ビートたけしの年収が凄いことに?!年収130億円の噂の真相!! お笑い

ビートたけしの年収が凄いことに?!年収130億円の噂の真相!!

誰もが知っている日本の大御所・ビートたけしさん。ビートたけしさんは日本のみならず、海外でも有名です。そんなビートたけしさん、年収が凄いと噂されているんです。その額もなんと年収130億円!!年収ですよ?!本当なのか真相に迫ります!!

ビートたけしの年収がやばい!130億円の噂!?

年収がすごすぎると話題のビートたけしさんの年齢は現在71歳なんだそうです。71歳でありながら現役でお笑い芸人、そして映画監督を続けているビートたけしさん。ビートたけしさんの本来の職業はお笑い芸人でした。現在は、映画監督などです。

またテレビではコメンテーターなどとして活躍しています。映画監督としては世界的な評価をうけている日本を代表する映画監督で、芸人でもトップにたち、映画監督でも世界の評価をうけるビートたけしさん。その年収はとんでもない額に違いないですよね。

ビートたけしのプロフィール

  • 芸名 ビートたけし / びーとたけし
  • 誕生日 1月18日
  • 出身地 東京都
  • 身長  168.0cm
  • 体重 76.0kg
  • 血液型 O型
  • 星座 やぎ座
  • 干支 亥年

ビートたけしさんは東京都足立区出身の漫才師、俳優、映画監督。1947年1月18日生まれ。現在71歳です。本名は北野武。家族は父親にペンキ職人の菊次郎と母親のさきがおり、三男一女の末っ子でした。兄である北野大さんは明治大学教授の工学博士。

年収130億円の噂・映画製作のおかげ!?

ビートたけしさんは、税金を差し引いても最高年収は20億円以上と言われ、少なくとも10億円以上は毎年コンスタントに稼ぎ出すそうなんです。日本テレビ界のトップに君臨する彼ですからギャラが高額なのは当然のことですが高収入なのには他にも理由があるようです。

ビートたけしさんが沢山稼げる理由、それは映画制作です。たけしさんは”世界のキタノ”と言われるほど有名な映画監督で、数々の映画賞を総ナメにした実績も持っています。ですから、たけしさんが監督した作品はいつも大ヒットを記録しています。

ビートたけしの収入源の映画製作

たけしさんの監督した作品で過去に、1番興行収入が多かったのは、2003年に公開された映画「座頭市」で約28億円だと言われています。次いで多いのは、2012年の映画「アウトレイジビヨンド」で約14億円の興行収入があったんだそうです。

2010年の「アウトレイジ」は興行収入が7億円ですから、このシリーズだけで21億円も稼いだことになるんです。そう考えると、ビートたけしさんが毎年10億円以上の年収があるというのも頷ける話ですよね。北野作品の中でも特に人気の高い映画シリーズ「アウトレイジ」。

アウトレイジシリーズはこれまで約20億円もの興行収入がありましたが、最終章は過去2作品の記録を超えるのではないか?とも言われていました。となると、必然的にビートたけしさんの年収も多くなりそうですね。これ以上年収を増やしてどうするつもりなんでしょう。

ビートたけし・年収130億円の噂の真相!

たけしさんは、映画だけではなく数々のテレビ番組にも出ていますよね。長年続くゴールデンタイムに放送されている世界まる見え特捜部。ビートたけしさんの看板番組ですよね。ゴールデンタイムの番組ですから年収への影響は大きいでしょう。

これもビートたけしさんと冠のついた番組であるビートたけしのテレビタックル。政治などの話題に鋭く切り込む人気番組です。この番組のギャラもビートたけしさんの年収に貢献していることでしょう。そのほかにも、「みんなの家庭の医学」

「アンビリーバボー」「情報セブンデイズ」などなど、数々の番組に出演しています。一体、これらの番組のギャラはいくらなのでしょうか?年収を聞くのが怖くなりますね。2014年芸能人年収ランキングでAKBの秋元康に次いで二位となったようです。

ビートたけしの資産はいったいいくら?!

ビートたけしさんは年収や、車が凄いだけでなく自宅も物凄いそうです!そしてその資産なのですが、なんと総資産は500億円以上とも言われています。年収が20億円ちかくあれば当然それくらいいきますよね。そしてビートたけしさんの車が凄いんだとか!!

ビートたけしさんの車は、ヴェイロンという車。ちなみに、このビートたけしさんの愛車であるヴェイロンを購入するには年収などの事前審査があるそうです。宝くじがあたって、二億円持っていたとしても一般の人は買えないんだそうです。

このヴェイロンという車、維持費が半端無くかかるんだとか。たけしさんはこの一台だけではなく、ランボルギーニのガヤルド、ポルシェ、その他もろもろを所持。高級車の代表格ポルシェを当然のように所有しているビートたけしさん。さすがです。

ビートたけしの資産の総額!?その②

ビートたけしさんの年収はわかりましたが、総資産額、これはおおよそ500億円といわれていましたが、これも実は、かなり計算が難しい問題になっています。なぜかというと、まず資産を求めようとすれば、当然ビートたけしさんの自宅の資産価値も算出しなければいけませんね。

しかし、ビートたけしさんはそもそも、自宅を複数持っているといいます。この時点で既に色々と格が違うのです。世田谷には、150坪ほどの自宅が1つと、『等々力ベース』が1つ。さらには港区の青山に1つ、裏原宿にも1つあります。

