totoBIGにイカサマ?不正疑惑があった?高額当選者のその後も エンタメ

totoBIGにイカサマ?不正疑惑があった?高額当選者のその後も

totoBIGは一口100円から購入可能の当選確認もしやすいスポーツくじです。当選確率が高いという噂が広がり浸透度も高くなっていたころ、イカサマ疑惑が浮上しました。totoBIGの不正疑惑は?実は当たらないって本当?高額当選者のその後についてまとめてみました。

目次

[表示]

totoBIGはイカサマなの?

mohamed_hassan / Pixabay

誰もが手軽に楽しめるスポーツくじtotoBIG。くじの種類によっては一口100円から購入できるハードルの低さも魅力のひとつです。あるTwitter投稿をきっかけに、イカサマ疑惑が浮上しました。

totoBIGについて紹介

まずはtotoBIGの基本的なシステムについてみていきましょう。totoBIGと一言に表記していますが、totoとBIGはそれぞれ違う種類のくじです。種類によって、一口の金額や当選金額が異なります。

totoとは?

Pexels / Pixabay

自分で試合結果を予測して発券するシステムです。サッカー好きが楽しめる内容となっていて、toto・monitoto・totoGOALと異なる種類のくじが存在しています。全て一口100円で購入可能です。

BIGとは?

内容はtotoとほとんど変わりませんが、BIGは機械がランダムに選んだ数字のくじが発券されます。サッカーに詳しくない人でも楽しめるのがメリットです。一口100円・200円・300円のものがあります。

スポーツくじのこと

totoBIGはスポーツ振興くじです。指定された試合のホームチームの勝敗を予想し、的中すると当選金を受け取ることができます。2000年の秋に静岡で試験的に発売され、2001年3月から全国発売しました。

財源確保が目的

jarmoluk / Pixabay

スポーツ振興のための財源確保を目的にスタートしました。当初は反対意見もありましたが、スポーツをより身近に感じられるようになったきっかけとなったのは間違いありません。

BIGは億が当選することも

geralt / Pixabay

機械が数字を選出するBIGは、完全に運任せとなります。サッカーの知識が無い人でもチャレンジしやすい上に、BIGは最大6億円、100円BIGは最大2億円という億単位の当選金を受け取れる可能性も!

MEGABIGの当選金はさらに高額!

2020年2月15日からスタートしたMEGABIGは、最大12億円の当選金を受け取れる可能性を秘めています。あくまでも「最大で」なので、売上総額や1等当選者数、キャリオーバーの有無で金額は変化します。

当選確率は?

papazachariasa / Pixabay

気になるのは当選確率。ネットではおおよその当選確率は出回っています。1等の当選確率は約478万分の1です。ジャンボ宝くじの当選確率が1,000万分の1、2,000万分の1と考えると高いように感じます。

試合中止は当選扱いに

MichaelGaida / Pixabay

totoBIGで予想された試合結果の的中数により、当選金額は変わります。天候不順により試合が中止になった場合には当選扱いになるため、先述した当選確率よりさらに高くなる可能性が高いです。

ほぼ当たらないと言われている

ジャンボ宝くじに比べると当選確率は高いように感じますが、なかなか当たらないのは事実。勝ち・負け・引き分けの3分の1により組み合わされる単純な確率ではなく、実力差のある試合が組まれることもあるからです。

冷静に判断することも大切

geralt / Pixabay

totoBIGに限らず、のめり込みすぎないことが大切。天候不順による試合中止が予想できる日や、キャリーオーバーが発生した際に楽しみのひとつとして購入するのが良いでしょう。

当選確認の方法は?

janeb13 / Pixabay

当選確認は5つの方法で可能です。パソコン・スマートフォン・新聞・電話・販売店舗にて調べられます。くじに書かれている開催回・くじの種類・照会番号を確認してから当選確認していきましょう。

totoBIGはイカサマって本当?

totoBIGの仕組みがわかったところで本題へ移りましょう。あるTwitter投稿がtotoBIGは実はイカサマなのでは?と話題になりました。運営側はこの件について、どのような回答をしたのでしょうか。

2017年にBIG不正疑惑があった

話題となったのは2017年2月15日に発信されたTwitter画像でした。totoBIG第909回を5口分、10口分購入した際に1~5番目までの内容が完全に一致したというのです。

ビッグバンが発生する確率より低い

WikiImages / Pixabay

5口分が完全に一致するのは、ビッグバンが発生するよりも低い確率だとか。この状況にBIGのシステムに対し疑問視されました。意図的に加工された画像ではなく、実際に発券したものと運営側も認めています。

擬似乱数発生法を用いると不具合が起きる?

