メサイアコンプレックスとは?原因や治し方・対処法をご紹介! エンタメ

メサイアコンプレックスとは?原因や治し方・対処法をご紹介!

メサイアコンプレックスを知っていますか。メサイアコンプレックスの例やうざいと言われる理由、原因や対処方、さらには治し方、芸能人などを解説します。自己愛により発症するメサイアコンプレックスについてご説明しますので、必ずチェックしてください。

目次

[表示]

メサイアコンプレックスって何?

Myriams-Fotos / Pixabay

メサイアコンプレックスとはどういった意味なのでしょうか。キリストコンプレックスとも言われますが、救世主妄想とも呼ばれることがあります。

メサイアコンプレックスと聞いてもあまり意味がはっきりしなくても、救世主妄想と聞けば何となくその意味は理解できるのではないでしょうか。自己愛が強い人が多く、芸能人の中にもそうした人はいます。

キリストコンプレックスや救世主妄想とも言われる

Couleur / Pixabay

キリストコンプレックスや救世主妄想と呼ばれるメサイアコンプレックスですが、あまりいい意味で使われる言葉ではありません。むしろ、ネガティブな意味で使われることが多いです。

つまり、救世主と呼ばれていますが、本当の意味での救世主ではありません。救世主などといういいものではなく、むしろうざい存在でもあります。

救世主になることを運命とする信念を持つ

fabiowanderley / Pixabay

メサイアコンプレックスの人は、自分は救世主になることを運命だと信じています。

自分が行動を起こすからこそ多くの人が救われるという錯覚を抱いており、そうした考え方が自分よりも弱い人に悪影響を及ぼしているのです。

救世主になることを運命とする信念は間違ったことではありません。ただし、これがメサイアコンプレックスだからこそ問題になるのです。

自尊心の低さを他者を助けることでカバーしている

geralt / Pixabay

メサイアコンプレックスに陥っている人は、自尊心の低さを他の人を助けることでカバーしている傾向もあります。自分はダメな人間だという感情を、困っている人を助けることで発散しているのです。

ただ、その助けが本当に意味のある助けなら問題はないでしょう。

しかし、独りよがりの行動により、あたかも助けたという感情を得るための行動に走っているのです。そうした行動により、自己満足を得ているのです。

メサイアコンプレックスの特徴や例

SJJP / Pixabay

メサイアコンプレックスには、ある特徴があります。もし、これからご紹介する例が、自分自身に当てはまるようなことがあれば、メサイアコンプレックスに陥っている可能性があります。

もちろん、必ずというわけではありませんが、可能性としては高くなりますので、これからご紹介する例を必ずチェックしてください。

認められたい気持ちが強い

Free-Photos / Pixabay

認められたいという気持ちが強い人は、メサイアコンプレックスに陥る可能性が高いです。

また、今まで認められることがほとんどなかった人においても、同じようにメサイアコンプレックスを持ってしまう傾向もあります。

これだけ頑張っているのに、どうして周りの人は評価してくれないのか、という強い気持ちが増幅していき、結果的にメサイアコンプレックスを抱いてしまうのです。こうした考え方は、芸能人の中にも多いです。

救世主になることで自分の価値を把握する

stevepb / Pixabay

自分にはどういった価値があるのかという気持ちもまた、メサイアコンプレックスを引き起こしてしまうきっかけになります。

そのために、他の人の救世主となり、自分の価値を把握してしまうのです。つまり、救世主になることは、完全に独りよがりな発想なのです。

相手はとくに求めていなくても、自分の保身のために救世主となり、他の人を救おうとするのです。もちろん、その結果はいいようにはなりません。

感謝されないとイライラする

MichaelGaida / Pixabay

自分はこれだけ全力を尽くしてあなたを助けた、という気持ちがメサイアコンプレックスの人にはあります。そのため、相手が感謝の気持ちを現さなければイライラする傾向にあります。

しかし、多くの場合は、相手は救われたという気持ちは起こりません。自分の保身のために行動を起こしているとすぐにわかってしまうため、感謝という気持ちにはならないのです。