これだけの自宅を持っていながら、ビートたけしさん本人は自宅に住まず、アトリエ付きのマンションで暮らしているというのです。もう何のために自宅があるのかわからないですよね。北野企画名義、北野アソシエーション名義のマンションも含めると、もうすさまじいことになります。

ビートたけしの資産の総額!?その③

自宅の資産だけで20億円ほどに達するのです。これにプラスして、貯蓄や保険、株もあります。2億円するヴェイロン、さらにはロールスロイスやフェラーリにランボルギーニ、レクサスといった高級車もたくさん所有。そのため、ビートたけしさんの現金以外の総資産でも

数十億~100憶円というすさまじい数字になると予想されます。総資産が数十億となると、もはや一般人では一生で使いきれないような資産と言えますよね。このような莫大な資産を手にして、悠々自適な生活をしてみたいものですね。

年収130億円の噂のビートたけし・自分でもわからない?

また、未だに20~30名はいるだろう、売れていないたけし軍団のメンバーの面倒も全て見ていることや、有名税としてのお金も湯水のように消えていってしまうわけで、いったい自分がどれだけ財産を持っているか、本人自身も、把握できていないんだとか。

年収130億円の噂のビートたけしが離婚!?

そんなビートたけしさん、100億円投げ出して再婚?!という話題がありました。2014年に話題になったのが、関西の高級ホテルでアドバイザーを務めているという妙齢の女性。ビートたけしさんは、全財産100億円!を投げ出して幹子夫人と離婚し、

この女性と再婚するかとマスコミを騒がせました。けれども、この100億円の再婚話についてはビートたけしさん本人が、「100億円もあったら、絶対離婚なんかしないっての。冗談じゃ、ないよ!」と自らのギャグを入れて全否定しました。

年収130億円の噂のビートたけしの誕生!!

ビートたけしさんは、1974年頃になると、兼子二郎(ビートきよし)と漫才コンビ「ツービート」を結成します。70年代末に到来した漫才ブームによってテレビ番組などに出演し、当時大人気となりました。ここから数多くのテレビ番組などに出演します。

1981年に放送が始まったコントバラエティ番組『オレたちひょうきん族』で、たけしさんは「タケちゃんマン」を演じて多くのファンを獲得しました。後に放送されたバラエティ番組『スーパーJOCKEY』や『風雲!たけし城』などでも大活躍しました。

1981年に公開された映画『ダンプ渡り鳥』でビートたけしさんは初めて映画に出演します。同年公開された映画『すっかり…その気で!』では初主演も務めています。その後も1983年に公開の映画『戦場のメリークリスマス』に出演します。

年収130億円の噂・ビートたけし成功への道!!

ここで、日本アカデミー賞助演男優賞優秀賞を受賞しました。1985年では映画『夜叉』にて、主演の高倉健さんと共演。その後も、高倉健さんとは2012年8月25日に公開された映画『あなたへ』で27年ぶりの共演をします。たけしさんは高倉健さんとの思い出話を披露。

『夜叉』の撮影地である福井県の駅で、雪の中、花束を抱えてたけしさんの到着を高倉健さんが待っていたというエピソード。高倉さんは、「高倉です。僕の映画に出てくれて、ありがとうございますって」と出迎えたそう。あいさつされ「ああ、参っちゃったな」

と、その時のことを思い返していました。2017年4月7日にアニメ映画『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』のハリウッド版実写映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』が公開。ビートたけしさんは主人公である少佐の上司役、荒巻として出演しました。

年収130億円噂・ビートたけしはハリウッド俳優!!

主演を務めたスカーレット・ヨハンソンさんは「これだけ偉大な方と仕事をするときは、一歩下がって観察するんです。複雑な感情や、荒巻の存在感を感じました」とたけしを称讃していました。そして有名な座頭市!これはたけしさんの代表作と言ってもいいですね。

2003年に公開した映画『座頭市』では、勝新太郎が出演していた映画『座頭市物語』から金髪に赤い仕込み杖の座頭市へ変更本作を製作するに当たって、座頭市という名前や盲目、仕込み杖の設定があれば何をやってもいいとオファーを受けていたといいます。

「ちょっとでも勝さんくさいところは全部外して、勝さんのとは全然違う、でも座頭市には間違いないっていうのが出来たから。」と、たけしはインタビューで話していました。さらに『アウトレイジ』シリーズも有名ですね。ヤクザの権力抗争を描いた映画です。

ビートたけしの凄すぎる年収・印税&税金エピソード!?

お笑い芸人・ビートたけしさんとしての最高年収は、200億円とのこと。1年間でこの200億円を漫才だけで稼いだというのですから、凄まじい話ですよね。しかし、その200億円をそのまま手にできたわけではなく、なんと税金でその80%…

なんと180億円を持っていかれたと以前ビートたけしさんが激怒していました。200億円を稼いだのに、最終的に20億円しか手元に入ってこないなんて、何とも空しいシステムですよね。さらには、月収としてはそのころ1億円を稼いでいた話もあります。

年収ではなく、これは月収ですから、本当になんというか、雲の上の存在というか、住んでいる世界が違いますよね。71歳にしていまだ活躍し続ける世界の北野さん。これからも日本代表の才能ある人物として活躍するビートたけしさんを応援したいですね!!