ケムトレイルとは?有害物質がある飛行機雲?成分や症状・対策とは ライフ

ケムトレイルとは?有害物質がある飛行機雲?成分や症状・対策とは

目次

[表示]

内部告発の内容は?

WikiImages / Pixabay

衝撃的な内部告発は、元京大講師により行われました。2019年8月18日時系列でその実験情報が暴露されています。散布初号機の目視確認、実験開始指示時間、照射観測が詳しく記されていました。

実際に天気が急変した

Larisa-K / Pixabay

実験された当日、中国・四国地方は高気圧に覆われ天候が回復する予定でした。夏なので気温もかなり上がったかもしれません。しかし実験後、急激に等圧線が変化し気温は急低下しました。

政府は地球温暖化対策と言っている

girlart39 / Pixabay

ウィキリークスにより補助金の暴露、講師による内部告発となると政府側もケムトレイルについて隠せなくなりました。政府側は地球温暖化対策の一環として、ケムトレイルと利用していると表明し始めています。

ハーバード大学のケムトレイルについて指摘

Sozavisimost / Pixabay

ハーバード大学がエアロゾル・インジェクションを開始すると2017年に発表しています。火山噴火に伴う大気冷却効果を人工的に引き起こすことを目的とし、2020年までに2つの物質を散布すると公表しました。

エアロゾル・インジェクションの成分は?

ColiN00B / Pixabay

人工的に作るエアロゾルの成分は、水分・炭酸カルシウム・炭酸アルミニウム・ダイヤモンドにより作るとか。人工的に化学物質を散布することで、干ばつの助長や水循環に悪影響を与える可能性も考えられてます。

戦争の引き金に?

ArtTower / Pixabay

水循環の悪化、不作、干ばつなどはその地域だけの問題ではありません。その国の環境が悪化すると、国勢が不安定になり戦争の引き金なりかねないと唱える人も現れています。

ケムトレイルと関係しているのでは?

Myriams-Fotos / Pixabay

このエアロゾル・インジェクションはケムトレイルと関係しているのでは?という指摘も出ています。有害物質を散布することにより、人口削減を狙っているのではという陰謀論を唱える人物は跡を絶ちません。

果たして地球温暖化に効果があるのか?

PIRO4D / Pixabay

疑問視されるのが、地球温暖化への効果です。日本国内に限らず世界的にもケムトレイルは地球温暖化対策の一環として取り組んでいるとしています。人体へ有害な物質を散布している他に気になる情報も見つかりました。

地球温暖化はむしろ加速する?

Free-Photos / Pixabay

散布することで地球表面に膜をはり、日光を遮ることを目的にしているのがケムトレイル。しかし逆に地球の表面温度を閉じ込めてしまい、温暖化を加速してしまうのでは?という声も挙がっています。

水不足が加速する?

_Marion / Pixabay

さらに心配されるのが、ケムトレイルによる水不足です。散布された粒子は空気中の水分を吸収します。それが空全体に広がり、雨が降らなくなってしまいます。実際に雨が降ったとしても少量になってしまうとか。

地球温暖化と人の命

JanBaby / Pixabay

本当に地球温暖化対策の一環として取り組んでいるのであれば、成分や散布時期などを明確に公表することも必要に感じます。人体への影響、本来の目的など明確にする日は来るのでしょうか。

ケムトレイルは怖い存在?

ケムトレイルが人為的とはされていますが、具体的な根拠や数値はまだまだ明らかにされていません。しかし真実であれば、人命に危害を及ぼす怖い存在です。信憑性はともかく、気をつけるに超したことは無いでしょう。

2/2