ケムトレイルとは?有害物質がある飛行機雲?成分や症状・対策とは ライフ

ケムトレイルとは?有害物質がある飛行機雲?成分や症状・対策とは

日本でも話題になっているケムトレイルを知っていますか?撮影した飛行機雲、実はケムトレイルかもしれません。ケムトレイルとは一体何のために散布されているのか?成分や人体に起こりうる症状や対策などを紹介します。内部告発されたことで、より真実味が出てきました。

目次

[表示]

ケムトレイルとは一体なに?

ケムトレイルとは、そもそも何でしょうか?飛行機雲と同じように見えますが、実は全く違います。目的があり人為的に空中散布されていることがわかりました。ケムトレイルについて詳しく見ていきましょう。

ケムトレイルは飛行機雲?

Free-Photos / Pixabay

ケムトレイルは航空機の航跡です。一見すると飛行機雲との違いは、航跡の消え方や含まれている成分。この成分が人体に有害ということで、世界中で話題になっています。ケムトレイルとは何かを紹介します。

ケミカルトレイルの略

Free-Photos / Pixabay

ケムトレイルとはケミカルトレイル(chemicaltrail)の略です。飛行機雲を意味するコントレイル(contrail)の派生語として生まれました。活動家・エイミーワージントンが使い始めました。

飛行機雲に似ているがすぐに消えない

飛行機雲は比較的早く綺麗に消えていくのに対して、ケムトレイルは長い時間残ります。斑状の雲のようになり、空に広がり始めるのです。青空や太陽は隠れ、空全体が白っぽくなるのが特徴となります。

ケムトレイルとは人工物質なの?

日本のメディアではあまり取り扱われませんが、海外では教科書にも載せられています。アメリカの教科書では「気象を調整するために、軍が使用する場合もある」を明記されました。

気象操作や兵器に対するワクチン散布

Alexei_other / Pixabay

人為的に行われるケムトレイルの散布目的は、気象操作や細菌兵器対策のワクチン散布と言われています。これだけを聞くとさまざまな問題を抱える地球への前向きな施策と思われますが、心配な説も浮上しています。

アメリカでは軍の使用を認めている?

Defence-Imagery / Pixabay

気象操作・ワクチン散布とされている以上、ケムトレイルとは人工物質ということで間違いないでしょう。アメリカの議会では機構操作実験法案も出されていて、メディアも大々的に報じられ認知され始めています。

ケムトレイルは人体実験にも使われているの?

johnhain / Pixabay

ケミトレイルとは実態実験なのではないか?という穏やかではない情報が流れているのも事実です。散布しているものは毒性の高いもので、どの種類の毒をどのくらいの量、どの高度から散布するのか?実験しているとか。

実験結果もサンプリングしている

DarkoStojanovic / Pixabay

人体実験としてケムトレイルを行った後は、その地域にある病院の患者発生率を調査しているそうです。サンプリングをとって、効果的な散布方法を調べているという説が出回っています。

人体実験が終わった後は?

Foto-Rabe / Pixabay

ケムトレイルの人体実験が終了した後は、目的に応じて対象時期に散布されると言われています。その地域は反戦デモ発生地域、劣等人種を判断された地域などが対象になるという恐ろしい噂も出ているのです。

日本でもケムトレイルは見られている

ここまで聞くと本当に起きていることなのか?日本とは関係の無いところで起きているのではないか?と思ってしまいますが実際にケムトレイルは日本でも目撃されています。しかも目撃情報は偏った地域ではありません。

飛行機雲だと思ったらケムトレイルだった

SNSに何気なく投稿した写真が、ケムトレイルだと指摘された人もいたそうです。投稿した本人は最初は半信半疑でしたが、ケムトレイルとは何かを調べているうちに存在を信じるようになりました。

旅客機の後ろに大型機が?

ThePixelman / Pixabay

投稿者はある日、不思議な光景を目にしました。旅客機のすぐ後ろに、大型機がついて空を飛んでいたのです。あまりにも異様な光景に、続いている航跡はケムトレイルだと思ったと記しています。

ケムトレイルの成分は?

