ポディマハッタヤさんはスリランカの炭鉱夫!死亡説の噂や現在は? エンタメ

ポディマハッタヤさんはスリランカの炭鉱夫!死亡説の噂や現在は?

「ポディマハッタヤ」さんは、国語の教科書にも載ったことがある、スリランカの炭鉱夫です。1982年生まれの世代の方から、載るようになりました。今回は、「ポディマハッタヤ」さんの、現在と、「なんjまとめ」で人気の高い「トニーゴンザレス」さんもご紹介していきます。

目次

[表示]

ポディマハッタヤとは一体何者?

「ポディマハッタヤ」さんは、いろいろなサイトやSNS、教科書にも、登場している人物です。ネット民は、「なんjまとめ」一般の方なら、国語の教科書で見たことの、ある方もいるでしょう。

「スリランカ」と「鉛筆」という言葉から真っ先に連想されるのは、「ポディマハッタヤ」さんのようです。ここからは、「ポディマハッタヤ」さんの正体や、有名になったキッカケについてご説明していきます。

国語の教科書に出てくるスリランカ人

覚えている方も、多くいるかもしれませんが、国語の教科書に登場していた、スリランカ人のことが、「ポディマハッタヤ」さんの事となっています。

「ポディマハッタヤ」さんは、「一本の鉛筆の向こうに」という話に登場する人物です。「一本の鉛筆の向こうに」は、どんな話だったのか、覚えていない方がほとんどでしょう。

「一本の鉛筆の向こうに」はどんな話?

「一本の鉛筆の向こうに」という物語を、簡単にご説明すると、書店や百円均一に置いている、いつでも変えるような鉛筆の背景には、色々な人の、努力や功績があって、出来ているという話のようです。

文字を書く部分となる「黒鉛」お、スリランカの鉱山から、削っている人がいて、鉛筆の外側となる木を、アメリカの森林から切ってくる人がいます。切った木を運ぶ人も必要です。

削ってきた黒鉛と、切ってきた木を、「鉛筆」に、仕上げている日本人も、います。鉛筆一本にも、いろいろな人たちの、労力が含まれているということを伝えるための、作品です。

黒鉛を掘る炭鉱夫

「ポディマハッタヤ」さんは、現在もスリランカに、住んでおり、スリランカにあるボガラ鉱山において、鉱夫をしていて、仕事内容は、黒鉛の採掘となっています。

「ポディマハッタヤ」さんは、7人家族となっており、息子である「サマンタ」さんは、父親である「ポディマハッタヤ」さんの、仕事を、受け継ぐことに、やる気を、出しているようです。

ご飯は、ほとんどカレーを、食べているようで、2種類入った豆のカレーを、好物としています。毎日、夜の9時に寝うという、健康的な生活を、送っているようです。

ワイルドな姿とインパクトのある名前で話題となる

「ポディマハッタヤ」さんは、上半身裸という、いかにもワイルドな姿で、仕事をしており、汗を流しながら採掘作業をしている姿に、衝撃を受けた方も多いのではないでしょうか。

インパクトの強い、「ポディマハッタヤ」さんに、小学生ながら心を、掴まれた方も多いようです。「ポディマハッタヤ」さんの名前を、皆で口にしていたことも、あるのではないでしょうか。

身体が大きい子や、色黒な子の、あだ名にしていたこともあるでしょう。「ポディマハッタヤ」さんは、日本に対して、友好的なので、何度か日本にも、来日したことは、あるようです。

ダン・ランドレスとトニー・ゴンザレス

「一本の鉛筆の向こうに」に、登場していた、木を切る人と、運搬している人の名前も、もちろん紹介されています。

木を、切り出しているのは、「ダン・ランドレス」さんという方で、トラックで、運んでいるのは、「トニーゴンザレス」さんです。「トニーゴンザレス」さんのことを、なぜか覚えている方は多くいました。

ポディマハッタヤの世代は?

「一本の鉛筆の向こうに」が、教科書に載っていたのは、1992年から、2001年までの、小学4年生の、国語の教科書となります。

当てはまるには、昭和57年の、1982年度生まれの世代の方から、平成3年の、1991年生まれの世代の方のようです。

大人になった今でもなんJやTwitterで話題になる

小学生の頃いか、勉強していないはずの、「ポディマハッタヤ」さんのことを、今でも覚えている方が。多いようで、2020年10月の段階でも、Twitterにて取り上げられています。

「なんjまとめ」にも登場しており、世代だった方同士で、盛り上がっているようです。「なんjまとめ」にて、「ポディマハッタヤ」さんの次に、覚えられていたのは、「トニーゴンザレス」さんでした。

何十年と経っている現在でも、いまだに、小学生の頃学んだことを、覚えているので、よほどインパクトの強い名前だったのでしょう。ただし、現在の小学生は、習っていないようです。

ポディマハッタヤの現在は?死亡説も浮上

1982年生まれから、1991年生まれの子供たちに、勇気とインパクトを与えた「ポディマハッタヤ」さんですが、現在は、亡くなっているという説もあります。

「一本の鉛筆の向こうに」の登場人物であり、重要な人物の一人でもある「ポディマハッタヤ」さんは、本当になくなったのでしょうか。ここからは、「ポディマハッタヤ」さんの死亡説について、ご説明していきます。

炭鉱の落盤事故で死亡?!

