バキの花山薫の握力は一体何キロ?死亡説の考察や通知表・キスについても

バキの花山薫の握力は一体何キロ?死亡説の考察や通知表・キスについても

バキシリーズの花山薫は、握力が強いというスペックを持っており、実在したヤクザの花形敬がモデルです。刺青が入って未成年でウイスキーを飲んでいる一方で、通知表が悪い・キスが下手というギャップもあります。今回は花山薫の握力について、死亡説を含めて紹介します。

目次

[表示]

花山薫の自己紹介と特徴!

hele1409 / Pixabay

漫画好きであれば、花山薫という名前からピンとくる人も多いでしょう。普段漫画は読まない人や少年漫画を読む機会が少ない人にとっては、「花山薫って誰?」と思うかもしれません。

ここでは花山薫の握力について紹介する前に、まずは花山薫という人物について特徴を紹介します。

グラップラー刃牙のキャラクター

花山薫は板垣恵介が描いた格闘漫画「グラップラー刃牙」に出てくるキャラクターです。1991年43号から週刊少年チャンピオンで連載がスタートしました。

シリーズ累計発行部数は8000万部を超えており、男性を中心に人気となっています。外伝作品の「バキ外伝 -疵面 スカーフェイス-」と「バキ外伝 創面」では、花山薫が主人公となっています。

2000年1月からはテレビ東京系でアニメ放送もされました。NETFLIXではバキの最凶死刑囚編を中心とした無修正版が見られます。

年齢は19歳

1866946 / Pixabay

大きな肉体と強面で見た目から年齢を推測するのは難しいですが、花山薫の年齢は幼年編で16歳、最大トーナメント編で19歳という設定のようです。

見た目は30代と言っても信じられるほど大人びており、まだ未成年であることに驚く読者も多くいます。

職業はヤクザ

Free-Photos / Pixabay

花山薫は5代目藤木組系暴力団花山組の2代目組長をしており、職業はヤクザとなっています。初代組長だった父親が抗争で亡くなり、15歳という若さで組長となりました。

暴力団の組長だからといって全てを敵とみなしているわけではなく、基本的に一般人には手を出さないという義侠心があります。

趣味はウイスキーとたばこ

まだ19歳であり未成年の花山薫ですが、趣味はウイスキーとたばこというワイルドさです。ウイスキーの中でも、ワイルドターキーがお気に入りのようです。

たばこはパーラメントを頻繁に吸っています。しかし外伝作品の中ではナッツとチョコクッキーを好み、食堂では旗付きのオムライスとメロンソーダを頼むという可愛らしい一面もあります。

通知表は最悪

3844328 / Pixabay

花山薫は普段は寡黙で積極的に他人に関わるタイプではありません。しかし出会う人々に慕われることは多く、教師からも社交性の高さは評価されています。

一方で学業は得意ではないようで、「バキ外伝 創面」では花山薫が通知表を見られたくないというシーンがありました。5段階評価で体育は5でしたが、現代文は3でその他の教科は全て2でした。

通知表の評定は悪いですが、欠課は0と真面目に学校に通っていたようです。テスト前にも勉強していたようですが、残念ながら結果には結びつきませんでした。

花山薫のスペックは?

花山薫の体型は身長191cm、体重166kgと日本人離れしたものでした。筋肉隆々で体がゴツいため、体重も必然的に重くなったのでしょう。

身体能力も桁違いというスペックを持っていました。走り幅跳びでは砂場を越えそうになる、100m走では10秒台、懸垂では鉄棒が地面から抜けてしまうなど人間離れしたスペックの持ち主です。

陸上だけでなく泳ぎも得意としており、サメに遭遇した際にはサメの口から腕を入れて脳を握りつぶして退治したという逸話も残されています。

花山薫の握力がやばすぎる!

zuzyusa / Pixabay

花山薫は喧嘩が強いことはもちろん、握力の強さが尋常ではないことでも知られています。ここでは、花山薫の握力の強さと伝説となったエピソードについて紹介します。

シリーズ最強の握力

EliasSch / Pixabay

花山薫の握力は小さい頃から強く、13歳の時には母親に暴力を振るった父の腕を握っただけで折った逸話もあります。その握力の強さはシリーズ最強とも言われています。

主人公である刃牙をも上回ると言われていますが、握力だけに頼らないところが花山薫の強さでもあります。

最低でも1t?

花山薫は今までの人生で本気で自身の手を握ったことがないことを明かしています。本気で握れば、拳も潰してしまう自信があるからです。

その握力はブラックホールに例えられ、科学的に検証した握力はおよそ2トンであるとされました。多めに見積もっているとしても、軽々と1トンは超えてくることが予想されます。

握力を使った技・握撃が凄い

持ち前の握力を活かし、これまでさまざまなものを握りつぶしてきました。500円玉を指でひん曲げたこともあり、これには100kg以上の握力が必要とされます。

また、花山薫の握力の強さが印象付けられたのがトランプの束を引きちぎるというものです。数枚であれば簡単に千切れますが、束ごと千切れるのは常人ではありません。

花山薫の代表的な攻撃は?

