わたなべぽんの年齢は?夫や子供・母親・ダイエットについても! エンタメ

わたなべぽんの年齢は?夫や子供・母親・ダイエットについても!

わたなべぽんと言えば、著書「やめてみた。」で有名となりました。また、母親と不仲だったことや37歳という年齢でもダイエットに成功したことでも知られています。今回はわたなべぽんについて、現在の年齢や夫、子供についての情報を含めて詳しく紹介します。

目次

[表示]

わたなべぽんとはどんな人?本名や年齢は?

Daria-Yakovleva / Pixabay

最近人気が上がってきているコミックエッセイは著者の実体験が混えられていることが多く、読者が共感しやすく感情移入しながら読めると好評です。

著書「やめてみた。」で知名度を上げたわたなべぽんも、自身の体験から学んだことをエッセイに取り入れています。果たして彼女はどのような人なのでしょうか。まずは年齢を含め、プロフィールを紹介します。

わたなべぽんのプロフィールと現在の年齢

Greyerbaby / Pixabay

わたなべぽんは詳しいプロフィールを公表しておらず、生年月日や本名も不明です。しかし2012年に37歳だったことから、1974年または75年生まれで今年で年齢は45歳前後であるとみられています。

小さい頃から絵が描くことを趣味にしており、中学生から出版社に投稿していましたが漫画家としての仕事が増えてきたのは30歳を過ぎてからでした。

第6回コミックエッセイプチ大賞・C賞を受賞したことで、漫画家だけの仕事でも生活できるくらいになったようです。

「やめてみた」が話題になった

わたなべぽんの有名著書といえば「やめてみた。」があります。この本では、生活の中で自然と「こうしなければいけない」と決め付けていることを自身がやめてみた体験が記されています。

実は生活のあらゆるものは固定概念に左右されている部分もあり、それらを取り払うことで本当に必要なものが分かったり、心の中が軽くなったように感じられたりします。

周りの人もこうしているから、という理由だけで自身を強制する必要はないことに気付かされるでしょう。

わたなべぽんは結婚している?夫や子供は?

Takmeomeo / Pixabay

わたなべぽんはあまりプライベートを公開していません。そのため、どのような私生活を送っているのか疑問に思う人も多いでしょう。

45歳という年齢から考えると結婚していてもおかしくありませんが、夫や子供はいるのでしょうか。

夫はいるが詳しいことは非公表

Pexels / Pixabay

わたなべぽんはすでに結婚しており、夫がいます。しかし夫についての詳しい情報は明かされておらず、年齢や職業、出会いや結婚した時期などは不明です。

非公表で謎に包まれているからこそ様々な想像が広がり、読む方も楽しめるという人もいます。本人も情報を公開していないことから、これから先も夫の情報が公開される可能性は低いでしょう。

作品に夫が登場することもある

StockSnap / Pixabay

夫の詳しい情報は公開されていませんが、わたなべぽんの作品の中で夫が登場することは珍しくありません。これまで自己肯定感が低かったわたなべぽんを丸ごと受け入れ、相談にも乗ってくれる心優しい方です。

結婚前にわたなべぽんが部屋に招き入れることは無かったので汚部屋であることは知られていませんでしたが、汚部屋を見ても幻滅することなく、特に口出しもしなかったようです。

作品中のわたなべぽんの夫の言葉に心が救われたと感じる読者も少なくなく、過去に辛いトラウマを抱えていても将来そのような心優しい人と出会える可能性はあると希望を与えてくれているようです。

子供はいない

AnnieSpratt / Pixabay

わたなべぽんと夫の間に子供はいません。45歳という年齢から考えると、これから先も子供がいないまま2人家族で生きていく可能性が高いです。

不妊だったわけではなく、漠然と子供を産まないという選択をしたようです。これについて心のどこかで正解かどうか悩んだ時期もあったと明かしています。

そんな時に夫からは「子供のためや生活のために一緒にいるわけではない。きっとこれからもふたり暮らしであることに後悔はしない」と優しい言葉をかけられたようです。

わたなべぽんは母親と仲悪いの?

egor105 / Pixabay

わたなべぽんは母親と仲が良くないことでも知られています。そのことを取り上げた著書もあり、毒親を持つ読者からは共感の声が寄せられました。

血縁関係があってもすべての家族が良い関係を築けるわけではなく、子供でも全く別の人格を持っています。幼少期の体験がその後の人格形成に大きく影響しているため、トラウマを抱えている人も少なくありません。

