濱田美栄の評判が悪い?情熱大陸の意見やクラッシャーの事実は? エンタメ

濱田美栄の評判が悪い?情熱大陸の意見やクラッシャーの事実は?

本田真凛など有名なスケート選手を育ててきた濱田美栄は、クラッシャーと言われるほど評判が悪いです。「情熱大陸」での様子やモラハラ提訴で怖いコーチというイメージが広まりました。今回は濱田美栄の評判について、結婚や若い頃を含めて紹介します。

目次

[表示]

濱田美栄の評判について知りたい

MMckein / Pixabay

フィギュアスケートの有名コーチである濱田美栄は、クラッシャーと呼ばれるほど評判が悪いです。教え子の成績はいいため、なぜ評判が悪くなるのか不思議に思う人もいるでしょう。

今回は濱田美栄の評判について紹介します。

濱田美栄ってどんな人?

995645 / Pixabay

濱田美栄は有名なコーチなので、フィギュアスケートが好きな人の間では有名です。テレビなどで観たことがある人は、選手と一緒に濱田美栄が映ることも多いので見たことがあるかもしれません。

ここでは、濱田美栄の評判について紹介する前にどのような人なのかプロフィールを見ていきましょう。

濱田美栄のプロフィール

濱田美栄は、1959年10月29日生まれで、現在60歳です。京都府京都市出身で、大学も京都にある同志社大学を卒業しています。

母親は広島で被爆しており、濱田美栄は被爆二世となっています。広島で大会がある際などは母親の墓参りを欠かさず行っており、今でも家族を大切にする姿勢が見られます。

フィギュアスケートのコーチ

ferobanjo / Pixabay

濱田美栄はフィギュアスケートのコーチを現役で行っています。30年以上に渡り指導してきており、世界で活躍することを目指す期待の選手たちが指導を仰ぐことも多いです。

現在指導中の選手は白岩優奈や紀平梨花、ユ・ヨンなどです。

濱田美栄の主な教え子は?

Ben_Kerckx / Pixabay

濱田美栄は主に日本人のスケート選手の指導にあたっていますが、世界で活躍している選手も輩出しています。濱田美栄の下で指導を受けて実力が伸びた人も少なくありません。

ここでは、濱田美栄の教え子の中でも特に有名な選手を紹介します。

本田真凛

本田真凛は現在明治大学に在籍しており、2016年には世界ジュニアフィギュアスケート選手権で優勝しました。濱田美栄と同じ京都出身であり、兄と2人の妹もスケート選手です。

幼少期から濱田美栄に教わっていましたが、2018年4月に兄と拠点をアメリカに移す際にラファエル・アルトゥニアンに変更しています。国内では本田武史から教わっているようです。

宮原知子

宮原知子は関西大学に在籍しており、平昌オリンピック個人戦4位、2015年世界選手権2位、2016年四大陸選手権優勝、全日本フィギュアスケート選手権4連覇など好成績を収めています。

幼少期をアメリカで過ごし、親からスケートを勧められて4歳から始めました。京都に戻った際に濱田美栄の下で習い始めました。

指導が厳しいと言われる濱田美栄にも「今まで指導してきた選手の中で最も努力家」とひたむきにスケートに向き合う姿を評価されています。

紀平梨花

紀平梨花はN高等学校に在学中の18歳で、14歳で世界最年少3回転アクセルを成功させたり、2019年世界国別対抗戦で女子シングルショートプログラム最高点を叩き出したりなど記録を多く持っています。

アクセルを含めて6種類もの3回転ジャンプを跳ぶことができ、ジャンプ能力は世界から認められているほどです。しかし意外と気が小さく、試合中はカメラの音さえ気になって緊張してしまうと明かしています。

濱田美栄の評判は最悪?