イカサマ疑惑まで出たBIGの数字選出方法は、セキュリティ上の関係で明らかにされていません。しかし機械が自動的に数字を選ぶ際に、擬似乱数発生法を用いるとこのような事態が起こることがあるそうです。

BIGは当たりやすいという噂もあった

1億円以上の高額くじの中でも当たりやすいと噂されていたのがBIG。当たりやすくしているというイカサマ疑惑も出ましたが、試合結果は調整できない上に運営側にメリットが無いため可能性はほとんど無いでしょう。

システムの不具合はないと運営は説明している

geralt / Pixabay

今回の件について運営側は実際に発券したものと認めています。しかしイカサマはもちろんシステムの不具合や不正アクセスなどについては否定。このくじもありえないことではなく、可能性もゼロではないと話しました。

totoBIGはどんな仕組みで当選者が決まる?

totoBIGは勝ち=1・負け=2・引き分け=0と数字に当てはめて、決められた試合分のホームチームの試合予想をします。その試合予想をした的中数により1等~6等が決まります。

BIGの仕組み

totoは自ら試合結果を予測するシステムですが、BIGは機械がランダムに数字を選出します。くじを購入した後に数字が決まり、内容を見た後にキャンセルすることはできません。

totoBIGの当選者はいるの?

2018年5月24日AbemaTV「AbemaPrime」でtotoBIGの当選者を取材しています。高額当選を夢見てくじを購入する人がほとんどですが、当選したその後実際に幸せを掴んでいるのでしょうか?

リストラ後に6億当選した人がいる

totoBIGの高額当選経験者として取材を受けたのは、唱田士始矢さん。派遣会社のプログラマーをしていた時に突然リストラされ、無職時代に購入したtotoBIGが当選し6億円受け取ったというのです。

不安に駆られたことも

PDPics / Pixabay

非現実的な高額金額が突然手元に入ったため、始めのうちは得体の知れない不安に駆られたそうです。1カ月間は外に出ず、家の中に引きこもっていたとか。しかし結果的に失ったものは何も無いと話しています。

毎日が夏休み

Free-Photos / Pixabay

当選当時、外出する時は常に2,000万円を紙袋に入れた状態で鞄に入れていたとか。現在も「毎日が夏休みのようだ」と唱田士始矢さんは話しています。高額当選のその後、幸せに暮らしているようです。

当選者はその後不幸になる人もいる

StockSnap / Pixabay

幸せに暮らしている人もいれば、当選者はその後不幸になる人もいるようです。大怪我や入院など不幸な出来事があった時に当選することもあれば、その逆のパターンに見舞われることもあるとか。

高額当選した30代女性の人生

geralt / Pixabay

30代で高額当選をした女性の話をします。3億円当選後、ブランド品や高級マンションの購入など急に羽振りが良くなるなど、典型的な暮らしをしていたようです。そのうち仕事も休みがちになっていったと言います。

孤立することに

Graehawk / Pixabay

当選当時、ファイナンシャルプランナーに相談をしていたようでしたが、アドバイスも聞かなくなりました。生活だけではなく、性格も変わり親族や友人とも疎遠になっていきます。結局彼女は孤立してしまったそうです。

高額当選にはコツがある?

Nietjuh / Pixabay

高額当選にはコツがあるそうです。必ずしもtotoBIGが当たるというわけではありませんが、少し参考にしてみるのも良いかもしれません。気分転換のひとつとして、試しに実践してみるのもおすすめです。