人体実験説もあるケムトレイル。ケムトレイルにはどんな成分が含まれているのでしょうか?本当に人体に影響を与えるものを人々が住んでいる地域に散布してしまっているのでしょうか?気になるデータを見つけました。

実際にケムトレイルの成分を検出した

Pexels / Pixabay

2001年7月26日、ニューメキシコ州サンタフェでケムトレイルが見られました。そのすぐ後に降った雨の成分を調べてみると有害物質が含まれていることが判明。アルミニウム・ケイ酸バリウムが多くを占めました。

アルミニウム

SplitShire / Pixabay

ケムトレイルには色々な成分が含まれていましたが、大変を占めたのがアルミニウムとバリウムでした。詳しくは後述しますが、粒子レベルのアルミニウムは体内に入り込み、脳神経系に悪影響をもたらします。

バリウム

pixundfertig / Pixabay

健康診断の時に造影剤として使われるバリウムも、ケムトレイルに含まれているそうです。体内に入れているものなので人体に影響は無いように感じますが、実は危険。高濃度なので、やはり悪影響をもたらします。

ケムトレイルには人体に深刻な症状を及ぼす?

ArtTower / Pixabay

ケムトレイルについて調べれば調べるほど、心配となるのが人体への影響です。先述したアルミニウムやバリウムの他に、アスベストや放射性トリウムなども含まれていると言われています。

ケムトレイル被害の特集が組まれた国も

frkotou / Pixabay

世界に目を向けてみると、実際にケムトレイル被害を訴えている住人がいます。被害住人による特集が組まれ、2008年にはアメリカ三代ネットワークのひとつ・NBCで全国放送されたこともありました。

アルミニウムやバリウムによる症状は?

DarkoStojanovic / Pixabay

アルミニウムやバリウムは呼吸器・循環器・脳神経系に悪影響を与えるとされています。ケムトレイルに含まれているアルミニウムは毛細血管に蓄積され、血栓の原因になるとも。動脈瘤などの症状を引き起こします。

花粉症の症状も出る?

resprouk / Pixabay

1961年に初めて報告され、現在は4人に1人が発症しているとも言われている花粉症。実はケムトレイルが原因とも言われています。確かに森林が少ない都会に住んでいる人に花粉症が多いのは不思議な感じはします。

ガンや心臓麻痺の原因にも?

Pexels / Pixabay

ケムトレイルの成分により血液がドロドロになり、血管が詰まりやすくなると言われています。バリウムによるカリウム減少で心臓麻痺を引き起こし、他成分により免疫力が低下しガンの原因になるともされているのです。

皮膚の下に虫が走る症状も?

27707 / Pixabay

関連性は明らかにされていませんが、ケムトレイルの後は皮膚や頭皮の下に虫が走るような感覚になる人もいるようです。それらの症状は重金属が成分として含まれている殺虫剤などを吸い込んだ時にも起きるとか。

ケムトレイル対策ってあるの?

政府側が人為的に行っているとも言われているケムトレイル。人体への影響がある可能性も高いとわかった今、恐れているだけではいけません。将来の健康のためにも、対策をしていく必要があるでしょう。

有害物質を散布する理由とは?

DarkoStojanovic / Pixabay

ケムトレイルには、お金儲け説もあります。有害物質を散布することで、病気になる人が増えて、医療業界が潤うというのです。しかし医療崩壊が叫ばれている今、かなり信憑性は低いように感じられます。

ケムトレイルを見極めること

Skitterphoto / Pixabay

まず大切なのは、ケムトレイルという存在を知ることではないでしょうか?飛行機雲とケムトレイルをしっかりと見極めることから始まります。先述しましたが、斑状の雲となり空全体に広がるのが、ケムトレイルです。

散布情報を調べよう

Free-Photos / Pixabay

自身での判断が難しい時、曇り空とケムトレイル跡の判別が難しい時はSNSを使うのも1つの手です。ケムトレイルと検索すると、情報を把握することができます。最近では夜間に散布されていることもあるようです。

ケムトレイルがあったら運動を控えること

kinkate / Pixabay

ケムトレイルと分かったら、できるだけ室内に入ることをおすすめします。また室内に入れなくても、マラソンなどの有酸素運動は控えましょう。大切な家族、自分の健康を守るためにも注意していきたいものです。

ケムトレイルは内部告発されているの?

日本においてケムトレイルという存在が、真実味を帯びてきたのがある内部告発でした。人口削減目的・気象操作としてケムトレイルと利用し、航空会社に補助金を出しているという暴露情報も出ています。

NEXT:内部告発の内容は?
1/2