OrnaW / Pixabay

フィギュアスケートのコーチは指導の際の態度や教え子の成績で評価が変わります。最近ではドキュメンタリー番組も多くなっており、コーチの指導など裏側まで見られるようになっています。

濱田美栄は有名なコーチですが、評判が悪いと言われることも多くあります。ここでは濱田美栄に対する評判を紹介します。

教え子を潰すでクラッシャーと呼ばれる

Tama66 / Pixabay

フィギュアスケートは選手の生まれ持ったセンスや努力によってある程度のレベルまで行けますが、世界で戦うためには自分に合った指導者のもとで指導を受ける必要があります。

コーチ選びに失敗すると実力が伸びなかったり怪我をしてしまったりと、コーチに大きく左右される部分もあります。濱田美栄の場合、指導の厳しさは有名であり「クラッシャー」と言われることもありました。

あまりに厳しいのでプレッシャーに耐えられず潰れてしまう選手や、多すぎる練習量によって怪我をしてしまう選手もいたと言われています。これらの行動は濱田美栄の情熱がすごいからとも捉えられます。

情熱大陸では教え子に怖いと言われる

2018年にはドキュメンタリー番組「情熱大陸」で、濱田美栄がどうトップスケーターを育てているのかについて密着取材されており、視聴する人も多くいました。

その中で教え子へのインタビューもあり、全員が「濱田コーチは怖い」と明かしました。怖いというよりも厳しいという言葉が適切であり、愛情を持って指導していることは伝わっているようです。

選手によってどのような指導方法が合っているかは異なりますが、厳しい指導をしてもらいたいという選手も多くいます。

人によって態度を変えるとも言われる

vait_mcright / Pixabay

スケーター全員に平等に厳しいのであれば納得できますが、濱田美栄は選手によって態度を変えていると言われて評判が悪くなりました。

特に本田真凛への態度がひどいと感じる視聴者も多く、練習嫌いで知られる本田真凛には濱田美栄の指導は合っていないと感じられる場面もあったようです。

濱田美栄自身も一生懸命指導しているのに、本田真凛がなかなか良い成績が出せないことへの苛立ちや焦りがあったのかもしれません。

選手の成績は残している

pohjakroon / Pixabay

クラッシャーなど評判は良くない濱田美栄ですが、選手の成績はしっかりと収めています。世界選手権で優勝や入賞する選手、オリンピックに出場する選手などコーチとしての実力はあります。

また、スケートの技術だけでなく精神面での指導も行っていたり、遠征中には練習が終わると家事をこなしたりと選手のサポートをしたいという気持ちが伝わります。

濱田美栄はモラハラで問題になった?

Free-Photos / Pixabay

世界のトップを目指すために指導が厳しくなることはよくありますが、濱田美栄のモラハラが問題となりました。

織田信成が提訴したことで世間にも広く知られ、濱田美栄はモラハラをしているというイメージが広がりました。ここでは、モラハラに対してどのような提訴が行われたのかについて紹介します。

織田信成に対するモラハラを行った

2019年11月に織田信成は濱田美栄からモラハラを受けたとして、1100万円の慰謝料を求めて大阪地裁に提訴しました。濱田美栄による悪口や無視によって体調不良となり、入院するほどだったようです。

モラハラによって監督継続が難しくなったため、提訴に踏み切ったと会見で涙ながらに明かしました。12月の口頭弁論では織田信成の訴えは事実に反するとし、棄却を求めました。

そして2020年2月、濱田美栄は訴訟によって名誉を傷つけられたとして名誉毀損で反訴し、慰謝料として300万円を求めました。いまだに和解しておらず、未解決となっています。

宮原知子を叩きつけた行動もあった

織田信成と濱田美栄が争っている間、織田側は具体的な選手名と濱田美栄の言動を取り上げてモラハラを証明しようとしました。その中に元教え子の宮原知子も含まれていました。

宮原知子が失敗すると髪の毛を引っ張ってリンクに叩きつける行動が見られ、「スケートやめてしまえ!」など侮辱的な言葉を投げかけていたとしました。

濱田美栄は過激な言動があったことは認めましたが、指導の範囲内だったと説明しています。また、暴力をふるった覚えはないと強調しました。

濱田美栄は結婚している?

