女優・鈴木砂羽!!もしかして性格最悪??土下座強要騒動の詳細!? 女優

女優・鈴木砂羽!!もしかして性格最悪??土下座強要騒動の詳細!?

バラェティでもアネゴ肌で大人気の鈴木砂羽さんですが、初の座長を務める舞台で出演女優に土下座させたとして騒動になりました。土下座したとされる女優さんは降板し代役で無事千秋楽を終えたようですが、今回は土下座強要騒動に焦点を当てて鈴木さんを深堀します。

鈴木砂羽さん、演出舞台、土下座強要騒動!!性格のせい??

鈴木砂羽さんが座長を努め演出・出演する舞台【結婚の条件】で稽古中に演者である「鳳恵弥」さんと「牧野美千子」さんが土下座を強調されるなど「人道にも劣る数々の行為」を受けたと報道されました。実際に土下座を強要されたとされるきっかけは、以下のとおりです。

主宰の江頭美智留さんが日程調整を誤り、2回目の通し稽古が出来なかったことから鈴木さんがお2人に罵声を浴びせ、「土下座」を強要。鈴木砂羽さんサイドは「2人の虚言」だと主張。鳳さんと牧野さんサイドは「謝罪をされた事で降板をするつもりはなかったが代役が決まったと言われ降板した」と主張しており事態は”泥沼”状態になりました。

泥沼化した要因!舞台経験者が語る独特の風習??

メディア側の見解として「土下座というが、稽古が終わったら全員ありがとうございましたと手をつくのは当たり前」「稽古は人格否定から始まる。本当に有名や俳優さんでお稽古場の隅で泣いたりしている」等、鈴木さんを擁護し降板した側に非があるというのが主流でした。

ワイドショーで舞台経験のある芸能人の方々がこの報道についてコメントをしていましたが、その内容が一般では理解しがたいものであった為余計混乱したといわれています。歴史がある世界ほど、「その世界の風習」というものが根強く残り常識化してしまうものですね。

鈴木砂羽さん、土下座騒動スクープで緊急会見!?

土下座強要騒動は結論が出ないまま、代役を立てた舞台は2017年9月13日に初日公演を迎えます。当日劇場にはマスコミが詰め掛け、劇場入りする鈴木砂羽さんに「土下座強要はあったのか?」と問いかけると何故か無言で「ガッツポーズ」で答えたといいます。

本来であれば、非がどちらにあるにせよ座長として、世間を騒がせてることに謝罪をするのが大人の対応と言えるのではないでしょうか?鈴木さんの対応は「心の痛みが理解できない性格の悪い女優」という印象を与えかねません。

報道の一切を否定!!

恐らくその部分を懸念したのか舞台終演後に記者会見を開いて釈明することになりました。記者会見では、土下座させた事実は一切無いと完全否定しました。しかし記者会見時の鈴木さんの姿勢を見た視聴者からは、誠意が無い!態度が悪いと批判的な意見が飛び交いました。

土下座強要騒動の相手女優「牧野美千子」って誰??

鈴木さんから土下座を強要されるなどの行為を受け舞台を降板した女優さんの一人が「牧野美千子」さんです。彼女は80年代に放送のスーパー戦隊シリーズ『超電子バイオマン』でピンクファイブ・桂木ヒカルを演じていた女優さんだそうす。当時グラビアモデルや歌手など幅広い活躍をされいたそうです。

芸能界を引退後一般人と結婚しご主人の実家の惣菜屋さんの女将さんをしていました。築地の“美人女将”として雑誌やテレビにも登場していたようです。芸能界に復帰してからは舞台を中心に活動されていたとのこと。今回の騒動で一躍時の人になりましたね。

土下座強要騒動の相手女優「鳳 恵弥」って誰??

大学在学中の2002年に準ミス・インターナショナルを受賞後、芸能活動をされている方のようです。実は、今回の騒動について同じ被害者の牧野さんとブログ等にあげるコメントの温度差や相違があることから、所属事務所と鳳さんが結託した「売名行為」で牧野さんは巻き込まれたのではないかという説も浮上しました。

鈴木砂羽さん、土下座強要のその後どうなった??

騒動の現場となった舞台「結婚の条件」は千秋楽まで無事に乗り切れようですが、舞台上の「カーテンコール」では涙ながらに謝罪をし頭を下げ、自身のパーティーでも、騒動に関して謝罪。演出家として勉強させてもらったと語っていると報じられました。

しかし、パーティーで「土下座なら私が500回でも600回でもします!」といいながらも「本当にそういうことは無かったが、誤解されるようなことをしてしまった責任がある」といった発言をしていたように事実無根であることは強調していたようです。真相はどうなのでしょうか?

鈴木砂羽さん離婚原因も土下座を強要するきつい性格のせい??

鈴木砂羽さんは、2011年10月に、俳優の吉川純広さんと結婚。2015年8月に離婚届けを提出したことを公表しています。夫婦連盟で鈴木砂羽さんの公式サイトに掲載された謝罪コメントでは、「将来に対する展望の違い」について解消すべく、別居し努力したが離婚に至り、慰謝料などは無く円満に約4年の夫婦生活に終止符を打ったと発表。

2人の出会い・・・

鈴木さんと吉川さんの出会いは、2009年の舞台「cover」での共演といわれています。鈴木さん側が結婚に積極的で吉川さんは婿入りの形で結婚することになったようです。しかし、吉川さんの「浮気」が発覚。

浮気自体は事実のようで鈴木さんもその事実事態認識していたそうです。しかし、離婚の原因としては吉川さんの仕事に本腰を入れない姿勢が鈴木さんは理解出来ず夫婦喧嘩の原因となり溝が埋まることなく離婚という結果を生んだそうです。

浮気の原因は夫婦の溝???

