石倉ノアの父親はスカイマーク?現在パイロットは目指している?大学は? エンタメ

石倉ノアの父親はスカイマーク?現在パイロットは目指している?大学は?

石倉ノアさんの父親を知っていますか。石倉ノアさんの父親のプロフィールや年齢、またスカイマークとの繋がりや現在について解説いたします。また、石倉ノアさんの大学やパイロット志望のこと、島袋聖南さんとの付き合いについてもご説明いたします。

目次

[表示]

石倉ノアの父親ってすごい人?

Pexels / Pixabay

テラスハウスで注目を集めることになった石倉ノアさんを知っていますか。

もともとはモデルとして活躍していますが、テラスハウスに登場するや否や、絶大な人気を集めて石倉ノアさんを見るためにテラスハウスを見ていたという人もいるほどです。

この石倉ノアさんの父親は、実はすごい人なのです。あまり知られていませんでしたが、父親がどのような人なのかが明らかになってきました。じっくりとチェックしてください。

/3

石倉ノアってどんな人?

まずは石倉ノアさんについて解説いたします。そもそも石倉ノアさんとはどのような人なのでしょうか。

テラスハウスを見たことがある人も、見たことがない人もまずは彼のプロフィールについてチェックしてください。また、石倉ノアさんの交際相手についてもご説明いたします。

石倉ノアのプロフィール!年齢は?

石倉ノアさんは1996年の11月19日生まれ、現在年齢は24歳ということになります。実は石倉ノアさんの出身はオーストラリアになっています。

身長は187㎝で、スリーサイズは102‐78‐90とかなりスタイリッシュな体系をしています。石倉ノアさんの趣味は登山やクライミング、さらには格闘技なども行っていることがわかっています。

スポーツ万能で、なんと体脂肪率は63%のようです。

オーストラリア人のハーフ

RobertDychto / Pixabay

先ほどご紹介した石倉ノアさんはオーストラリア出身ということですが、実は彼はオーストラリアと日本人とのハーフなのです。父がオーストラリア人で、母が日本人のようです。

確かに石倉ノアさんの表情を見てみると、ハーフの雰囲気が出ています。いずれにしても、かなりの男前であることは間違いありません。モデルとして人気が出るのも納得できます。

テラスハウスに出演していた

石倉ノアさんは、テラスハウスに出演したことで一気に人気が出るようになりました。1018年に放送されたテラスハウスで新メンバーとして出演しました。

そのときのプロフィールでは、父親が航空関係の会社を経営していることや、自身も子供の頃からパイロットを目指していること、そして最終的には父親の会社を継ぐことなどが紹介されています。

こうした紹介内容に、テラスハウスの視聴者からは「無敵のヤツ来た!」などの反応がありました。

島袋聖南と交際している

そして、石倉ノアさんと言えば、島袋聖南さんと交際していることでも有名です。島袋聖南さんと言えば、ファッションモデルとして活躍しています。

実は島袋聖南さんの生年月日は1987年の4月4日のため、石倉ノアさんの方が年齢は9歳年下ということになります。しかし、とてもお似合いのカップルとして高く評価されているのです。

島袋聖南さんは身長が169㎝もあり、かなりスタイリッシュですが、石倉ノアさんも負けないほどのスタイリッシュな体系のため、そうした意味でもまさにお似合いのカップルなのでしょう。

石倉ノアの父親がやばい!

それでは、石倉ノアさんの父親の情報について解説いたします。石倉ノアさんの父親は、先ほども少し紹介した通り、航空会社関係の仕事をしています。

これだけでもすごい人ということが理解できるかもしれませんが、実はこの航空会社関係の仕事というのが誰でも知っている会社だったのです。

これからご紹介する内容をチェックすれば、石倉ノアさんがビップであることが納得できるでしょう。

スカイマークの創業者

ThePixelman / Pixabay

実は、石倉ノアさんの父親は、スカイマークの創業者だったのです。確かに石倉ノアさんは父は航空会社に務めていると話していましたが、まさかスカイマークの創業者だったとは誰もイメージしなかったはずです。

1915年にスカイマークの会長になった石倉ノアさんの父は、2017年に耐忍しています。

かなり長い間、スカイマークに携わってきた、世界的に有名な人だったのです。この事実は多くの人が驚いたはずです。

エアアジアジャパンの会長もした

Free-Photos / Pixabay

また、石倉ノアさんの父は過去にはエアアジアジャパンの会長も経験しています。2015年の12月1日にエアアジアジャパンの代表取締役会長になっているのです。

エアアジアジャパンも同じく2017年に退任していますが、これだけの経歴でかなりすごい人だとわかったはずです。石倉ノアさんは、ビップな一面がありましたが、これで納得できたはずです。

石倉ノアの実の父親ではない

nipunharitash / Pixabay

石倉ノアさんの父、つまりスカイマークを立ち上げた創業者は、実は本当のお父さんではありません。本当の父親は、石倉ノアさんが6歳のときに離婚をしています。

そして、離婚後は母親に引き取られることになりました。その後、ご紹介したスカイマーク創業者の父親と出会うことになり、再婚をしたということです。

しかし、離婚前の本当の父親も離婚前はパイロットを目指していたようです。石倉ノアさんもパイロットを目指していましたので、やはり血は受け継がれるのでしょう。

父親の年収がすごい

geralt / Pixabay

驚くのは石倉ノアさんの父親の年収です。実は正確な年収はわかっていませんが、おおよそ5千万円くらいではないかと思われます。

もっともらっているのではと思うかもしれませんが、日本の航空会社の社長の年収が、おおよそこれくらいのため、石倉ノアさんの父親も5千万円くらいの年収ではないかと推測できます。

石倉ノアの夢はパイロット?

Free-Photos / Pixabay

先ほどもご紹介した通り、石倉ノアさんの夢はパイロットです。これは過去のインタビューでも答えていました。ただ、現在はモデルやタレントとしてのカラーが強いようです。

メディアに登場する場面もかなり増えてきましたので、パイロットよりもこうした仕事が向いていると思ってきたのかもしれません。

テラスハウスではパイロット志望だった

石倉ノアさんは、テラスハウスに入るときには、パイロットになることが夢だと語っていました。パイロットになるには、学費だけで1千万円かかるようですが、父親は自分で稼いでから学校に行けと話したようです。

そうしたこともあり、モデルという仕事をしながらパイロットになることを夢見ていたようです。

パイロットの資格をとり、将来的には父の仕事を引き継ぎたいと話していましたが、現在はどちらと言えばタレント業の方が向いていると考えているように見えます。

NEXT:実の父親はオーストラリアでパイロット
1/2