Pexels / Pixabay

コーチのプライベートまでクローズアップされることは少ないので、濱田美栄は結婚しているのか、子供はいるのかなど気になる人も多いでしょう。

これだけ多くの選手を世界に輩出してきているため、子供がいれば有名なスケート選手に育っていても不思議ではありません。ここでは濱田美栄の結婚や子供について紹介します。

結婚して子供もいる

28703 / Pixabay

濱田美栄はすでに結婚しており、1994年10月には娘を出産しています。出産の前日までリンクで指導しており、出産後もわずか3週間で仕事復帰しました。

通常であれば産後1ヶ月は安静に過ごしますが、簡単に代役が立てられる仕事ではないためなるべく早く復帰したいという気持ちが強かったのでしょう。

旦那や娘に関する情報は出ておらず、子供は26歳になっていますがスケート関係の仕事をしているのかは明らかにされていません。

濱田美栄の若い頃とは?

Free-Photos / Pixabay

濱田美栄は60歳になりましたが、若い頃はどのような人だったのか気になりますよね。フィギュアスケートのコーチには、かつて世界で活躍していた元選手が多いです。

濱田美栄も若い頃は世界的に有名なスケーターだったのでしょうか。

8歳からフィギュアスケートをしている

Candid_Shots / Pixabay

3歳や4歳などかなり小さい時からスケートを始める選手が多いですが、濱田美栄の場合は8歳でスケートを始めました。冬休みに近所で短期のスケート教室が開かれていて、参加したことがきっかけのようです。

まだフィギュアスケートは有名なスポーツではありませんでしたが、滑ることが楽しくて続けたいと思い、母親に習いたいと頼みました。

それまでずっと座っているのが苦痛で習い事はすぐにやめてしまう性格でしたが、スケートだけは続けられたようです。学生時代にはアメリカにスケート留学をするほどでした。

全日本選手権で10位になった

scartmyart / Pixabay

8歳から始めたフィギュアスケートでしたが、小学校5年生で関西で開かれた大会で優勝したようです。中学2年生で全日本選手権に出場し、将来も期待されていました。

大学2年生まで6回全日本選手権に出場しましたが、最高成績は10位で表彰台に乗ることは1度もありませんでした。

大学卒業時に現役引退をしている

maura24 / Pixabay

現在はフィギュアスケート界ではとても有名なコーチとして成功していますが、現役時代の成績は人一倍輝いていたとは言えませんでした。

オリンピックを目指せない、世界どころか日本でもトップを取ることができなかったためか、大学卒業時に現役を引退しています。コーチに転向したことでさらに輝けるようになり、正しい選択でした。

濱田美栄はフィギュアファンからも問題視されている?

langll / Pixabay

情熱大陸を観たフィギュアスケートファンからは、濱田美栄の指導方法を問題視する声も上がっています。昔の考え方や精神論が現代にも通用するわけではないので、変えるべきだと感じた人もいたようです。

濱田美栄は「指導している時には意見する選手はうまくならない」、「いうことを聞かない選手はうまくならない」と断言しており、普段からそのような指導をしていると捉えられます。

思っていることがあってもコーチに伝えられない環境ではむしろ実力は伸びないと考えるファンもいます。

濱田美栄の評判に今後も注目!

Pexels / Pixabay

今回はフィギュアスケートの有名なコーチ、濱田美栄の評判について紹介しました。クラッシャーというイメージが先行して評判は悪いですが、今後はよくなる可能性もあります。

これからも日本のフィギュアスケートのレベルが上がっていき、世界で活躍できる選手も増えてくると予想されているので、濱田美栄の評判にも注目してみましょう!