そのため、メサイアコンプレックスを持っている人と、相手とはトラブルが起こることが頻繁にあります。

相手より優位に立ちたい

KELLEPICS / Pixabay

また、メサイアコンプレックスを持っている人は、常に自分が優位に立ちたいという考えになります。そもそも自分の感情を発散されるために相手を救うのですから、自分が優位に立たなければ成立しません。

ただ、相手を救うという状況でなくても、常に自分が優位に立っていなければという感情が生まれるようです。そういった感情が見え隠れするために、相手からの信頼を失うことになるのです。

相手を選ぶ

qimono / Pixabay

また、メサイアコンプレックスを持っている人は、相手をじっくりと選んだ上で行動に移します。

自分がコントロールすることができる人か、何に困っているのかを判断した上で行動します。常に理想的な終わり方を望んでいますので、こうした思考は常に持っています。

相手を選んで助けるため、常に理想的な結末になります。

人を助けて満足するのが生きがい

ashleyamos / Pixabay

メサイアコンプレックスの人は、何より人を助けて満足することが生きがいになっています。自分の存在感や、考え方を多くの人に理解してもらうために、他人を助けているのです。

それが本当に人助けになつているなら、とくに大きな問題にはなりません。ただ、メサイアコンプレックスの人は、自分の私利私欲のためだけに行動を起こしているために、問題視されているのです。

メサイアコンプレックスになる原因は?

Comfreak / Pixabay

メサイアコンプレックスになる原因はなんでしょうか。救世主となりたいと考える人には、ある共通点があるのです。

その共通点が少しでも多く当てはまる場合は、メサイアコンプレックスである可能性が高くなります。もし、不安に感じているなら、次のことをチェックしてみてください。

劣等感を持っている

geralt / Pixabay

メサイアコンプレックスになる人の多くは、劣等感を持っています。自分は他の人よりも劣っている、ダメな人間なんだという思考が強い傾向にあります。

その劣等感を解消させるために、自分よりも弱い人に対してコンタクトを取ろうとするのです。そして、その人を助けたという満足感を得ることで、劣等感を打ち消しています。

こうした負の連鎖はなかなか治すことができません。

家庭環境

また、メサイアコンプレックスになってしまう人の多くは、家庭環境に問題があったケースが多いです。

とくに幼少期に満足できる家庭環境ではなかった、愛情を得られなかったと強く感じていた場合に、メサイアコンプレックスになる可能性が高くなります。

もちろん、必ずしもこうした状況ならメサイアコンプレックスになるというわけではありません。しかし、多くの場合で、家庭環境に問題がある場合が見受けられます。

メサイアコンプレックスは何が問題なの?

PDPics / Pixabay

メサイアコンプレックスは何が問題なのでしょうか。一見すると、他の人を救おうとする正義感の強い人ということで問題はないように感じます。

しかし、メサイアコンプレックスを持っている人の行動には大きな問題が生じるのです。

自分では気付かない

Foundry / Pixabay

問題なのは、メサイアコンプレックスを持っている人からの正義感を現す行動は、自分では気が付かないことなのです。

相手はいいことをしてくれていると捉えてしまいます、自分が被害者になっていることに気が付かないのです。これは、実際に被害を受けている人だけではなく、周りの身近な人も気が付きません。

何となくおかしいと思いながらも、あの人はいいことをしてくれていると結論づけてしまうのです。

依存や共依存を生んでしまう

susannp4 / Pixabay

また、メサイアコンプレックスを持っている人からの正義感を受けることで、依存や共依存を生んでしまうこともあります。

心が弱っている人の場合、ねじ曲がった助けでもそれが大きな励みになる場合があります。心が完全にメサイアコンプレックスを持っているひとの中に入り込んでしまうことで、依存してしまいます。

抜け出ることができなくなります。まさに、負の連鎖が起こってしまうということです。状況によっては、かなり深刻な問題になります。

共倒れになる心配がある

erik_stein / Pixabay

そして一番気を受けるべきことは、共倒れになってしまうことです。もそもそ!メサイアコンプレックスを持っている人も、強い劣等感などがあり、とても弱いです。

そのため、場合によっては2人とも精神的に崩れてしまうことがあるのです。実はこうしたケースはとても多いです。

また、なぜ共倒れになってしまったのか、その原因すらもわからないままになってしまうことも多いのです。

メサイアコンプレックスの治し方は?