デビュー作でヌード姿まで披露し、その後の下積み時代も貧乏に耐えながら乗り越え大成した鈴木さんからしてみたら俳優としての覚悟が足りないと感じる吉川さんの行動に苛立ちを感じていたのでしょう。その苛立ちから吉川さんへの態度は相当きついものではなかったのではないでしょうか?そんな妻に嫌気が差し浮気に走ったのかもしれませんね。

鈴木砂羽、再婚の予定は??

鈴木砂羽さんは2018年時点で46歳。実は一般男性とも結婚歴があり、バツ2だそうです。そんな鈴木さん、離婚後から現在に至るまでこれといった熱愛報道は無く、再婚の予定もないようです。

よけいなお世話かもしれませんが、2度の離婚経験や鈴木さんの性格を考えると、吉川さんのような年下男性ではなく、ある程度一定の道を究めておられる方で鈴木さんが尊敬出来る年上の方がうまくいくような気がしますね。

鈴木砂羽さん!!性格悪いってどうなの??

鈴木砂羽さんの性格が悪いといわれていることに関してですが、彼女の一般的なイメージとして、はっきりものを言う竹を割ったような性格で物怖じしないといったところでしょうか?やはりはっきり物をいう性格というのは、きつい言い方に取られがちですのでそういった態度から性格が悪いといわれてしまっているのでしょうか?

鈴木砂羽さん!性格最悪?「オトナ女子」撮影現場でブチ切れ!!

舞台の土下座騒動の他に有名な出来事として、ドラマ「オトナ女子」の撮影時の話があがります。主演の篠原涼子さん演じる「大手企業に勤めるOL」の友人役で出演されていました。吉瀬美智子さんも同じ友人役で出演されおり、吉瀬さんの設定は「フラワーショップのオーナ」対して鈴木さんは「パート勤務のバツ1シングルマザー」でした。

この設定に対して鈴木さんが自分だけ地味な設定で衣装も地味な事に対してクレームをつけたと言われています。他2人と同じ画面に映ると同じ女優として比較されてしまうと嫌がった為、3人がそろう場面がドラマ後半で極端に減ったとか・・実際にはドラマをご覧ください。

鈴木砂羽さんと佐藤仁美さんって性格が似てる??

鈴木砂羽さんと佐藤仁美さんが似ているという説はよく囁かれているので「そうそう」と思われる方もおられるのではないでしょうか?実際私も当初同じ方だと認識していました。お顔だけでなくキャラクターも似通っていらっしゃいます。例えば、「はっきり物を言う」「酒豪」等ですね。

実は、このお2人同じホリプロ所属なんです。鈴木さんが3年先輩の先輩後輩の間柄となります。どちらも名バイプレーヤとして女優のキャリアを歩んでいらっしゃいますが、最近はバラエティー等で姉御肌のサバサバ系女子として人気を博しておられます。

鈴木砂羽さんの絵がプロレベルと話題に!!

両親ともに芸術家ということもあり、絵を描く才能があるそうで趣味は漫画を描くことと言っています。また、趣味がこうじてか「スズキサワ」名義で集英社でエッセイ漫画でデビューしており、「いよぉ!ボンちゃん!!」を連載した経歴も持っています。しっかりご両親の遺伝子を受継いでおられるのですね。

鈴木砂羽は餃子好き!!芸能人餃子部とは??

とにかく餃子愛を貫く鈴木砂羽さんは、同じく餃子を愛する芸能人の方と「芸能人餃子部」を結成し部長を務めています。活動としてはとにかく餃子を食べ歩きながらお酒をたしなむということらしいです(笑)メンバーは中川翔子さんやなだき武さん、向井理さんなどバラエティに富んでいますね。

鈴木砂羽さんの出身高校はどこ?

静岡県に一人っ子として生まれ、お父様は画家、お母様は絵画教室の先生と芸術一家に育ちました。浜松市立北部中学校を経て県立浜松江ノ島高校に進学しています。大学は女子美術短期大学部に進学するも、本格的に女優を目指す為、中退。

その後は文学座に入所して、22歳のときに「愛の新世界」というR18指定の映画でヘアヌードを披露。女優として大成するまでには苦労されたようで、下積み時代は風呂なしアパートで暮らしていたそうです。その貧乏時代の苦労がその後バラエティで活躍する下地になっていますね。

鈴木砂羽さんプロフィール

  • 名前:鈴木 砂羽(スズキ サワ)
  • 生年月日:1972年9月20日
  • 出身地:静岡県
  • 血液型:A型
  • 所属事務所:ホリプロ
  • 代表作:「愛の新世界」「相棒」「ビターシュガー」等

最後に・・・・・

鈴木さん自身、名バイプレーヤーとして女優の道を順調に歩んでいらっしゃいますが、生来の気の強さなのか頑固さが災いして誤解をうけたりすることが多いのではないでしょうか?しかしその物怖じしない性格が視聴者に好まれているのも事実なので今後も注目していきたいと思います。