ここでは、わたなべぽんと母親の関係について紹介します。

辛い幼少期を過ごしてきた

わたなべぽんと母親の関係は悪く、後から振り返ると虐待だっと感じるほど体罰を含めた厳しいしつけをされていました。精神的に追い詰められるような暴言もあり、他の家ではそれが当たり前でないことに驚きました。

母親が怒るのは自分のせいだと思い込み、自己肯定感も低いまま育ってしまいました。ストレスから食べ過ぎで太る、片付けも面倒に感じて汚部屋になる、全てを後回しにしてしまうなどの弊害も出ました。

わたなべぽんの作品で多く登場する無駄をいかに省くかを追求した術などは、母親との関係によって生まれたとも言えます。

母親とのことを書いた作品もある

Free-Photos / Pixabay

現在は産んでくれたことやこれまで育ててくれたことへの感謝の気持ちはあるものの、「苦手な人」として最低限の付き合いしかしないようにしているようです。

親子関係で大人になっても悩んでいる人や自己肯定感が低い人に向けた「自分を好きになりたい。自己肯定感を上げるためにやってみたこと」という本も出版しています。

この本の中には母親との話も多く含まれており、同じような境遇で育ってきた人からは共感の嵐でした。

わたなべぽんはダイエットでも話題に!

pixel2013 / Pixabay

ダイエットは多くの女性にとってずっと付き纏う課題であり、自身のスタイルに満足している人はごく一部でしょう。痩せなければと思いつつ、ついお菓子を食べてしまうことも少なくありません。

特に年齢が上がると痩せにくい体となってしまうため、ダイエットをしても思うような効果が得られないことも少なくありません。しかしわたなべぽんは37歳という年齢で30kgもの減量に成功しています。

ここでは話題となったダイエット法について紹介します。

1年で30㎏も痩せている

Hans / Pixabay

わたなべぽんがダイエットを決意したきっかけは、自宅のトイレの便座が体重で割れてしまったことのようです。この時点では体重が95kg、体脂肪率も52%と肥満体型でした。

1週間や1ヶ月などの短期間ではあまり変化が見られなかったものの、1年間諦めずにダイエットを続けると30kgも減らすことに成功したのです。

ダイエット開始時の年齢は37歳と若くなく基礎代謝も低下気味でしたが、無理なく痩せることができました。

ダイエット法が面白い

nastya_gepp / Pixabay

わたなべぽんは厳しい食事制限やパーソナルトレーニングジムで激しい運動をして痩せたわけではありません。彼女が実践したダイエット法は「スリム美人の真似をする」というユニークなものでした。

パジャマで寝る、ネイルをする、夜はお肌のケアなど直接ダイエットに関係しているようには思えないものでも、スリム美人がやるだろうなと思ったことは日常に取り入れて生活していました。

何かを食べたいと感じた時やダイエットを頑張ったご褒美を決めるときも、「スリム美人なら何を選ぶか」という基準で生活を変えていきました。

現在もリバウンドしていない

BenjaminNelan / Pixabay

1年間のダイエットが終了し30kgもの減量に成功したわたなべぽんでしたが、現在でもリバウンドはしておらず65kgをキープすることができているようです。

短期間の無理なダイエットは、体が飢餓状態だと判断してなるべく多くの脂肪をつけようとしてしまいます。1年間と長い期間でゆっくり痩せたことで、リバウンドなしでキープできているのでしょう。

わたなべぽんがやめられないこととは?

stevepb / Pixabay

わたなべぽんがテレビ番組「あさナビ」に出演した際、黒木瞳からやめられないことを聞かれ、「旅行先などで調味料を買い込むこと」と答えました。

旅行先に限らず深夜のネットサーフィンでお取り寄せの調味料を見つけると、つい買ってしまうようです。やめようと思い量は減らしているものの、完全に欲をストップすることはできていないと明かしています。

また、晩酌がとても好きでつい飲み過ぎてしまうこともやめられないことの1つであると語っています。

わたなべぽんの作品に今後も注目

futureprimitive / Pixabay

今回は「やめてみた。」で有名となったわたなべぽんについて、詳しく紹介しました。母親との関係や自己肯定感の低さで悩んでも、それを作品にすることで同じような境遇の人に勇気を与えています。

人生経験が彼女の作品のネタとなっているため、これからも読者に寄り添うような作品を生み出してくれることでしょう。