炭鉱夫を仕事にしていて、黒鉛を掘り続けていた「ポディマハッタヤ」さんは、2003年の頃に、仕事場である、炭鉱の落盤事故で、死亡したという噂が広まっているようです。

まとめサイトやSNSにて、広まったようですが、情報源は全く分からずに、本当に亡くなっているのか定かではありません。

2007年には生存が確認できている

2003年に死亡説が流れていて、SNSやまとめサイトでも、「ポディマハッタヤ」さんは、亡くなったのではないかと、噂されていました。

噂され始めてから、4年後の2007年にて、mixiのコミュニティに、「ポディマハッタヤ」さんは、家族と元気に暮らしていることが、分かりました。

ポディマハッタヤに会いにいった人のブログが話題!

世界中を旅しているバックパッカーが、今の「ポディマハッタヤ」さんに直接会うために、スリランカへ、滞在することになりました。

実際に、「ポディマハッタヤ」さんい出会うことが出来て、家にも招待されたようです。家はとても広くて、家族とも、仲良く暮らしていました。

教科書に載っていた「ポディマハッタヤ」さんは、筋肉質な身体と、上半身裸の、ワイルドな格好でしたが、今は、ふくよかな身体になってしまい、髪も白くなっていました。

ポディマハッタヤの現在の生活は?

現在は、大きな家に、「ポディマハッタヤ」さん夫婦と、実の子供たち、息子夫婦、孫二人で暮らしているようです。家の中はもちろん、庭もあるほど、大家族で住んでも狭く感じないほど、広い家に住んでいます。

教科書にも載っていた、長男である「サマンタ」さんは、小さい頃からは、見違えるほどに、たくましくなり、仕事が出来る男性になっていました。

話している言語は、スリランカの言語である「シンハラ語」のようです。また、自身が載っている教科書も、持っており、昔のままで保存されていたため、昔の写真と、現在の姿を見比べることも出来たようです。

教科書の影響力は大きい!思い出に残る国語の話

小学生時代に習った、「一本の鉛筆の向こうに」を覚えているのであれば、他の有名なタイトルも、覚えているのではないでしょうか。

小学生の頃に、習ったものを、内容は曖昧かもしれませんが、いまだに、こんな物語だったと、言える方もいるでしょう。ここからは、国語の授業で習った物語の中から、思い出に残っているものを、ご説明していきます。

ごんぎつね

ごんぎつねは、新美南吉作である、児童文学の一つとなっており、1943年9月30日に、刊行されている童話集の、「花のき村と盗人たち」に、収録されました。

小学校国語教科書の、教材により、定番作品とも言われています。1956年に、大日本図書の、国語教科書に、採用されました。

ごんぎつねの最後に、感動した方も、いるのではないでしょうか。教科書では、ごんの最後に、目を閉じたままで終わりを迎えていましたが、原作では、「うれしかった」と書かれていたようです。

かさこじぞう

かさこじぞうは、岩崎京子作となっていて、1982年に、小学校国語教科書に、 採用されました。発売された年月は、1967年5月となっており、ページ数は、40ページとなっています。

日本のおとぎ話の一つとなっており、大多数に知られている、昔話の一つとしても有名です。「笠地蔵」「笠長者」「かさこ地蔵」とも言われています。

この物語は、親切を行った、欲がない善行な者には、思いがけない福運が、お礼として施されるというものです。良い行いを、行ったものには、良いお礼が来るということを、物語にした昔話のようです。

おむすびころりん

おむすびころりんは、羽曽部忠作となっており、日本のおとぎ話の、一つであり、別名「鼠の餅つき」「鼠浄土」「団子浄土」とも言われているようです。

中には、「鼠浄土」と「おむすびころりん」が、別々の、昔話として分けられている書籍もあります。

ポディマハッタヤは現在でも元気に暮らしていた!

今回は、「ポディマハッタヤ」さんの、教科書に出てきた当時の物語や、仕事内容、現在の様子などご紹介しました。小学生の心を掴んだ「ポディマハッタヤ」さんは、大人になった現在でも、話題になることがあります。

一時期は、死亡説も流れてきており、落盤事故で無くなったという話を見た方は、悲しんだのでは、ないでしょうか。亡くなったと考えられていましたが、「ポディマハッタヤ」さんは、k族と仲良く暮らしています。

今後は、危険なことがないかと感じますが、家族仲良く、まだまだ、長生きしてほしいです。