voltamax / Pixabay

メサイアコンプレックスは、治すことができるのでしょうか。簡単なことではありませんが、次のことを行うことで、メサイアコンプレックスも治すことができます。

ただし、年齢を経た場合、治すにはかなりの時間がかかると思ってください。もちろん、治せないケースも多々あります。

メサイアコンプレックスであることに気付く

ivanovgood / Pixabay

一つめの治し方として、まずはメサイアコンプレックスであることに気づくようにしましょう。しかし、メサイアコンプレックスであることは他人から指摘されることはまずありません。

基本的には自分で気が付く必要があります。何となく、自分は他の人に比べて考え方が違う、偏ったものの見方をすると感じたときには、メサイアコンプレックスを疑うのがいいかもしれません。

自分と向き合う

johnhain / Pixabay

また、自分自身に向き合うことも大切です。メサイアコンプレックスを治すには、自分を客観視できる能力が必要です。

他の人と比べてどう違うのか、自分が同じようにされた場合、どういった気持ちにはなるのかを考えてみましょう。

そういった考え方を日頃から行っておけば、自然とメサイアコンプレックスを治す道が開けるはずです。

自己肯定感を高める

AbsolutVision / Pixabay

自己肯定感を高めることも治し方としてとても重要なポイントです。そもそも、メサイアコンプレックスに陥る人は、自己否定感が強い人です。

自己否定を繰り返すことで、ネガティブな思考になり、他の人を利用して自分の存在価値を高めようとします。

そうした発想にならないためには、少しずつ自分に対しての考え方を肯定し、ポジティブな発想にシフトしていきましょう。

人の問題に深入りしなくていい

pixel2013 / Pixabay

また、人の問題に深入りすることも避けましょう。メサイアコンプレックスに陥る人は、どうしても人の問題に入り込んでしまいます。

そうした行動こそが美だという思考になっているからです。人は人、自分は自分という考え方にすることで、深入りすることはなくなります。

メサイアコンプレックスの人に対する対処法

MabelAmber / Pixabay

メサイアコンプレックスの人に関わってしまった場合、どう対処するべきでしょうか。

そもそもそういった人かどうかを見極めることはとても難しいことですが、もしこの人はメサイアコンプレックスの人だとわかった場合は、即座に次のことを実効してください。

早ければ早いほど、被害は最小限に抑えられます。

自分は大丈夫だとアピールする

leovalente / Pixabay

まずは、自分は大丈夫だということを、全力でアピールしましょう。弱い部分を見せれば、間違いなくその弱い部分につけ込んできます。

自分は大丈夫だということをアピールすれば、メサイアコンプレックスの人も諦めてくれるはずです。その際には、できるだけ相手を傷付けないように対処しましょう。

距離を置いて様子を見る

jplenio / Pixabay

どうしてもメサイアコンプレックスの人かどうか判断が付かない場合は、まずは距離を置いて様子を見ましょう。

すぐその場で返答をするのではなく、問題を一度持ち帰り、後で冷静になって返答をすることも大切です。

弱い心に入り込まれた場合、どうしてもすぐに返答をしてしまいますが、うざいという気持ちを持ちながら、一度距離を置くことがとても大切です。

メサイアコンプレックスを克服した人もいる

EliasSch / Pixabay

メサイアコンプレックスは治らないと思っている人も多いです。幼少期に受けた経験により、メサイアコンプレックスに陥る場合が多いため、治らないと思われがちです。

しかし、自分の症状を理解して、さらには客観視することができれば、時間はかかりますが克服はできます。

実際にメサイアコンプレックスを克服した人もたくさんいます。大切なことは諦めないことです。

メサイアコンプレックスに注意しよう

Didgeman / Pixabay

自己愛の強いメサイアコンプレックスは、その症状の人も、被害を受ける人も注意が必要です。もしかすると、大切な人を失ってしまうことにもなりかねません。

メサイアコンプレックスの人も、そして被害を受けてしまう可能性がある人も大切なことは、冷静に物事を考えて行動することです。冷静になれば、トラブルを回避することができるはずです。