ToNic-Pics / Pixabay

武器を持って戦うのは卑怯であるとして素手での喧嘩スタイルを貫く花山薫ですが、決まった戦い方があるわけではありません。相手に合わせて有効な技を繰り出しているのです。

ここでは、花山薫の代表的な攻撃を紹介します。

ヤクザパンチ

SFReader / Pixabay

ヤクザパンチは、たっぷりのテイクバックを取った円盤投げのようなフォームで繰り出すパンチです。握力に加えてスピードと体重がプラスされるため、半端ない破壊力を生み出します。

刃牙を数十メートルも殴り飛ばしたり、愚地克巳を防御ごと吹き飛ばしたりしており、一発当たるだけで敗北してしまうような恐ろしい一撃となっています。

ヤクザパンチの足バージョンである「ヤクザキック」という技もあります。

アッパー

WikiImages / Pixabay

アッパーは下から突き上げるようなパンチのことで、ボクシングなどでも見られる技です。顎にヒットすれば脳が揺れるため立つこともできなくなるような攻撃力があります。

花山薫の場合はアッパーも大振りで破壊力が高いため、背骨を粉砕させたりダウンの状態から空中に舞い上げたりしていました。

技は避けない主義

Free-Photos / Pixabay

花山薫は素手で戦う以外にも、技をガードしたり避けたりする防御行為は行わないという特徴があります。生まれ持った強靭な肉体と高い身体能力だけを武器に戦っているのです。

相手がどれだけ強くても技を避けることはないため、相手が強ければそれだけ受けるダメージも大きくなってしまいます。刃牙からの攻撃も全身で受け止め、タフさを物語っていました。

よって体は傷だらけ

intographics / Pixabay

屈強な体を持つ花山薫ですが、敵も強いので繰り出される技を避けなければ当然怪我を負います。そのため、体にはこれまでの戦いでつけられた傷が多く刻まれています。

背中に傷をつけるのは相手に背を向けたことを意味するので恥だと考える人が多いですが、花山薫が背中に傷を負うのには刺青にまつわるある理由がありました。

刺青もある

花山薫の背中には大きい「任侠立ち」の刺青が彫られています。これは花山家に代々伝わっている刺青であり、ある博徒が花山家の長男を命をかけて守ったことがきっかけです。

しかし花山薫は傷を負った博徒を彫っているにも関わらず、傷一つない綺麗な背中を持っていることに納得していませんでした。そのためわざと背中に傷をつけるため、敵からの技を背中で受け止めていたのでした。

花山薫のモデルは誰?

Skitterphoto / Pixabay

一見ぶっ飛んだキャラクターの花山薫ですが、実在した人物がモデルとなっていると言われています。現実世界に花山薫のような男がいると考えると恐ろしいですが、一体誰をモデルにしているのでしょうか。

モデルは花形敬

花山薫のモデルは、安藤組大幹部であった花形敬という人物です。喧嘩の強さを買われて組長から最も可愛がられ、数々の伝説を残してきました。

喧嘩で逮捕されることが多く、前科7犯逮捕歴は22回にものぼりました。1963年、服役中に別の暴力団との抗争で刺殺されました。

花形敬のすごいエピソードも紹介!

現在でも花形敬は「伝説の喧嘩師」という異名を持っています。「素手喧嘩」(ステゴロ)という武器を一切持たずに素手で勝負する主義で、無敵と呼ばれました。

安藤組内でも花形敬は恐れられていました。酒の席で恨みを買い、銃で撃たれましたが自力で病院へ行き、治療もそこそこに抜け出して遊び回っていたというエピソードも残されています。

花山薫は結局死亡したのか?

geralt / Pixabay

最強の握力と破壊力で次々と敵を倒していく花山薫ですが、「刃牙道」の終盤では宮本武蔵に完全敗北してしまいます。烈海王も宮本武蔵に殺されており、花山薫の死亡説が浮上しました。

何度も斬られているため、死亡していてもおかしくありません。しかし宮本武蔵との戦いの直後に救急車で運ばれるシーンがあり、死亡が確認されたわけではありませんでした。

花山薫は極太の肋骨を持っているため、斬られても内臓までは届かなかったようです。まだ生死の確認はされていませんが、死亡していない可能性が高いでしょう。

花山薫が女性とキス!?

Bessi / Pixabay

戦闘シーンが多いながら、年頃の男の子なので恋愛も経験します。誰よりも強く、男らしく素手で喧嘩に臨む花山薫は意外とモテていたようです。

花山薫がキスをするシーンも漫画に登場しますが、ロマンチックとは程遠い結果となってしまいました。ここでは、キスシーンについて詳しく紹介します。

キスのエピソードがやばい

ある日、花山薫に好意を抱いた女性生徒が交際を申し込みました。流れでキスをすることになるのですが、女性の皮膚が吸い込まれるほどの肺活量を見せてしまいます。

女性の顔は恐怖で引き攣り、一瞬でホラー漫画のような表情となりました。このシーンがやばすぎるとファンの間で話題となりました。

一方優しい面もある

Ri_Ya / Pixabay

キスシーンでは不器用全開の花山薫でしたが、実際には舌の先でさくらんぼを結べるほどの器用さを持っています。実は衝撃のキスシーンには花山薫の優しさが詰まっていました。

勇気を出して告白してくれたのに断っては傷つけてしまうと思い、自ら嫌われるような行動に出たようです。他にも母親の誕生日を祝うために脱獄するなど、家族思いの一面も見られます。

花山薫の握力は無限大!バキシリーズをチェック!

Pexels / Pixabay

今回は、グラップラー刃牙に出てくるキャラクターの花山薫について、握力や伝説のエピソードを中心に紹介しました。握力は最低でも1トン以上あると言われ、自身の手すら握りつぶしてしまうほどです。

一方で女性を傷つけないようにする優しさもあり、男気のある素敵な人物像であるようです。刃牙シリーズは格闘系の漫画ですが随所にギャグが織り込まれており、女性でも楽しめる内容となっています。

読み始めるとハマった!という人も多いので、ぜひ読んでみてください。