カ月くらいでコレやります!乃木坂46みんなの目標発表会」という企画があり、その中で披露されました。

齋藤飛鳥さんと言えば、乃木坂46では中心的な存在のため、失敗は許されない演技です。そうしたプレッシャーもありましたが、見事に齋藤飛鳥さんは変面をやってのけました。

地方のマジックフェスでも変面に挑戦する人がいる

この変面は、地方のメジックフェスなどでも挑戦する人が増えています。変面は顔のお面が変わるというインパクトのある芸もそうですが、中国の音楽に合わせて踊る舞も独特なため見ごたえがとてもあります。

そのため、変面師になろうとしている人も徐々に増えています。日本ではまだまだ変面師を目指している人は少ないです。とくに女性はかなり少ないため、これから変面師を目指せば人気が出るかもしれません。

変面の仕組みは意外とバレていた

変面の仕組みは既にバレています。かつては中国の国家機密として守られてきた変面ですが、現在ではインターネットで探せばその方法や仕組みなどがわかります。

しかし、仕組みがわかっても簡単にできるものではありません。変面を完全に習得するには、かなりの練習量が必要になります。

もし、変面に興味がある場合は、基礎からしっかりと練習してください。誰もが驚く変面師を目指してみてください。

/2